漫画好き・絵描きに届け!おすすめ図書!!

 みなさんは漫画は好きですか?私は大好きです。

今回は、私が皆さんにお勧めしたい漫画を2作品紹介したいと思います。

もしかしたら、知っている方、実際に読んでいる方もいるかと思いますが、その作品の魅力をもう一度知っていただくために記事にしました。

1.『しゅごキャラ!』PEACH-PIT

クールでかっこいいとみんなから一目置かれている存在にも関わらず、本当は意地っ張りで恥ずかしがり屋であることを隠しながら過ごしていた主人公。そんな時「なりたい自分に生まれ変わりたい」という願いから生まれた3人の「しゅごキャラ」という小さな妖精が生まれます。しゅごキャラと共に×たまという暴走した他人の「なりたい自分」を浄化し、悪役であるイースター社の人間を改心させつつ、主人公自身も成長していく物語となっています。

私がこの作品と出会ったのが、小学校4年生の頃で、初めて読んだ漫画がこの『しゅごキャラ!』でした。少女漫画なので、コマ割りがレース調であったり、邪魔にならない具合の様々なスクリーントーンが貼られていて、読んでいた当時「モノクロなのにこんなに華やかでキラキラした世界があるんだ!」と感動して、月刊誌の背に折り目が付くほど、酷いときは真っ二つにできるんじゃないかと言うほど読み漁ってました。

また、なんといってもストーリーがすごく好きです。登場人物が多く、それぞれのキャラクターから生まれたしゅごキャラがどういう願いのもとで生まれたのかを知ると、人物の苦悩や葛藤に感情移入や共感を覚え、思い入れが強いキャラほど、困難を乗り越えた時の感動がとてつもないと思います。

この作品は、アニメ化だけでなく、舞台化もされており、少女漫画業界では一時期ブームになっていた作品だと思います。歳を重ねてからもう一度読み直してみると、登場人物のセリフ一つ一つに励まされたり、困難の乗り越え方や夢を諦める前に「もう一度頑張ってみよう」と勇気をもらえるなど、作品の捉え方が変わった気が個人的にしました。

少し昔の作品であるため、今では単行本1冊1,000円を超えてしまいますが、全12巻、気になった方は手に取ってみてはいかがでしょうか?

2.『おじさまと猫』桜井 海

 この作品は、ペットショップで売れ残っていた1匹の成猫(ふくまる)を元ピアニストである神田冬樹(おじさま)が買い取るところから始まり、その後の日常を描いたほのぼのとして心が温まる漫画作品です。

 作者がTwitterにて何気なく投稿した漫画らしく、今では『王様のブランチ』などのテレビ番組で取り上げられるようになった作品です。神田さんがふくまるを飼おうとした目的も、話を読み進めていくうちに少しずつ明確になっていきます。

 この二人だけでなく、神田さんの友人や勤務先であるピアノ教室の講師の方たちなど登場人物が増え、物語が進むにつれてサブのキャラクターにもスポットライトが当たり、そのキャラクター目線の物語も描かれるようになります。それぞれが抱えている悩みも日常漫画であることを忘れるほど壮大な内容だと感じました。

 私が初めて漫画を読んで泣いた作品でした。動物好きな方、漫画を読んで癒されたい方にはお勧めです。とにかくどの話も心温まり、鳥肌が抑えられなくなります(個人の感想です)。

 今現在でも連載中の作品で全5巻発売しています。ぜひ、試しに読んでみてはいかがでしょうか?

 いかがでしたか?拙い紹介文で正直上手く紹介できたとは思いませんが、参考にして下さったら幸いです。

 次回の記事では今回よりも的確におすすめしたい本を紹介できたらと思いますので、読んで下さったら嬉しいです。

 ここまで読んでくださりありがとうございました。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー