66 短所は正直に答えたほうがいいですか。

書籍『就活で君を光らせる84の言葉』

P:具体的なエピソードと、それに対する対策を伝える。

R:短所を正直に告白したからといって、面接に通るわけではないから。

E:短所を聞かれたら、まずはポン!と結論を即答する。その直後にそれを裏付ける具体的なエピソードを、10秒で伝える。面接官を惹きつけておきながら、短所対策を5秒以内で披露する。面接官はその対策について興味を示し、質問をしてくるだろう。あとは身を任せておくだけで、この質問はクリアーしたことになる。「結論」「エピソード」「対策」は予め万全に準備しておこう。

P:面接官が興味のあるのは「短所」そのものではなく、「短所対策」。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー