中国企業のアフリカ進出

こんにちは、インターン生の宋之光です。
今回は近年注目されつつあるアフリカにおいて販路拡大し続ける中国のスマホ会社(Transsion)について紹介させていただきます。
Transsionの創設者は竺 肇江(Zhu Zhaojiang)氏です。彼は「BoDao」のという中国における携帯電話の会社で10年近く働いています(「BoDao」は2000年代に独特の広告で中国の人々によく知られていました)。
竺氏はその後に「BoDao」の最高責任者に昇進し、そして数年後、「BoDao」の国際的なビジネスを展開する過程に当たって、彼は90国以上の市場に訪れ、将来はTranssionがアフリカ市場に参入するための基盤を築きました。

現在、Transsionには、Transsion、itel、Infinix、Spiceの4つのスマホのブランドがあります。
特に、Transsionの公式ウェブサイトによると、その中にいくつの重要な開発プロセスは次のとおりです。
2006年、Transsionブランドが公開されました。
2009年、深センの塩田工場が正式に稼働し、アフターサービスブランドのCarlcareが設立されました。
2011年、エチオピアに工場を設立されました。
2015年、インド市場を開拓し、家電ブランドのSyinixを創設しました。
2016年、Transsionの各スマホブランドはアフリカ市場の38%を占め、1位にランクされました。
2019年、上海証券取引所で新規上場しました。

そもそも、Transsionがアフリカ全土に広がる理由については、その差別化戦略、アフリカ市場向けに開発されたいくつかの特別機能、および独自のプロモーションについて説明する必要があります。
1)Transsionが当時に参入したアフリカ市場は、中国、インドに次ぐ世界第3位人口の市場を誇るが、アフリカでの携帯電話(特にスマートフォン)の普及率は高くなかった。しかし、アフリカ市場には他のブランドが少ないことも事実であり、他の市場に比べて大きな発展の可能性が見込まれています。
2)そして2010年頃に正式にアフリカ市場に参入することが決定したとき、「偽造」や「品質の悪さ」などのネガティブなラベルを持つ中国製と異なり、Transsionはブランドとテクノロジーから始まり、フランス、ナイジェリアで順次事業を開始した。更に、ケニアで共同設計チームとR&Dセンターも設立されました。その結果、例えば「デュアルSIM」、超ロングスタンバイや大音量の設定、「ロケット充電」技術、黒い肌により適したカメラ機能といったアフリカ市場だけの巨大なニーズに応えて、一連のアップグレードと改善が行われました
3)また、プロモーションに関しては、Transsionは、完全なアフターサービスと物流システム(ナイジェリア、ケニア、タンザニア、カメルーンといった現地の国々に製造工場やオフィスを開設)と相まって、現在はアフリカで製品の販売と顧客サービスにおいて最大規模のスマホ企業に至ります。

つまり、技術は急速に進歩している今日でも、単純なように見えられるかもしれませんが、消費者の実際のニーズを満たす製品を作るということは、企業の成功に向けて最も重要な定義であり、Transsionの成功もこの点を示しています。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー