より楽しい友達TRPG!環境編

こんにちわ!今回も記事を書かせていただく高橋です。
前回はシナリオの作り方について紹介させていただきました。
今回は、TRPGを行う上での環境について紹介させていただきます。

 環境といわれて首をかしげる方もいるでしょう。これは、いわばTVゲームでいう、TVから離れて部屋を明るくしてお楽しみください。というあれに近い物です。繰り返しになりますがTRPGは、世界観を共有するゲームです。それは、想像力という人間の能力の中でも特にあやふやなものをもちいるため、寒い、暑い、など環境に振り回されてしまいます。

 そして、それはオンラインの場合、用いる電子ツールによっても左右されるんです。

そこで、今回は友人同士のオンラインTRPGを行う上で、私がお勧めするツールについて紹介したいのです!

 今回おすすするツールは二つです。どどんとふ、とLINEです。
まずは、どどんとふから、どどんとふはTRPGのオンラインセッション用のサーバーです。マップ、画像アップロード、ダイスなどなど、TRPGを行う時にあると嬉しい機能であふれています。
基本的に、こちらはチャットでのコミュニケーションになるので、ロールプレイングがぶれるということも少ないと思います。機能が実に豊富なため、主だって動かすゲームマスターは始め苦労するかもしれませんが、準備不足時のリカバリーを利かせられることはとてもうれしいです。

 しかし、やはり、豊富な機能を十全に使うにはかなりの経験を要します。また、豊富すぎる素材がプレイヤー側の想像力を食ってしまうということも起こりえます。匙加減が難しいのも事実です。

 続いて、LINE。LINEは、音声通話を行いながらチャット形式の会話、また多少のファイルのやり取りができます。こちらの強みは、肉声でのセッションでしょうか。実際にしゃべって行うロールプレイングは、キャラへのなりきりが直接的ですので、モチベーションの維持も行いやすいです。
モチベーションが上がっていると、寝落ちしてしまい迷惑をかけることも少ないですよ。
また、画像共有の仕方もどどんとふと異なり直接のリンクや画像をそのまま使えます。ネット上の機能を直結して使うことができる点が使いやすいポイントです。

 以上から、それぞれのツールのメリットは、どどんとふは文字でコミュニケーションをとりたい方に、LINEは声でコミュニケーションをとりたい方にそれぞれお勧めできます。

本日の私の記事はここまでになります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー