膨大なストーリー

こんにちわ。インターンシップ生の戸部です。

今日はざっくりとストーリーについてご紹介します。ここでは、Destiny1のストーリーについてご紹介します。Destiny2のストーリーに関しては、あなたの目と耳でご確認ください。

物語は、人類の文明が崩壊した、遠い未来の太陽系の話となっています。トラベラーと呼ばれる謎の球体が地球の地表に浮いており、正体は一切不明です。しかし、出現して以来人類に様々な叡智を授けており、文明の発展に大きく寄与してきました。

文明が崩壊した理由は不明ですが、「暗黒が到来したことによって大破壊が発生した」と言い伝えられています。トラベラーは暗黒から人類を守るため自らを犠牲にして暗黒を追い払い機能停止しました。人類は絶滅寸前の状態に陥り、トラベラーの下に「最後の都市」を築いて自衛しています。機能停止の際にトラベラーはゴーストと呼ばれる存在を大量に生み出しました。

ゴーストに蘇生され、トラベラーの「光」を得たあなたは、シティの「預言者」からガーディアンの使命を伝えられ、シティの「バンガード」の一員となり、「ガーディアン」として人類を守る戦いを始めます。

ガーディアンとして蘇生されたあなたは、ゴーストとともに旧ロシアの大地を探索します。そこでは「フォールン」と呼ばれる人型のエイリアンが勢力を拡大しており、あなたはその一派である「ハウスオブデビルズ」を撃退します。また、旧ロシアには文明崩壊前のAI「ウォーマインド」が残存しており、あなたが通信を復旧させたことでウォーマインドのネットワークが太陽系全体に確立されました。ウォーマインドの名前は「ラスプーチン」といいます。

旧ロシアでフォールンと戦ううち、あなたはフォールンとは異なる別のエイリアンの種族と遭遇します。剣や魔術で武装した「ハイブ」と呼ばれるそれらは、ゴーストによると「月から人類を追い払った存在」であるそうです。ハイブを追って月に来たあなたは、月の奥深くでハイブが強力な変異体「フォゴス・アンテイムド」を生み出そうとしている場面に遭遇しました。仲間のガーディアンと力を合わせて、これを撃破しました。

ハイブを追う過程で、あなたは謎の人物から通信を受けます。「”ここ”には信じられないような敵がいる。ハイブとの闘いを生き延びたら、会いに来い」と言われました。ゴーストによると、通信の発信源は金星のようです。

謎の通信を追って、あなたは金星に来ました。金星では「ベックス」と呼ばれるロボットたちが支配しており、あなたとゴーストに襲いかかります。無事にベックスたちを撃退したあなたは、月で通信を送ってきた謎の人物にようやく遭遇し、ベックスたちは「ブラックガーデン」と呼ばれる場所で生まれた存在であること、機能停止したトラベラーが力を取り戻すためには、ブラックガーデンの中枢を破壊する必要があることを告げ、彼女はどこかに去って行きました。

ゴーストによると、ブラックガーデンの秘密は「リーフ」に住む「アウォークン」達が知っており、彼らの協力を得る必要があるそうです。

あなたは座礁した船や、小惑星群などで構成される「リーフ」にたどり着くきます。リーフは地球に依存せず、独自の文明を有しており、こちらに対して決して友好的な雰囲気とは言えませんでした。リーフの女王「マラ・ソヴ」との謁見を許されたあなたは、ブラックガーデンの在処について問いますが、そう簡単には教えてくれません。女王の兄「ユルドレン・ソヴ」は「金星でベックス・ゲートロードを倒し、その首を持って来られれば答えても良い」と無理難題を言い渡します。

金星に戻り、ゲートロード「ザイドロン」を倒したあなたは、再び女王と王子に謁見します。約束通り、王子はブラックガーデンの入り口が火星に存在することを明かし、ゲートロードの首から目を取り出してあなたに渡します。

去り際に女王が立ち上がり、「あなた方に対する善意は示しました。リーフが協力を求めるときはそれに応じるよう、求めます」と告げます。借りができました。

火星では、カバルと呼ばれる強力な軍事力を持つエイリアン同盟が、ベックスと小競り合いを繰り広げていました。カバルの陣地を駆け抜け、ブラックガーデンに到達したあなたは、ついに暗黒の中枢と遭遇します。これを撃破することで、トラベラーの失われた力を取り戻すことができました。

本編はここまででエンディングを迎えます。

シティにかつてのガーディアンが戻ってきました。月のヘルマウスから生還した「エリス・モーン」は、月でハイブを従えている神「クロタ」の危険性を警告します。あなたは、他のガーディアンと共に月のヘルマウスの深部へ挑み、ハイブの剣でクロタを撃破しました。しかし、クロタには父親が居ました。

リーフに借りを返す時が来ました。マラ女王の配下のフォールン達が反乱を起こしています。首謀者は「スコラス」です。スコラスはリーフの監獄「エルダーズ・プリズン」を脱獄し、自ら「ケル王」を名乗って各地のフォールンを集結しつつあります。あなたは女王の臣下の一人である「ペトラ・ベンジ」と、女王に従うフォールンの忠臣「バリクス」の協力を得ながら、スコラスの捕獲に成功します。

クロタの死の報を受け、クロタの父「オリックス」が復讐のためにハイブの艦隊を率いて太陽系に現れました。その力は強大であり、土星の軌道付近で応戦したリーフの艦隊をマラ女王もろとも一撃で全滅させてしまいます。この戦いで、リーフのマラ女王、ユルドレン王子は消息不明となりました。

また、オリックスは暗黒の力を使い、捕らえた他種族を「宿られた兵」に変貌させました。異形の存在が、太陽系各地で猛威を振るいます。絶望的な状況を前に、シティのバンガードの一人「ケイド6」の発案であなたはオリックスの旗艦「ドレッドノート」に乗り込みます。巨大なドレッドノートを探索し、ついにあなたはオリックスと対峙。激戦の末、邪神を撃退しました。しかし、オリックスは死んだわけではありませんでした。現実空間では倒れましたが、「玉座の世界」と呼ばれる亜空間に逃げ込んでおり、未だに存在は消えていません。あなたは他のガーディアンたちと協力して玉座の世界に侵入し、ついに邪神を倒しました。

あなたはかつての英雄「鉄の豪傑」の生き残り「サラディン卿」と共に旧ロシアを再び訪れます。そこでは、かつて倒したはずのハウス・オブ・デビルズの残党が再び猛威を振るっていました。彼らは「ZIVA」と呼ばれる黄金時代のナノテクノロジーにより自らの身体を改造しています。ZIVAの蔓延とハウス・オブ・デビルズの狂気を止めるべく、あなたはサラディン卿と協力しながら、旧ロシアを駆け回ります。その過程で、あなたはかつての英雄「鉄の豪傑」の面々がZIVAを手に入れようとし、ラスプーチンに皆殺しにされた事実を知ります。ZIVAを外部に出さないための処置とはいえ、ウォーマインドはガーディアンに対して決して友好的というわけではないようです。

ZIVAの製造装置を破壊しようとしたとき、あなたは死亡した鉄の豪傑とZIVAが交わった成れの果てと交戦します。かつての英雄たちの亡霊を振り払い、製造装置を破壊することで、あなたはZIVAの脅威に終止符を打つことができました。

そしてあなたはパトロールを終え、タワーに向かう帰路の途中でしたが、何か様子がおかしいです。シティからの通信が全く帰ってきませんでした。嫌な予感がします。速度を上げて雲を抜け、広がった視界の先には、カバルの襲撃を受け、燃え上がるシティの姿がありました。ここからDestiny2のストーリーが始まります。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー