忘れられし思いを取り戻す旅へ『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3』

 こんにちは。インターン生の阿部です。
 
 今回紹介する作品は「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズの第6作である「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3」です。

 この作品の物語は、数々の大地が連なったような見た目をした「ブレイクワールド」が舞台となります。その中で召使いロボットのサンチョとともに楽園で暮らしていた主人公が飛来してきたリアクターを取ると、どこからか謎の少女レナーテが登場し、主人公は偽りの楽園から解放されます。そこから主人公は姿を消したレナーテに言われるがまま、静寂の草原へと向かいます。そこで原住民のノチョーラ族と出会いモンスターマスターとなり、失われた記憶を取り戻すたびに出ます。

 この作品での追加・変更点は2つあります。
 1つ目はライドシステムが実装されたことです。本作ではモンスターの上に乗ってフィールドを移動できる要素が追加されており、登場する全てのモンスターにライドすることが出来ます。モンスターにライドしている時、攻撃することが出来、主人公に気付いていないモンスターに当てると確実に先制出来ます。しかし、ライドしているモンスターよりも大きいサイズのモンスターには効果がありません。ライドはフィールドだけでなく戦闘中でも出来、ライドしたモンスターは能力が上昇し、「ライドインパクト」という必殺技が使用可能になります。ただし、使用するとテンションが最低値まで下がり、全能力が大幅に低下します。ライドしたモンスターが倒されると主人公が落下し1ターンの間、攻撃と棄権以外のコマンドが使用できなくなります。
 2つ目は超生配合が追加されたことです。超生配合は前作の紹介で説明した新生配合と同じく両親の+値の合計が100以上である場合に発生し、親と特性を入れ替えることが出来ます。ただし、特性にはコストが設定されておりコストを超えるような特性の組み合わせにはできません。
 前者ではフィールドで出来ることが多くなり、移動の自由度が上がったため、フィールドでの楽しみが多くなりました。後者では、どんなモンスターでもある程度自由に特性の組み合わせが組むことが出来るようになり、育成の要素に、どのような特性を組み合わせるかを考える要素が追加され育成により楽しみが増えました。

 いかかでしたか。この記事を見て「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3」を遊んでみたいと思った人はぜひ遊んでみてください。

 次回は「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3」のマイナーチェンジ版である「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3PROFFESIONAL」を紹介します。
 ありがとうございました。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー