アリアンロッドのキャラクター作成【クラス編】

こんにちは、インターン生の沖西勇哉と申します。
前回はアリアンロッドの種族について解説しました。

今回はメインクラス、サポートクラスについて解説していきます。

メインクラスについて
メインクラスとは武器で戦う、味方を回復するなど、パーティの中でキャラクターがどういった役割を担うのかを表しているジョブのことです。
メインクラスは4種類存在しウォーリア、アコライト、メイジ、シーフといいます。それぞれの役割について以下に示します。

ウォーリア 【武器を用いて戦う者】
攻撃や防御の役割を担います。
自身の武器攻撃力や防御力を上げるスキル、味方をかばうスキルが多くあるため、前衛に出て戦ったり、後衛で遠距離攻撃をしながら味方をかばうといったことをします。

アコライト 【神聖魔術の使い手】
仲間の補助や回復の役割を担います。
回復以外にも味方が受けるダメージを軽減したり、味方の攻撃力や防御力を上げるといったスキルもあり、パーティに1人は必要な存在です。

メイジ 【精霊魔術を使いこなす者】
魔法攻撃によって敵を倒す役割を担います。
魔法攻撃の威力を上げたり魔術の対象を増やしたりするスキルによって敵を早期に倒すことが出来ますが、防御力はないため立ち回りには注意が必要です。

シーフ 【器用な探索者】
敵の妨害をする役割を担います。
敵よりも早く動き、高い回避力で足止めをすることで敵が後衛に行くのを防ぐといったことや、範囲攻撃ができるスキルがあるため雑魚敵を倒す役割になることもあります。

このメインクラス4人で構成されたパーティがバランスが良いとされています。

サポートクラスについて
サポートクラスはキャラクターの個性付けのためのクラスです。
特殊な魔法を使用する、弓での戦いを得意としているなど、キャラクターの表現を広げることもできます。また、先ほどの4つのメインクラスもサポートクラスとして選択することもでき、メインとサポートが同じ場合はその役割に特化しているといったイメージになります。
クラスは特定の地方でしかなることのできないクラスも含めて31種類ありますが全部を説明するのは大変なので、その中から3種類ピックアップをして紹介したいと思います。

ガンスリンガー 【魔導銃の名手】
魔導銃と呼ばれる特殊な武器を使いこなすことのできる者であることを表します。
スキルも魔導銃を使用することを前提としたものが多く、かっこいいガンアクションをしたい人におすすめです。
おすすめメインクラス:ウォーリア、シーフ

バード 【呪歌の紡ぎ手】
呪歌と呼ばれる相手の精神に働きかける歌を紡ぐ吟遊詩人であることを表します。
呪歌を紡ぐことによって味方の支援をしたり敵の妨害をしたりすることが出来ます。
おすすめメインクラス:アコライト、シーフ

サモナー 【召喚魔術を扱う者】
動物の始祖である”動物の王”をこの世に現出させる魔術を扱う者であることを表します。
“動物の王”の眷属を使い魔として使役することもでき、使い魔に攻撃させたり、その攻撃と同時に自分も攻撃したりとスキル構成の仕方によっては強大な力を発揮します。
おすすめメインクラス:アコライト、メイジ、シーフ

今回はここまでとします。
種族、メインクラス、サポートクラスを決めたら次はスキルの選択です。
というわけで、次回はスキルの取得方法とスキルの見方について解説していきます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー