達成感があったプレステトロフィー集#01

達成感のあったプレステトロフィー集1

この記事では私が今まで集めてきたPS4トロフィーの中で達成感があり、取得する過程が特に苦しかったものや楽しかったものを紹介し、PS4トロフィーの収集の楽しさを皆さんに伝えていきたいと思います。

プレステトロフィーとは

ソニーが全世界で提供しているゲームソフト(PlayStationソフト)におけるやりこみ具合を表す指標です。現実でもフィギュアや漫画を集めたいときってありますよね。それと同じでPSトロフィーを集める人が稀にいます。

そういった人たちはトロフィーハンターと呼ばれています。

ちなみに私が21年生きてきてトロフィーハンターに出会ったのは一人だけです。それだけゲーム人口の中でも少数派なのでしょうか・・・。

それでは本題に入らせていただきます。

1つ目は「ロゼと黄昏の古城」(日本一ソフトウェア)のゴールドトロフィーである「神速の星」です。トロフィーハンター始めたての時に取ったものです。

どういった内容のトロフィーなのかというと全ステージ合わせてのtotaltimeで1時間20分以内を達成するといったタイムアタックになっています。

各ステージの構造を覚えてノーミスクリアでも1時間30分くらいになってしまいます。じゃあどうするかというと一部のステージを正規のルートじゃなくて、小技を使用した新しいルートを見つけ、何とか1時間10分くらいまで縮めるといった裏技めいたことをした記憶があります。よくyoutubeとかでも上がっているRTA(リアルタイムアタック)は見ている分には楽しいけど、これ自分でやるのしんどいだけじゃない?と思っていましたが、最適化するのっていわばスポーツの練習をするのとかと同じくらい楽しいです。自分がうまくなって過去の自分の記録を塗り替えるというのはなんとも言えない達成感がありました。

トロフィーコンプ時間は約25時間です。短い方ですね。

プラチナトロフィー(トロコン時に入手できるトロフィー)取得率は26.3%大分多いです。

次に紹介するのは「ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり」の「武器マスター」です。トロフィーの内容はすべての武器を集める。これだけ聞くと割とシンプルで簡単そうです。しかし、店に売っていない武器も集めなければならず、時空の迷宮というダンジョンで手に入る鑑定武器や強き者たちの迷宮という難易度の高いダンジョンの鑑定武器はドロップ率が非常に低かったです。しかも被りがある。それが終わって残りは小さなメダルで交換するメタル武器のみ!ようやっと終わると思ったのですが、持ちメダルでは500枚ほど足りないことに気が付きました。仕方なく強くてニューゲームをし、2週目を終わらせました。・・・ですが、小さなメダルがそれでもまだ足りてなかったのです・・・。

( ^ω^)・・・

そこからちょっとダンジョン周回をし、無事トロコンした時には

総プレイ時間約150時間。

現在のプラチナトロフィー取得率は1.7%

有名タイトルで1.7%は大分少ない方です。

このトロフィーは本当に忍耐力が必要でした。初めて1%台のプラチナトロフィーを取得して思いました。いわゆる作業ゲーの面白さはやってみなければわからないですが、このトロフィーを達成するのに際してやっと理解できました。150時間のうち50時間は無の境地に立っていた気がします。

というわけで今回はこの辺で終わりたいと思います。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー