バドミントンのロブとヘアピン

このフォーラムも#03になりました。記事が少しでも読みやすくなっていることを願います。

少しは興味がでてきましたか?

少し実際にバドミントンをやってみたくなりましたか?

まだの人はこの記事や動画だけでも見て頂ければ嬉しいです。

今回はロブとヘアピンについて紹介します。

ロブについて

ロブについて説明します。ロブはラケットを下からすくい上げるイメージで行います。上げるとき、手首をひねることで高く遠くに飛ばすことができます。ただ、ラケットの面を意識しないとネットに引っかかり相手の得点になってしまうので注意が必要です。また、力任せに打ってもコートの外に出てしまうので注意が必要です。ロブをする目的は#02の記事のクリアと同じで自分の体勢を整え次の行動に移しやすくするためです。また相手が前にいるとき、後ろに動かすことができます。私は、練習では、最初に高さや遠くに飛ばすことから始め、そのあと左右の打ち分けるようにしました。

ヘアピンについて

ヘアピンについて説明します。ヘアピンはネット前にいる自分から相手のネット前に打つ技です。ネット際に押し出すように足の重心が前にもっていって打ちます。ラケットが胸の高さ辺りにあると上手くヘアピンをすることができます。シャトルの最大の高さはネットの上ギリギリになりネットギリギリで落下するのが理想です。この技は相手がドロップを打った後に打つと相手を動かすことができます。何回か打つときは左右に打ったりあえて同じところを打って相手を動かすようにします。ただ、シャトルの高さが甘いと相手に得点のチャンスを与えてしまいます。私は練習の際、シャトルの高さを意識しながら行いました。

まとめ

今回はロブとヘアピンを紹介しました。この2つの技はネット前で使います。この2つも#02と同じく相手を動かすことができます。#02の技と組み合わせて、高くに飛ばしたり、ネット前に落としたりして、相手を動かします。相手にどの技か悟られないようにします。気が付いた方もいるかと思いますがバドミントンは動くスポーツです。動かしたり、動かされたりの攻防が面白いスポーツです。

今回の記事はどうでしたか?

今回紹介した技もバドミントンでは基本の技なのでよく出てきます。

初めての方も初めてじゃない方も興味を持ってくれたら嬉しいです。

次回#04ではついに「あの」技について紹介したいと思います。

では、次の記事でお会いしましょう。

引用元

​https://activel.jp/badminton/VJv86​

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー