女子大生が熊本のよかとこ紹介するばい!~温泉編~

こんにちは!インターンシップ生の余宮由佳です。
今回は熊本のおすすめの温泉を紹介したいと思います。

まず、1か所目は、阿蘇郡南小国町にある「黒川温泉」を紹介したいと思います。山間の小さなこの温泉地には、心が安らぐ田舎の風景と豊富な温泉があります。黒川温泉と言えば入湯手形です。2つの泉質を持つ宿や川に手が届きそうなほど近い露天風呂、混浴風呂など温泉旅館によってさまざまな風呂があり、手形を使って全ての風呂を制覇したくなるほど個性的です。手形は持ち帰りもできるのでお土産にもなりますね。そして、数ある温泉の中で1番驚いたものが洞窟温泉です。見た目はとても神秘的で、全長30mにも及ぶ洞窟風呂は、なんと「山の宿 新明館」の主人が10年かけて掘ったそうです・・・すごいですね。

そして、温泉以外にも魅力があり、浴衣を着て温泉街を散策することができます。冬季限定にはなるのですが、「湯明かり」というイベントが開催されている時期は、下の写真の様に、竹灯籠が温泉街を彩っており、この綺麗な景色を見ながら浴衣で散策なんてとても趣がありますよね。

写真引用元:https://www.kurokawaonsen.or.jp/event/yuakari/
黒川温泉のホームページ:https://www.kurokawaonsen.or.jp/

次に、2か所目は、阿蘇郡小国町にある「杖立温泉」を紹介したいと思います。とてもレトロな雰囲気を持った温泉街で湯けむりが街の雰囲気にとてもぴったりです。そして、杖立温泉は効能が高く、美肌効果が高いため、女性に人気みたいです。

杖立温泉ならではのお風呂は「むし風呂」です。サウナのようなものですが、温泉効果が期待できます。このむし風呂には、小さな部屋に寝転がるものや首だけ出して座るタイプのもの、ベッドに横になるものなど宿によってさまざまな種類があるみたいで、いずれにせよ首までしか浸れない温泉に比べて、頭からつま先まで温泉効果に包まれるため、全身の新陳代謝を促すことができます。地元の方からは、「風邪をひいたらまずむし風呂」と親しまれているみたいです。

また、こどもの日の時期には下の写真の様に大量のこいのぼりが泳いでいます。いったいどのくらいの数が泳いでいるのでしょうかね・・・?

そして、秋頃になると紅葉も見どころです。山一面に赤やオレンジ、黄色など様々な色が広がっており、思わず写真を撮ってしまいます。

写真引用元:https://tsuetate-onsen.com/tsuetate_spot
杖立温泉のホームページ:https://tsuetate-onsen.com/

以上で、女子大生が熊本のよかとこ紹介するばい!~温泉編~を終わります。今回ご紹介したのは、以下の2か所です。

・阿蘇郡南小国町 「黒川温泉」
・阿蘇郡小国町 「杖立温泉」

次回は、熊本のおすすめのドライブコースを紹介したいと思います。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー