押し引きの基準ついて


 こんにちは。インターン生の小松です。前回の記事では麻雀における守備力について説明いたしました。第4回目となる今回は相手の攻めに対する押し引きの基準について説明したいと思います。
 前回もお伝えした通り、麻雀は4人でする競技なので当然相手から立直が飛んできます。前回では相手の立直に対する守り方についてご紹介してきましたが、毎回毎回守っていてばかりでは自分が攻めることができず、ただただ点数を減らすか保持するかとなってしまいます。相手の立直に対してもめげずにかかんに攻めていく「押し」も麻雀で勝つためには必要となってきます。攻めていくことを「押し」と呼ぶなら、守りにはいることは「引き」と呼べますね。そのため麻雀では自分の中できちんと「押し引き」の基準を設けて打っていくことが重要といえます。
 具体的な「押し」の基準を設けるとしたら、まず重要となってくるのは「打点」です。当然相手の立直や鳴きの仕掛けに歯向かっていくのであれば、こちらもある程度の「打点」という攻撃力をもっていなければ、ただ闇雲に相手の攻めにつっこんでいることになりますから「打点」は重要です。具体的な点数の基準は人によって異なりますが、一般的には5200点以上ある手は「押し」と言われています。相手が立直をしていれば、相手の立直棒1000点を加点して6200点になりますからあがればマンガンクラスです。そのため、まず1つの「押し」の基準として5200点以上あるかどうかということが重要となってきます。
 つづいての「押し」の基準として重要となってくるのは、「速度」です。麻雀は当然待ちが広い方が上がりやすいです、タンキよりもリャンメン、リャンメンよりもサンメンチャンの方が当然あがりやすいですよね。あがりやすさのことを「速度」と呼ぶこともありますし、またテンパイまでの受け入れ枚数のことも「速度」と呼ぶこともあります。つまるところ、待ちや受け入れ枚数のことを一般的に麻雀における「速度」と呼びます。先ほどは打点が5200点以上と説明したかこの待ちが仮に単騎だった場合、サンメンチャンの2000点の方があがりやすそうに感じませんか。捨て牌状況にもよりますが、当然「速度」が速い方があがりやすいです。そのため押しの基準としては「速度」も重要となってきます。
 最後に相手の「押し」に対する「引き」の基準についてご紹介いたします。当然自分の手牌が弱いときは、相手の立直に対してはすぐ守りにはいります。これも1つの「引き」であり、その場合の「引き」については前回ご説明いたしました。今回は自分が立直をせずに攻めている場合に相手が「押し」てきている際の、「引き」の場合についてです。当然自分が攻めているときは「打点」か「速度」が見込めているときです。どちらにせよ自分にはあがるためやシャンテン数をあげるための待ち牌が重要となってきますし、それは相手も同じです。この自分の待ち牌の残り枚数と相手の待ち牌の残り枚数を捨て牌と仕掛けから考慮して「速度の差」が「引き」の基準となりますし、もちろん相手と自分の「打点の差」も「引き」の基準となります。
 今回は攻めと守備をワンランクアップさせる押しと引きの基準についてご紹介いたしました。押し引きの基準は人によってことなるので、明確なものは存在しません。そのため今回ご紹介した基本となる基準をもとに自分なりの基準を設けていくことが麻雀がうまくなるコツだと思います。それではよき麻雀ライフを。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー