スコッチウイスキー

 前回はアイリッシュウイスキーの歴史や製法について説明した。アイリッシュウイスキーはとても古い歴史を持ち、伝統的で独自性の高い製法により特異な味わいを持つ深い魅力的なウイスキーであると紹介した。今回はアイルランドから伝来したという説もある、アイリッシュウイスキーとどちらが歴史があるかの議論に決着がつかないスコッチウイスキーについて紹介する。
 
 ウイスキーの製法がスコットランドに伝わった時期は遅くとも12世紀から13世紀の間であるという説が有力である。蒸留技術はアイルランドからキリスト教と共に伝来したという説もある。スコットランドのウイスキー作りに関する最も古い資料に15世紀後半の財務省の記録がある。当初ウイスキーは薬酒として修道院が独占していたが、16世紀の宗教改革により民間に広まり、余剰穀物の換金手段として生産が盛んになった。
 スコットランドのウイスキー史の話には密造の話が欠かせない。スコットランド王国がグレートブリテン王国の一部となった際に、戦争費捻出のため課税が強化された事によって、ウイスキーが密造されるようになった。19世紀初頭、正規業者の製品より密造ウイスキーの方が品質が遥かに良く、国王が密造ウイスキーを愛飲したため、税率が引き下げられた。税率が引き下げられるまでウイスキーの密造は続き、拡大し続けていた。そして税率の引き下げ後、多くの政府公認の蒸留所が誕生することとなる。
 密造時代にウイスキーの製法は確立していった。その一つとして、ウイスキーを隠し保存するため、樽に入れていたことから熟成の工程が生まれた。また、原料の乾燥のための燃料として、選択しが無かった事から泥炭が使われ、スモーキーな風味が生まれた。更にモルトウイスキーのポッドスチル(単式蒸留器)で二回蒸留する事もここで生まれた。
 19世紀初頭に連続式蒸留器が生まれたことでウイスキーづくりは多様化することになる。連続式蒸留器はウイスキーの大量生産を可能にし、安価な穀物であるトウモロコシを利用したグレーンウイスキーを誕生させた。ローランド地方ではグレーンウイスキーの生産が積極的に行われ、ハイランド地方ではモルトウイスキーの生産を維持しており、この二つを混合させるブレンデッドウイスキーが生まれることとなる。
 スコッチウイスキーは生産される地域を元に4種類、または6種類に分類される。4種類の分類は、地域ごとの酒類生産免許の規則に基づき、ハイランド地方、ローランド地方、キャンベルタウン、アイラ島に分けられている。6種類の分類では、蒸留所の多いハイランド地の中でもウイスキーの生産が盛んなスペイサイド、オークニー諸島等(アイランズ)を独立させ、6種類としている。
 それぞれの特徴を述べていくと、まず、ハイランド地方のウイスキーは多様性に富んでいる。ピートが強く、飲みごたえがあるものが多いものが多いと言われている。スペイサイドのウイスキーは、最も華やかでバランスに優れてた銘酒揃いと評される。大麦の生産量とピートが豊富な地域である。ローランドはグレーンウイスキーの生産が最も盛んで、穏やかな風味のウイスキーが多い。アイラ島は温暖な気候を生かした大麦の栽培が盛ん、かつ、良質な水が手に入るウイスキーづくりが盛んな地域である。海辺に蒸留所があることが多く、ヨード臭やスモーキーさが特徴的である。キャンベルタウンは元はウイスキーづくりが盛んな地域であったが、アメリカに粗製濫造のウイスキーを密輸し評価を大きく落とした。現在は三か所のみ蒸留所が稼働し、香り豊かで、オイリーで塩っぽいと評されるウイスキーを製造している。オークニー諸島等のアイランズには、共通した特徴は見られない。
 今回はスコッチウイスキーの歴史と種類について簡単に紹介した。スコッチウイスキーは歴史が長く膨大でその全てについて触れることは出来なかったが、ウイスキーの多様な形態を見ることでその魅力を知ることが出来るだろう。
 
今日のウイスキー THE GLENLIVET 12years of Age(グレンリベット12年)

 今日のウイスキーはグレンリベット12年です。グレンリベットは密造が盛んだった時代から製造を続け、多くの人に愛されているウイスキーです。国王が税率を引き下げるきっかけとなり、最初の政府公認蒸留所のウイスキーとなったのもこのグレンリベットです。
 グレンリベットを筆頭に、スコッチウイスキーには「グレン」という単語が入っていることがあります。スコッチウイスキーは、この「グレン」という言葉がスコッチウイスキーを想起させる言葉だとして、他国の「グレン」と名のついたウイスキー蒸留所を訴えたこともあります。ウイスキーの名前として使われる「グレン」はゲール語で谷を表しており、スコットランドの山や谷の多い自然環境故に多く名前にも入っているのかもしれませんね。
 本題に戻りグレンリベットの香りや味についてです。、12年の熟成を感じさせる角の取れた香りはリンゴのようなさわやかさを感じさせ、その後にハチミツのような甘さがやってきます。スコッチで言われるピート感は無く、癖のない上品な香りです。味わいは香りの通りの味わいで、酸味と甘みがあり、あっさりした印象です。ほんの少し感じる木の香りもウイスキーならではですね。モルトウイスキーの中でも一つ蒸留所で作られた、シングルモルトを初めて飲む人でも楽しめるウイスキーだと思います。
 是非一度ご賞味ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー