バトスピのはカードの紹介

今回はカードについて掘り下げいきます。

カードの種類は大まかに5つあり、それを前回は説明したので簡単にまとめます。

1つ目は、スピリットで、アタック、ブロックできる
バトルでは、BPが高い方が勝ち、BPが低いと破壊され、コアをリザーブに置き、カードをトラッシュに送る。

2つ目は、マジックで、相手のカードを破壊、相手のカードのコアを外す、コアを増やす、相手のカードを手札・デッキに返す、
スピリット・アルティメットの回復、BPアップ、BPダウン、ブロックされない、デッキ破棄が挙げられます。

3つ目は、ネクサスで、フィールドを操作できます。カードに対しての効果、プレイヤーに対しての効果この二つがあります。

4つ目は、ブレイブで、スピリット、アルティメット、ネクサスに条件が合えば合体できます。分離すればスピリットとしても扱えます。

5つ目は、アルティメットで、スピリットとは同じですが違い、専用のカードがなければ対処ができません。

これらをさらに掘り下げます。

まず、全てのカードに共通である効果から説明します。バースト、転醒(てんせい)が挙がります。

バーストはバーストエリアにバースト効果を持つカードを裏向きにしてセットができ、バースト条件が合えばカードを表にして効果を発動します。
大抵のスピリット、アルティメット、ブレイブはバースト発動後、召喚されます。ネクサスの場合は配置されます。

転醒は両面に絵柄が書いてあるのが特徴です。バーストと同じで、条件が満たせれば、カードを裏向きにして転醒時の効果が発動します。

あるカードはスピリットからスピリットへ、ネクサスからスピリットへ、マジックからスピリットへ、ネクサスからブレイブへ、マジックからブレイブになります。

スピリットには、召喚時とアタック時、ブロック時、常時効果を発動するカードがあります。

召喚時は、召喚した後に、発動する効果です。

アタック時は、アタックした後に効果を発揮をする効果で、この効果を発揮した後に、バースト確認があり、バースト処理が終われば、フラッシュタイミングを挟みます。

ブロック時は、ブロックした後に効果を発動をする効果で、この効果を発揮した後に、フラッシュタイミングを挟みます。

あとは、トリガーカウンター、封印、アクセル、煌臨(こうりん)が挙がります。

トリガーカウンターは、アルティメットトリガーがヒットした時に、効果が発動します。

封印は、ソウルコアをライフに置くことで、効果が発動する。

ソウルコアとは、初めにあるコア4つのうちゲーム内で1つだけのコアです。自分も相手も1つしかありません。

アクセルは、使用するとマジックみたいな効果が大半です。

煌臨は、ソウルコアをトラッシュに置くことで、煌臨条件と合うカードに重ねることができます。

マジックにも、トリガーカウンターがあります。

ネクサスは、常時発動してるのが大半で、ネクサスの配置時、スピリット、アルティメット、ブレイブに効果付与などが挙げられます。
あとは、創界神と創界石があります。

創界神(グランウォーカー)と創界石(グランストーン)は、ネクサスですが、コスト支払ったあと、これらのカードには直接コアが置けません。
置けるのは、

創界神は、神託(コアチャージ)という効果で、条件が合えば、このカードにコアを置けます。
あと、配置時に自分のデッキから3枚落とせます。落としたら、条件に合うカードがあればコアが置けます。

創界石は、解封(リリース)という効果で、神託と同様に条件が合えば、このカードにコアを置けます。ですが、配置時にコアを置くようなことはありません。

あと、創界神に、神技(グランスキル)と神域(グランフィールド)、転神(グランフォーゼ)という効果があります。

神技は、創界神のコアを指定の数をボイドに置くことで、効果が発動します。

神域は、常時効果を発動しています。

転神は、創界神のコアを指定の数をボイドに置くことで、スピリットとしてアタックできます。ただし、バトルして、BPが負けたとしても、トラッシュ送られない。

創界石は、神秘(グランミステリー)と転醒があります。

転醒は、一定数のコアが置かれると転醒します。

神秘は、神域と同様に常時効果を発動しています。

ブレイブは、合体したら合体したカードとブレイブのコストが足され、BPも足されて増えます。あと色も足されます。
ブレイブにも、ブレイブの召喚時あり、ブレイブによっては合体したことによって合体したカードに効果を足されます。
ただし、カード1枚につき、ブレイブと合体できるには、1枚までです。

装填(リロード)という効果もあります。この効果があるブレイブがスピリット状態の時に煌臨ができ、煌臨元になったこのカードは煌臨したカードに合体できる。
ただし、煌臨状態ではないので、煌臨条件が、煌臨中のカードは煌臨できない。

あと、アクセルとトリガーカウンターがあります。

アルティメットは、スピリットと同じで、召喚時とアタック時、ブロック時、常時効果を発動するカードなどあります。

あとは、アクセル、アルティメットトリガー、ソウルバーストがあります。

アルティメットトリガーは、デッキから1枚破棄して、破棄したカードが効果発動したアルティメットのコスト未満ならヒットになり、効果が発動します。

ソウルバーストは、ソウルコアをボイドに置けば効果が発動します。

引用元ルールマニュアル
https://www.battlespirits.com/pdf/manual.pdf?ver11.0_2

次回はバトスピの歴史について触れようと思います。

この記事を気に入ったら、チャンネル登録といいねおねがいします。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー