バトスピの歴史の紹介

今回はバトスピの歴史について触れていきます。

バトスピは2008年の東京おもちゃショーに出展から始まり、

2008年9月に、バトスピの第一弾と
【BS】爆炎の流星~BURNING STARDUST(燃えるスターダスト)~
/混沌の守護神~CHAOS GUARDIAN(カオスガーディアン)~が発売

ここで、赤、白、緑、紫が登場します。
効果の代表としては、赤は覚醒、白は装甲、緑は神速、紫は呪撃があげられます。

覚醒は、このスピリット以外の自分のスピリットからコアを好きなだけ置けるという。

装甲は、指定された色のスピリット、マジック、ネクサスの効果を受けないという。

神速は、フラッシュタイミングで、リザーブからコストと維持コストを支払って、召喚できる。

呪撃は、このスピリットがアタックして、相手のスピリットに破壊されたら、バトルしたスピリットを破壊する。

この当時では、スピリットとマジック、ネクサスがあります。

2008年12月に、【BS】第二弾:激翔(げきしょう)が発売
ここで、黄色が登場し、代表の効果は、光芒です。

光芒は、フラッシュタイミングで使用したマジックカードをバトル終了時に手札に戻る。

2009年3月に、【BS】第三弾:覇闘(はとう)と
【BS】覇者の閃光~DYNAST’S FORCE(王朝の力)~
/闘神の鼓動~GLADIATOR’S BEAT(グラディエーターズビート)~が発売
ここで、青が登場し、代表の効果は、粉砕です。

粉砕は、レベル1につき、相手のデッキから1枚破棄できる。

2009年6月に、【BS】第四弾:龍帝(りゅうてい)が発売
ここには、転召(てんしょう)という効果が登場しました。

転召は、召喚するときに、条件に合うスピリットを1枚のコアを指定の場所に送って、
そのスピリットをトラッシュ送りした後に、召喚する。

2009年8月に、【BS】第五弾:皇騎(こうき)が発売

2009年9月に、【SD】紅蓮の稲妻~BLAZING THUNDER(燃えるような雷)~
/白銀の機神~DIAMOND DEITY(ダイヤモンドの神)~が発売
ここに赤に、激突(げきとつ)という効果が登場しました。

激突は、このスピリットがアタックしたら可能なら必ずブロックする。

2009年11月に、【BS】第六弾:爆神(ばくしん)が発売
ここで緑に、暴風(ぼうふう)という効果が登場しました。

暴風は、このスピリットがアタックが、相手のスピリットによってブロックされたら、相手のスピリットを指定の数を疲労状態にさせます。

2009年12月に、【SD】轟天のヘヴンズドア~ROARING HEAVEN’S DOOR(轟音天国のドア)~が発売
ここで青に、強襲(きょうしゅう)という効果が登場しました。

強襲は、ネクサスを疲労させることによって、このスピリットを回復させるという効果で、ただし、指定の数までしか回復はしません。

2010年2月に、【BS】第七弾:天醒(てんせい)が発売
ここで黄色に、聖命(せいめい)という効果が登場しました。

聖命は、このスピリットのアタックによって相手のライフを減らした時、自分のボイドから1個をライフに置ける。

2010年5月に、【BS】第八弾:戦嵐(せんらん)が発売
ここで白に、氷壁(ひょうへき)という効果が登場しました。

氷壁は、相手のターンで相手が指定の色のマジックを使用するときに、このスピリットを疲労させるて、使用したマジックを無効にする。

2010年8月に、【BS】第九弾:超星(ちょうせい)が発売
ここで紫に、不死(ふし)という効果が登場しました。

不死は、指定のコスト、系統が破壊されたときに、このカードがトラッシュにある時、トラッシュからノーコストで召喚できる。

2010年9月に、【SD】馬神ダンデッキ 太陽の合体ドラゴンが発売
ここで、ブレイブが登場します。

2010年11月に、【BS】星座編 第一弾:八星龍降臨が発売
ここで赤に、超覚醒(ちょうかくせい)という効果が登場しました。
更に、ここで星座にまつわるカードが登場しました。

超覚醒は、覚醒を同じで、超が付いたことによって、1個以上移動するときに、このスピリットを回復させる。

2011年2月に、【BS】星座編 第二弾:灼熱の太陽が発売

2011年5月に、【BS】星座編 第三弾:月の咆哮が発売
ここで白に、重装甲(じゅうそうこう)という効果が登場しました。

重装甲は、装甲と同じで、重が付いたことによって、ブレイブの効果が受けなくなる。

2011年7月に、【BS】星座編 第四弾:星空の王者が発売

2011年9月に、【SD】陽昇ハジメデッキ バーストヒーローズ/はじめてのバトルセットが発売
ここで、バーストカードが登場しました。

2011年10月に、【BS】覇王編 第1弾:英雄龍の伝説が発売
ここで紫に、呪滅撃(じゅめつげき)という効果が登場しました。

呪滅撃は、相手によって破壊されたときに、相手のライフをトラッシュに置くことによって、回復状態でフィールドに残る。

2011年12月に、【BS】覇王編 第2弾:黄金の大地が発売
ここで青に、大粉砕(だいふんさい)という効果が登場しました。

大粉砕は、粉砕と同じで、レベルが1ごとに5枚、相手のデッキを破棄する。

2012年3月に、【BS】覇王編 第3弾:爆烈の覇道が発売
ここで緑に、烈神速(れつしんそく)という効果が登場しました。

烈神速は、トラッシュにコアが5個以上いるときに、トラッシュのコアを全て回収して、召喚する。

2012年5月に、【BS】覇王編 第4弾:剣舞う世界が発売
ここで黄色に、魔光芒(まこうぼう)という効果が登場しました。

魔光芒は、光芒と同じですが、フラッシュタイミングで使用したマジックをもう1度、効果を発動をして、手札に戻る。

2012年7月に、【BS】覇王編 第5弾:覇王大決戦が発売
ここでは、バースト転召という効果が登場しました。

バースト転召は、転召と同じで、バースト発動した後に、対象のコアをしての場所に置くことによって、召喚ができる。

2012年9月に、【SD】ツルギデッキ 【シャイニングチャージ】/白夜王ヤイバデッキ 【ダークラッシュ】が発売
ここで、強化(チャージ)と連鎖(ラッシュ)が登場します。

強化は、カードを強化させる役割です。色ごとにあります。

連鎖は、フィールドに指定のシンボルがあるときに、効果を発揮します。

2012年10月に、【BS】剣刃編 第1弾:聖剣時代が発売

2012年12月に、【BS】剣刃編 第2弾:乱剣戦記が発売

2013年3月に、【BS】剣刃編 第3弾:光輝剣武(シャイニングストーム)/【SD】新ツルギデッキ【ダークネスファング】が発売

2013年5月に、【BS】剣刃編 第4弾:暗黒刃翼(カオストルネード)が発売
ここで緑に、分身(ぶんしん)という効果が登場しました。

分身は、指定の数、自分のデッキから、裏向きにして、フィールドに置ける。そのカードは、スピリットとして扱う。
ただし、分身のカードが手札、デッキに戻ると、そのカードは、トラッシュに行きます。

2013年8月に、【BS】剣刃編 第5弾:剣刃神話が発売
ここで、抜刀(ばっとう)という効果が登場しました。

抜刀は、「剣刃(やいば)」を持つブレイヴカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。という。

2013年9月に、【SD】アルティメットデッキ【灼熱のゼロ】/アルティメットデッキ【白銀のゼロ】が発売
ここで、アルティメットが登場しました。
効果は、赤に真・覚醒という効果が登場しました。

真・覚醒は、アタック中フラッシュタイミングで、自分のスピリットから、1個コアをこのアルティメットに置くことによって、このアルティメットにBP+3000する。

2013年10月に、【BS】アルティメットバトル01が発売

2013年12月に、【SD】アルティメットデッキ【疾風のゼロ】/アルティメットデッキ【明(あけ)の明星(ほし)のエリス】が発売

2014年1月に、【BS】アルティメットバトル02が発売
ここで、赤に真・激突、白に超装甲、青に招雷(しょうらい)という効果が登場しました。

真・激突は、相手は可能なら、スピリット、アルティメットはブロックするという。

超装甲は、装甲と同じで、超が付いたことによってアルティメットの効果を受けない※重装甲とは違います。

招雷は、バトル終了時、このスピリットを破壊することで、
自分の手札にあるこのスピリットと同じ系統を持つコスト指定の数のスピリットカード1枚を、コストを支払わずに召喚する。

2014年3月に、【BS】アルティメットバトル03が発売
ここで黄色に、神聖命という効果が登場しました。

神聖命は、ボイドからコア1個を自分のライフに置く。その後、自分のライフが3以下のとき、ターンに1回、このスピリットは回復する。

2014年4月に、【SD】アクセル全開デッキ【紺碧のゼロ】/メガデッキ【究極フルスロットル】が発売

2014年5月に、【BS】アルティメットバトル04発売
ここで紫に、毒刃という効果が登場しました。

毒刃は、相手のデッキの上から、指定の数のカードを裏向きで相手のスピリット/アルティメットの下に置く効果で、
下のカードはそのスピリット/アルティメットがフィールドを離れるとき破棄する。

2014年8月に、【BS】アルティメットバトル05が発売

2014年10月に、【BS】アルティメットバトル06が発売
ここで黄色に、分散という効果が登場しました。

分散は、自分が相手のスピリット/アルティメット1体を対象としたマジックカードを使用したとき、その対象を指定の数体にする。

2014年11月に、【SD】スペシャルデッキセット【12宮Xレアの輝き】が発売

2014年12月に、【SD】アルティメットデッキ【深緑の大地】が発売

2015年1月に、【BS】アルティメットバトル07が発売

2015年4月に、【SD】ソウルデッキ【戦国紅蓮】/【BS】烈火伝 第1章発売が発売
ここでソウルコアとXXが登場

2015年7月に、【SD】ソウルデッキ【烈風忍者】/【BS】烈火伝 第2章が発売
ここで、ソウル神速、起導(きどう)、Sバーストが登場しました。

ソウル神速は、ソウルコアをトラッシュに置くことでリザーブのコアを上に置くことで召喚できる。

起導は、バーストエリアにセットしているカードがSバーストのカードなら、バースト発動させる。

2015年10月に、【BS】烈火伝 第3章が発売
ここで、無限刃(むげんじん)、一騎打(いっきうち)が登場しました。

無限刃は、このスピリットに[ソウルコア]が置かれている間、このスピリットは、相手のスピリット/アルティメット1体を指定してアタックできる。
このとき、このスピリットは疲労しない。

一騎打は、このスピリットと相手が指定する相手のスピリット1体のBPを比べる。
BPが同じか低いスピリットが破壊され、相手のスピリットだけを破壊したとき、次の効果を発揮する。

2015年11月に、【SD】メガデッキ【魔王襲来】が発売
ここで、六天連鎖という効果が登場しました。

六天連鎖は、違う色のシンボルが指定の数があると効果が発動する。

2016年1月に、【BS】烈火伝 第4章が発売
ここで、真・連刃(しん・れんじん)という効果が登場しました。

真・連刃は、このスピリットのソウルコアをトラッシュに置くことで、相手のスピリット/アルティメット2体までを指定して同時にバトルする。
そうしたとき、このバトルで消滅/破壊された、バトルしている相手のスピリット/アルティメット1体につき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。

2016年4月に、【SD】バトスピスタートデッキ【十二神皇降臨】/バトスピスタートデッキ【異魔神襲来】/【BS】十二神皇編 第1章が発売
ここで、異魔神ブレイヴが登場しました。
効果は、封印、走破(そうは)、飛翔(ひしょう)、増食(ぞうしょく)が登場

異魔神ブレイヴは、普通のブレイブと違い、左右に違うスピリットと合体できるのが特徴のカード

走破は、相手のスピリット/アルティメット1体を指定してアタックできる。
そうしたとき、ブロックされたバトル終了時、このスピリットのシンボル1つにつき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。

飛翔は、バトル終了時、1コスト支払うことで、このスピリットは回復する。
(相手は疲労状態のスピリット/アルティメットでブロックできる)

増食は、自分のデッキを上から2枚オープンできる。
その中の系統:「漂精」を持つコスト指定の数(以下)のスピリットカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
残ったカードは破棄する。

2016年7月に、【BS】十二神皇編 第2章が発売
ここで、呪縛、超重装甲、突進という効果が登場

呪縛は、相手の各ステップの開始時、相手のリザーブ/スピリットのコア1個を相手のトラッシュに置ける。

超重装甲は、装甲と同じで、追加でブレイブとアルティメットの効果を受けない。

突進は、最もコストの低い相手のスピリット1体を指定してアタックする。
ブロックしたスピリットを破壊したとき、次にコストの低い相手のスピリット1体を指定してブロックさせる。

2016年9月に、【BS】十二神皇編 第3章が発売
ここで、砲撃、アクセルという効果が登場

砲撃は、自分のデッキを上から2枚オープンできる。
その中の系統:「神皇」/「十冠」を持つスピリット1枚につき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
それらのカードは手札に加える。

2016年11月に、【SD】メガデッキ【獄炎のブラム・ザンド】が発売
ここで、ソウルバーストという効果が登場

2016年12月に、【BS】十二神皇編 第4章が発売
ここで、要塞という効果が登場

要塞は、回復状態の系統:「神皇」/「十冠」を持つ自分のスピリットすべては相手の効果を受けない。

2017年2月に、【BS】十二神皇編 第5章が発売
ここで、煌臨という効果が登場

2017年4月に、【SD】バトスピスタートデッキ【煌臨スル神皇】/バトスピスタートデッキ【煌臨スル龍皇】/【BS】煌臨編 第1章:伝説ノ英雄(でんせつのえいゆう)が発売
ここで、旋風、煌覚醒という効果が登場

旋風は、相手のスピリット、アルティメットを指定の数、重疲労させる。
(重疲労状態のカードは逆向きにし、1回の回復で疲労状態になる)

煌覚醒は、自分のアタックステップのフラッシュタイミングで、トラッシュにあるソウルコアをそのスピリットに置くことで、BP20000以下のスピリット、アルティメットを破壊して回復する。

2017年7月に、【BS】煌臨編 第2章:蒼キ海賊が発売
ここで、大煌海という効果が登場

大煌海は、自分のネクサスを、《煌臨》を持つ自分のスピリットの下に煌臨元カードとして好きなように追加できる。
そうしたとき、そのネクサス1つにつき、相手のスピリット1体を破壊する。

2017月9月に、【SD】バトスピダッシュデッキ【鉄壁ナル龍ト神】が発売
ここで、装填、煌転装という効果が登場

煌転装は、ブレイブの系統を1つ指定して、自分のデッキを破棄して、指定した系統が出るまでやり、指定の系統のカードが破棄されたら、そのブレイブを召喚する。

2017月10月に、【BS】煌臨編 第3章:革命ノ神器が発売

2017年11月に、【SD】メガデッキ【暁ノ忍法帳】/メガデッキ【双黒ノ龍皇】が発売

2018年1月に、【BS】煌臨編 第4章:選バレシ者が発売

2018年4月に、【SD】バトスピドリームデッキ【太陽と月の絆】/バトスピドリームデッキ【光と闇の邂逅(かいこう)】/【BS】神煌臨編 第1章:創界神の鼓動発売が発売
ここで、創界神が登場しました。

2018年7月に、【BS】神煌臨編 第2章:蘇る究極神が発売

2018年10月に、【BS】神煌臨編 第3章:神々の運命が発売

2018年12月に、【SD】メガデッキ【灼熱の神皇】/メガデッキ【翡翠(ひすい)の神皇】が発売

2019年1月に、【BS】神煌臨編 第4章:神の帰還が発売
ここで10Xが登場

2019年4月に、【SD】バトスピダッシュデッキ【開闢の剣】/【BS】超煌臨編 第1章:神話覚醒が発売
ここで、ネクサス(創界神)にブレイブできるサーガブレイブが登場しました。
効果として転神も登場しました。

2019年6月に、【SD】アイツのデッキが発売

2019年7月に、【BS】超煌臨編 第2章:双刃乃神(そうじんのかみ)が発売

2019年10月に、【BS】超煌臨編 第3章:全知全能が発売

2019年12月に、【SD】メガデッキ【ダブルノヴァデッキX】が発売

2020年1月に、【BS】超煌臨編 第4章:神攻勢力が発売

2020年4月に、【SD】バトスピダッシュデッキ【創醒の書】/【BS】転醒編 第1章:輪廻転生が発売
ここで、転醒が登場しました。

2020年8月に、【BS】転醒編 第2章:神出鬼没が発売

2020年10月に、【BS】転醒編 第3章:紫電一閃が発売

2020年12月に、【SD】メガデッキ【覇王見斬】/メガデッキ【魔王災誕】発売

2021年1月に、【SD】転醒編 第4章 天地万象が発売予定

以上がバトスピの歴史です。
このように長く、煌臨編以前までは、テレビでアニメもやっていました。
今は、話数が少ないが、YouTubeにアニメを公開しています。

引用元
https://batspi.com/index.php?%E3%83%90%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

次回は最新の環境について触れようと思います。

この記事を気に入ったら、チャンネル登録といいねおねがいします。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー