コードって何?初心者音楽理論講座!

 ある日、ギターやピアノを始めてみようと音楽の勉強を始めるとき、まず最初にぶつかる壁が「コード」だと思う。

メロディーやリズムについてしっくりくる人は多いだろう。しかし、コードと言われてもよくわからないという人は結

構多い。今回は、その「コード」について学習していこうと思う。
 
 まず、コードの定義は、「日本語で和音と呼ばれ、高さが異なる複数の音が同時に響く音のこと」である。つまり、

二つ以上の音が同時になっているものと覚えたらよい。このコードがあることで、音に厚みが増して楽曲にメリハリが

つき、より深い音の響きを作ることができるのが特徴である。つまり、メロディーとリズムはあっても、和音がなけれ

ば音はスカスカになってしまうため、音楽においてとても重要な役割を担っている。それでは、コードについてもう少

し紐解いていこう。
 
 コードにはそれぞれ名前があり、さらに規則性がある。つまり、膨大な数のコードを覚えるよりも、その規則性を覚

えてしまえばコードの壁は比較的安易に乗り越えられるだろう。さらに、楽譜を見たときにCやFなどの記号を目にした

ことがあると思う。それがコードである。以降「C」を例に解説していく。
 
 「C」とは「ド、ミ、ソ」からなる和音である。これ以外には決まりはなく、どの高さで弾いても、「ソ、ド、ミ」

や「ミ、ソ、ド」も「C」である。つまり構成音があっていればそれは同じコードなのだ。次は、コードの種類を見て

いこうと思う。

 コードの種類は大きく分けて二つに分かれ、「メジャーコード」と「マイナーコード」がある。先ほどの「C」はメ

ジャーコードに分類される。そしてマイナーコードはアルファベットに「m」が付く。つまり、「m」が付いているかい

ないかで見分ける。それでは、音の違いは何だろうか。それは、第三音の音の高さの違いである。「C」と「Cm」を例

に解説しよう。

 「C」の構成音は先述した通り「ド、ミ、ソ」だが、「Cm」は「ド、ミ♭、ソ」である。「♭」はフラットといい、

半音下げるという意味である。つまり真ん中の音(第三音)が半音下がっているということである。第三音の音が半音

下がるということを覚えておけば、あとはメジャーコードを覚えるだけでよい。「m」が付いていたら、その構成音の

第三音を半音下げればよいということだけなのだから。ちなみに、マイナーコードはメジャーコードを比べて暗い雰囲

気を醸し出すのも特徴である。

 このように、コードは一見難しく見られがちだが、こうして紐解いていくと意外と単純なのである。今回紹介したの

はほんの一部だが、興味を持った方はぜひもっと知識を深めていってほしいと思う。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー