スケールとは?初心者音楽理論講座2!

 今回は前回の講座に続き、スケールについてまとめていく。前回の講座でコードとは何かを少しは理解していただけたと思う。

では、今度はスケールという概念を知っておこう。

スケールとは、簡単に言うと「音の並び方」のことを言い、日本語では「音階」などと言われる。上図のピアノの

鍵盤を見てもらえばわかる通り、そもそも音には「白鍵7個、黒鍵5個」の計12個しかない。つまり、一つのオクタ

ーブにつき12個の音があるということだ。ここで、スケールとは、正確には「この12音のうちからどの音を選ぶか」

を定義したものである。

 例えば、「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」の仕組みは「メジャースケール」と呼ばれている。上図の通り、左から「全音、

全音、半音、全音、全音、全音、半音」の間隔で並んでいる。この「全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音」の並びのこと

を一般に「メジャースケール」と呼ぶのである。これは、数多くあるスケールの中でも特に代表的なものとして有名である。では

、なぜ音の並び方というものが存在するのか。それは、「その規則で並んだ音の集まりから何かしらの雰囲気を醸し出すから」で

ある。実際にこの「メジャースケール」の並びの音を聞いてみると、良くなじみがあり、少し明るい雰囲気を感じないだろうか。

このように、スケールには一つ一つの雰囲気が違うのである。ここで注意したいのが、スケールはあくまでも「音の並び方」であ

ることだ。メジャースケールは他にもいくつか存在する。先ほど先述した「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」の音階をド(=C)から

始まっているので「Cメジャースケール」と呼ぶ。メジャースケールは「全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音」の並びな

ので、もしレ(=D)から始まればそれは「レ、ミ、ファ#、ソ、ラ、シ、ド#」となり、「Dメジャースケール」と呼ぶのである。ち

なみに「#」は「シャープ」と読み、その音を「半音上げる」という意味である。この「Dメジャースケール」もなじみ深くて明る

い雰囲気があると思う。このように、スケールはあくまでも「音の並び方」であることを意識してほしい。では、「メジャースケ

ール」とは異なる、違う雰囲気を醸し出すスケールを数あるスケールの中から一つ紹介する。

 音の間隔の並びが左から「全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音」を「ナチュラルマイナースケール」という。よく見て

ほしいのだが、メジャースケールとよく似ていると感じないだろうか。実はこれは、メジャースケールの第六音を始めとした時の

並びなのである。さらに、このスケールはメジャースケールと異なり、暗い雰囲気を感じると思う。どこから始めるかだけで雰囲

気がことなるのはとても不思議なことだ。

 以上のことをまとめると、スケールは音の並び方であり、その並び方を守れば、どの音を起点として始めても雰囲気が一緒であ

るということだ。そして並び方の順序の起点を変えてしまうと一気に雰囲気が変わるという不思議なことが起こることも理解して

おいてほしい。これらのことを理解しておけば、作曲や演奏の仕方にも応用が利くはずだ。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー