スケール内のコードそれぞれの役割って何?

 前回はダイアトニックコードについて学習したが、実はそれぞれのコードには役割が決まっていたことを知っていましたか。今

回は、ダイアトニックコードのそれぞれの役割について学習していこうと思う。

 まずダイアトニックコードには大きく3つの役割に分けられます。それは「トニック(T)」、「サブドミナント(SD)」、「ドミナ

ント(D)」だ。「トニック」は主役であり、とても安定感がある。「サブドミナント」は脇役でありやや不安定で、曲のバリエー

ションに欠かせない存在である。「ドミナント」は不安定なため、主役の「トニック」に向かって安定させようという力を持つ。

では、ディグリーネームで七つの音を分類してみよう。

 「トニック」に含まれるのは「Ⅰ、Ⅵm」である。Cメジャースケールでは「C、Am」に当たる。「C-F-G-C」というコード進行が

あった場合、「Am-F-G-C」と置き換えても問題ない。CもAmも同じ部類だからである。ただし、「C」は明るい、「Am」は暗いとい

うことを抑えておけば、悲しさを狙うのであれば「Am」をたくさん活用するのも手である。

 「ドミナント」に含まれるのは「Ⅴ、Ⅴ7」である。Cメジャースケールでは「G、G7」に当たる。これらはとにかく主役のトニ

ックに向かいたいという強いはたらきを持つ。「C-G-C」の途中のGで終わると気持ち悪いと感じるだろう。なので安定を求めてト

ニックに向かおうとするのだ。さらに、4和音の「G7」を用いれば、ホールトーンが含まれているためより不安定な響きをもち、

よりトニックに向かおうとする力が強くなる。

 「サブドミナント」に含まれるのは「Ⅱm、Ⅳ」である。Cメジャースケールでは「Dm、F」に当たる。他のどのダイアトニック

コードとも相性がよく使い勝手の良いコードで、トニックにもドミナントにも進むことができる。つまり、「C-Dm-G-C」や「C-

F-C」と様々な場面で活躍する汎用性の高いコードである。その中でも「Dm-G-C」というコード進行は「ツーファイブワン」と呼

ばれ、ジャズでもポップスでも良く出てくるため、ぜひ覚えていてほしい。

 では、ここに出てこなかった「ⅢmとⅦm(♭5)」はどこに含まれるのかと疑問に思った方は多いと思う。「Ⅲm」は「トニック」

とも「ドミナント」とも呼ばれることがあり、分類が今でも不明確なコードであるためだ。「Ⅲm」にはトニックの「C」とドミナ

ントの「G」の構成音が2音も含まれていて似ているからである。そして「Ⅶm(♭5)」は一応「ドミナント」と分類されるが、「G

、G7」などのようなものとは少し違う不安定さを持ち、トニックに向かうというはたらきが弱く、初心者が扱うには難しいと判断

したため割愛した。

 このように、コードの役割を理解することで、コードに対して面白さを実感していただけたのではないだろうか。その面白さに

気づいたとき、作曲がさらに楽しくなるだろう。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー