音楽理論っている?よくある質問について

 これまでたくさんの音楽理論について勉強してきた。しかし音楽は娯楽であるから理論など必要ないのではないかと思われる方

は多いと思う。今回は理論的なことではなく、音楽理論が必要かどうかについて書いていこうと思う。

 音楽に対して、「聴いてて気持ちよければそれでよいのではないか。」や「自由に感じたまま楽しめればよいのではないか。」

と感じる方はいると思うが、まさにその通りである。そもそも音楽理論は、必要か否かや役に立つのか否かといったものではなく

、「あるもの」なのだ。

 日本語には「文法」が存在する。そして私たちが日本語に文法が必要かどうか、あるいは日本語の文法が役に立つかどうかとい

ったところを日本語でコミュニケーションを図る際、考えたりはしないだろう。つまり、私たちは文法を意識せず日本語を使って

いて、また日本語の文法はあるのだ。それと同じように、音楽にも音楽理論という文法があるのだ。ここで音楽のことを仮に「音

楽語」と呼ぶことにしよう。

 なぜ私たちは音楽理論という音楽語の文法を学ぶのか。それは、日本語ほど音楽語に対してネイティブではないからである。も

ちろん多くの人は幼い頃から音楽に触れているので音楽語が片言の状態である。しかし日本語のようにネイティブに音楽語を扱う

ことはできない。例えば、英語が全く分からない人が、英語で講義を受けるとする。受ける人は話し手の雰囲気や語り口調などは

なんとなくわかるかもしれないが、具体的に何を言っているのかはわからないはずだ。しかし英語を勉強して分かるようになった

人は、その講義で何を言っているのか具体的な内容が分かるようになっているはずである。もちろん他の言語と比べて音楽語は具

体的な意味が分かっていなくても、芸術的な観点で人に何かを訴えかけてくることが多いのが魅力であり、特徴である。しかし、

そこに意味がある以上ただ聴くだけではなくて、意味や内容を理解しながら聴いた方が楽しいと思わないだろうか。英語もそうだ

ろう。私たちは英語にも幼い頃から触れている人も多い。英語が分かるようになることで、外国の人が具体的に何を言っているか

わかるようになってコミュニケーションがしやすくなり、より会話を楽しめるようになるとは思わないだろうか。

 このように、音楽理論はあくまでも「あるもの」であり、必要かどうかといったものではない。音楽理論を学ぶことで、音楽を

さらに楽しむことが可能になるということだ。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー