(4)BLEACHの魅力

[はじめに]
 前回に引き続きおすすめの完結済みバトル漫画を紹介させていただきます。今回紹介させていただく漫画は『BLEACH』です。この漫画は、幽霊が見える高校生 ”黒崎一護”(くろさき いちご)が死神の力を手に入れ、大切なものを護るために、様々な強敵に挑んでいく作品です。日本刀や袴など、和の要素が多く出てくるので、そういうデザインが好きな人は絵を見ているだけでも楽しい作品になっています。

[簡単なあらすじ]
 霊感が強い高校生の黒崎一護はある日、死神と名乗る女性 ”朽木ルキア” と出会う。始めは信じていなかった一護だが、死神の敵だという怪物 ”虚”(ホロウ)に襲われてしまう。一護を庇い負傷したルキアから死神の力を受け取り死神になった一護。ルキアの力が戻るまで死神代行として街を護る日々が始まる。

[BLEACHの魅力]
 次にこの漫画の魅力を伝えたいと思います。まず、この漫画の魅力は大きく分けて3つあります。1つ目は、デザイン性が高いところです。この漫画の中には、敵味方合わせてかなりの数のキャラクターが登場します。しかし、それぞれのキャラクターのデザインがしっかり差別化されているのでキャラクターを見間違ったことがありません。さらに、主要キャラは目だけでも誰かわかるほど特徴があるなど、キャラクター1人1人にとても魅力があります。また、武器や衣装、能力のデザインもとても凝っています。それぞれのキャラクターが独自の武器と能力を持っているのですが、能力に合った武器のデザインをしていて、とてもかっこいいです。衣装もそれぞれの勢力ごとに特徴のあるデザインになっていて、ただ武器や衣装などのデザインを見ているだけでも楽しめる作品だと思います。

 2つ目は、能力の多様性です。先ほども話した通り、作中のキャラクターはそれぞれの能力を持っています。この作品はキャラクター数が多いのでその分、出てくる能力の数も多くなります。氷や風を操るようなシンプルな能力から、切った相手の重さを倍にする能力や、子供の遊びを現実にする能力など、変わったものまであります。さらに、 ”卍解”(ばんかい)という能力が大きく強化される要素があるので、それぞれのキャラクターの能力や卍解が明らかになっていくのも、見所の1つになっています。

 3つ目は、主人公の力の謎です。主人公の一護は、もともと霊感が強いだけの高校生だったのになぜ死神の力が使えるのか、また、作中で死神の力とは異なる力が目覚めるのですが、その力は一体なんなのかなど、作品を全体を通して主人公に関する謎が明かされていくので、最後までワクワクできる作品だと思います。

[まとめ]
 如何だったでしょうか、少しでも楽しさが伝わっていたら嬉しいです。とてもデザイン性が高く、眺めているだけでも楽しめる作品になっているので、ぜひ『BLEACH』を読んで見てください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー