プロジェクト東京ドールズの魅力(5)

今回で最後になりますが、私がハマっているスマホ向けゲームアプリ
「プロジェクト東京ドールズ」の魅力について説明していきたいと思います。

それはやり込み要素の豊富さです。
ここでは2つ紹介させていただきます。

一つ目は高難易度クエスト「新宿奈落」です。
こちらは新宿に開いた大きな穴を調査していくというコンセプトで行われており、
各層5つのクエストがあり、現在は1から8層まで実装されているコンテンツになります。
数字が大きくなるごとに難易度が上がりますが、その分報酬も豪華になっていきます。
1から4層までは出現する敵の内容は変わらず、ゴリ押しで突破できますが、
5から8層は難易度が大幅に上がり、出現する敵が毎月変わるので
高レアのカードでゴリ押しで突破することはできず、
第2回で説明したクラススキルも関わってくるので
その時々に適したパーティ編成を考える必要があり、上手く決まると楽しい
という大変上級者向けのコンテンツになっています。
こちらに関してはお恥ずかしながら持っているカードの相性と言い、
解放しているのクラススキルの不足と言い、これらが全然できていないので
8層までクリアできておらず、7層止まりとなっています。
また、5層からは無報酬ですがクリア内容に応じて、
層ごとに100位までのランキングが表示されます。

続きまして、2つ目は「ドルフォト」という機能です。
こちらは先程の「新宿奈落」とは違い、
「クエスト中にプレイヤーが操作する3Dモデルのスクショを撮る」という機能になっています。
こちらはただ直立して、衣装の変わらないキャラクターを撮るのではなく
所持しているカードに付いてくる衣装やアクセサリー、ポーズや動き、それだけではなく
キャラクターの表情やエフェクト、撮る際の背景まで変えることのできる
大変自由度の高い機能になっています。
ポーズや動き、背景はデフォルトではキャラクター固有や使えるものに制限がありますが、無課金で得られるゲーム内通過を使うことでキャラクター固有のポーズや動きが他のキャラクターでも使えるようになったり、浴場やプールサイドなど様々なシチュエーションが選べるようになるので自分の思うようにコメディチックにしたり、シリアスな雰囲気を出したりと幅広く遊ぶことができる機能です。


また、この機能はスマホのカメラと連動して使うことで画面越しになりますが、実際にいるようにも見えるAR機能もあるので、ゲーム内外問わず楽しめる機能になっています。

以上、プロジェクト東京ドールズのやり込み要素についての魅力でした。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー