印象的な相手デッキ

 今回はデュエルマスターズプレイスの第7弾環境のランクマッチで私が対戦したデッキについて,個人的な意見や感想を交えながら3つ紹介する.

・ダイヤモンドブリザード
 なんとこのデッキの切り札ダイヤモンドブリザードは第3弾で登場したカード,ナーフされながらも登場以降ずっと環境上位にいる息の長いデッキ
 1ターン目からクリーチャーを展開して速攻攻撃,何度除去されてもダイブリが出ればクリーチャーを手札に補充,回復したマナでそのまま展開し再度攻撃と圧倒的な展開力で相手の対処が間に合わせない
 コントロール軸のデッキではSTに祈ることになりがちでほかの速攻に対しても安定した展開力で対抗してくる
ダイブリが最速で出たときは相手の引きの良さを恨みつつこちらも受けきれるだけの引きを祈ることになるがブロッカーや殴り返しがとれるクリーチャーを出せればそれなりに対処はできることとダイブリ側には除去札が基本的に入っていない点ではそこまで戦いにくい相手ではなかった

・ゲートサファイア
 原作の紙版デュエマで猛威を振るったデッキのデュエプレ版
 ドルバロムのデザイナーズコンボ枠と思われたロストチャージャーがまさかのインフェルノゲート実装によりサファイアに採用,マナ加速しつつ確実にサファイアを墓地に送る動きはあまりに無駄がない.
 サファイアの着地まではとにかく除去とハンデスで相手に何もさせない.時間を稼いで着地したサファイアは相手の盾を焼き払いSTが使えないどころか手札にも行かせず相手に反撃の余地を与えない.周りが調整されているとはいえ原作版でかつては禁止,つい最近まで一枚制限のサファイアを無調整で出したのは流石に無理がないかと思ってしまうところ.
 コントロール系でありながら,速攻寄りと思われるの7弾環境で上位に残る様は流石の一言
 アクアポインターやガレックのようなハンデスしながらほかの効果を行うカードが強力で相手はババ抜きの世界チャンピオンなのかとツッコミたくなるほど綺麗に一番抜かれたくないカードを落とされてしまうことも多々あった.ハンデスは許さん.
 第一回で紹介したクローシスドラゴンでは有利な相手と述べたが相手も対策を講じるようになりせっかく増やした墓地を全て山札に送ってしまうコンクリオンやクリーチャーを回収困難な盾に送ってしまう魂と記憶の盾でこちらの動きを封じてくるようになった.
特に魂と記憶の盾は盾を墓地送りにするサファイアとの相性が良く勝率こそ結局五分五分程度になったもののやりたいことをひたすら邪魔される点で戦いたくない相手筆頭ではある.

・グレートメカオー
 低コスト帯で展開しつつ中間の手札補充も充実,フィニッシャーのフェニックスにつなげ相手のブロッカーも除去も封じて殴り勝つミッドレンジデッキ
 全体のパワーラインを上げ小型除去耐性を高めるジャンボアタッカーやそのジャンボアタッカーを含む2コスト獣を山札から直接だすピラミリオン,その他もろもろ一枚一枚がデッキの動きに噛みあい過ぎているシナジーの塊.高い展開力に加えて7弾の目玉であるフェニックスが二体使えてしかも3コストでそれをサーチするクリーチャーがいるのはズルくないかと思う.STのコロビナーも含めクリーチャーを展開するデッキで低コストクリーチャーが盤面の維持や受け札,切り札のサーチまでするので非常にスムーズに動いてくる.
 相手のブロッカーを無効化するミリオンパーツは原作の紙版デュエマではなんと7コスト,元が弱かったとはいえこの調整はやりすぎではないかと思ってしまうところ
 呪文を無効化するマーキュリーや除去を帳消しにするセイントマザーが出てしまえば
小型獣ですら無敵のアタッカーとなってしまう.
序盤から隙が無くフィニッシャーが揃うまでの速い上,揃ってしまうとほとんど対処の仕様がない非常に強力な環境トップデッキ
 ただでさえ不利なクローシスドラゴンは採用数こそ多くはないものの墓地を埋めてくるコンクリオンを出されるともう詰みと思わざるを得ないどこまでも嫌な相手
 青単ツヴァイなら上振れれば速さでは勝てるがSTに止められ返しのターンで負けることも多い
正直に言ってしまうと個人的ナーフ入ってほしいデッキ一位.

・総評
 7弾環境はこれまでの中ではデッキタイプが分散している方でこの環境で行われた3回目の公式大会でも,決勝戦では多くのデッキが見られたことからもかなりの良環境だったとされる.個人的に思うところのあるデッキ,カードはあるが全体でみればそれなりにはバランスは取れているようだ.ちなみに第一回大会は決勝8名のうち5名が天門ボルバルという同じデッキタイプだった.地獄かよ.

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー