ターゲットを決めはじめた時に気づく「自分の非力」

書籍『ヒゲ教授の〈辛口〉就活対策本部―世界一分かりやすい就活』

P:「いきたい企業が見つかった!」ターゲットが決まったときに初めて自分の非力に気づくもんだ。「自分」を伝えるすべがわからない。漠然と就職を考えているうちは、あれこれと勝手に思いは巡っていたはずなのに。

R:それはまだ、第三者のままでいるから。言ってみれば「就活評論家」

E:誰だって初めてのエントリーシートはうまく書けない。ただ「隙間なくワクを埋める作業」に必死になるからだ。上手に埋めるほど・・・伝わらない。きれいに書くほど・・・読まれない。もう一度、その企業はどんな人を求めているのかを熟考!

P:大切なことは「御社が何を求めているのですか?」「私はそれを持っています。」求められている資質がわからなかったら書けっこない。自分研究ばかりやっていないで、企業研究! 業界研究!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー