新法学部生に送る!法学1週間チャレンジ!

 皆さんおはこんばんちわ!甘党のスイーツ系男子「シオン」です!聞いてない?そりゃ残念。さて、ぱぱっと本題に入りましょうか。今日話すのは
「実体法」と「手続法」これも『公法』と『私法』みたいな感じげ概念のお話です。公法と私法は国と民か、民と民か、の違いって説明したんだけど
、「実体法」と「手続法」はまた着眼点が違っています。今回は誰と誰の関係か、ではなく、何を定めているのか、という点で分類しています。では
、具体的に説明していくね。

 まず、憲法、刑法、民法の説明は簡単にはしたけど、みんな「六法」という言葉はご存じだろうか?入学の時に嫌でも買わされるあの辞書みたいに
でかい本です。あれは主要な6つの法をまとめて呼ぶときに使う呼び方で六法なんて名前の法律は存在しません。ある意味、公法私法みたいな概念の
話です。そんな六法を構成する6つの法が「憲法」「民法」「刑法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」「商法」です。実をいうと「商法」も正式名称で
はないんだけども、「商法」に興味がない限り触れることもないので割愛。とにかく、これが主要な法律の種類ね。このうち、「刑法」「刑事訴訟法
」「民法」「民事訴訟法」が特に分かりやすく「公法」「私法」と「実体法」「手続法」の特徴が出ているから、比較して説明していきます。

 まずはそれぞれの法律がどんな内容が書かれているのかを説明して、次に分類に分けます。と、言うわけで早速「刑法」何が犯罪でどんなん罰があ
るか。「刑事訴訟法」刑事裁判の手順とやり方。「民法」契約の種類と容態。「民事訴訟」民事裁判の手順とやり方。端的にまとめるとこんな感じで
す。これをまずは履修済みの公法私法で分けると「公法」「刑法」「刑事訴訟法」で「私法」「民法」「民事訴訟法」となります。ここまでは理解で
きているかと思います。忘れていたら#1を読んでね。で、本題、実体法と手続法だけども、先に結論から言うとこうなります。「実体法」「刑法」
「民法」で「手続法」「刑事訴訟法」「民事訴訟法」となります。さっきの各法律の中身的にそうかな?と思っていた勘のいい新入生もいた事とは思
うが、これを言葉で説明できなきゃ、なんとなく理解しているだけなので行き詰る。と、いっても勘づけるくらい違いがありありと出ているってこと
だから、正直そこまで難しくもないのでご安心をば。

 まず「実体法」とは、実際に形のないものに形を持たせるためにある法律なんです。パラドックスの言葉遊びじゃないです、はい。と、いうのも、
犯罪とか契約に具体的な形ってありますか?どういう「行為」が犯罪になるか、であって、物質的に形があるものではないですよね?銃刀法違反も、
麻薬所持違反も、刃物を持ち歩く「行為」が、「麻薬」を持つという「行為」が犯罪なわけですよ。同様に雇用契約や売買契約も働く代わりにお金を
もらう、という互いの「行為」や、お金を払う代わりに商品をもらう、という「行為」があってはじめて、互いの権利(債権)と義務(債務)というかた
ちで契約が成立するわけです。こういった行為や権利(債権)義務(債務)という形がないものに、法律を定めることで形を持たせているってことです。
債権債務については、民法の回でせつめいするから、楽しみにしてて。で、こういう形を持たせるために定められている法律が「実体法」ってわけ。
これを聞いたら漢字の意味も分かるくない?実体を持たせる法で「実体法」。似た言葉で「実定法」ってのもあるんだけど、それはまた説明するね。
 次「手続法」は「実体法」で形を持たされたものを、実際に実現するための手続きや方法の手段を規律する法律です。まぁ読んで字のごとくですね
。「刑事訴訟法」「民事訴訟法」以外にも、「民事執行法」や「不動産登記法」などがあります。どれも、判決を執行する手順や、不動産を登記(と
うき)する手順を定めた法律です。登記については民法のに時軽ーくふれます。

 とまぁ、全ての法律は「公法」か「私法」か、「実体法」か「手続法」かで分類することが出来ます。こういった、それぞれの法がどの概念に属し
ているかをよく理解せずに民法と刑事訴訟法なんかを同時に履修するから、「要件」と「効果」の違いが分からなくなるんですよねぇ。おっと、「要
件」「効果」は次回以降のネタバレでした。今回はこの辺で。次回は「刑法」やります。ではまた!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー