はじめてNBAを観るならここ!(3)

 前回の記事ではNBAで注目しているチームについて紹介させていただきました.
おすすめの選手やチームは分かったけど,上手いプレイをまとめて見たいという人もいると思います.そこで本記事ではNBAのお祭りであるオールスターゲームについて説明していきたいと思います.
 NBAオールスターゲームというのは,ファン投票で選出された選手たちが所属チームの壁を超えて共にプレイする試合です.NBAは東西のカンファレンスに分かれていて,
それぞれのカンファレンスで最も票を集めた選手がキャプテンとなり,投票で決まった
候補の中からドラフト形式で選手を獲得していくことでチームを作っていきます.
2021年のキャプテンはレブロン・ジェームスとケビン・デュラントです.毎回の記事で
名前が出ているレブロンは4年連続でキャプテンになるほど人気の選手です.このように
決まったチームで戦うので全員がスーパースター級の選手であり,派手なプレイもたくさん見ることができます.
 このNBAオールスターゲームは2020年から特殊なルールを採用しているため説明して
いきます.バスケットボールは4クォーター制で,次のクォーターは得点が持ち越された
まま始まり,合計得点で勝敗を決めます.しかし,NBAオールスターゲームでは各クォーターとも0-0から始まります.そして,各クォーターの勝者がチャリティー基金を獲得できます.最初の3クォーターは通常とほぼ変わらないのですが,最後の第4クォーターだけルールが大きく異なります.最終クォーターだけファイナルターゲットスコア制となって
いて,ある一定のスコアを獲得したチームが勝者となります.そのスコアは,最初のクォーターの点数合計で上回っていたチームの合計点に24点を加えた点数となります.そして,最終クォーターの始まりは最初の3クォーターの合計点からスタートしターゲットスコアになるまで時間無制限で行われます.2019年までは派手なプレイで魅せることを意識
しすぎて手を抜いているように見えるシーンもあったのですが,このルールが採用される
ことで真剣にプレイする様子が見られて,よりエキサイティングな試合になったのでとても楽しめると思います.
 このメインゲームの前に,オールスターウィークエンドという様々な競技が行われる日があるためまだまだ楽しめます.それぞれの競技について軽く説明していきます.
①ライジングスターチャレンジ
1,2年目の選手で構成されたチームでの対抗戦です.2015年からはアメリカ出身選手で
構成されたチームUSAと他国籍選手で構成されたチームWORLDで対戦する形式となって います.2021年には日本出身の八村塁選手も選出されています.
②スキルチャレンジ
パス,ドリブル,シュートの総合力の高さを競うゲームです.障害物競走のような感じで 全てこなす必要があるのでバスケットボールの上手さが大事になります.
③3ポイントコンテスト
1分間で5箇所から5球ずつ3ポイントシュートを放ち何本決められるかを競います.
シュートが決まる瞬間が好きな人にはたまらないと思います.
④スラムダンクコンテスト
独創性のあるダンクシュートで競います.試合中には見られない派手なパフォーマンスが 見られるのでバスケに詳しくなくても十分楽しめると思います.
 いかがでしたでしょうか.今回はNBAオールスターゲームについて紹介しました.
NBAファンはもちろん,初めての人も楽しめると思うのでぜひ見てみてください.
 次回はNBAの歴代スター選手について説明していきたいと思います.

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー