たった数分間の面接で、何がわかるのでしょうか?

書籍『ヒゲ教授の〈辛口〉就活対策本部―世界一分かりやすい就活』

P:友人は「社長面接で、面接らしい面接は最初の5分くらい、あとは世間話でおわって、翌日には内定通知書が届てビックリ」とのことでしたがそんな簡単に人物が判断できるのでしょうか? そのとおり、社長さんの決断はとにかく早いよ。じゃなきゃ、社長業はつとまらない。

R:会社中の書類や情報が集まってきて、バシバシ決済処理するんだからね。特に人の採用決済は早い! 創業社長だったら、最初の一人から自分で決めて会社を作ってきたわけだから、「見抜く目」が独特だ。一瞬だよ!

E:でも、逆に、長い時間かけたら人を正確にジャッジできるワケじゃないんだ。新卒はスキルや経験を問われるワケじゃない、「資質」を見ればいいんだからなおさら。学業履歴や正確は、履歴書と適性検査で十分。知識は筆記でいい。あとは・・・・「キチンとしている人」か「だらしない人」か・・・挨拶・立ち振る舞い・聞く姿勢・話し言葉・・・そこから判断できる。うまい下手の前に、誠実に取り組む姿勢。「凛としている」かどうか。自分をヘンにPRすることなく、堂々としていて・・それでいて謙虚。

P:そんな人なかなかいないけど、誰だって近くづくことはできる。それは、就活を”真摯に”取り組むこと、”大真面目に”就活に向かうこと。「内定がほしいほしい・・・就活」じゃなくて、明日いく企業1社1社に礼を正してキチンと会いに行くこと。1社1社勉強させていただいて、どんどん吸収すること。そんな心構えで、焦らずに取り組めば、きっと「凛っ!」としてくるよ。就職活動は、ものすごく学べる本当にいい機会なんだ・・・本気で取り組めばね!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー