ポケモン、ダブルバトルの勧め!(4)

この記事ではゲーム:ポケットモンスター(以下ポケモン)コンテンツ内で長らく親しまれ、大きく盛り上がる”対戦”の中で「ダブルバトル」に注
目し魅力を文章化していく。

前回までは”対戦を始める前段階”にあたる技術・知識を伝えてきたが、今回は”対戦中に意識しないと困ること”を伝えていく。

 まず最初に意識して気を付けることは「時間管理」である。

慣れないダブルバトルで選択を悩んだり、集中して時間をかなり使っていることが頻発すると思う。

実際、ダブルバトルを日常的にやっているプレイヤーですら選択時間切れをしたりするほどのことだ。

しかし、それでも初心者と熟練プレイヤーの選択時間切れは原因が異なる。

 初心者側が選択時間切れをする多くの理由は、経験不足と初めてだからという恐怖からくる迷い。

また対戦中に発生する隙間時間を見つけられていないからである。そして、1つ選択時間切れをするとそれ以降のターンもズルズルと悩み続けてしまいがちである。

 それに対して熟練プレイヤーは多くの経験と知識から作られる選択肢の処理に集中しすぎ、次回以降の戦況を読んだ結果としてポケモン2匹へのコマンド選択時間が足りない!となる。

しかし、次回以降のターンは選択時間切れしたターンに戦況を読んでいるためにスムーズに試合を運べていたりする。

もちろん当然のことだが、誰であっても選択時間内で間に合うように思考・コマンド選択するべきである。

 熟練プレイヤーでも選択時間が足りないのなら、初心者は膨大な知識を短い時間で処理する力をつけないといけないように感じるだろう。

 では、ここでもう一度「初心者」「熟練プレイヤー」それぞれの時間の使い方を考えてほしい。

 熟練プレイヤーは集中しすぎのため時間が足りなくなっている。

つまりここから改善するには、より早く処理する力をつけるか集中しすぎないように意識改革する事しかできない

 初心者の場合は違う。そもそも始めたばかりで臨機応変にコマンド選択するのは難しい。

 そこで問題解決の為、別方向からのアプローチをする。

①対戦中の隙間時間を有効活用する。

 ダブルバトルにおける隙間時間とは何か。

そう、対戦中の技演出や既に自分自身の中で決まっている行動を敢えてすぐに選択せず、次のターンなど別の思考時間に回すことで生まれる時間を指す。

こうした地道な行動によって十分な思考時間を確保できたりする。

②行動のテンプレートを用意しておく。

 思考するのが面倒な時にお勧めなのがこれ。

行動をテンプレート・パターン化しておくとそもそも思考する時間が減る。

想定外が重ねると取り返しがつきにくい事が難点だが、相手のパーティが自分に対してどのような行動をしてくることが多いかなど分析するのに役立つという副産物もある。

 ここまでで選択時間が足りないことに対する解決策・意識の持ち方は理解していただけたと思う。

しかし、1つだけ完全に解決できない時間切れがあるのだ。

 それは”ポケモンを4体選ぶ時間”である。

これに関しては、対戦相手次第で悩む時間が変わるためどうしようもできない。

一応時間切れの仕様を利用し、上から4体をよく使うポケモンで固めるという手もあるが、時間切れの時点で相手に情報アドバンテージをとられてしまう。

 今回はダブルバトルをする上で意識する重要なことを伝えられたと思う。

次回は「ダブルバトルをする際、配信・動画でお気に入りの一人を作っておく利点」を記事として届ける。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー