学びのプロセスに無駄なものはない

書籍『20代にしておきたい17のこと』

P:手当たり次第に本を読んだとお話ししましたが、人によってはそうして読んでいくうちに、ある本や考え方にはまってくいくこともあるでしょう。それが必ずしも自分にとってよいものであるとは限りません。それはしょうがないことで、悪いことではないと思っています。

R:本に限らないことですが、「出会い」はすべて、その人の普段の生き方の反映だからです。

E:たとえば、だまされて初めて、世の中の現実を知るということがあります。だから、すべては学びのプロセスとして、だまされたり、ひどいことをされたり、親切な人に出会ったり、いろんな体験があるわけです。そのすべての体験が人生だから、どれがよい悪いというレッテルを貼らないほうが楽しめます。

P:自分にとっていいかどうかを吟味するよりも、とりあえず本でも仕事でも人でもそれに触れてみることでわかることがあります。人に裏切られた痛みを体験すると、人の信頼を何よりも大切にしようと考えるようになるでしょう。すべて無駄なことはないと思うのです。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー