趣味が本業につながる可能性がある

書籍『20代にしておきたい17のこと』

P:「釣りバカ日誌」では何よりも釣り好きなハマちゃんが、社員としてはダメでも、釣りができることで会長としたしくなります。あれは漫画の世界ですが、現実にも似たようなことは案外よく聞きます。

R:趣味仲間というのは横のつながりがあったりするのでいい趣味をもっていると上の人に引っ張られる可能性もあるし、そこで面白い人を紹介されたり、すばらしいパートナーと出会う可能性もあります。

E:出版界の櫻井秀勲さんは若い頃文芸誌の編集者で松本清張や三島由紀夫、川端康成などそうそうたる先生の担当をしていました。子供の頃から将棋が得意であった櫻井さんは将棋をきっかけに親しくなって作家の先生から原稿をいただくこともあったそうです。将棋をやるのはあくまでも趣味でそれが仕事にいきるなんて思ってもいなかったそうです。

P:サーフィンでも料理でも趣味を持つことで自分の人生に役立ってくれることがあるかもしれません。同時に趣味は人生をより楽しいものにしてくれます。それが本業になる可能性だって、ないとはいえないのです。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー