産前産後休業で福利厚生のスタンスを見る

書籍『採用情報で見極めよ!「ホワイト企業」の選び方』

P:女性にとって、出産・育児と就業を両立させていくことは、大変大きな課題だと思います。「就職四季報」の女子版には産前産後休業がどのくらいの期間付与されるかが掲載されています。よく見ると法定を上回る設定をしているところが見られます。

R:法定をあえて超えて産前産後休業期間や育児休業期間を設定しているということは、女性に優しい職場であることを強くアピールしたい気持ちの現れだと推察できます。

E:例えば、法定では、産前6週間、産後8週間のところ、産前産後10週間設定しています。育児休業についても、子供が1歳になるまでという法定を超えて、3歳になるまで認めている会社があります。

P:実際には”なかなか取得しづらい”や”周囲の目が気になってできない”という会社が多いです。そうした中、あえて法定基準を上乗せした制度をしているところは、女性労働力を積極的に活用することで会社の成長につなげたいと思っている会社といえます。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー