退職金制度の有無を確認する

書籍『採用情報で見極めよ!「ホワイト企業」の選び方』

P:退職金制度は、労働者にとって大変重要な労働条件のひとつです。退職金があると老後の年金額に加えて使うことができます。もしくは独立開業資金として使うこともできます。

R:退職金の有無が第二の人生設計に大きな差となります。

E:例えば、60歳の時点で仮に2400万円もらって85歳まで生きたとすると、働かない期間は20年間となります。月の収入で年金20万円に加えて退職金を取り崩せば毎月10万円当てられますので30万円使うことができます。もう一つの例としては20年勤めた会社を退職したら失業手当はでますが、もらえても月20万円くらいで、期間は5ヶ月くらいです。仮に500万円の退職金がでれば月20万円を1年分に充当でき300万円以上手元に残すことが可能です。

P:会社として退職金制度を設けていることは非常に大きな負担となります。こうしたことから退職金制度をなくしてきた会社も多くあります。ただ日本型の経営という観点でみると退職金制度の有無はそのまま労働条件の優劣の大きな判断要素になります。制度の有無の確認だけでもしてみましょう。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー