支払い能力を表す最大の数値は経常利益

書籍『採用情報で見極めよ!「ホワイト企業」の選び方』

P:支払い能力を実現するのは「収益力」と「財務力」です。この「収益力」とは、利益を生み出す力です。会社は、商売をしてお客様からお金をもらいます。これが「売上高」です。この売上をあげるのに色々なコストがかかります。それらを色々計算した結果、当期純利益(損失)が会社の最終的な利益となります。

R:どの段階の利益が大切かは財務力の確認が必要です。

E:財務力とは資産と負債の持ち方により資金繰りに影響を与える力です。例えば無借金で潤沢な金融資産で利子収入があれば財務力が優れています。受取利息が大きいと営業益より経常利益のほうが大きくなります。そのため収益力と財務力の双方が経常利益に関わってきます。

P:経営的に見れば「経常利益」が大切ですが、「営業利益より経常利益のほうが大きい」という着眼点し、その差に財務力の強さが表れています。ただし、労働者が関与して利益を大きくしようと考える場合は「営業利益」が一番大切な指標ということになります。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー