経常利益と労働分配率、2つの指標で判断する

書籍『採用情報で見極めよ!「ホワイト企業」の選び方』

P:労働分配率が高いほど労働者にメリットがあるかというとそうでもありません。赤字の会社ほど労働分配率が高くなるという傾向があります。売上低下などにより売上総利益が大幅に減少したような場合でも、人件費はそう簡単に減らすことができません。一度支払うと決めた給料の額は労働契約上の取り決めなので経営者が勝手に減額することが難しいからです。

R:結果として、売上総利益に占める人件費の割合は高いことになります。

E:このように労働分配率だけを単純に見ても、労働条件の良否は判断できません。「経常利益額」と合わせて見ていくことで適切な判断をすることができるようになります。

P:経常利益額が大きく、かつ(同業比較の中で)労働分配率が高いところが、労働者に良好な労働条件を与える力のある会社、つまりホワイト企業候補といえます。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー