宿題は本当に大事だよ。

こんにちは。
インターン生活が続いているアレックスです。
今回の違いは最後の前の第4章です。テーマは・・・「宿題は本当に大事だよ。」です。

【日本では】
早速でここの生徒は宿題に対して強い気持ちがなさそうです。例えば、自分の英語の授業には宿題を出したら、ほとんど提出してもらいません。よく提出日の授業では、私は生徒が激しくその瞬間でやってみるのを見ます。こっちの先生方はあまり気にしないそうし総体的の成績に影響を与えないし、生徒は別にやる気はありません。

【アメリカでは】
アメリカの生徒はもっと宿題に対してもっとやる気とは言えませんが私達の成績によく大きい影響を与えます。授業や先生によると、宿題は総体的の成績の10%以上です。実際にある授業の宿題は40%でした。という意味は宿題を提出しなかったら、そのクラスを絶対に落ちます。この間、アメリカの高校の日程は毎日同じと言いましたが、それだから宿題は翌日のものです。特に数学や科学の授業は毎日宿題を出しました。もちろん、家でするはずですが、待ってた生徒はいました。朝ホームルームとか他の授業で宿題をやってみました。例の「study hall」は朝だったら、みんなは喜んでいました。「朝にフリータイムがあるから、今宿題をやらない~」とワイワイして家でゴロゴロしてしまった。

でも、先生がすぐ集めますので、授業時間までやってなかったら、0を取ります。遅いは絶対ダメで先生方はこの規則について、厳しいです。

一方はテストです。日本に高校に入るため、入試を受験しなければなりません。アメリカはそのことありません。私たちは代わりに、卒業試験を受験します。これは州によってが、3年生の時、この試験を合格しないと卒業できません。4年生の時、失格の教科を再びチャレンジできます。

成績の最後のことはプロジェクトです。よくアメリカの高校の授業でプロジェクトや実験します。例えば、物理学では音波を測るとか心理学で調査を行うことします。そこはまた大きいの成績の分です。宿題は理論な能力で実験は実力です。

【まとめ】
だから、宿題をしましょうよ。私たちアメリカ人や日本人は利益を得るはずです。

で、次回の最後の課題は「さよならバイバイ、放課後の違い」です。

よろしくおねがいします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

昼食までも違いますか!

こんにちは。
アメリカ人のアレックスです。
日米高校の違いがまだまだ続いています。今回は・・・「昼食までも違いますか!」です。

【日本では】
自分の勤務の学校で学食がありますが、それは普通ではないと聞いていました。いったん小学校から卒業すれば、生徒は主に自分の弁当を持っていきます。このように、生徒がもっと積極的でなければ、みんなの両親は何か作ってくれます。加えて、生徒は典型的に教室で食べます。

【アメリカでは】
いつもどおり、アメリカで、これは違います。ほとんど全ての高校は学食があります。アメリカの法律に従って学年中、生徒の昼食は学校の責任です。ついで、学食は必要です。

でも、私達アメリカの生徒は何食べますか。日本では、私の学食でラーメンやカレー、丼ものなどを食べられますがアメリカに、そんな選択がありません。メニューは毎日変わっても主要な食べ物があります。人気なメニューは「walking taco (ウォルキング・タコ)」というタコスみたいなものやピザですが人気とか美味しい食べ物よりも美味しくないものは多いです。学校はたくさん生徒がいれば、すぐに朝に料理しはじめて昼までに食べ物は冷たくて時々ちゃんと焼いていません。だいたい、アメリカの高校の昼食はまずいという意味です。

その上、値段が高いです。給食はだいたい安そうですが、アメリカで昼食は5ドル(約500円)から7.5ドル(約750円)までになります。何人の生徒の両親はあれこれと理由があって料理できませんのでそれは毎日払うべきです。高校生として、高くなります。

で、学食しかで食べられません。前回の言ったところですが、教室は先生方の個人用の部屋です。だから、生徒は勝手に使用できません。昼食を含む。自分の高校で学食はこの大きな場所、体育館みたいな場所でたくさんのテーブルがありました。私達は昼食3校時がありました(例えば、昼食1は10:40~11:20、2は11:25~11:55、又3は12:00~12:30)から友達と食べられない可能性は高かったです。全校の生徒は一緒に学食を使えませんでしたから。大きいのに小さいです。

【まとめ】
ではでは、また話の終いに着いてました。どうでしたか。アメリカの「給食」を食べてみたいですか。一生に一度食べるのおすすめです。

でもまだまだ続きます。次回は第4章、「宿題は本当に大事だよ。」です。お楽しみください。

よろしくおねがいします

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

教室回る人は誰?!

こんにちは。
インターンシップ生のアレックスです。
前回の始まった日米高校の違い紹介シリーズは続きます。今回は・・・「教室回る人は誰?!」です。

【日本では】
これはたぶん一番普通のことと思いますが日本では生徒たちは一日中同じ教室を使います。どっちの授業でもあっても同じ教室に座って授業を受け取ります。先生方は職員室から各教室に行って教えます。
これに関してそれぞれの日の日程は違います。例えば、月曜の1校時目は古典ですが火曜のは数学とか英語です。

【アメリカでは】
ということは、アメリカはその2つのポイントは違います。

実はアメリカで、先生方は特別の職員室はありませんので各先生は自分の教室があります。そこで先生は休憩したり授業に準備したりします。って生徒があっちこっちの教室に授業のため回らなければいけません。例えば、もし私は1校時目化学があったら、化学教室に行きます。そして、2校時目は心理学なら、心理学室に移動します。実は私はこの方法を好みます。学校を歩き回りは、足腰に、いい気持ちだと思います。一日中に同じ教室に座ったら、つまらないし生徒は眠くなりやすいと思います。足腰に血が流れれば元気になれて授業に集中できやすいと思います。

あっ、でも学校では毎日同じ日程がありますのでそれはつまらなくて生徒は別に集中しないかもしれません。でもそうです。アメリカの授業制は毎日全7、8校時は同じです。月から金まで、もし1校時目は化学だったら、毎日の1校時目は化学です。同じ先生も教室も、日程は変わりません。一方でこんな日程は覚えやすいと思います。生徒として私の好みと言えませんが先生なら、アメリカの方はいいと思います。そして、もう一つの秘密をあげます。アメリカの学校には教科以外の授業があります。この授業は唯一ので教室がありません。そして先生と言うよりもこの授業は「管理官」がいます。名前は「study hall」(スタディ・ホール)です。ここでは生徒は特に何もしませんが静かに勉強するはずです。私の学校では7校時の中から、2つはstudy hallになってもいいでした。

本当にstudy hallは先生がいない時に誰か(例の管理官)が一所に生徒を見守るために作られましたが特に怠惰な生徒はたくさんのを取ります。それにしても、意外のstudy hallがあったら、他の先生に聞いて余分の授業を取れます。Study hallの代わりに。

【まとめ】
どうでしたか。今回の違いを知っていますか。この頃、先生として私はよく日程やどっちの教室に行かなきゃのを忘れますからちょっとアメリカ風の制度に懐かしいです。

と言っても、次回の第3章は「昼食まで違いますか!」です。

よろしくおねがいします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

朝から違いが始まる

はじめまして。
インターンシップ生のアレックス・ロブルと言います。
今回、アメリカの高校生活と日本のの違いを紹介すると思います。

このシーリズの第1章は・・・「朝から違いが始まる」です。

【日本では】
普通に生徒が朝早く学校に着いてすぐに勉強し始まります。家の距離によると、生徒は初電を乗って15分以上、学校に歩いたり自転車を乗ったり来ます。そうするために、生徒たちはもっと早く起きるべきです。
5時や5時半という意味です。そして学校に着いた後、先生はまだいなくても直接自分の教室に行って当日の授業に準備します。アメリカ人としてはじめてにそのことに驚きました。

【アメリカでは】
一方で、アメリカ人はそんな真面目のイメジーがありません。自分の高校時代では、私はほとんど6時半で起きたくなかったです。お母さんは「時間ですよ。起きなくちゃ」と言っても2、3回を繰り返しなければなりませんでした。

行き方も違います。学校まで両親が連れていくとは言え、よく両親は朝早く仕事に行かなければいけめあせんので学校に連れていけない場合は多いです。もちろん、家の距離によって歩いたり自転車を乗ったりすることができますがアメリカには一番普通の学校通行は「school bus」と言うバスです。各学校は何台のバスあって各バスは生徒の家の前に止まってみんなが乗れます。ですが、もし寝坊してしまったら、自分のバスに乗り遅れられます。その場合に30分以上歩くしかありません。バスは他の利益があります。

学校の管理者がみんなを学校に安全に連れていけます。もし何か起こしたら、学校が責任を負うべきです。だから、バスが乗ったら、生徒が学校までに無事に着けて、交通事故を除いて、何も起こしません。でこういうパターンが続きます。運転免許を取るまでに。アメリアでは、16歳から免許を取れますが、よく17歳の若人が学校に運転し始まります。生年月日によって、この時は3か4年生の時なんですがだいたい4年生のみんなが学校までに運転します。

と言って、学校に着いた後はどうでしょうか。実は、ある時間前に着いったら、学校に入れません。自分の学校は7時15分前、先生や管理者はまだいないとか準備中などですので、生徒は入れません。そしてそれは「あっ、入っちゃだめ」のに入れますということではありません。正面玄関のドアは鍵がかかている状況という意味です。入るは禁止だけでなくても本当に入れません。それにしても、入った後、自分の教室までに行けなかったです。ホームルームは7時45分からですが、7時15分から7時半まで、学校に入ったら学食に待つしかありませんでした。

たぶん言うまでもなく誰も、1校時までに、勉強しませんでした。

【まとめ】
ではどうですか。アメリカっぽいですか。意外ですか。もちろん、アメリカと日本は違いがありますがこのような違いがあったか知っていますか。
このように日米高校の違いを集めて紹介するつもりです。次回の第2章は「教室回る人は?!」です。

よろしくおねがいします

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。