ブックオフランク

皆さんこんにちは。インターン生の関です。今回はブックオフの秘密の第二回になります。前回の記事では店舗毎によって特徴があることについて書いていきました。第二回は業務の概要とランクについて説明していきたいと思います。

まずは出勤です。バイト先の制服に着替えて社員の方にアピアランスチェックをします。これは売り場に出る前に自分の身だしなみが整っているかどうかを社員が確認し、OKが出ると出勤が可能となります。チェックする項目は

・髪の毛が長すぎないか

・ピアス等を外しているか

・爪を切っているか

・規定されているズボンかどうか

・名札を付けているかどうか

以上の5つをクリアすることでIDを通して業務が始まります。具体的な業務は私たち店員にフロアコントロール表、略してフロコンと呼ばれるものに沿って、その日自分が担当するエリアに分かれて仕事を行います。エリアは売り場、レジ、買取の3つに分かれています。売り場は本の補充やお客様対応行ったりします。レジの場合はショーケースの対応や免税などの作業を任され、買取では受付や査定などを任されます。私は基本的に買取と売り場に割り振られることが多いです。

またブックオフにはランクが存在し、ランクが高ければ高いほど名札やシールの数が変化していくのが特徴です。各ランクには名前が決められており、シールなしがトレーニー、シール1つがチャレンジャーC、2つがチャレンジャーB、3つがチャレンジャーAで、これ以上になるとトレーナー、サブマネージャー、マネージャーの順に名前が変わりネームプレートが変わっていくのが特徴です。これはキャリアパス制度といいランクの高いスタッフがトレーニング担当を行い、決められたタスクをこなすことができればランクが上がるシステムとなっています。そしてランクが上がるにつれて特定の業務を与えられるようになります。私はサービスCDの部門長を任され、レイアウトなどを社員と話し合い、そこで決まった業務を共有事項としてお知らせしたりします。こういった特定の業務をアルバイトに任せてもらえることがブックオフの特徴でもあります。さらに新人育成にも力を入れています。ブックオフでは「人材」という字を「人財」という字を使います。これは人こそが最大の経営資源であるという考えです。この理念は社員だけでなくアルバイトにも適応されます。私も新人のトレーニーを育成し、チャレンジャーCに昇格させた経験があります。昇格させるには先輩から昇格用のマニュアルについて教えてもらい、それに沿って新人の育成ペースなどを決めていきます。私はここでどうやったらわかりやすく端的に教えられるかについて学びました。このようにブックオフではただ働くのではなく特別な業務を任されたり、教わったものを後輩に教えたりやりがいを与えてくれる職場でもあります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

個人塾講師が語る最強勉強テクニック 1時間目

個人塾講師が語る最強勉強テクニック 1時間目

 みなさん、はじめまして!元塾講師の細井翼と申します。最強勉強テクニックでは、実際の生徒の体験とともに、勉強に使えちゃうかもしれないテクニックをドンドン紹介していきます。勉強なんて大っ嫌い、とか、なんでしなくちゃいけないの?めんどくさい…とかが、ちょっとした工夫で少しでも楽しいものになれば嬉しいです。

 一時間目は暗記についてです。多くの人が、英単語だったり、歴史の年代や事件だったり、覚えるのに科目問わず苦労しているのではないでしょうか。勉強は覚えること、といっても過言ではないでしょう。実際、私が教えていた生徒からも、暗記についての相談がたくさんありました。

世の中には、様々な暗記法があります。ひたすらノートに書く、つぶやきながら歩き回る、録音して聞きまくる、等々…私は英単語のテストの前日に、睡眠学習というものを試した時があります。寝ている間に英単語を聞くと、朝起きた時には覚えているというものですが、眠りが深すぎたのか、何も覚えていませんでした…

最も良いのは、覚えたい内容に興味を持つこと、です。皆さんも、好きなゲームの内容はキャラクターの名前だけではなく、プロフィールまで覚えている、ということがあるでしょう。そもそも興味が持てないから苦労しているという方がほとんどだと思います。しかし、興味が持てないのは知らないから、かもしれません。何も知らない本を読みたいとは思わないでしょう。しかし、その本の著者が聞いたときある名前だとしたらどうでしょうか。少し興味が湧きませんか?ほんの少しの知識で好奇心は膨れ上がります。ぜひ少しでも覚えたい内容のことを調べて、知って、興味を膨らませてみてください。

実際、分からないからつまらない、という生徒を担当したことがあります。別の切り口から教えてみると、理解することができました。わかる部分ができてから、彼の成績の伸びは素晴らしかったです。

やはり、勉強もつらいより楽しい方がいいですよね。知ることが楽しみに繋がるということを意識していただけたら幸いです。

内容を知っても興味が持てないこともあるでしょう。そうしたら、少し業務的な覚え方を試してみましょう。次回の覚え方は関連付けです。今回の内容は精神的なものでしたが、次回は実践的なテクニックを紹介します。よろしければ、チラシの裏紙とボールペンを準備しておいてください。ガンガン書きます!次回をお楽しみに!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

女子大生がオススメしたい派遣バイトBest5

初めまして!インターンシップ生の伊藤 優と申します。

さて、突然ですが、皆さんはどんなアルバイトの経験がありますか?

学生の身だと平日は授業で忙しく、バイトとの両立が厳しいと感じたことがあるかと思います。誰もが効率良くお金を稼げたらと思うでしょう。世の中にはたくさんのアルバイトがありますが、今回は私が登録している派遣バイトについて書いていこうと思います。

まず、派遣バイトと一口で言っても登録する会社によって仕事内容は多岐にわたり、パッキング業務やシール貼りなど多種多様です。私は今までバイト経験がなかったイベントスタッフを選びました。

私が契約したところは、シフトを提出すると都内近郊の勤務場所をランダムで配置されます。イベント開場1つのみの登録とするやり方もありますが、私は飽きっぽいので都内近郊に振られる制度にしました。飽きっぽいひとには良い制度だと思います。
希望勤務場所を指定することもできますが、お仕事が絞られてきてしまうのでおすすめしません。

イベントスタッフなので休日の方がお仕事が多く、週1からでもOKなので忙しい学生に本当にオススメです!友達と日にちを合わせることで一緒の配置に手配してもらうこともできます。

その中で私が実際に働いている”イベントスタッフの勤務地”おすすめBest5をご紹介します!

第5位 東京ビッグサイト(国際展示場)
引用元
http://www.bigsight.jp/

年間通じて展示会や即売会、就活イベントなどの催し物が開催される東京ビッグサイト。開場前に、施設の案内ができるようにトイレや喫煙所を把握したり、お客様の列整備、誘導をこなしつつ開場を待ちます。開場してからは案内業務になります。

繁盛期だとイベントが毎日のように開催されているので、仕事内容をこなしながらも、雰囲気を感じ取ることができます。交通費支給されるので、都内で働きたい人にもオススメです。

5位になった理由は、東京ビッグサイト(国際展示場)は会場がとにかく広く、来場者数も大勢いらっしゃるので、配置場所によっては休憩室が遠くなってしまうことがあるからです。休憩室からの移動時間が休憩時間込で設定されているので、これは結構後々響いてきます。それと、お昼開場が主なイベントがたくさんあるので朝はやいことが多く、家が遠いひとだと交通時間が長くなりもったいなく感じることがあります。

次回は引き続き第4位を発表していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

本が読めないブックオフ

皆さん初めまして。インターン生の関です。今回から第5回まで私のバイト先である、ブックオフについて紹介していきたいと思います。皆さんはブックオフについてどういったイメージを持っていますか?本を買ったり、売ったりする古本屋というイメージがまず最初に思いつくと思います。では店員と消費者のではどのような違いがあるのでしょうか。この記事では消費者側から見られないお店の裏側について書いていきたいと思います。

第一回は本が読めないブックオフについてです。

 ブックオフとは全国に店舗を置く古本屋であり今や本だけでなく、衣服からおもちゃまで幅広く取り扱っている(場所による)中古店舗でもあります。これは調べてみて私も驚いたのですが、古本屋界でタブーとされていた立ち読みを可能にしたのがブックオフみたいです。確かにブックオフといえば立ち読みしている人が多いですよね。しかし最近では立ち読みをさせない店舗も増えてきているのをご存じでしょうか。基本的に単行本や小説などは関係ないのですがコミック(漫画)に関しては袋に詰めたりなどして読めないようにしています。理由は本が傷むからです。単純な理由ですが中古業では買ってもらう要素としてその物の状態は大きな割合を占めます。例えば同じ本があったとき、新品と変わりない本と本の中まで日焼けしている本とどちらを選びますか?当然前者を購入したいと思うはずです。このように書店異なり中古を扱っている店舗のため買い手にとって状態は重要な要素となっています。

 ではなぜコミックだけが袋詰めにされるかというと立ち読みしている年齢層につながってきます。コミックは老若男女問わず幅広く読まれるもので、特に人気なコミックは誰でも立ち読みできるなら読みたいと思うからです。そうなると補充された新巻はたくさんの人に読まれ、傷んでいく可能性があり、上で説明した通りに傷むと商品としての価値が下がって消費者に買ってもらうことができなくってしまうことがあるからです。私たち店員もなるべくお客さんにきれいな本を受け取ってほしいためこのような手法をとることがあります。もちろんすべてのコミックが読めないのではなく最近人気になったコミック、映像化された作品であり、最近では『鬼滅の刃』などがそれにあたります。

 逆に他の店舗では読書スペースを設けるところもあります。「えっ⁉」と驚かれるかもしれませんが限られた店舗ですがそういった店舗もあります。そこでは、ロッカールームのようにお金を入れると一定時間利用できるサービスで、個室ではないのですがコンセントや自動販売機が扱えるものとなっています。そこで買った本を読めるサービスです。他にも新品の本を売る店舗も存在したり、本だけでなく雑貨を売ったりする店舗も存在します。私の店舗ではお中元会社と協力お中元ギフトを販売していた時もあります。このようにブックオフは一見どこもおなじように見えて店舗毎に違った特徴があります。皆さんも気になったらぜひ立ち寄ってみてください。

第1回目は以上となります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

飲食業界のここがキツイ3選

 皆さんこんにちは、MBAインターナショナルでインターンシップをしている宮沢です。前回に私がアルバイトをしているサイゼリヤについて紹介していきたいと思います。今回は私がサイゼリヤに入ってきついと感じた点について紹介していきたいと思います。

 1、人手不足

 サイゼリヤに入って私が最も痛感したのが人手不足です。これはサイゼリヤだけだはなく、飲食業界すべての店に当てはまることです。飲食業界の仕事はほかのバイトと比べる多少キツイところがあります。私は主にキッチンを担当しています。料理にはそれぞれ提供時間が定められているのでそんなに混んでもこの時間を超えるわけにはいきません。しかし、こちら側も人手不足なので限られた時間の中で常に最大限のパフォーマンスを発揮しなければならない。このように、きついと感じた人がどんどん辞めていき、新人もなかなか増えないため負のスパイラルに陥ります。

 2、クレーマー

 クレーマーといえばコンビニを想像する人も多いと思いますが、飲食店もコンビニに負けないほど多くのクレームを寄せられます。世の中にはいろんな人がいます。もし、こちら側のミスであれば誠心誠意対処するのですが、こちら側に非はなくお客様の一方的な言い分を受けることも多くあります。サイゼリヤといえば、洋画が飾られていると思います。お客様からどこの絵なのかという質問を受けたのですが、もちろん一介のアルバイトには分からないことなので、分かりかねますと答えたところ10分ほどの説教を行けたことがあります。私はキッチンなのでクレーム処理することはあまりないのですがそれでもこのような無茶苦茶なクレーム受けたことがあるので、フロアの方はこれと比にならないくらいに精神を消費すると思います。

 3、給料の低さ

 飲食業界は賃金が低い傾向にあると言えます。その中でもサイゼリヤは他と比べると低い印象があります。そしてこれが人手不足につながる最大の理由だと思います。私が入店した当初、給料は978円だったと覚えています。今年で2年目になり、キッチンのアルバイトの中では一番上まで来たのですが、給料はたったの50円ほどしか上がっていません。料理の値段を安くしているため、アルバイトの給料も低くならざるを得ないです。すなると、きつい割には給料が安いのでモチベーションが保てないこともあります。

 以上が私が感じたきつい点です。今回はマイナスポイントについて書いたが飲食業界はきついだけではなく楽しいと感じる点もあるので次回はそちらについて書きたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

だから私はサイゼリヤを選ぶ

皆さん始めまして、本日からMBAインターナショナルでインターンシップをさせていただきます、宮沢です。さっそくではありますが、私はサイゼリヤという大手飲食チェーン店で働いています。サイゼリヤはイタリアン料理店ではあるものの、安くて美味しい、だれでも気安く入れる店としては有名です。少し前まではちょい飲み(安くお酒が飲めること)などが流行ってました。では、私がサイゼリヤで働きたかった理由としては、三つあります。

一つ目としては、単に家から近かったからです。私が勤めている店舗は東京都内にあり、家からは徒歩5分で通勤が可能だったからです。通勤時間を短縮することによってほかにやりたいことに時間が使えたり、家でのんびりする時間も増やすことができます。ほかにも雨の日の通勤で余計に濡れなくて済むのでらくです。近場でアルバイトをするメリットは多くあり、私的にはバイト先は自宅から近いほうがおすすめです。

 二つ目の理由としては、店の雰囲気が自分に合っていると思ったからです。アルバイトや仕事をするときに大事なのは自分が長く続けられるがだと思います。私自身も何度がアルバイト先のサイゼリヤで食事をしたことがあり、その時にアルバイトの人間関係が良好だったのが大きな決め手になりました。実際入った今でも社員とバイトの仲は良く仕事の後にご飯にも行ったりします。

 最後の理由としては、料理ができるようになりたいと思ったからです。これが多分一番の理由だと思います。私はサイゼリヤに入る前は家では料理を一切したことがなく、小学校の時の調理実習の授業で卵焼きをうまく作れなかったのをきかっけに料理をしなくなりました。一人暮らしをするためにある程度料理を覚えなくてはならなかったので、これを機にサイゼリヤでコツコツ練習していきたいと思ったからです。他にもいくつかのファミレスはあったのですがサイゼリヤを選んだ理由は調理方法が簡単で、料理経験がなくても取っつきやすかったからです。

 ほとんどの人が学生のうちに何かしらのアルバイトをすると思います。決め方は人それぞれだと思いますが、働いてて人間関係が一番大事になってくると実感しています。働きたい場所に一回は自分で足を運んで店の雰囲気を確かめておくことをお勧めします。もし働いて自分に合わないと思ったら、アルバイトはほかにもたくさんあるので、すぐやめてもいいと思います。今回はサイゼリヤで働く理由について書いたが、次回からは働いて感じたことや楽しかった点、辛く感じた点、飲食店の裏話について書きたいと思っているのでそちらもよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。