格ゲーの楽しみ方!バッタと呼ばれる前に

こんにちは、インターン生の松沢 一輝です。

前回の記事では、格ゲーの「差し合い」についてお話させていただきました。
今回は、またまたまた3すくみのお話をできればと思います。

ここまでの記事で説明させて頂いたのは、
攻撃の当たる距離での読み合い

攻撃の当たらない距離での読み合い
の2つですね。

前回少し触れましたが、格ゲーはキャラクターを移動させます。
大抵の格ゲーでは、レバーを上に動かすことで「ジャンプ」することができますね。
世の中に出ている格ゲーには、
ジャンプ中にガードができるゲームと、ガードができないゲームの2つが存在します。
今回は、ガードができないゲームのお話に寄ってしまいますが、ご了承ください。

一見、なんの変哲もないジャンプをしているだけと感じてしまいますが、実は読み合いが隠されています。
実は、こちらも3すくみになっています。
「ジャンプ攻撃」「対空」「飛び道具」この3つです。これらは3つとも

「ジャンプ攻撃」を狙うと「対空」に負けます。
「対空」を狙うと「飛び道具」に負けます。
「飛び道具」を狙うと「ジャンプ攻撃」に負けます。

という3すくみになっています。
前回の「差し合い」の読み合いよりもシンプルで分かりやすいので、こちらから記事にするべきでしたね…。
とりあえず、書いていきます。

まず、ジャンプ攻撃について。
レバーを上に入れながらボタンを押すと成立するので、かなり手軽に撃つことができます。
さらに、地上にいるときよりもダメージを与えやすい行動です。
パンチ~パンチと喰らうよりも、ジャンプ攻撃~パンチ~パンチとするほうがダメージは高いのです。
ダメージが高く操作も簡単な為、格ゲー初心者にありがちな行為としてよく挙げられるのがこのジャンプ攻撃という行為です。
よくピョンピョン跳ねる様から、「バッタ」「バッタ戦法」と称されます。
上記で説明した3すくみを理解できていないと、ジャンプ攻撃はお手軽な技として使ってしまいます。

次に、対空について。
これは初心者の鬼門になっているものです。
まず、操作技術と反射神経を求められてきます。
大抵のキャラクターは、ジャンプしてからジャンプ攻撃をするまでに1秒も掛かりません。
その間に、相手がジャンプしたのを確認し対空技を出すしかありません。
要求されるプレイが高難易度のため、初心者の頭を悩ませます。
ですが、飛んできた相手はガードができない無防備状態ですので、これを使えれば一方的にダメージを与えられます。
是非とも練習してみてください。

次に、飛び道具について。
こちらは、飛び道具攻撃を持っているキャラクターにのみ当てはまります。
持っていないキャラクターは、隙の大きい必殺技に置き換えてみてもいいです。
飛び道具は、「差し合い」でいう置きの頂点のような技です。
敵を退ける効果がとても高いです。
上手くいけば一方的にダメージを与えられる行動なので、なるべく撃っていきたいですね。
大抵の技は一定のコマンドを入れないと出ないので練習が必要です。
さらに、相手がジャンプ攻撃をしてくるリスクも常に持っています。

ジャンプ攻撃は簡単だけど、対空は難しい。
初めのうちはかなりこの部分に悩まされます。
この読み合いがあると理解しても、スキルが追いつかなければ意味がありませんからね。
対応策としては、ジャンプ攻撃を防御することです。
そうすると、一番最初の読み合い「攻撃」と「防御」の関係にすることができそうですよね。
じゃあ、対空なんていらないじゃん。と考えてしまうのは間違いです。
「防御」はお互いにダメージの発生しない行為です。
「対空」は相手にダメージを与える行為です。
相手の体力を0にしたほうが勝ち、というルールである以上は対空のほうが強いのです。
ですが、対空を狙おうとして失敗してダメージを受けてもしょうがないので、自分のレベルに合わせて使い分けましょう。
ジャンプ攻撃は「対空」か「防御」することで対処していくと意識しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
前回と前々回に引き続き、今回も3すくみのお話でした。また3すくみか…。
格ゲーは、こういった読み合いが多発していることで成り立っています。
結局のところ、格ゲーは相手がどうするかを見極める心理戦なのです。
名前は格闘ゲームなのに、肉弾戦より頭脳戦に近いんですね。

ここまでの記事を読んで頂いた方は、確実に画面の見方が変わってきているはずです。
もう、プレイを見ただけでその人が下手か上手いかが判別できるかも…?

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

格ゲーの楽しみ方!攻撃の当たらない距離

こんにちは、インターン生の松沢 一輝です。

前回の記事では、格ゲーのゲーム要素についてお話させていただきました。
今回は、格ゲーのもうひとつの読み合い、「差し合い」についてです。

前回、格ゲーはジャンケンに似ていると説明させて頂きました。
「攻撃」「防御」「投げ」の3すくみですね。
重要ではありますが、これは格ゲーのジャンケンの仕組みを説明しただけです。
このジャンケンは、相手と自分の距離が近いときに発生します。

格ゲーは、自分のキャラも相手のキャラも画面を移動しますよね?
ですから、前回のジャンケンは「相手に攻撃が当たる距離」でないと出来ないんです。
では、「相手に攻撃が当たらない距離」ではジャンケンができないのか?
そんなことはありません。
そこでは、また別のジャンケン、心理戦が行われています。
それこそが、格ゲーの「差し合い」と呼ばれるジャンケンの読み合いです。
これは、「差し込み」「置き」「差し返し」の3すくみです。具体的に説明します。

差し込み…相手に近づき、攻撃を当てに行くこと。
置き…相手が「差し込み」に来ると見て、攻撃を相手のいない所で空振ること。
差し返し…相手が「置き」をすると見て、相手の攻撃の後に攻撃すること。

この3つです。これらは3つとも
「差し込み」を狙うと「置き」に負けます。
「置き」を狙うと「差し返し」に負けます。
「差し返し」を狙うと「差し込み」に負けます。
という3すくみになっています。
これが、相手に攻撃が当たらない距離でのジャンケンです。
なんだか難しい、と感じる人が多いでしょう。
そう、これは意識していないと見えてこない読み合いなのです。

簡単に説明すると、お互いが差し込みを狙って近づいた場合、それはもう「相手に攻撃が当たる距離」です。
その距離では、攻撃防御投げのジャンケンが始まりますので、差し合いは発生しません。
プレイしたばかりの人は、相手に攻撃を当てたいのでついつい前に行きがちです。
置きという概念を知っているプレイヤーは、距離を縮める前に既にジャンケンを始めているので
差し込みにしか来ない相手に置きで対応されてしまうのですね。
この読み合いを理解していないと、相手に近づくことが出来ないのです。

差し込みの次に簡単な行動が置きです。
置きの使用目的は、近づいてくる相手を退けるために使います。
相手に当たらない距離で攻撃を振り回せば成立するので、差し込みより簡単かもしれません。
しかし、簡単であるだけに相手も同じように置きをしてくるかもしれません。
お互い差し込みを狙えず、でも置きでは「あいこ」ですので、試合は進みません。ではどうするのか。
そこで、差し返しを狙います。

差し返しとは、詰まる所「後出し」で行うカウンターのような技です。
相手が置きをする、それを予測することで成立します。
相手の攻撃の隙に、こちらの攻撃をぶつける行為ですね。

あれ、でもこれって「あいこ」なんじゃない?と思った人もいるはず。
確かに文面だけ見ると、相手の攻撃を攻撃で返す訳ですから間違った捉え方ではありません。
ですが、相手が大振りな攻撃(しかも空振り)をしていると聞くと、こちらだけ攻撃を当てるのは簡単そうですよね。
格ゲーにも、攻撃を出すときに多かれ少なかれ隙が生まれます。
本来なら、相手に防御させることで隙を減らすのですが、相手に当たらない距離ではそれもできません。
その隙をついて自分だけが攻撃を当てる、という技が差し返しなのです。

正直な話ですが、差し返しを狙うのは差し込みや置きとは比較できないほど難しい行為です。
まず、相手の置きに反応しなければ差し返しを狙うことは出来ません。
さらに、相手に置きをさせる為には自分が前に行くフリなどを見せなければいけません。
知識を持っていても、実行するには反射神経と相手の置きを読むプレイヤースキルが必要になってきます。
しかし、相手が置きを連発してきた場合には、無理にでも狙ったほうが良い場合もあります。
打開策になるときもありますので意識を持ってプレイするといいです。

いかがでしたでしょうか?
前回に引き続き、今回も3すくみのお話でした。
今回の3すくみは、格ゲー用語を使用したため少し読みづらい部分もあるかもしれません。
ですが、この読み合いが発生すると認識したうえで、色々なプレイヤーの動きを見てください。
置きを怖がらずに前に歩いて差し込みをしているプレイヤー。
相手が前に来たところを置きで狙うプレイヤー。
差し返しのセンスが光るプレイヤー。
それに気が付いているあなた。
それぞれのプレイヤーの良い所を見つけられるようになっているはずです。
それでは、次回の記事でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

格ゲーの楽しみ方!格ゲー3すくみ編

こんにちは、インターン生の松沢 一輝です。

前回の記事では、格ゲーをプレイする楽しさについてお話させていただきました。
今回は、さらに格ゲーを楽しむ為の記事にしたいと思います。
前回の記事を読んでいない人でも問題ない内容になっていますので、どうぞ気軽にお読みください。

3すくみ遊びの代表として「ジャンケン」があります。
グーとチョキとパーを使って勝負する遊びですね。ルールは皆さん知っているでしょう。
これに似た3すくみが格ゲーにも存在しています。
「攻撃」「防御」「投げ」の3すくみです。説明すると、

攻撃は防御に防がれます。つまり「攻撃」は「防御」に負けます。
防御していると投げを喰らいます。つまり「防御」は「投げ」に負けます。
投げを狙うと攻撃を喰らいます。つまり「投げ」は「攻撃」に負けます。

といった感じですね。
格ゲーはこのジャンケンを常にしているもの、とよく言われます。

でも少し考えてみてください。
攻撃と投げはダメージを与える行為。防御はダメージを防ぐ行為。
防御はダメージを与える行為ではないから他2つとは不釣合いでは?となります。
確かにその通り。なんか防御って弱い行為なんじゃないかと思えてきますね。
ですがよく思い出してください。格ゲーは大前提として「先に相手の体力を0にしたほうが勝つ」というシステムがあります。
つまり「相手より体力が残っていれば勝ち」なのです。
防御は自分の体力を守る唯一の行為なので、とても重宝される訳ですね。
反対に、その防御を唯一崩すことができる投げも重要だということですね。

でももっとよく考えてください。
攻撃に勝てるのは防御ですが、防御ではダメージが取れないので攻撃に勝っても旨みが無いんです。
これでは、理論上は攻撃を出し続けていれば体力が減らないのです。
攻撃が最強なのが判明しましたので、お互いが攻撃のみを出しますよね。
ここで、格ゲーのシステムを踏まえて「あいこ」のことを考えてみましょう。
お互いがダメージを与える行為をしているので、お互いがダメージを受けてしまいます。
このままでは両者負けになってしまいますね。
つまり、攻撃だけしていても攻撃を喰らうリスクは存在し、勝つことが出来ないんです。

ここまでの話を聞くと、攻撃を有効に利用する為には相手が投げを選択しているときに選ぶことが重要な気がしてきませんか?
そこで、自分ならこのジャンケンに防御を混ぜてみます。
そうすると、攻撃を選び続けている相手はこう思うはずです。
「相手は防御していて埒があかないから、投げを狙おう」と。
攻撃を選び続けている相手には防御を見せることで、投げを誘うことができそうですね。
ジャンケンでも、相手がグーを連発してきたらパーを出したくなりますよね?
相手の出す技を誘導し、予測して勝ちを狙うことで勝利へとつなげていきます。
そういった心理戦こそ、格ゲーの醍醐味であると言えます。

いかがでしたでしょうか?
大まかではありますが、だいたいこんな感じで成り立っています。
自分がプレイしているときや、他の人がプレイしているのを見るときに
このことを思い出すと、いつもとは違う景色が見られるかもしれません。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

格ゲーの楽しみ方!実は○○○に似ている…?

こんにちは、インターン生の松沢 一輝です。
今回私がテーマにしたのは、
対戦型格闘ゲーム 通称”格ゲー”
です。

「プレイしたことはないけど、ゲームセンターで一度は目にしたことがある」という人も多いはず。
確かに、初めてプレイするにはハードルが高そうだし…対戦相手が来たら怖いし…と考えてしまいますよね。
極論は小さな争いですからね。100円を投入して争いをするって聞くと、なんだか書いてる私まで嫌になりそうです。
さらに家庭用ゲーム機とは形の全く違うアーケードコントローラー(通称”アケコン”)でのプレイが主流なので、ますます触りにくいと感じてしまいますよね。
今回はそんな格ゲーを楽しくプレイするための方法や、格ゲーの魅力についても記事にできればと思っています。

初めに、格ゲーは少しストイックなゲームジャンルであると認識してください。
どんなゲームでも、対戦要素があるとついつい勝ちたくなりますよね?
ゲームだけではありません。スポーツはもちろん、勉強なんかも対戦要素があるといって差し支えないでしょう。
格ゲープレイヤーは、そんな対戦の中で競争意識を熱く持ちながら、勝つ為に自らを高めてゲームをしている人達なんです。
もしくは、純粋にそのゲームが好きかですが。好きだからこそ勝ちたい、となってしまうんですね。

とにかく、格ゲーをすると必ず”勝敗”というものがつきまといます。
最初のうちは負けまくるでしょう。コマンド技が出ないでCPUにすら勝てないなんてザラです。
そこで諦めずに、どんどん自分の操作や反応速度などを鍛えていくことで勝ちに結びつくのです。

そう、格ゲーで勝つためには”練習”が必要なんです。

あれ、なんか楽しくなさそう?でもこれが事実なんだと思います。
良い言い方をしたいので、少しRPGに例えていきましょう。
対戦や練習をこなすごとに、経験値がプレイヤーに蓄積していくイメージです。
最初からドラゴンに挑むより、やはりまずはスライムから倒して経験値を貯めたいですよね。
それと同じことで、最初から対人戦をするのではなく、まずはCPUと対戦して強くなっていきましょう。
コマンド入力やコンボの練習は、RPGで例えると武器防具を獲得して、鍛えているものと考えてください。
スライムを倒すときに使った武器防具がドラゴンには中々歯が立たないのは想像できますね。
どうですか?対人戦はハードルが高いと感じていた人は共感しやすいと思います。

最初はレベル1だけど、経験値を貯めてレベル上げてドラゴンを倒せたら嬉しいですよね?
そのドラゴンの上に更に強い魔物がいたら、より強くなって倒してみたくなりません?
もちろん、全ての魔物がめちゃめちゃ強い訳ではありません。皆それぞれ強さがあります。
そんな混沌とした中で、力量の分からない相手との対戦…自分のレベルはどこまで通用するのか…。
ドキドキしてしまいますね。

少しストイックに見えるけど、なんだか面白そうと感じたなら、あなたはきっと格ゲーを楽しめます。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

CHUNITHM初心者が速く上手くなれる方法!

初めまして。インターン生の笠松 健太です。
今回はCHUNITHM初心者が速く上手くなれる方法を私なりの考えで教えていきたいと思います。

まずはCHUNITHMをしにゲームセンターへ行く前に準備した方が良いを物2つ紹介します。
1つ目は手袋です。
理由はCHUNITHMは叩く部分がスライダーになっていて、仕様上擦る動作が多く素手でプレイすると滑らずやりにくかったり、摩擦で指先が痛くなってしまうことがあります。なので手袋をつけることにより滑りやすくなりプレイしやすくなります。(手袋は手首の部分にゴムが入っていて外れ難くなっている物がオススメ)
2つ目はイヤホンです。
CHUNITHMはゲームセンターによっては沢山置いてあり1台1台の音量が凄く小さい事があります。当然プレイしている時に音楽が聞こえなければやりずらいし楽しさも半減してしまいます。そこでイヤホンを使えばはっきりと音が聞こえるだけでなく周りのゲームの雑音もカットしてくれる一石二鳥の便利アイテムです。(Bluetoothの物は使えない)
この2つを持ってゲームセンターLet’s Go!!

さてここからはプレイするときにした方が良いことになります。とりあえず大切なことを3つくらい紹介したいと思います。
まず1つ目、自分に合ったスピード探しです。
CHUNITHMはスピードをプレイヤーが変えることが出来ます。初心者は初期設定(スピード2)で遊んでいる人がほとんどですが遊ぶ難易度によってどんどん速くしていくことをオススメします。一番下の難易度のBasicなら初期設定のままでも問題無いのですが、AdvancedやExpert、Masterになるとノーツが詰まり過ぎていて全く見えません。
そこで私のオススメは1つ難易度を上げる度に2つスピードを上げてみてください。たったそれだけの事でさっきまで見えなくて出来なかった曲も突然出来るようになるかもしれません。
最終的にMasterばかりやっている人は0.5単位でスピードを微調整し自分に最も合ったスピードでプレイしよう。
2つ目は、色々な曲をやってみるです。
本気でやり込もうとしていない人は自分の好きな同じ曲だけやってその曲だけ出来るようになり、好きな曲だけで楽しめれば充分だと思いますが、本気でやり込もうとしている人は自分の好きな曲だけやってもその曲だけしか上手くならず他の曲をやるとたちまち出来なくなります。どうすればいいのかは簡単で色々な曲を遊び色々な形や配置の譜面に慣れるです。
同じ曲だと同じ配置の譜面しか流れてこないのでそれだけしか出来るようにならないので色んなのを出来るようにしましょう。
最後は上手い人のプレイを見て勉強する。
速く上手くなるためには最後のが一番大切かもしれません。
CHUNITHMというゲームは他の音楽ゲームとは違い流れて来た譜面に対して様々な取り方が出来ます。自分がプレイしていてこの部分出来ないなと思ったとき他の人はどんなやり方でやっているのかYouTubeで手元動画を見てみたり、前の人のプレイを覗いてみたりしてみましょう。そうすると自分とは全く違う動かし方で出来ている人がいてそれをマネしたら急に出来るようになるかもしれません。

以上が私の考える初心者が速く上手くなれるかもしれない方法でした。
参考になれば嬉しいです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。