インドネシアの伝統ゲーム

昔は子供たちがスマホや携帯ゲーム機で遊ぶではなくて色々なものや道具なしでも遊ぶことはできます。その伝統的ゲームは国によって同じゲームもあるし違うゲームでもあります。それではインドネシアにある伝統ゲームを紹介したいと思います。

1.Petak Umpet【隠れん坊】

基本は日本と隠れん坊と同じですけどルールだけは少し違います。日本の隠れん坊は鬼になった子「もういいかい」と「言ってもういいよ」と返事したらゲームを開始します。日本の場合は鬼になった子は決まった時間を数えてその時間になったらゲームを開始します。例えば20秒なら20から大声で数えて0になったらゲームを開始。もう一つ違ったルールは隠れた人達は見つからないままに最初に鬼が数えた場所にたどり着いて大声で「イングロ」を叫んだらその子の勝ちです。日本の場合は鬼が全員見つかるまでゲームが続きますけどインドネシアは先の条件に次のラウンドを始まることはできます。

2.Kelereng 【ビー玉弾く】

このゲームはビー玉を指で弾ゲームです。必要な道具はビー玉と木の枝。このゲームは男性に人気。遊び方はまずプレイヤーが同じ数のビー玉を円の中に入れます。その円は木の枝で書きます。そのあと外からプレイヤーが円の中のビー玉を狙って自分のビー玉を指で弾く。そのビー玉が円の中のに当たってその円から飛ばしたらそのビー玉が自分の物になります。円の中のビー玉がなくなるまでゲームが続きます。

3. Lompat tali 【ロープ飛び】 

このゲームはジャンプでロープを超えるゲームです。必要な道具はゴムバンドで作ったロープ。ロープは自作。

このゴムバンド

このロープになります。

遊び方は二人がロープを持って残りの人はジャンプでそのロープを超えます。人数が少ないの場合ロープが木に縛ります。最初は低いの高さから、プレイヤーが全員成功したら高さを調整して次のラウンドに入ります。最後の一人になったらその人の勝ちです。

4.Ular Naga Panjang 【意味は長い蛇ドラゴン】

このゲームは人数が少ないと遊べないゲーム。まずはじゃんけんで二人のゲートキーパーを決めます。その二人のゲートキーパーはお互いの両手を握ってそして高く上げってトンネルを作ります。他のプレイヤー電車みたいに並んでそのトンネルを通ります。その間にゲートキーパーが歌います。歌が終わったらゲートキーパーが手を下して誰が捕まったらその人が負けます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インドネシアが自慢できること

国によってなにが自慢できることが違います。今回はインドネシアが自慢できることを紹介したいと思います。

インドネシアは世界一大き島国。17.504島がある上にその中に三つが世界最も広い島ベスト6に入ります。

インドネシアの世界一地域言語を持つ国。583のげ地域言語があります。インドネシアの民族も世界一多いです。その数は740民族があります。

世界一大き仏教寺院を持つ国。ボロブドゥール遺跡はジャヴァの島でジョグジャカルタの町にあります。ボロブドゥールは人気の観光地ですけどメラピー火山の噴火によるの灰が少しダメージを受けました。

そしてこの国は第二次世界大戦のあと一番早い設立した国。第二次世界大戦は1945年9月に終わったけどインドネシアはその前に1945年8月に設立しました。

インドネシアも世界の18サンゴ礁を持つ国。インドネシアの海は92万平方キロメートルそして砂浜はやく81万平方キロメートル、つまり世界の25%砂浜はインドネシアにあります。

インドネシアにはコモドオオトカゲがあります、一番大きなトカゲです。長さは3メートルまで成長できます。コモドオオトカゲはほとんどコモドナショナルパークにあります。コモドナショナルパークはネットの新.世界七不思議自然版に入りました。

最後は世界一大きな花を持つ国。ラフレシアアーノルディは特別な匂いを持つ花。その匂いは腐った死体の匂いと似ているので「死体の花」のニックネームをもらいました。この花の直径はやく1メートルです。しかしその人気でラフレシアが咲くところに観光地になったのせいでラフレシアの成長が邪魔される。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本とインドネシアの文化の違い(第4常識)

国によって何が普通か何がおかしいなことは違います。日本にとって普通なことはインドネシアにとってそれは変と思われることがあります。まずは店や仕事の常識です。日本の店員はお客様の前だけじゃなくてただレジに立っている時も笑顔しなければいけません、そしてダラダラ姿を見せないように気を付けなければならない。しかしインドネシアにはそんな店員は高級レストランや高い店にしかいないマナーです。店員が他の店員と話すや携帯電話をいじってしてもおかしいではありません。

次はゴミのことです。日本にはゴミを分別して、日によってどんなゴミを捨てるのは当たり前だ。インドネシアにはゴミの分別しなくてもいいです。分別するのはゴミを拾う人や政府の仕事です。そしてどんなゴミでも毎日捨てるのは普通です。日本人は出かける時自分のゴミをポケットやカバンに閉めて持って帰るのは当たり前のこと。しかしインドネシアにはゴミ箱がどこにもありますのでそこに捨てるのは普通です。

日本には大声を出すのはマナー違反なので電車やバスの中に携帯電話をマナーモードに切り替えなければいけません。そして子供たちは大き声を出したら母親に「静かにしなさい」と言われるのは当たり前だ。しかしインドネシアには携帯電話で話すや通常モードにしたままでも大丈夫です。子供が大声出すにも問題ない。インドネシアにはイスラム教の祈り場所、モスクにはいつもスピーカーで大声で祈りを鳴らしますですけどそれは大丈夫です。逆に文句言うのは無礼です。

日本にはレストランにトイレや注文に行くときカバンや携帯電話をテーブルの上に置くのは普通ですけどインドネシアにはそんなことしたら異常な行動です。悪い人は他のお客様だけじゃなくて店員もそのチャンスを逃さないので気を付けなければなりません。警察に報告してもその警察が笑うかもしれません。

日本には小学生が一人に学校に通っているのは安全です。インドネシアにはそのことをしたらすぐその子が誘拐されます。そして小学生はランドセルを使うのは当然のことですけどインドネシアにはどんなカバンでもOKです。

テレビに女が短いスカートや少な目の服を着るのは普通に大丈夫ですけどインドネシアにはそんなことは許されない。インドネシアの検閲が厳しいのでキスシーンでもダメです。そして日本のコンビニにはグラビアのアイドルが漫画のカバーになるのは大丈夫ですけど、インドネシアにはそんなことは駄目です。

以上常識の違いでした。旅行をする時問題が起こさないようにその国の常識をもう一度確認してから旅行してください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本とインドネシアの文化の違い(第3交通機関)

日本人は学校や会社に通っている時電車で通っていることが多いです。電車以外ならバスを乗ることもあります。つまり国から用意した交通機関が多いです。それではインドネシア人どんな通勤手段がありますか、インドネシアの学生はどうやって学校にたどり着いますか。

それではインドネシアの交通機関の話を始めたいと思います。インドネシア人は国が用意した交通機関より自分の乗り物を使うことが多いです。中流階級と労働者階級の人達はほとんどバイクで移動します。一つ目の理由はインドネシアにバイクの値段がとても安い。13万円で買えるバイクも沢山あります。その上にバイクを買う時の支払いは3年の分割払い、すまり一ヶ月は400円だけでバイクをゲットできる。2番目の理由はインドネシアのバイクは安いだけじゃなくてとても便利な移動手段です。インドネシアの道は混雑過ぎるのでバイクに乗る人にはとても有利です。

こちらはインドネシアの道の画像

混雑は当たり前のことのでバイクに乗って人達は小さいの道路でも走れるので混雑してない道に走れるのはバイクの良い点。

次は2番目人気の移動手段はAnkot「アンコット」です。Ankotは普通の車ですけど一応公共交通機関です。色は町によって変わります。青と赤と赤、沢山色があります。

このAnkotの人気の理由はまずは安いです。一般の値段は30円ぐらい、そして学生なら20円ぐらい。その理由で学生に人気が出ます。そしてこのAnkotはどこにもある乗り物ので簡単に乗れる。Ankotはルートはバスとほとんど同じけど量は2倍以上。

3番目はインドネシアに最近人気になった交通機関は Ojek Online 「オジェックオンライン」。このサービスはスマホのアプリを使ってバイクのタクシーみたいな人を呼びます。日本にあるUBERと同じですけど車の代わりにバイクが来ます。もちろん普通のUBERもあります。値段は最初の4KMは80円ぐらい。他の交通機関より高いですけど便利なので人気があります。

4番目の人気交通機関はBUSWAY「バスウェー」。このバスウェーは他のバスと違って専用道路があります。そのおかげで通常の乗り物よりスピードが早い。値段もただ20円です。これも公共交通機関

最後はMRT、つまり電車です。この交通機関は他のより人気は少ないです。その理由は日本の電車と違って最近出来たばかりのでルートが少ない。一駅は30円ぐらい、そして一番遠い場所までを乗るなら100円ぐらいかかります。

日本の電車が素晴らしいので皆が電車を乗ることが好きになりました。しかしインドネシアには電車の時代が始まったばかりので近い未来に日本みたいに電車を乗る人が増えるかもしれない。以上第三とインドネシアの文化の違い第三交通機関。次回を楽しみに。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本とインドネシアの文化の違い(第2宗教と祝日)

日本無宗教の国とよく言われました。WIKIPEDIAから無宗教が成立するための一つの条件は仰を持たない自由を含め信教の自由保証されている国です。インドネシアは逆無宗教を認めない国です。インドネシア人は五つの中の宗教を選択しなければいけない国です。その五つの宗教はイスラム教、仏教、ヒンドゥー教,キリスト教、とカトリック教徒です。他の宗教は全部その他に入っています。インドネシアの中に一番多い宗教のはイスラム教です。87.2%のインドネシア人はイスラム教です。2番目多い7%の割合ではキリスト教です。カトリッ教徒は2.9%とヒンドゥー教と仏教はそれぞれ1.7%と0.7%です。残りはその他の宗教になります。イスラム教の人数は圧倒的に多いですので色々なことはイスラム教に合わせなければいけないです。

まずは日本の食堂とレストランにあまりいないこと、ハラル認証。組織によってハラルのロゴが変わっているですけど基本は緑色のHALALと書いております。

このハラルの意味はその食堂はイスラム法で食べることが許されている食材や料理だけの店なのでイスラム教の人はここに食べてもいいです、つまり豚の関係あるものが入ってません。

次は祈り専用の部屋。インドネシアのオフィスには祈り専用の部屋は必要です。イスラム教は一日5回ぐらい祈りしなければいけないので集中できるように祈り専用の部屋に行なう。
インドネシアがたくさんの宗教がたくさんの宗教があるので当然祝日がたくさんあります

一番印象に残っている祝日はLEBARAN「レバラン」です。LEBARANはインドネシアにしかいないのイスラム教の祝日です。LEBARANの期間に入る前に会社が自分の社員に1ヶ月分の給料をボーナスとして払わなければいけないです。13月の給料とよく言われます。次はLEBARANの期間にイスラム教の人は自分出身地に戻ります。戻る前に大人は家族のためのお土産がたくさん買います。その理由は自分が立派な人なったを伝えるためと感謝の気持ちを表すためです。このLEBARANの期間に大き町にいる人数が凄く減っています。最後はLEBARANが終わったら皆が全部町に戻って普段の生活を取り戻ります。

LEBARAN出身地に戻るの時の画像

日本にはない祝日色々ありますけど祝日の数はインドネシアより多いです。2018にインドネシアの祝日は14ですけどは15です。皆は日本の方が休みが多いと思ったら間違っています。インドネシアには Hari Kejepit 訳して挟んでいる日があります。例えばカレンダーに木曜日が祝日なら金曜日が二つ休日に挟んでいるから国が時々宣言してその日は祝日になります。特に大きな祝日の時よく行える。例えば、先の LEBARANとキリストの昇天。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本とインドネシアの文化の違い(第一食事)

日本とインドネシアの文化の違い
第一食事
国によって食べ物や食べ方が違っていることがたくさんあります。日本人はにとって当たり前のことはインドネシア人にとっておかしいなことは色々あります。その違いは10個を教えます
その1食べ方
日本人は基本箸で食べています。インドネシア人フォークとスプーンと手で食べます。汁がない食べ物は手で食べると大丈夫です。しかし最近手を使って食べているインドネシア人がどんどん減っています。インドネシア人はバナナの葉でよく食べ物を置いてます。昔からインドネシアにバナナの葉を皿として使うことが多いです。
その2食べる順番
日本人の食べる順番は基本【汁物→ご飯→おかず】。そしてサラダがあればお先に食べてその後メインデッシュを食べます。食べ終わったらデザートを食べます。インドネシア人は逆に最初からメインディッシュでその後はサラダを食べます。理由としては野菜や果物は口を洗う効果があるので食後に食べます。
その3好きな食べ物
インドネシア人が辛い物は大好きです。インドネシア人は唐辛子が大好きです。インドネシアに人気の【パダン料理】はほとんど辛い料理です。

その4味
日本人は生物が好き国です。寿司はその一つの生食べ物です。インドネシアの料理は日本と違って味付けがたくさん使われています。
その5アルコール飲み物
インドネシアは70%以上イスラム教です。その理由でアルコールの飲み物はほとんどないです。日本人はアルコールが大好きですけどインドネシアに旅行したらアルコールは探しずらいです。
その6汁物
日本人は汁物の食べ物は基本ご飯に混ぜることはないです。インドネシア人は汁物をご飯にかけるのは好きです。
その7天ぷら
インドネシアにはバナナの天ぷらがたくさんあります。インドネシアのバナナの種類がたくさんありますので揚げても美味しいバナナがあります。天ぷらを美味しいいただくために醬油じゃなくてインドネシア人は唐辛子と一緒食べれことは多いです。

その8サラダ
インドネシアのサラダはモヤシと豆腐が入ります。そしてトッピングはゴマドレッシングですけどこのドレッシングはもちろん辛いです。
その9値段
インドネシアの食べ物はやすいです。インドネシアの食べ物は一皿約1100-200円ぐらいです。高級レストランでも一人あたり1800円です。マクのバーガーの値段は300円ぐらいです。
その10食べ終わった
日本人は食べ終わったら自分で片付け店はたくさんあります。しかしインドネシア人にとってそれはおかしいと思われます。片付けは店員の仕事のはインドネシア人にとって当たり前のことです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

今のハロウィン

こんにちは、インターン生のパギです。

今回、どうやってハロウィンは今のハロウィンになるを話したいと思います。

皆さんは実際のハロウィンをもうわかっていると思います。時と共に社会の瞬間などは変化しますので、昔の文化も現在の瞬間になる可能性もあります。

例えば、昔のハロウィンのコスチュームは現在より方が面白いと思います。その理由は、昔のマスクやコスチュームの素材はまだ現在みたいにラテックスがなかったので、マスクとしてざら紙でできました。それで、もっと鎧感じをします。

それに、「Trick Or Treat!」という言葉はよくハロウィンのときに言うでしょうか。昔の「Trick Or Treat!」は貧しい子しかやっていませんでした。貧しい子にiとってお菓子は高いものです。だが、貧しいの人の祈り特に子供たちはばっちりだと人たちが信じています。そのために、精霊たちに祈った子供にプレゼントとしてお菓子をあげることにします。現在、貧しいかお金持ちの人関係なく、すべての人がハロウィンで「Trick Or Treat!」をやっています。

現在、ハロウィンは世界中の人たちが祝いてくるです。昔より現在のハロウィンの方が明るくて楽しみたいだと思います。それぞれの国はそれぞれの仕方や採用方法も違います。日本やインドネシア以外の国でもハロウィンを祝う特徴もたくさんあると思います。

皆さんの国ではハロウィンの時は何がありますか?

ありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

実際のハロウィン

こんにちは、インターン生のパギです。

皆さんは日本とインドネシアのハロウィンの違いが分かったと思います。どちらでも、元の文化ではないということですが、どうやってハロウィンの文化をそれぞれ受け入れることがもうわかっています。

しかし、実際のハロウィンはなんでしょうか。

今回実際のハロウィンを話したいと思います。

ハロウィンはケルト諸語圏のサウィン際から生まれました。サウィンの名称はゲール語で「夏の終わり」の意味に由来するとの説が有力です。夏から冬に入って、昼は短くなったり、世界が暗くなるので、もう食料品を取り入れないし、家畜もいっぴきいっぴき死んでいます。それは精霊たちのせいで死亡な時期が来ただとケルト国民が考えていました。この時期を表情するため、骸骨や暗い雰囲気で現在のハロウィンの象徴になっています。この時期も「精霊の夜」だと呼ばれています。

1世紀にローマ帝国はケルト国民の現地を征服して、サウィン際を採用しています。その同時にキリスト教も広げていきます。しかし、現地の人たちは簡単にサウィン際を排除するわけはいかないです。現地の人たちをキリスト教を包むために、サウィン際はキリスト教に採用して、諸聖人の日になっております。諸聖人の日は死んだ人や世界に残ってる精霊たちの為にお祈りするための日です。しかし、この諸聖人の日はサウィン際の代わりだけなのであまり元のサウィン際の瞬間を変わらないです。

大勢の人はハロウィンのことをキリスト教の持っている祝い日だと思いましたが、実際この祝い日は本当のキリスト教のものではないです。

それでは次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インドネシアのハロウィン

こんにちは、インターン生のパギです。

今回インドネシアのハロウィンのことを話したいと思います。

日本や様々な国と同じ、インドネシアにもハロウィンも燃え上がりますが、インドネシアの都会しかありません。例えばカフェやデパートやその他のリクリエーション場所だけでハロウィンパーティーを行います。日本の違って、インドネシアの現地のお化けの種類はけっこうありますので、ハロウィンパーティーで現地のお化けをコスプレするので、雰囲気的に方が怖いです。可愛いやかっこいいコスチュームはあまりないとしても、怖いとしても皆も楽しんでいます。

確かに、ハロウィン文化はインドネシアの文化らしくないと思います。ハロウィン文化はインドネシアに住んでいる欧米諸国から始め、インドネシア人もハロウィンパーティーを行っておりました。大勢のインドネシア人特に若者は外国の文化や欧米諸国の文化がかっこいいと思いますので、ハロウィン文化がインドネシアに広げております。

だが、ハロウィンを断る人たちも結構います。なぜなら、インドネシアの85%の人口はイスラム教ですので、イスラム教では他の宗教の祝い日には絶対祝うことが禁止です。イスラム教だけじゃなくて、インドネシア文化に夢中すぎる人たちも絶対外国の文化を断ります。しかし、最近の若者はそのことを考えずに、外国の文化をもっと受け入れるようになります。

それでは次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のハロウィン

こんにちは、インターン生のこんにちはです。第2回となる今回日本のハロウィンのことを話したいと思います。

私の初めての日本のハロウィンは大阪の道頓堀で2014年だったです。その時はすごくいい印象だったです。東京に住み始めるとき、渋谷のハロウィンに行くことがありました。道頓堀より、人が多くて歩き辛いでしたが、楽しかったです。やはり日本でどこで、大勢が燃え上がったりしているとおもいます。

たしかに、コスプレ文化は日本に身についてるだと思いますので、ハロウィンのうちにコスプレパーティのチャンスになります。日本のハロウィンは怖いものばかりじゃなくて、その他のコスプレをみあたりました。例えばアニメや漫画やその他のキャラクターです。一番気になるのは、幼稚園コスプレや医者さんのコスプレまでありますが、怖いにするために、ただ血のりや怪我メイクをするだけで、ハロウィンコスプレが出来ました。

しかし、日本のハロウィンはいつから定着するでしょうか。

日本では、1970年代にキディランド原宿店がハロウィン関連商品の販売をはじめました。それに、初めてのハロウィンイベントもキディランドが販売促進の一環として原宿表参道で行いました。その時ハロウィンパーティーの参加者が多かったですが、外国人特に欧米諸国だけ参加していました。日本人にはまだハロウィンパーティーなどにまだ存在していなかったものです。時と共に、ハロウィンパーティー日本で広げていて遊園地にもイベントを行っていりますので、現在の知られているハロウィン文化になります。

それでは次回もよろしくお願いします。

Source:
https://jpnculture.net/halloween/

日本のコスプレ歴史(インドネシア語)http://galleryotaku.blogspot.com/2014/05/cosplay-definisi-sejarah-dan-jenis.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。