~コスプレの楽しみ方~

皆さんこんにちは
MBAインターン生の間宮です。

今回は実際にコスプレをしたときや撮りに行くときの楽しみ方をご紹介したいと思います。コスプレは、ここ数年で人気が出てきておりSNSでも頻繁にみられるようにもなり、またTVや取材等をされるほど知名度が高くなっています。
知名度が高くなり悪い部分が目立ちコスプレという文化がSNS等で悪影響を与えている場合もあります。

では実際にルールを守りながらどんな楽しみ方があるのか、教えていきたいと思います。
1:レイヤーさん同士で撮影とSNS交換
これがおそらくレイヤーさんの中で一番多くやっているのではと思います。私も以前イベントでレイヤーとして参加した際には約10人の方とSNSを交換しました。撮影は、どちらか一方のスマホで一緒に写っている写真を撮影し後で送ってもらったり、SNSで顔出しの許可をもらい投稿します。とても簡単でさらにその場でのコミニケーションをとることができるのでお勧めです。

2:出店
コスプレをするだけでなく、コスプレをしている方に特別料金として、飲食店では提供していたりします。特に池袋では、コスプレをしている人には移動可能な領域が存在し、イベント当日に配布されるパンフレットに載っていたりします。その領域内で数多くのお店がコスプレをしたままの入店を許可しているため、パンフレットに記載されているお店を確認し、お腹を満たしたりするのもいいでしょう。

3:動画撮影
これはイベントではなくどこかのスタジオを借りてその作品のキャラクターが全員揃って何かをするいわゆる併せというものがあります。併せの際には主催者が必ず存在しその方が仕切っているのでルールはその主催者によって異なりますが、大変自由な感じで行うことができます。併せの時には参加した記念に動画を撮る方も多いです。

これが基本的なコスプレの楽しみ方です。普段は絡まらないだろう的なキャラクター同士の撮影もできるのでとても楽しめます。

つい最近、池袋でコスプレのイベントが開催されていたらしく私のtwitterが大変にぎわっていました。私もこの時、別の用事で池袋に来ていたので少しイベントの様子も見に行こうかなと思いました。今回のイベントも参加人数が多く、かなりの人でにぎわっていました。イベント終了後、レイヤーさん同士でオフ会をしている様子をtwitterに挙あげていたりとても楽しそうなやり取りが描かれているツイートを数多く見ました。しかし、その中でひときわ目立つツイートがありました。それは、小道具が色落ちしてしまい床を使ってカラースプレーで修正したのではと思われるツイートでした。これを見たとき私はショックを受けました。なぜ何も床に敷かずカラースプレーを使っているのか、カラースプレーを所持しているのであれば、新聞紙や雑誌などを持参していなかったのかと疑問になりました。後、このことをスタッフに報告しなかったのかと色々考えました。
最近、ルールを守らないレイヤーさんが多くちょくちょく見かけてしまいます。
このままルールーを守らない人が増えていったらコスプレが開催されなくなってしまうと思いました。

ルールは、イベントや場所によってさまざまです。サイトに注意書きの資料が掲載されているので事前に把握しておくことが大事になってきます。
またコスプレを撮影する際にも様々なルールがあり、コスプレをする人も撮影する人もこれは守らなくてはいけません。
コスプレをする人はイベント参加料としてお金を支払わなくてはいけません。また撮影のみをする方も参加料を支払います。これは、その場所を提供してくださっている方々への感謝という意味でもあると私は思います。

以上で今回でコスプレに関するお話を終わりたいと思います。
コスプレに興味を持ってくれた方がいましたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

コスプレのやり方~おすすめアプリ~

皆さんこんにちは
MBAインターン生の間宮です。

今回はコスプレをする人、撮る人どちらにもおすすめなアプリがありますのでそちらをご紹介していこうと思います。
コスプレイヤーさんがどんなアプリを使っているか気になる方も多いかと思います。ではどんなアプリを使われているか各部門に分かれてご紹介します。

まずは写真部門
写真写りが悪かったり、メイクをしても見えてしまうところを消したい、そんな時に写真を加工することが可能なアプリが数多く存在します。
1:BEAUTY PLUS
私もコスプレをした際には利用させていただいているのですが、こちらはかなりのレイヤーさんが利用しているのではと思っています。他にも写真を撮ってからすぐに加工ができるアプリはありますが、特に、写真を撮ってすぐに顔全体を加工することができるのがいいです。私も撮ってからすぐに加工してSNSに投稿することが多いです。
2:snow
snowは一時期学生の中ではやった写真加工アプリです。このアプリの特徴は、動物の耳等のデコパーツが多くありこれを使って短い動画を撮影してからSNS投稿をしていた方も多いはずです。
3:LINE CAMERA
このアプリは大変使い方が簡単で流石LINE!って思いました。
引用始め
日常的に使うことを目的としたアプリなので、動作が早く操作性も良い。インカメラで起動するとふわっとお肌をキレイにしてくれて、そのままレタッチもできるので、実は機能性がいい上に、フィルターの数が多いのでオシャレに仕上げられるかも!
引用終わり
引用元URLhttps://www.acos.me/blog/11795/
男性の方でもこのアプリを利用されているので、女性に限らず気軽に使えるのが特徴です。

次に動画部門です。
動画はイベントでは撮影してはいけないといった規定やルールが存在したりするのであまり撮られる方はいませんが、例えば動画撮影が許可されている場所や自宅等で行うことができそこで今日の集まりの記録に撮影したり、ダンスをしたりする時に役立つアプリが存在します。元々スマホに搭載されているカメラでも十分とることが可能ですが、やはり少し手を加えたいときに動画アプリですと簡単にできるのでお勧めです。
1:TikTok
Youtubeやtwitterなどに広告によく登場する有名な動画アプリ。誰でも簡単に動画を撮ってtwitterのように、そのアプリ内で投稿することができいいねなどがつけられることができる。スマホに搭載されている動画撮影と違って一回の撮影で区切ることができるため場面ごとに切ることが可能です。
2:BEAUTY PLUS又はsnow
写真部門にも登場したBEAUTY PLUSとsnow。
アプリ一つでどちらもできるため迷ったらこれらのアプリをお勧めします。
特にBEAUTY PLUSはTiktok同様、一回の撮影を区切って場面を変えることができるため簡単に撮影することが可能です。

いかがでしたでしょうか
他にも様々なアプリがありますが、特に有名なものをピックアップしてみました。
この方と写真を撮りたいって思ったとき、写真加工が可能なアプリを準備しておくことで、時間短縮にもなります。

以上で今回のお話を終わりたいと思います。
イベントや外で撮影する際には、そこでのルールをちゃんと守ってくださいね。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

コスプレのやり方~メイク編~

皆さんこんにちは
MBAインターン生の間宮です。

今回はコスプレのメイクについてお話していきたいと思います。
男装も女装も共通して言えることはメイクは眉、目の周り、鼻、肌の色、顔の輪郭といった5つで構成していくことが多いです。内容としましては私がコスプレで男装をした際の手順とメイク道具を説明していきたいと思います。

1:まずは顔全体をファンデーションやリキッドなどでベースを作ります
2:それができたら目の下のクマやホクロ、シミ、涙袋をコンシーラーで消します
3:鼻に影を付けて立体的にしより男性に近づけるためノーズシャドウで眉と鼻の間の場所を鼻のラインに合わせて描いていく
4:同じく顎にノーズシャドウと大きめなファンデーションブラシで肌に馴染ませていく
5:眉を描いていく。その時に角度を上げて、なるべく目との幅が狭くなるように描いていくのが好ましいです
6:目をアイラインで調節する
それができたら完成です

以上でメイクの手順と説明を終わります。
これが基本の男装メイクになっていますが、キャラクターによってはまた別の手順があるかもしれないので、メイクをやる際にはキャラクターの写真や画像で研究してから実際にやってみるのがいいかと思います。
男装メイクのポイントは眉です。眉は最も見えるので眉を描くだけでも男性に見えてきます。
特に難しいやり方は行っていないので初心者の方でも簡単にできます。最初のうちは慣れないことが多いですがコスプレを重ねていくうちに上達していきます。私も初めて男装メイクをしたときは失敗が多かったです。しかし、twitterのフォロワーさんから色々コツやアドバイスを聞き覚えていき、去年の春に池袋のコスプレイベントへ参加した際には、写真を撮った際にとてもきれいに写ることができとても嬉しかったです。

次にメイク道具なのですが、主にメーカーとしましてはセザンヌやキャンメイクを主に使っています。時々、違うメーカーのものを使う時もありますがそれは肌になじむか、直ぐに崩れ落ちないか、アレルギーが出ていないか、キャラクターの肌の色を考えてみてから使っています。他にはファンデーションブラシ等は、100円ショップで揃えるのがお勧めです。

イベント等に参加した際にどうしてもメイクが崩れてしまうといったことが起きてしまうことがありますが、その際には直ぐにお手洗い場等のパウダールームで直せるように持ち歩いているといいです。夏場は特に汗をかくためウォータープルーフの化粧品を使っていても崩れてしまいます。ですのでこまめに直したほうがいいです。後、日焼けをしないためにまず日焼け止めを塗ってからメイクをすることがあるのですが、化粧品にもSPAとPAが含まれているものもあるので念入りにしたい方はまず、日焼け止めを塗ってからメイクをすることをお勧めします。

メイクのお話は以上となります。
今回である程度コスプレについて理解できましたでしょうか?
次回はコスプレをした際のおすすめアプリを紹介していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

コスプレのやり方~衣装編~

皆さんこんにちは
MBAインターン生の間宮です。

前回、ウィッグについて話していきましたので今回はコスプレにおける衣装についてお話していきたいと思います。
衣装は一から作れますし、出来上がっているものを購入するという二種類あります。では、それを二つに分けて話していきたいと思います。どちらも店頭や通販に多くあるので前回お話ししたウィッグよりは購入しやすいかと思います。

まず一つは衣装づくりは制作時間がコスプレの中で一番かかりますのでコスプレをしたことがない方は、まずは出来上がっている衣装を購入することをお勧めします。出来上がっている衣装を着て、そこで感覚をつかむのがいいと思います。しかし出来上がっている衣装を通販で購入するときの注意点があります。

1:衣装はセットで売られていることが多く別々で購入することはできないこと。
2:サイズ表記よりも小さい場合があること。

この二つは気を付けたほうがいいです。衣装はイベント等に参加する際に歩くことを想定したうえで購入サイズを考えるといいです。例えば、大きめな衣装を購入しそこから裁縫で調節していくのがいいです。通販での購入ですとやはり商品が一向に届かなかったり、写真と比べて質が悪かったり、商品が欠けていたりというトラブルが多くあります。twitterでお世話になっているコスプレイヤーのフォロワーさんの多くがこのトラブルに巻き込まれたと言っていました。ですので購入する際には気を付けてください。
店頭で購入したい場合、実際に展示されていたりすることがあるのでそこで確認してから購入するのがおすすめです。しかし欲しいキャラクターの衣装が無かったりする場合もあるので注意してください。また、作品によってはコスプレ専門ショップではなく普段着を扱っている店頭でも代用ができるため、コスプレとして着ていた衣装が私服としても着られるためお金の節約にもなりますので、色々調べてみるといいです。

次に一から制作していくやり方です。一から制作していくやり方としては、ミシンを使っての作業になります。衣装に必要な布と糸を手芸屋等で購入し制作していきます。私はあまり衣装の制作をしたことがないので詳しくは教えることができませんすみません。一から制作すると裁縫が上手になっていき、作っている衣装でこだわりたい部分が出てきたりするため、完成した時の達成感がすごいです。

イベントへ参加する際には、ルールのところにこの衣装は禁止と書いてあったりするので気を付けてください。私はイベントへ参加して実際にこのようなことを見かけたこともあり自分も気を付けようと心がけています。

本日は以上で終わります。次回はメイクについてお話していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

コスプレのやり方~ウィッグ編~

こんにちは
MBAインターン生の間宮です。

今回私は趣味であるコスプレに関してこれから始めたい方やコスプレって実際どんな感じなのかと興味がある方々に伝えていきたいと思います。
コスプレというのはキャラクターになりきるためそのキャラクターをいかに現実で再現するかが重要になっていきます。
その中でもウィッグはキャラクターを再現するうえで大事なポイントになっていきます。
ウィッグは池袋等のコスプレ専門ショップと通販の二種類が存在します。どちらにも良い悪いがありなすのでそちらの説明をしていきたいと思います。

店頭販売ですとそこでは様々な色のウィッグを販売してある一方、購入する場合は地道に切っていくため制作時間がかかり集中力が必要なのと髪を切るための道具をそろえなければいけないため費用がかかりやすいことです。そのキャラクターに合わせて自分でウィッグの髪をそのキャラクターの長さまで切っていった後、髪の毛をつんつんにしたいやカールをしたいというのが出てくると思います。カールをする時にはヘアアイロンやプラスチックの棒でカールをした後、ヘアスプレーやワックスでカールした部分をを固めます。つんつんにしたい時には、まず適当な量を取り結います。結った部分の先っぽを取り中心がとがるようにしていきます。イメージは三角です。
できたらヤマトのりで固めていくのですがのりがない場合はボンドやワックスでも大丈夫です。しかしワックスだと崩れやすいため長時間の活動の際には要注意です。
髪の切り方は動画をアップしている人が多数いるので検索してみるといいかもです。最近では、店頭でもできあいのが販売されているのですが、数が少なく種類も少ないため欲しいキャラクターのウィッグがないことがあります。

通販ですとそのキャラクターに完成してあるウィッグが数多くあります。そのためコスプレを初めてやる方やウィッグを制作する時間がない方におすすめです。しかし、店頭で購入するより値段が高かったりする場合もあります。その他にも、ネットでの販売のためお金を振り込んだのに商品が一向に届かないといったトラブルがあるため難しいところです。そんな時は、まず販売会社がどこなのか制作会社は別にあるのか、購入者のレビューであったりとか等を徹底的に調べてからの購入が一番安心です。

コスプレにはかなり費用がかかります。しかしイベントに参加すると他の方から褒められたり、驚かれたりします。コスプレをしてみたい方是非、やってみてください。
次回は衣装について話していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。