「ぷよぷよ」シリーズ作

こんにちは。インターン生の久保です。

 今回は「ぷよぷよ」のシリーズ作品について紹介していきます。
「ぷよぷよ」は現在までにナンバリングされているのが7作、アニバーサリー作品や総集編的作品と「ぷよぷよテトリス」、「ぷよぷよeスポーツ」が発売されました。
また、スマートフォンアプリ「ぷよぷよ!!クエスト」も配信されています。
ここでは、ナンバリング作品について紹介したいと思います。

/*「ぷよぷよフィーバーリズム」(音楽ゲーム)、「ぷよぷよ!!タッチ」(ぬりけしパズルゲーム)、「ぷよぷよ!!クエストアーケード」はサービス終了しているので省きます*/

・「ぷよぷよ」
 旧ぷよと新ぷよがあり、旧ぷよにはコンピュータ対戦や連鎖ボイスが実装されておらず、ぷよの色が最大6色になっています。

・「ぷよぷよ通」
 「相殺」「クイックターン」「NEXT2ぷよ」などの新システムが追加されました。また、これ以降ほぼすべての作品で「ぷよ通」ルールが遊べます。

・「ぷよぷよSUN」
 「太陽ぷよ」や主人公以外の連鎖ボイス、連鎖アニメが導入されました。「太陽ぷよ」はおじゃまぷよのように色ぷよと一緒に消すことによって相手におくるおじゃまぷよの量が大幅に増えます。また、相殺するとおじゃまぷよが1ターン保留される仕様はここで追加されました。

・「ぷよぷよ~ん」
 ルールが特殊になる「ステージ」と「一定時間おじゃまぷよがふらない」「特定の列のぷよをすべて消す」といった「特技」の概念が追加されました。さらに、今までの作品ではコンパイル社員が声をあてていましたが、今作で初めてプロの声優が声を担当するようになりました。

・「ぷよぷよフィーバー」
 この作品以降、セガの開発となり、デザインがだいぶ変わりました。「連鎖のタネ」が降ってくる「フィーバーモード」が実装され、簡単に大きな連鎖をできるようになったのですが、CPUが論理的に連鎖を組むようになったため、コンパイル作よりも格段に強くなりました。また、登場キャラクターや世界観が一新され、主人公がアミティになりました。

・「ぷよぷよフィーバー2(チュー)」
 「夢(6)チュー」で6作品目、フィーバー第2弾を表しています。CPU戦で使用できる「アイテム」が登場しました。また、SEGAぷよシリーズ初の男の子主人公「シグ」が追加されました。

・「ぷよぷよ7」
 一発逆転を狙える新ルール「だいへんしん」が追加されました。また、舞台が「チキュウ」になり、主人公が「あんどうりんご」になりました。

今回は「ぷよぷよ」のシリーズ作品について紹介しました。
次回は主要なキャラクターについて書いていきたいと思います。
最後まで見てくださりありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 大乱闘モード

こんにちは、インターン生の石川です。この動画は第四回目です。

今回も大乱闘スマッシュブラザーズの新作、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALについて話したいと思います。第四回目は大乱闘モードについてです。

大乱闘モードは大きく分けて通常戦・団体戦・トーナメント戦・スペシャル戦の4つの戦闘ができます。

・通常戦

スマブラの基本のバトルで、さまざまなステージやルールが設定できます。最大8人と戦えます。アシストフィギュアなどの呼び出しアイテムの個々の呼び出し設定などができます。

・団体戦

3対3または5対5で行うチーム対抗戦です。倒すと次のキャラが出てくる”おかわり” 勝ったキャラで戦い続ける”かちぬき” 順番に別のキャラで戦い勝ち数を競う”×本勝負” の3つの形式があります。試合中に同じキャラを選択することはできません。

・トーナメント戦

参加人数とルールを設定すると自動でトーナメント表が生成されます。参加人数はNCPを含む4人から最大32人までになります。NCP同士の戦いはスキップできます。団体戦と同じく同じキャラは選択できません。

・スペシャル戦

通常戦とは違ったルールの設定ができます。状態異常やアイテムの効果が常に付与できるいろいろ乱闘・全てのキャラを駆使して戦う全員バトル・ギリギリのバトルができるスーパーサドンデスの3つが選択できます。

いろいろ乱闘は主にアイテムによる状態変化が常に起こっていながら戦うルールです。例えばキャラの大きさを変えたり、重さを変えて落下スピードを速くしたりできます。

全員バトルは設定したルールの中で戦います。最大試合数と勝利条件が満たない限り試合が続き、使用したキャラが少なくなってしまいます。

スーパーサドンデスは始めから時間制はダメージ%が300%・体力制はHPが1になっているため攻撃が当たると即終了になってしまいます。画面も中央へと徐々に狭まり、冷静な立ち回りが必要な戦いです。

大乱闘モードは一つの端末で行うためスマブラを持っている複数でやる場合はローカル通信のほうが良いでしょう。

ルール設定は時間制・ストック制・体力制の3つあります。

・時間制   時間内に撃墜数をポイントとして競う設定。

・ストック制 指定した数を撃墜する設定。

・体力制   指定した体力とストックで戦う設定。

スマブラでは時間制がスタンダートの設定になっています。詳しくは次回の動画で説明したいと思います。

次回はオンラインと設定について説明したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

参考元 

https://www.smashbros.com/ja_JP/howtoplay/mode.html

https://altema.jp/sumaburaswitch/

ポケモン新作発売前にゴーストタイプのおさらいをしておこう!<タイプ相性編>

前回に引き続きゴーストタイプに焦点を当てて、今回はタイプ相性について紹介していきたいと思います。

まずは等倍になるタイプから。
<ほのお・みず・でんき・くさ・こおり・かくとう・どく・じめん・ひこう・むし・いわ・ドラゴン・はがね・フェアリー>
と割と多いですね。
次は半減、こうかはいまひとつは。
<あく>
なんとたったの1つ、これは意外でした。
次は2倍、こうかはばつぐん!は。
<エスパー・ゴースト>
この2つだけ、うーん…こういわれるとあまりいいタイプだとは言い難いですね。
最後に、こうかはないみたいだ…は。
<ノーマル>
1つ!けれども無効できるタイプがあるだけ強いと思います。

以上のことを総合すると、わりとどんなタイプのポケモンを相手に奮闘できるのではないでしょうか。
抜群がとりにくいということは、逆に抜群がとられにくいということ。
さらにゴーストタイプの技はユーモアのあるものが多いです!
例に出すと。

シャドースチール 威力:90
         命中:100
         物理技
 相手の能力変化を自分にもかけ、攻撃する。

たたりめ     威力:65
         命中:100
         特殊技
 相手が状態異常の時、威力が二倍になる。

のろい      威力:-
         命中:-
         特殊技
 自分のタイプがゴーストタイプの場合は自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手をのろい状態にする。
のろい状態になると毎ターンHPが最大HPの1/4ずつ減る。
それ以外のポケモンの場合すばやさランクが1段階下がり、こうげき・ぼうぎょのランクが1段階ずつ上がる。

と、このように面白い効果を発揮する技がります。
さいごの「のろい」についてはゴーストタイプより他のタイプで使う方が多いかもしれませんが…ブラッキーとか…。(ゴーストタイプのめざめるパワーって需要あるんですかね?)

ちなみにポケモンのタイプとわざのタイプが一致していると技の威力が1.5倍になります。よくタイプ一致技といわれているのがこれです。なので複数のタイプを持ったポケモンはお得です。
まあ弱点が増えたり、4倍攻撃受けたりする可能性が出てくるのですがそれはそれ。トレーナーの手腕に掛かっています。
ポケモンには強いもの、弱いものがもちろんいます。好きなポケモンだけで戦っていくのは大変な苦労がいると思います。ですが戦いだけがポケモンではありません。最近は無くなってしまいましたが、好きなポケモンでコンテストに出たり、好きなポケモンをレベル100にして満足感を得られたり、連れ歩きやポケパルレなどで触れ合ったりとさまざまな楽しみ方が出来ます!そこがポケモンのいいところだと筆者は思っています。(それはそうとポケモンレンジャー新作もう出ないんですかねぇ…)

今回のお話はここまで、良いゴーストライフを過ごせることを祈っています。
ではまた、次回でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

「魔導物語」って?

こんにちは。インターン生の久保です。

今回は「ぷよぷよ」のルーツとなった「魔導物語」について紹介していきます。

・「魔導物語」とは…

 1989年に株式会社コンパイルが発売した3Dダンジョン型RPGです。

また、今では当たり前となった呪文を唱える時などにボイスが付いているマジカルボイス、HPやMPを数値化せずに表情のグラフィックや 「痛さの余り転げまわった」「げげげ、内臓吐いちゃうよ」というふうに言葉で表現されているファジーパラメータ、歩いたところが自動的にマッピングされるオートマッピングが実装されていて、後のゲームに影響を与えました。

・「ぷよぷよ」との共通点

 「魔導物語」に登場するキャラクターのほとんどがぷよぷよに登場します。

「魔導物語」の主人公「アルル・ナジャ」や「カーバンクル」、エピソード2で登場する見た目がかっこいいがなにか目が変態の目をしているお兄さん「シェゾ・ウィグィィ」などのメインキャラクターだけでなく、「キキーモラ」や「ふたごのケットシー」などのキャラクターも登場します。

 ぷよぷよでのアルルの連鎖ボイス「ファイヤー」「アイスストーム」「ダイアキュート」「ブレインダムド」「じゅげむ」「ばよえ~ん」は「魔導物語」での戦闘魔法として使用されていたものです。「魔導物語」はRPGなので、それぞれに細かい設定があります。

例えば、「ダイアキュート」は自分の魔法力を増強する魔法で次の魔法の初めの文字が繰り返されることによって効果が働いていることがわかります。「ぷよぷよ」の大連鎖最後に起こる「ばばばっよえ~ん」となる現象は「ダイアキュート」の効果です。また、「di」と「acute」の組み合わせた言葉であり、「di」二倍の「acute」鋭く、強くという意味からきています。

 また、前回の記事に書いた「オワニモ」は、「ぷよぷよ」のあとに発売された「魔導物語 道草異聞」であまりに需要のない魔法でほぼ封印状態だったものをアルル・ナジャが封印を解いたというストーリーが後付けされています。

さらに「魔導物語ARS」に合わせて、「ぷよぷよ7」などでのメインキャラクターの頭文字もARSになっています。

今回は「魔導物語」と「ぷよぷよ」との共通点について紹介しました。

次回は、「ぷよぷよ」のシリーズ作品について書いていこうと思います。

最後まで見てくださりありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スピリット

<

こんにちは、インターン生の石川です。第三回目です。

今回も大乱闘スマッシュブラザーズの新作、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALについて話したいと思います。第三回目はスピリットについてです。

前作のWIIU・3DSにはフィギュアがありましたが、今回はフィギュアではなくスピリットになりました。前作のフィギュアはミニゲームで使われましたが、SPECIALのスピリットは主にアドベンチャーモードで使います。

スピリットは四つ種類ありますので詳しく説明していきましょう。

・アタッカースピリット

プレイヤーが操作するキャラクターに一つセットできます。攻撃・防御・投げの三すくみによる有利不利+無属性制とレベル制があり、ステータス増加や能力が付与されています。アタッカースピリットはセットした戦闘に勝利すると経験値がもらえます。ほかにレベルアップするには訓練所に入れる・探索に出かける・戦闘などでもらえるおやつを与えることで上がります。アタッカースピリットの中にはレベルが最大まで行くと進化し、ステータスや能力が強化されレベルが1に戻ります。アタッカースピリットには次に紹介するスピリットをセットする枠が0から3つあります。

・サポートスピリット

アタッカースピリットにセットでき、様々な能力が付与されます。サポートスピリットによっては枠の個数が1~3個あり、強力な能力ほど多く枠を取ります。キャラクターによって組み合わせを考えましょう。

・マスタースピリット

アタッカースピリットのステータスに関わる強化をする道場や経験値を取得する訓練場・セットできるスピリッツとアイテムを買うショップ・戦いを有利にするアイテムなどを入手する探索などが解放されます。アドベンチャーモードでのみ入手できます。戦闘ではセットできません

・ファイタースピリット

大乱闘モードの勝ち上がり乱闘やショップにて入手できます。観賞用のため戦闘ではセットできず、スピリット名鑑にて確認ができます。

ファイター・マスタースピリットを除いた二つのスピリットの入手方法は以下の通りです。

アドベンチャーモードで勝利する・スピリッツボードで戦い、ミニゲームでサークルに当てないようにスピリットを当てる・大乱闘モードの勝ち上がり乱闘で勝利する・スピリット同士を合成して新しいスピリットにする・フィギュアファイター以外のamiiboを使う・の五つです。

このうちのスピリットボードでは探索やショップなどで手に入るアイテムでアタックスピリットかサポートスピリットが出現させれますが、基本的には時間によってランダムで出現します。スピリットに勝利しますと数分表示されません。お知らせによってイベントに関わるスピリットが出やすくなったりします。

ダウンロードコンテンツで増えたサポートスピリットは別枠のスピリッツボードになっており、7月22日の現在はペルソナ5が常に表示・勝利後ミニゲームで入手できます。

スピリットにはランクが区別され、星が多いほど相手キャラクターやステージトラップが強力になります。所持しているキャラクターとスピリットを駆使して戦いましょう。

スピリットには名鑑があり、入手したスピリットの説明や作品が確認できます。ぜひ、全て集めてみてください。

次回は大乱闘モードについて詳しく話したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

参考元 https://www.smashbros.com/ja_JP/

https://game8.jp/smashbros-special/241128

「ぷよぷよ」って?

はじめまして。インターン生の久保夏葵です。

今回は私の大好きなパズルゲーム「ぷよぷよ」についてまずはざっくりとした概要とゲームルールを紹介していきます。

・「ぷよぷよ」とは…

 1991年に株式会社コンパイルが発売し、2002年9月以降はSEGAが版権を引き継ぎ、現在も販売を行っている落ちものパズルゲームシリーズです。

・基本のゲームルール

 縦12マス×横6マスのフィールドに2個1セットで落ちてくる色のぷよぷよ(以下ぷよ)を積んでいき、同じ色のぷよを4匹以上くっつけて消していきます。

ぷよが消滅すると上にあったぷよが落ちていきます。このときさらに同色のぷよが4匹以上くっつくと消滅し、連鎖となります。

また、12段目の3列目にぷよを置いてしまうと窒息してばたんきゅ~(ゲームオーバー)になってしまいます。

ただ、4匹以上くっつけても消えない灰色のおじゃまぷよというものもあります。これを消すためには色ぷよが消えるときに色ぷよと接していなければいけません。

ちなみに、ぷよが4匹集まると消滅するのはぷよの性質ではなく「オワニモ」という同色同種族のモンスターが4つ揃うと時空の彼方に飛ぶ魔法によるものだという設定があります。また、この「オワニモ」の名前は企画監督の米光一成さんの苗字「yonemitsu」の強引なアナグラム「uyenimo(tとsは未使用)」となっています。

・追加ルール

 ほとんどの版に対戦型の「ひとりでぷよぷよ」「ふたりでぷよぷよ」、エンドレスの「とことんぷよぷよ」があります。

「ひとりでぷよぷよ」「ふたりでぷよぷよ」はぷよを消すことで相手におじゃまぷよを送り、攻撃することができます。大きな連鎖をすればするほどたくさんのおじゃまぷよを相手に送ることができ、攻撃力も高くなります。

「とことんぷよぷよ」は、ひたすらぷよを消す1人プレイのぷよぷよで、おじゃまぷよが降ってこないのでひたすら自分との戦いとなります。

 ほかにも一部の機種のみにしか収録されていませんが主流なものでは「なぞなぞぷよぷよ」があります。

これは「ひとりでぷよぷよ」や「とことんぷよぷよ」とは異なり、フィールドに最初からぷよが配置されていたり、動かすことのできない壁が設置されていたりしています。さらに、「〇連鎖する」「〇匹のぷよを同時に消す」「□の位置でぷよを消す」などの問題が与えられてそれを達成するようにぷよを組み上げて消し、相手よりも先に問題達成ノルマ数をクリアするというものです。

このほかにも15周年記念作の「ぷよぷよ!」で「すいちゅう」「ばくだん」「サーチライト」「こおりづけ」など、20周年記念作の「ぷよぷよ!!」で「ブロック」「アクティブ」「クロスかいてん」「よんてさき」「スロット」「カルテット」「とっぷう」などが追加されました。

/*「ぷよぷよSUN」「ぷよぷよフィーバー」については単独のシリーズとなっているため、また今度別で紹介したいと思います。*/

今回はゲームルールついて紹介してきました。

次回は、「ぷよぷよ」を語るのに欠かせない「魔導物語」について書いていこうと思います。

最後まで見てくださりありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL アドベンチャーモード

こんにちは、インターン生の石川です。第ニ回目です。

今回も大乱闘スマッシュブラザーズの新作、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALについてお話していきたいと思います。第二回目は、アドベンチャーモードについて話したいと思います。

スマブラSPECIALでは前作:WiiU/3DS版にて廃止になっていたアドベンチャーモードが復活しました。今回のアドベンチャーモードでは、様々なキャラクター・スピリットを倒し・集めながら駆使して進めていく一人用のモードです。今回は横スクロールではなく決まった設定のステージ内で戦います。

難しさはやさしい・ふつう・むずかしいの3つあります。難易度の違いはステージのクリア報酬やCPUの強さなどが変わります。自信のない人や初心者はやさしいから始めましょう。途中からでもメニューから変更できます。

初めてスマブラを起動した場合、扱えるキャラクターは少ないため、基本的にこのモードで集めることができます。このモード以外や挑戦者を倒しても入手できますが、このモードでは扱うことができません。ダウンロードコンテンツを除く、全キャラクターは決まったエリアに存在しており、人型がエリアにいるか・エリア上のスピリットを倒すと出てきますので倒すと扱えるようになります。amiiboによって呼ばれたフィギュアプレイヤーはアドベンチャーモードでは使用できません。

また、スピリットは隠しキャラ以外のエリア内で必ず手に入ります。スピリット戦は同じ作品か似ているキャラクターがそのスピリットにセットされた状態で戦います。多くのスピリット戦では対策をしないと不利になりますので気を付けましょう。

アドベンチャーモードでは、スピリットの力によって障害物を開放することができます。解放できない場合、遠回りをすることになったり、その先にあるキャラクターやスピリット・仕掛けを解放できなくなります。他にもマスタースピリットと呼ばれる、スピリットやアイテムを買うことのできるショップや施設・探索などのスピリットにかかわる場所もあるのでぜひ探してみてください。スピリットの入手方法は他にも入手方法がありますが次回へと持ち越したいと思います。

今回もスマブラに参加している作品の中で、強力なボスたちが控えています。キャラクターやスピリットを駆使して倒しましょう。また、クリアゲッターという条件を満たすことでパネルが開き、スピリットや別のモードで有利になるアイテム・音楽などの報酬を入手することができるので試してみたください。

次回はスピリットについて詳しく話したい話したと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

参考元 https://www.smashbros.com/ja_JP/ 

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL その1

こんにちは、インターン生の石川です。第一回目です。

今回は人気が長く続いている大乱闘スマッシュブラザーズの新作、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALについてお話していきたいと思います。

まず、初めに大乱闘スマッシュブラザーズとは何かを説明します。

『スーパーマリオ』シリーズのマリオ、『星のカービィ』シリーズのカービィなどの主要キャラやマリオ宿敵クッパや『ゼルダの伝説』シリーズにいるガノンドロフなど悪役キャラといった多くの任天堂代表的な人気キャラクターが一堂に戦う対戦型格闘ゲームです。

この動画はそのスマッシュブラザーズにはどのような楽しみ方があるのか紹介します。

一つ目はアドベンチャーモードです。前作:WiiU・3DSではフィギュアと呼ばれた物が廃止され、新たにスピリッツへとなりました。

また、スピリッツはアドベンチャーモードで使用でき、キャラに装備することで有利になったり不利になります。前回同様にプレイキャラクターの多くをアドベンチャーで操作できるようになります。

二つ目は大乱闘モードです。このモードでは自身の持つキャラがNPCとして戦えます。アドベンチャーモードとは違い戦うキャラを選択でき、状況も選択できます。その他にも団体戦や合計32人でトーナメント戦もできます。

三つ目はいろんな遊びモードです。こちらは各キャラにコースが異なる勝ち上がり乱闘や練習のためのトレーニング、無数のキャラが襲い掛かる組み手など多く一人で練習するモードとなっています。そして多くのモードで遊ぶと新しいキャラが乱入することもあります。

そして、『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』の「VRゴーグルToy-Con」(別売)と組み合わせますと、戦うキャラを眼前で好きな位置や角度で観戦できます。

前作同様、スマブラで使用される曲を聴けたり、ステージを作ってオンライン上にあげることもできます。戦いをサポートするアイテムやモンスターボールから出てくるポケモン・アシストフィギュアも種類が増えるに伴い、戦略も増えました。

最後にオンライン対戦です。国内だけでなく、世界中のプレイヤーが数多くの設定・ステージの中で人それぞれに戦術に沿って戦い、競い合っています。

まだ、ダウンロードコンテンツも追加されているので楽しみですね。

次回はアドベンチャーモードについて詳しく話したい話したと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

参考元 https://www.smashbros.com/ja_JP/index.html

レギュラーマッチを勝つには

こんにちは!インターン生の山下です。
今回がラストになります。
ラストは「レギュラーマッチで勝つには」ということで、参考程度で見ていただけると嬉しいです。
今回もよろしくお願いします。

簡単にルール説明からいきたいと思います。

レギュラーマッチのルールは、ステージの塗り面積を競いあうもので、時間終了時に多く塗ってあった方が勝利となります。
レギュラーマッチをやる際に心掛けておくべきことをいくつか紹介していこうと思います。
まずレギュラーマッチは多くの範囲を時間終了時に塗ってあったチームが勝利になるので、できるだけ味方陣地で相手が塗りにくい場所はしっかり塗っておきましょう。

次に時間ごとの戦い方について、話していきたいと思います。
まず始まりから2分間は味方陣地をしっかり塗りつつ、前線で塗りの陣地を増やすといいと思います。
残り1分になったら、あまり死なないように立ち回り、塗れるところはどんどん塗って、スペシャルを温存しとくのもいいと思います。
レギュラーマッチは残り数秒が命取りになるので、残り時間1分を切ったら、死ぬのは避けた方がいいです。
ラスト15秒は、一番塗れるところや相手の陣地をスペシャルなどでガンガン塗っていきましょう。
そしてこのラスト15秒は大きく勝敗を左右しますので、相手をキルすることより、塗ることに専念するといいと思います。

最後にレギュラーマッチで私がお勧めする武器をいくつか挙げておきます。
・スプラシューター(キルと塗りの安定武器)
・プライムシューター(射程も長くキルしやすく、スペシャルで大きな範囲を塗れる)
・プロモデラー(武器自体の塗り性能が高く、スペシャルでラストパートの塗が大きい)
・シャープマーカーネオ(武器のキルと塗り性能が高く、スペシャルで陣地を拡大できる)

今回でこの記事と動画は最後ですが、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。
短い間でしたが、この動画を見ていただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マリオパーティの初代

こんにちはインターン生の中嶋俊介です。

今日はマリオパーティを紹介したいと思います。

マリオパーティは1998年に発売されたゲームです。今でも続編も出てますし知っている人は多いと思います。任天堂のゲームでも定番中の定番だと思います。
開発は「ハドソン」と「シーエープロダクション」が担当して開発されました。

マリオパーティはスゴロク方式のボードゲームとミニゲーム要素が合体したゲームで最大で4人でのプレーが可能となります。
勝利条件はどのプレイヤーが一番スターを持っていたか?で決まります。マップ上でも買えたり相手から盗んだりしてスターをゲットします。
最後の結果発表により逆転も可能です。
結果発表では、コインを一番稼いだ「コインスター」や?マスに一番止まった「ハプニングスター」などがあり最後の結果発表前にもスターは貰えるのです。
そしてゲーム終了の際にスターやコインなどはプレイヤーの稼いだ総コインとして格納されます。格納されたコインは利用可能で「ボードマップ」、十字スティックをぐるぐるして飛ばす「ぜんまいヘイホー」、「BGM」、「ものまねオウム」など色々購入することが可能となります。

ボードマップにもそれぞれ特徴や難しさが存在します。このボードマップはゲーム内での購入をする事ができます。購入して難しいステージをどんどん出しましょう。

マリオパーティでは、1人でも面白い作品となっています。それがミニゲームアイランドです。ミニゲームアイランドでは1人用でプレイヤーとパートナーで決められたコースを次々にこなして行きます。
全9ステージ構成でミニゲームをこなしていき、クリアするとステージクリアとなります。
このミニゲームアイランドでは、残機という概念がありミニゲームをクリアした際に残機が1増えます。しかし失敗すると残機は1減ることになります。1つミニゲームをクリアした際にコインが10増えていき、そしてコインが100になったら残機が1増えます。
このモードでは途中途中にセーブマスも存在し有難いです。セーブマスにセーブする事により、「ゲームオーバーになった」際にセーブマスからスタートする事が可能となるのです。
最後のゴールの所には「キノピオ」が待っていてここでクリアすると全ステージクリアとなります。しかしここまで行けば敗北しても残機が減ることはありません。

友達や家族などとワイワイやるのも良いのでやってみて下さい。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。