「Fortnite 」

初めまして、インターンシップ生の市川正貴と申します。

今回の私が紹介する私的PS4おすすめゲームを計10回にわけて紹介しているのですが、5作品目は「Fortnite 」です。

引用始め
『フォートナイト』5月の月間売上300億円超えとの報道。米国課金ユーザーの平均支払い額は1万円弱との調査結果も
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180627-71003/

調査会社SuperDataは6月26日、2018年5月のゲーム市場調査結果を公開した。
SuperDataによると、『フォートナイト バトルロイヤル』(以下、フォートナイト)の月間売上は初の3億ドル(約330億円)超えを記録。
コンソールゲームのデジタル売上ランキングでは1位、PCでは5位の数字を出している。
前月からの上昇率は7%で、成長に貢献したのは主にコンソール版の売上となっている。一方、PC/モバイルの売上に関しては横ばいだったという。

売上を伸ばし続ける『フォートナイト』について、学生ローンのオンラインマーケットプレイスLendEDUが同作のコアユーザー1000人を対象にアンケートを実施。
68.8%が小額課金制度の利用経験有りと答えたという。
利用経験有りと答えた回答者の平均総支払い額は84.67ドル(約9300円)で、36.78%は『フォートナイト』がゲーム内課金を利用した初のタイトルであるとのこと。
支払いの内訳を見ていくと、58.9%がキャラクタースキン、18.06%がグライダースキン、13.52%がツルハシスキン、9.52%がエモート/ダンスムーブに費やしたという。
バトルパスについては79.51%が購入歴有りと答えている。

課金ユーザー率が68.8%と異様に高いのは、調査対象をある程度コアユーザーに絞っているからだろう。
『フォートナイト』ユーザー全体の話として課金率・課金額が高いという話ではない。
ただ、そうした課金率の高いユーザー層の中でも、コンソール版ユーザーが77.4%を占めているという点は、先述したSuperDataの売上データとつながる部分でもある。
6月にはNintendo Switch版『フォートナイト』の配信が開始されたということで、コンソール版売上のさらなる成長が期待できそうだ。
引用終わり

だが、このゲーム課金したからといってキャラクターが強くなるという訳ではなくただ見た目や使用できるエモートが増えるだけでなにもないのに課金するユーザーが多い。
そして、パッチの速さもこのゲームは有名で新しく出した武器があまりにも強すぎたり、Epic Gamesが望むようなゲームになっていない場合に即座にパッチが入る気合いの入った運営をしている。
そういったところも含めさすが世界で一番注目を集めているゲームというところであろう。
私的点数は文句なしの10中10点だ。

本日はこの辺で終わりにしようと思います。
この度はこのような記事に目を通して戴きありがとうございました。
それでは[#6]でまたお会いしましょう。
さようなら。

【参考資料】
1 検索ワード 「フォートナイト 売り上げ」
https://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180627-71003/)(2018.8.17閲覧)
2 検索ワード 「フォートナイト」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjE37nXu_PcAhWBTrwKHaszDbUQ_AUIDCgD&biw=624&bih=860#imgrc=u7i8BudWVRm08M:)(2018.8.17閲覧)

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

R6S ドローンは頼れる友

こんにちは! インターン生の阿部和弥です。
とうとう3回目です。最後となる今回は、

     ~R6S ドローンは頼れる友~  
                       です。

 突然ですが、

     ”ドローンって強くないですか?”

これが分かるあなたは、おそらく初心者じゃないです!

 私も始めたばかりの頃は、ドローンなんて準備フェイズにしか触ってなかったと思います。
しかし、今となっては、敵の場所が分からず味方が近くにいて同じ部屋で同じ方向を向いているときなど、
時間が無駄だなと感じた瞬間にはドローンを操作しています。

なぜなら、このまま味方が進んだとしてもドローンで先に偵察することができ、
マイクやチャットで伝える、もしくはドローンからマークするなどで、味方に有利な状況を作れるからです。
ここまで味方が近い場合マーキングはとても強力になります。
味方が進まなかったとしても、自分から前線を押し上げることが容易になります。

これ以外にも、置きっぱなしにしてあるドローンもとても強いです。
目標内にドローンを入れておき敵のいる数、場所を把握できれば、ほとんどの場合攻略はスムーズに行きます。
さらに、目標内にいる敵の数を把握出来れば遊撃に出ている人数もわかります。
準備フェイズ時目標内に、チーム全体で 1個はドローンを置いておくといいかもしれません。
そうするだけでゲームの展開は掴みやすくなります。

ここまで読むと分かるかもしれませんが、
つまり、ドローン いのちだいじに ということです。

出来る限り準備フェイズでは失う事のないようにしましょう!
そして、目標をあっという間に制圧しちゃいましょう!

これで以上です。
ぜひ、ドローンを大切にかわいがって上げて下さい!

ありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

作品紹介『モンスターハンター:ワールド』の海外評価

今回は自分が一番好きなゲーム『モンスターハンター:ワールド』の海外評価について紹介させて頂きます。

2018年最初の超大型タイトルがリリースされた。カプコンから1月26日に発売された『モンスターハンター:ワールド』であります。

PlayStation 4版のほかに、Xbox One版もプレイできるアメリカトとヨーロッパでは、日本に負けないくらいの盛り上がりを見せており、海外ゲームメディアから軒並み高い評価を受けています。

ドイツ「Computer bild」の評価は「9.6」
据え置き機よりパソコンに圧倒的な支持が集まるドイツで、ユーザーが最もアテにしているゲームメディアのひとつが、長い歴史を持つ「Computer bild」だ。
パソコン用のゲームや技術に特化しているこのサイトでは、『MHW』は”ズバ抜けた作品”として取り上げられている。

ビジュアル的に前作よりキレイに見えるだけではなく、新しい生態の細部までこだわった弱肉強食的なシステムが印象的だ。新作ではモンスターのデザインも美化され、カプコンは過去に批判された要素を見直し、全般的に受けやすいゲームに仕上げたと評価しました。

フランス「Gamekult」の評価は「9」
フランスのゲームメディアの中でもトップをいくサイト「Gamekult」が、『MHW』についてどんな意見を持っているか興味深い。
”厳しくて辛口”として知られているこのサイトでは、過去には『FFXV』でも酷評に見舞われるなど、異なる媒体で絶賛された大作といえども比較的低い点数をつけられた事例が少なくないからだそんな、普段から風潮に流されないスタイルの「Gamekult」の記事は、とても気になるところである。

スペイン「MeriStation」の評価は「9」 
これからは、ユーザーに求められている理解や解釈が変わる。歴代『モンハン』で恐れや圧迫感を感じたせいでシリーズの門をくぐれなかったユーザーは、やっと本作『MHW』で歓迎されるのだ。

アメリカ「IGN」の評価は「9.5」 
アメリカの「IGN」は『MHW』を好評することについて、一瞬も迷わなかった。高得点のレビューで、「『MHW』はゲームの可能性に大胆に挑む、勇敢な作品」と格付けしている。
歴代シリーズの最優秀作かどうかという議論はさておき、本作はシリーズの真髄につけ加えた理想的なビジュアル、ゲーム性と規模で飛躍的な進化を見せている。
シリーズで定番の戦闘の循環、モンスターの脅威と武器などの改造システムが忠実に受け継がれ、ファンにはたまらない一作になっている。

以上は海外各ゲームメディアは『MHW』の評価です。基本的には高いポイントです。シリーズの最高峰として、現代のゲーム機が世に送った最も優れているゲームの1作だけではなく、誰もが魅力を感じさせるゲームだと思います。

今回『モンスターハンター:ワールド』海外評価の紹介は、ここまでとさせていただきます。
ごしちょうありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

エイム力を上げるには?(シューターの方へ)

こんにちは!インターン生の山下です。
4回目は「エイム力を上げるには?(シューターの方へ)」ということで、参考程度で見ていただけると嬉しいです。
本日もよろしくお願いします。

皆さんエイム力が無くて、苦しんだことはありませんか?
私はよくエイム力の無さに苦しみました。
エイム力によっては、そのバトルの勝敗を左右します。
手っ取り早くエイム力をあげるのも少し難しいと思います。
エイム力を上げるために私が行ったことを今回は話していこうと思います。

まずコントローラーのジャイロ操作やカメラ感度などの設定を変えてみて、自分にあった設定を見つけてみてください!
感度の設定をしないとエイムを合わせるときに時間がかかってしまいます。

次に使いたい武器から試し打ちを押して、練習所で練習してみましょう。
練習所には、敵に扮した的がいくつかあり、それらは動いていたり、高い位置に置いてあったりしています。
これらの的を活用していきましょう。

そしてエイムで重要なのはスピードです!
そのためジャイロ操作の感覚、左スティックでの移動、右スティックで方向を合わせ、敵の体に的を絞りましょう。

そこで自分がやっていた練習方法としては、まず的から左右のどちらかにエイムを外し、その外された状態から再び的へ瞬時にエイムを合わせます。
それを何回か繰り返し、動いている的にも同じようなことをやっていました。
ここで重要なのはエイムを合わせることだけじゃなく、敵との距離感を掴むことです。
いくらエイムを合わしても武器ごとに飛距離が異なりますので、距離感を掴むということは重要です。
初めは的に丁寧に命中させることを心掛けるといいと思います。

ある程度エイムが合わせられるようになったら、ナワバリバトルで実践してみるといいと思います。

今回はこの辺で終わります。

次回は「お金の使い道とおすすめの入手方法」を話していきたいと思います。
次回もよろしくお願いします!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

プレイしてみて損はない!~ゴールデンアイ007~

こんにちは、インターン生の中嶋俊介です。

四回目の今日紹介するのは、ゴールデンアイ007です。

このゲームは1997年にNintendo64から発売されたシューティングゲームです。
世界では約800万本売り上げたソフトです。日本では2011年に開発元は別ですが、Wiiの作品として発売されています。
この作品は名前の通り映画007ゴールデンアイをゲーム化した作品となっています。

大まかな概要と致しましてはイギリスの諜報機関MI-6の工作員の007(ジェームズボンド)として数々の指令をクリアして行き、衛星兵器「ゴールデンアイ」の秘密を探っていくという内容です。

このゲームには3つのモードが存在していて
・ミッションモード
・対戦モード
・お楽しみモード
があります。

ミッションモードは1~2人でプレイするゲームモードとなります。
全てのミッションに難易度を設定してあります。
簡単なほうから「イージーモード」、「ノーマルモード」、「ハードモード」、「007モード」の4種類構成となっています。
最後の「007モード」は全てのミッションを全ての難易度達成した際に出現するモードとなっています。

ミッションモードの良いところは銃声をたてるとそれを聞いた敵がこちらの様子に気づいて向かってきたり、警報機を鳴らしたりするとと云うところ、そして人質の解放や特定の装置の停止や破壊などに007のスパイをしていると言う緊張感が出ていると思います。

次に対戦モードの紹介です。
対戦モードでは、2~4人で対戦します。
相手を倒すことで得点が入る「通常対戦」、過去の007映画のタイトルになぞられた対戦ルールもあり、映画007好きにはたまらない仕様となっています。

次にお楽しみモードです。お楽しみモードでは様々な状態で遊べるようになるモードです。

正直私はこのゲームをやるまで007の映画を見たことはありませんでした。しかし007の映画を知らない私でもスパイしてる感覚などの臨場感、ストーリーの面白さ、ゲームの細部までこだわりをもって作ったと言うことが良くわかる作品となっています。この「ゴールデンアイ 007」から007シリーズを知るというのも良いと思いますし、このゲームをプレイして007シリーズが好きになったという人も多いと思います。世界的に有名な映画ですが、その内容など知らない人も多いと思います。
なのでこの記事を気になって読んでくださった方々には是非ともプレイしてもらいたいです。

これで終わります。中嶋俊介でした。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

「DARK SOULS REMASTERED」

初めまして、インターンシップ生の市川正貴と申します。

今回の私が紹介する私的PS4おすすめゲームを計10回にわけて紹介しているのですが、4作品目は「DARK SOULS REMASTERED」です。

こちらのゲーム1、2、3とシリーズ化されていて1はPlayStation3、Xbox 360(海外のみ)Microsoft Windowsのみで発売されていたのですが、
今回なんとリマスター版として帰ってきてPlayStation4、Xbox One、Microsoft Windowsは2018年5月24日に発売され、Nintendo Switchでは2018年10月28日発売されることになりました。

リマスターと言うことは言わなくてももうお分かりでしょう、大人気ゲームということです。
いや~このゲーム私そこそこにやりこんでいましたよ。
特にPlayStation3のやつをやりこみましたね。中学生ながらDLCも買ってやりこんでましたね。
はいはい皆さんわかっていますよ、市川も、
PlayStation4のリマスター版じゃなくてPlayStation3のリマスターではないほうを書けよと市川リマスター版のほうももちろん抜かりなくプレイしてますのでご安心を。
正直な感想PlayStation3版とPlayStation4のリマスター版で大きな違いがあまり変わりなくPlayStation3版をプレイしたことあるユーザーにはあまりおすすめはできません。
なので今回紹介したいターゲットはプレイをしたことない人になります。

このゲームはっきり言わせてもらうとかなりプレイする人を選びます。
そしてこのゲーム他のゲームとは違い普通にプレイしていただくとわかるのですが目標がわかりにくく、ストーリーもわかりにくいです。
そして初心者の方にとってはかなり難しいゲームになっています。
ですが、好きになる人達はこんな理由で好きになります。
引用始め
操作の快適性が良いわけではないが物凄く直感的で動かしていて病み付きになる。
幻影やメッセージや血痕といったオンラインの緩い繋がりも楽しい。
難易度の調整が絶妙で、死にゲー死にゲー言われてるけど広く言われてる高難度ゲーとは違って下手くそ~凡ゲーマーでも程よく苦戦しながら達成感得られるという良い塩梅になってる。
ストーリーに興味ない奴は強制演出やムービー過多みたいな煩わしいことなしで快適に楽しめるし、興味ある奴はセリフやフレーバーテキストを読んで楽しめる。
引用終わり
なので、私はこのゲーム評価をするなら10点中7点のゲームです。
やっぱり人気ではあるけどプレイするユーザーを絞りすぎているのとリマスター版として出した割りにグラフィックと60FPSに対応したくらいしか変化がないので既にプレイしたことがあるユーザーにはあまりおすすめできないから7点です。
ですが、ゲームとしては面白いのは間違いないのでプレイしたことない人一度は挑戦してみてはいかがでしょうか?

本日はこの辺で終わりにしようと思います。
この度はこのような記事に目を通して戴きありがとうございました。
それでは[#5]でまたお会いしましょう。
さようなら。

【参考資料】
1 検索ワード 「ダークソウルリマスター」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjam-nn8_DcAhUMfLwKHazNAdMQ_AUIDSgE&biw=624&bih=860#imgdii=PxpbVugrmlsXPM:&imgrc=lXDmkkiow335NM:)(2018.8.16閲覧)
2 検索ワード 「ダクソ 評価」
http://psneolog.com/archives/10098)(2018.8.16閲覧)

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

R6S ヘッドラインで撃ち合いが変わる!

こんにちは! インターン生の阿部和弥です。
2回目となります今回は、

   ~R6S ヘッドラインで撃ち合いが変わる!~  
                               です。

 まず、ヘッドラインとは、エイムし敵オペレーターを撃つ際の頭の高さの事です。
基本的には立ち状態の相手に対する高さです。ヘッドラインを知っているだけで撃ち合いに強くなります!

なぜなら、ヘッドショットが一発である R6S において胴体に 5発当てて倒すよりも頭の高さに 3発撃ったほうが倒すのが早いからです。

1つ例を挙げます。

 あなたが、防衛側のオペレーターを使っているとします。
 1on1です。1人になったことに気付いたあなたは急いで目標に戻ることにしました。
 長い通路を走りぬけようとすると奥から盾持ちのオペレーターがやってきました。
 すると相手はこちらが走っていることに気付いたため撃ってきます。
 もちろん、こちらもすぐ止まって撃ち始めます。
 お互いはほぼ同じタイミングで撃ち始めました。

  条件としては、
   長い通路のためお互いの距離は離れていること
   盾持ちのためあなたは頭を当てなくてはならないということ
   あなたの姿勢は立ち状態であるということ
   お互いに倒せばラウンド勝利であるということ
  となるでしょう。

  さて、ここで勝敗を分けるのがヘッドラインを意識して当てることが出来るかどうか になります。
  もちろんこれは相手にとっても同じことです。しかし、あなたは相手の胴体に撃っても盾に吸収されます。

実際はこの状況の中に多くの要素が入ってくることになるため状況に応じて判断すると思います。
もしも、相手がブリッツなら実際はそのまま走ってきます。
ですが、もしもこんな状況になった場合にヘッドラインが分からないと大変なのです。

ヘッドラインの重要性が伝わったきたでしょうか?
もちろんこれ以外にも、ヘッドラインの重要性が分かる展開は幾度となく巡ってきます。
リスキルする側、それを警戒する側、決めうちする時されるときなど、R6S ではとても重要です。

実は、ヘッドラインが分かるようになると、他の FPS ゲームにおいてもヘッドショットに入れることができるようになるため、
ヘッドラインの有用性は大きいのです。

今回はこれで以上です。
ぜひ、ヘッドラインを意識して撃ち合いに強くなりましょう!

ありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

作品紹介「モンスターハンターシリーズの社会影響」

今回は自分が一番好きなゲーム『モンスターハンターシリーズ』の社会影響について紹介させて頂きます。

『モンスターハンターシリーズ』による社会影響は大きいと言えます。

引用始め
販売本数から見てわかるとおり、シリーズを通して様々なコンテンツやイベントも開催されています。
また、芸能人などの有名人がファンだと公言することで一般のユーザーも興味を持ったり、プレイしてみようという宣伝効果も強く、社会に広く知れ渡る要因にもなっているかと思われます。
モンハンは、発売当初はメディアなどにもそれほど取り上げられていませんでしたが、口コミなどにより大ヒットソフトになりました。
プレーステーション用ソフトとして販売されていましたが、その後任天堂のWii専用ソフトになり、PSPや3DSソフトとしても販売されてきたことから、様々な媒体ユーザーがプレイするチャンスのあったソフトとも言えます。
ハンティングアクションソフトとして、モンスターを狩っていくという単純な仕組みながら出てくるモンスターのバラエティや武装していく武器と装備の成長過程が、ファンを虜にする魅力になっているようです。
オンラインでプレイするオンラインゲームとしても成功しているソフトと言えるのではないでしょうか。
引用終わり

(参照:IGN Japan)
モンハンは社会影響にとして、2つのポイントがあると思います。先ずは、ゲームの攻略方法です。プレイヤー同士と一緒に様々な意見を交流しています。モンスターに効率的ハンティングは全プレイヤーを目指して目標です。そして、インタネットだけでなく、現実の友達と一緒、より強いモンスターを討伐は楽しい事です。普段あまり喋る知り合いもモンハンの魅力を感じして、一緒に遊んでいる人もどんどん増えています。

それだけではなく、色んなゲームショーなどでは話題の目玉になりますし、他にも様々なイベントが行われたりしています。今回の『モンスターハンターワールド』は全世界で同時が発売して、世界中での話題になりました。ゲームソフトが発売された際には、ゲーム機本体が品切れ続出するなど社会現象にもなりました。こういった理由からモンハンによる社会影響は非常に大きいと言えるのではないでしょうか。

今回『モンスターハンターシリーズ』の社会影響の紹介は、ここまでとさせていただきます。
ごしちょうありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

効率よくランクを上げるには?

こんにちは!インターン生の山下です。
3回目は「効率よくランクを上げるには?」ということで、参考程度で見ていただけると嬉しいです。本日もよろしくお願いします。

まず何をやればいいかというと、慣れてないうちはナワバリバトルがいいと思います。
理由はナワバリバトルでは、時間も短くてルールも簡単で気軽にできるからです。
段々慣れて、他のことをやりたいなという方は、ガチマッチをドンドンやるのもいいと思います。

次にナワバリバトルやガチマッチで経験値稼ぎをやる上で一番重要なのが、まず勝つことです。
勝たないと経験値が少なくなってしまいます。できれば連勝が狙える方がいいと思います。
その理由は連勝をすることで武器のチョーシがあがり、チョーシボーナスがもらえるからです。
チョーシボーナスは経験値をかなりもらえます。

そしてナワバリバトルでフィールドを最低500ポイント塗れる武器があるといいと思います。塗りポイント500で塗りポイントボーナスの最大値がもらえます。

今挙げたことを踏まえて、ナワバリバトルで勝ち易くなるおすすめの武器を紹介したいと思います。

私はなんといっても銀プロモデラーがおすすめです!
やはり銀プロモデラーは塗りにすごく特化していて、かなり戦いやすいのではないかと思います。
後は基本的どこでも使えるスプラシューターがおすすめです。スプラシューターはキルをしやすく、そこそこ塗ることができます。

今挙げたことをやるとバトル後に色々な経験値ボーナスがもらえます。以下に簡単に例を挙げておきます。
・塗りポイント達成ボーナス
・勝利ボーナス
・チョーシボーナス

この上で述べた方法以外にもロブのお店で売っているフードチケットを使うことにより、経験値が2倍前後上がります。

今回はこの辺で終わります。

次回は「エイム力を上げるには(シューターの方へ)」を話していきたいと思います。
次回もよろしくお願いします!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

一撃必殺はロマン

こんにちは、インターン生の鶴岡純平と申します。
今回で最後になりますが、私が50vs50モードで優先して使う武器と、使う上で注意していることを紹介していきます。
まず紹介するのが「ブレイクアクションショットガン」です。

以前までは「二連式ショットガン」という名称だったこの武器は、とにかく至近距離で攻撃することで力を発揮できる武器となっております。至近距離で攻撃したときのダメージが高く、一発で最大で150ほどのダメージを与えることもできます。ただし、至近距離といっても密着するくらいの距離で撃つことが必要で、少し離れてしまうだけで与えられるダメージが大幅に減ってしまうので注意が必要です。一般的には「ヘビーショットガン」の方を優先して使われることが多いですが、一発か二発で敵を倒せるこちらの武器を私はよく使います。
ショットガンで戦う際は、戦っているときに別の敵が来た場合は複数の敵を相手にすることになってしまします。そんなときのために、敵に囲まれたり回復するために逃げる用にジャンプパッドやバウンサーを用意しておくと安全です。

次に紹介するのは「ヘビースナイパーライフル」です。

この武器はヘッドショットなら一撃で敵を倒すことができ、胴体に当てても150以上のダメージを与えることができ、体力が満タンでなければほぼ一撃で倒せてしまします。また、対物へのダメージも高く、クラフトで作った壁や障害となる木も簡単に破壊することができます。破壊力が高い分リロード時間は長めになっていますが、弾道も落ちにくくなっており、とても強力な武器です。
スナイパーライフルでずっと同じ場所で攻撃していると、敵側のスナイパーライフルを持っているプレイヤーに狙われたり、後ろから回り込まれてこちらがスコープを覗いているときに攻撃されることもあるので、スナイパーライフルを使う際はなるべく場所を変えながら攻撃すると狙われにくくなると思います。

以上、私が優先して使う2つの武器と立ち回りを紹介しました。どちらの武器も少ない手数で素早く倒すという点が共通しています。50vs50モードでは敵が多い中、一人でも多く素早く倒すことで自分だけでなく味方が攻撃したり回復するチャンスを作るには有効な武器だと思います。なにより一撃で倒した時の爽快感がたまりません。もしこの記事を読んで興味を持っていたたければ、紹介した武器を使い、一撃で敵を倒せる爽快感を味わってみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。