HA秋葉原校まとめ

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
これまでいろいろお話しましたが今回で最終回。
私がヒューマンアカデミーに入ったきっかけをお話しします。

ヒューマンアカデミーを知ったきっかけは
2016年4月に行われたニコニコ超会議でした。
そこで声をかけられたのが始まりです。

その時私は、新卒で入社した介護施設の介護職員をやめ、フリーター状態でした。
そのあとヒューマンアカデミーの入学事務局の人と何度か面談し、入学することになりました。

ゲームは好きでしたが、好きを仕事にするという発想が
それまではありませんでした。
しかし、入学事務局の人との面談を重ねるうちに
好きなことを仕事にしてもいいんだ、と思うようになりました。

そして、ゲーム会社に転職したい。
自分がかつて、ゲームがきっかけで孤立を免れたように
自分が制作に携わったゲームが、話が盛り上がるきっかけになったらいいな
と思うようになり、入学しました。

入学してからは
遊ぶゲームが増えました。
そしてこれまでは何も考えずに遊んでたゲームも、
面白さはどこにあるんだろうと考えるようになりました。
そしてネタを仕入れるために
授業終了後もまっすぐ帰らず寄り道して
ネタ探しをするようになりました。

今回で、ヒューマンアカデミー秋葉原校の紹介は最後になります。
これまで視聴してくださった方々、本当にありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

それぞれの進路

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
今回は、企画・シナリオ専攻の学生たちの進路について紹介します。

ゲームカレッジというからには、目指すはもちろんゲーム会社ですが
卒業後の進路は大きく分けて2つあります。

1つはゲームプランナー
もう1つはシナリオライターです。

プランナーは、新しい企画の立案だけにとどまらず
ゲーム制作の設計図となる仕様書を作ります。
プログラマー、デザイナー(場合によってはシナリオライターやサウンドクリエイター)の
それぞれが、作ることに専念できるように橋渡しを行います。
ゲームバランスやマップ・データなどを考えて作るのも実はプランナーの仕事です。
よく言えばゼネラリスト、悪く言えば雑用とも言われます。

そんなプランナーは経験を積むと、ディレクター
ひいてはプロデューサーに昇格します。

ディレクターは、制作現場を仕切る人で
ゲームのクオリティコントロールや納期管理などが主な仕事です。
プロデューサーの考える販売戦略に見合う商品を作れているのかチェックします。
時にはプロデューサーと話し合い、ゲームの改変を現場に命じることがあります。

プロデューサーは、ゲーム制作にはあまり顔を出しませんが
予算、販売戦略、マーケティングなど
どうやって利益を上げるかを中心に考えて、出来たゲームを販売・提供します。(ゲームによってはメディアミックスやグッズ展開などをも考えます。)
企業によっては、プロデューサーとディレクターを兼任する場合もあります。

プランナーからディレクター、それからプロデューサーと昇進することが多いです。

そしてシナリオライターは、
ゲーム内の台詞やテキストを制作します。
ノベルゲームやアドベンチャーゲームなどで、シナリオに力を入れている企業の場合
複数人で分業することもあります。
ただ、企業によっては社内にライターがいないこともあり、外部に発注します。
ゲーム会社に就職するのみならず、フリーライターとして活動するライターもいます。

学校の紹介も、次回で最終回となります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

ヒューマンスタイル

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
前回は校「外」の話でしたが
今回は、校「内」の一大イベントであるヒューマンスタイルについて紹介します。

ヒューマンスタイルとは、学生たちが作った
企画書、ゲーム、イラスト、漫画などの作品を展示する展示会です。

引用元 http://ha.athuman.com/akihabara/blog/entry.php?id=61231&code=140081

2月23、24日に行われ
23日はビジネスデーで、企業の方々に
24日は一般デーで、学生の家族や友人に
来ていただきました。

企業の方々に作品を見てもらい、アドバイスと評価をいただきました。
優秀な学生は、面談スペースで企業の方と面談することもありました。

なお、ヒューマンスタイルは展示だけではありません。
ライトニングトークでは、企業の方々に
作った作品をプレゼンテーションしました。
そのあと企業の方々が評価シートを記入し
中にはとても厳しい評価もありましたが、良い経験です。

完成したゲームは、実際に試遊することもできます。
企業の方々や、家族や友人に実際に遊んでもらいました。

要するに、ヒューマンスタイルは、就職活動の第一歩のイベントです。

次回は、企画・シナリオ専攻の学生たちの進路について紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

校外学習

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
今回は、校外学習について紹介します。

以前、グラアニ専攻の人は美術館に見学に行くことがあると話しましたが
他の専攻の学生も、校舎の外に出向くことがあります。
校外学習が、役に立っていることは2つあります。

まず、アイデアのヒント探しです。
学生たちは時に、ゲームにしても漫画にしても、妙案が思いつかず悩むことがあります。
生みの苦しみに直面することは少なくありません。
そんな時に、校外学習を通じてアイデアのヒントを探します。
そこからヒントを得て、行き詰っていた制作物が進むことが多々あります。

次に、話のネタ作りです。
興味があることが一致すれば話が盛り上がりますが、一致しなければ盛り上がれません。
たとえ相手が、好きなものについて語っても
自分がそれを知らない、あるいは興味がなかったらついていけません。
これまで知らなかった分野について知るため。
そして就職先の会社の人との話についていけるようにするために
校外学習が役に立っています。

そして行先と、何を見てきたかをかいつまんでいうと、
12月に台湾研修があり
故宮博物院を見学して展示物を見て
日本とは違う風景、食べ物、街並みなどを体感してきました。

2月には、東京スカイツリー研修があり
高い所から俯瞰した風景、下から見上げた風景を見ただけでなく
マクロス展とスカイツリーのコラボが、マクロスに興味を持つきっかけになりました。

あと、これは予定なのですが
そして3月下旬にジャンプ展があります。
人気雑誌なため、知っておくと話が盛り上がるのはもちろん
漫画の絵やストーリーの研究になると考えています。

次回は、ヒューマンスタイルについて紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

企画・シナリオ専攻について(後編)

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
前回に引き続き、企画・シナリオ専攻について紹介します。

今回はその後編です。
前編では企画の部分にスポットライトを当てましたが、
今回はシナリオの部分にスポットライトを当てます。

シナリオの授業では
シナリオの書き方の基本を学ぶだけでなく、実践的に
映像用シナリオ、ドラマCD、ノベルゲームなどを制作しています。
どれのシナリオかによって、書き方が違います。

とはいっても、いきなりシナリオを書き始めるのではなく
まずプロットを書いて、物語の主人公像と世界観を決めます。
誰が、どうして、どうなったという短いプロットから
場所、主人公の行動目的、主人公に降りかかる災難、それをどう乗り越えたか
などを付け足していき、長いプロットを作っていき、
起承転結が固まったらシナリオを書き始めます。
書いたシナリオは、教師に見せてリテイクを行います。

リテイクを重ねて完成したシナリオを
シナリオ公募ページに応募して出してみたり、
チームでノベルゲームを制作して、2月に行われたヒューマンスタイルで展示したり
ということも行いました。

ドラマCDに関しては、世界観とキャラ設定を決めて脚本を書くだけでなく
イラストとボイスの発注も行いました。
そして音声編集を行い、CDに焼きこむ作業をしています。

一口にシナリオと言っても、シナリオの実力がつくだけでなく
発注の方法、見せ方なども学べます。

次回は校外学習について紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

企画・シナリオ専攻について(前編)

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
前回はゲームカレッジについて紹介しましたが、今回は企画・シナリオ専攻について紹介します。

今回はその前編です。

企画・シナリオ専攻はただ、企画書やシナリオを制作する授業だけではありません。
かなり幅広く、ゲーム制作について学びます。

引用元:http://ha.athuman.com/akihabara/game/major/planning_curriculum.php?code=140081

ゲームプランナーはグラフィッカーやプログラマーに指示を出すことがあり、
グラフィックやプログラム関連のことも知っておく必要があるためです。

そしてそのためにも、
アナログゲーム、映像制作、CG基礎、Unity講座などの授業があります。
(なお、Unity講座は前期のみだったもよう。)
これらの授業で、多角的に学びます。

アナログゲームでは、実際に世に出回っているカードゲームやボードゲームで遊び
そのゲームの面白さはどこにあるのかを研究しています。
場合によってはルールを変えて遊び、面白さがどう変わるかを研究します。

映像制作では、映像制作ツールを使って映像の作り方を基礎から学習します。
プレミアやアフターエフェクトを使います。

Unity講座では、Unityを使って2Dミニゲームを作っていました。
アセットの置き方、大きさの変え方、それから動かすためのプログラミングの
方法を学んでいました。

CG基礎では、PhotoshopやIllustratorを使い
画像加工や合成の仕方について学んでいます。
キャラの2Pカラーや、背景とイラストの合成等を行います。

次回は、シナリオの授業についてお話します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

ゲームカレッジ

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
前回までは、ヒューマンアカデミー秋葉原校全体についての話でしたが
今回は、その中のゲームカレッジについて紹介します。

ゲームカレッジは、企画・シナリオ専攻、CGデザイナー専攻、アニメーション専攻、プログラム専攻があります。
(CGデザイナー専攻とアニメーション専攻は、なぜかひとまとめになりグラフィックアニメーション専攻
略してグラアニと呼ばれます。)

それぞれの授業内容ですが、
企画・シナリオ専攻は、ゲームのプランニングとシナリオ製作がメインです。
ゲームの大元になる企画書の作り方や、映像・ノベルゲーのシナリオの書き方などを教わります。

グラアニ専攻は、イラストやCGデザインなどの絵周りはもちろん、映像の演出なども学びます。
課外学習として、美術館に見学に行くこともあるそうです。

プログラム専攻は、読んで字のごとくプログラミングを習います。
C言語やJAVAなど、いろんな言語を理解するために必要な知識を習得し
ゲーム業界のみならず、IT業界にも役立てます。

企画・シナリオも、デザインも、プログラムも
ゲーム作りには欠かせない存在です。

作った作品はどこでアピールするかというと、
1年次の2月に行われる「ヒューマンスタイル」
毎年春と秋に行われる「ゲームマーケット」(アナログゲームの場合)
2年次の5月に行われる学内企業説明会
2年夏の「ゲーム合宿」
秋ごろに行われる東京ゲームショウ
などで、学生たちは作品をアピールしています。

次回は、私の所属する企画・シナリオ専攻についてもっと深く掘り下げて
お話します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

カンパニースクールとは?

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
前回、ヒューマンアカデミー(以下ヒューマン)は学校法人ではない専門学校だという話をしましたが
今回は、ヒューマンが教育方針として掲げている
カンパニースクールについて紹介します。
カンパニースクールとは読んで字のごとく、「会社が運営する学校」のことです。

http://ha.athuman.com/about/company-school/

そうするメリットはどこにあるのかというと、
・最新の情報や技術が手に入りやすい
・現役プロの教師を呼びやすい
というところにあります。

最新情報や技術に関しては、習ったことが「卒業した時にはもう古い」
ということが起こりにくくなります。
認可校の場合、最新情報・技術を手に入れても
学校法人の精査が入って、学生に届くまで時間がかかってしまいます。
カンパニースクールだと、学校法人を挟まない分
学生に届くまでの時間が短縮されます。

教師に関しても、認可校だと
半数以上は専任の教師でなければならないという規定があって
現役のプロを集めにくくなるそうです。
カンパニースクールの場合、そういった制約がないので
教師のほぼ全員が現役プロということもあり得ます。

習ったことや教わったことがもう古かったら意味がない。そう考えたヒューマンは
目まぐるしく変わりゆく社会・企業のニーズに柔軟に対応できるようにするために
あえて学校法人の認可をとらず、カンパニースクールという方針をとっています。

次回は、学生たちのお昼事情について紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

そもそもHA秋葉原校とは?

はじめまして。インターン生の後藤明日加です。
私が所属するヒューマンアカデミー秋葉原校について、今回から10回に分けて紹介したいと思います。

まず、ヒューマンアカデミーは、北は北海道から南は沖縄まで19の校舎があります。
秋葉原校は2016年10月にオープンした、比較的新しい校舎です。

今回は、そもそもヒューマンアカデミー秋葉原校とは何なのかについて紹介します。

ヒューマンアカデミー秋葉原校は、ゲーム・漫画の専門学校です。
電気街とは反対の、昭和通り口から信号を渡ってまっすぐ行ったところにあります。
向かい側に公園があり、学生の憩いの場にもなっています。

http://www.human-dousoukai.com/archives/508

ビルの1階~4階に校舎があり、
1階は受付とロビー、2階から4階は教室があります。
中に入ると、1Fには卒業生や在校生の作品がたくさん飾られています。

http://ha.athuman.com/game/school/akihabara/

そして教師は大体現役プロなので、
ゲーム・漫画業界についてそれぞれ最新情報を知ることができます。

ゲームカレッジは企画・シナリオ専攻、グラフィック・アニメーション専攻、プログラム専攻があり、
ゲームを作るうえでの、それぞれの専門分野が学べます。
漫画カレッジでは、漫画やイラストの描き方のみならず、描いた作品をアピールも基礎から学ぶことができます。
学校法人の名を冠していないので、授業内容は100%専門分野に関するものです。
(ただし高等部は別)

次回は、ヒューマンの教育方針であるカンパニースクールについて紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。