マレーシアと日本の違いところ第九(最後)話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は九(最終)日の記事がはじめます。

第九(最終)話: まとめと自分の感想

マレーシアと日本は様々な違うところがありますのでこれは
特別なものになっています。

日本は四季の国で沢山と様々な技術、文化、食べ物を生み出すの土地です。
この国の政治は宗教で影響されなくてある程度まで自由が感じています。
様々な地方が個性な特徴があります。
形式と空も美しくて穏やかなところもあります。
この国は楽園ですが色々な苦労所もあります。
日本はよく自然災害に苦労されています。ほとんど地震と津波、そして少子化と老化の問題もあります。

マレーシアは多数民国で気候がいつも浮きと換気です。
毎日はいつもあたたかくてあつくなrっているな土地です。
日本と比べ政治が良くイスラム教に影響されていますので色々な自由を奪われたな感じでももっと厳しい国があります。
マレーシアは自然な災害がなくて平和です。
多民族のおかげで文化と食べ物の種類が広がってインす。
でも他民族の国わ短所なところもあります、ほとんど差別です。

私にとって日本とマレーシアがお互いに学んで意見を交換が出来て両方の国が成長出来て繁栄できます。
現在私は日本に働きたくて済みたいでやれる事で頑張っています。これで最後こ記事です。

MBAの皆さんにお世話になっていました。
まことにありがとうございました。
申し私の作った記事を読んでいて一度マレーシアに来てみてください。

第九(最終)の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第八話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は八日の記事がはじめます。

第八話:行事と祭りと休日

日本とマレーシアの祝日数がほとんどう同じです。
ほとんどの休日が宗教についています。
もちろん日本と比べマレーシア四季がなくて特別な休日があります。

イスラム関係休日がマレーシアに非常に目立て特にハリ・ラヤアイディルフィトリ。この休日のお祝い方がイスラム信者は30ぐらい断食しています、もちろん30日のままわけではなくて一日、朝から夕方まで食べぬいて飲ませずに我慢しています。一番の目立つのは毎年いつやるのはいつも変わります例えば今年2018年は6月、2016年は7月。この理由は新月についています。

中国系は中国のはあまり変わらなくてマレーシアも中国の新年も休みを受けています中国系じゃない人もです。中国との違う所は食べ物です。

インド系のヒンズー教はディーパヴァリ/ディワリ。この休日は中高生の大試験日と近いです。

クリスマスと学校の終わり時間の休みは同じところです。

他の宗教関係ない全国の祝日は
5月1日動労
8月31日独立日
9月16日マレーシア日

次は学校の休みです。
日本と比べ学校の1学期の初日は1月から始まっています。
第一の休みは3月23日から月末までです(9日ぐらい)。
第二のは5月2日から6月9日までです(16日ぐらい)。
第三のは8月10日から18日までです(9日ぐらい)。
そして学校の終わったところが11月の真ん中から来年の始まるまでです(40日、50日ぐらい)。
恐らく日本と比べて日本の方が多いと思います。

これでマレーシアの行事と祭りと休日の説明です。

第八の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第七話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は七日の記事がはじめます。

第七話:宗教

日本と比べマレーシアの法律は宗教に影響されてています。
この話はちょっと深くてあまりよくないところもあるけどたまに知るものがあったら知る方が良いと思う。

ほとんどもマレー系はイスラム教です。
大体99%で生まれたイスラム教の家族の子供がすぐイスラムとしても認められた。
この宗教マレーシアに一番影響があるのでときどき極度の所もあります。
メディアの関係もの検閲がすごっく厳しいです。
例えばただのキッスシーンがすぐスキップされています。
食べ物は特に発酵ものがすごっく禁止になっています。
肉はもちろん豚肉は禁止けどまだ別の所に売っています。
申しマレー系に結婚したいなら強い覚悟が必要で理由はイスラム教に入る事が必要です。

次はマレーシアの中国系は自由にどっちの宗教についているができます。
私しているかぎり中国系はキリスト教と仏教の信者です。

最後のメインはインド系です。
ほとんどのインド系はヒンズー教の信者です。
他の宗教に比べこの宗教がイスラム系に差別されています。どうしてわかりません、昔と比べて今は落ち着いているのです。

現在これは以上です。
私の意見は宗教が政治に影響されてはいけなくて余計にたくさんの争いを始まっています。特に多民族の国で迷惑です。

宗教を信じる事が良いですが結局人間の関係と人々の全ての自由と人生が影響しないべきです。

第七の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第六話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は6日の記事がはじめます。

第六話:輸送

輸送の主な方法バス、電車、車を含むです。
日本と比べてマレーシアの道路ネットワークが広範にわたって144,403キロで沢山な道路車特に自動車をよく利用しています。

マレーシア人はほとんど道路車をよく使って毎日どんなときでも道がいつも交通渋滞がよくおこっています。

マレーシアの電車またはLRTが日本と比べあまり早くなくてすごっく遅いところもあります。それは私の経験からで現在のはおそらくかわってしまいましたかもしれないです。

マレーシアの空輸はまたすごいところがあります。マレーシアには118空港があり、そのうち38空港が舗装されているです。

この話はすごっく短くて申し訳ございません。

第六の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第五話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は5日の記事がはじめます。

第五話:観光

今回、マレーシアの観光旅行を促進しています。
マレーシアは東南アジアに発展途上国で2つの領域で分けています、それは半島マレーシアとマレーシアボルネオまた東と西マレーシアです。

多文化主義のおかげで文化、祭り、伝統、食べ物、習慣など多様性がこの国を有名にならせています。
観光はマレーシアに外国為替から三番目の所得になっています。

マレーシアに観光するべき理由。

まずは 気候 。冬と寒いの季節の時、マレーシアにすごす方が良くて。一年中はほとんどあたたかくて海に行きたい感じがあるの可能性が高いですが浮きな天気もよくおこっています。

その二つ目の理由は海です、特にマレーシアの島々な場所が沢山観光客はいます。最大のサンゴ種類があると水中の可視性は非常に高いのでダイビングとシュノーケリング

その三つ目はやっぱり食べ物だ。前の記事を説明して多文化主義のおかげで様々な食べ物がみつけられて特に日本のレベルより辛いものと甘いものがたくさんあります。

最後にマレーシアの観光旅行がタイと比べて少し高いけど充分安くて自然な災害が全くありません。

日本人の皆さんへ、
申しこの記事が興味がありますのでこのしたにもっとマレーシアの詳しい観光の情報があります。
マレーシアは7時間けど近くて日本人にとって安くて
沢山な食べ物もあります。
さらに災害がありません。
良い観光場所特に首都と島々のところです。

http://www.tourismmalaysia.or.jp/long/long_5.html
https://retrip.jp/articles/10242/
https://tabippo.net/malaysia_tourism_7/
https://www.travel.co.jp/guide/matome/389/

第六の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第四話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は四日の記事がはじめます。

第四話 食べ物

これは皆さんの大好きなお話と思います。
前の記事と比べこの話はすごっく長くとおもいます。

まずは食材:

ほとんどのマレーシア料理にからいが味が強いタイ国少し同じ、日本のカレーの辛さと比べ、激辛よりもっと地獄のような辛さがあります。ほとんどとがらしがよくつかっています、色々な種類もあるから、でも一番気を付けのはすごっく小さなとがらし、母国の言語でチリパディ特に緑/青い色の方は舌に危険です。

日本と同じごはん/ライスはマレーシアの主食です。
ただおかずと一緒だけではなくで圧縮米こんあのはやしの乳で調理された、もう一つの調理方法は日本のもちと少し似てるだが米の形はまだのこっています、それはもち米、これはよくカレーと一緒食べ方が良くてそのままでも甘いの調理方もあります。さらにおかゆとしてたべられます、でも普通のおかゆじゃないです。

めんのラーメンもマレーシアのもう一つの主食特にマレーシアの中華料理、日本と比べ、種類がもっとあります。

パン。マレーシアのは小麦を作物出来ないで小麦は実にマレーシアのロティチャナイを作られる。まんじゅうのきじも利用しています。

豚肉以外ほとんどの哺乳肉はイスラームの支配的で公的な宗教に合致するように、ハラルの基準に従って扱われます。
日本と比べ魚食より、哺乳肉がよくつかっています。

日本と比べマレーシアが様々なエキゾチックトロピカル果物がたくさんあります。果物はよく漬物になってエキゾチックなフルーツサラダにも作る。

クエーというのはマレーシアのお菓子というものです。概念はケーキ、クッキー、ペストリーそして甘い肉類の別種類です。よく蒸しとか揚げるとか、ごはん/米に基づいていました。

ここから、マレーシアの民族の料理文化を話します。

まずはマレー系の料理は
マレーシアのマレー系、インドネシア、シンガポール、ブルネイ、南タイそしてフィリピンの伝統料理でその他の東南アジアのやり方もまざっています。様々なマレーシアの地方に
ユニークな、または特製の料理があります。
マレー系の主な特徴寛大な使用スパイスとやしのミルクです。ほとんどのマレー系の料理は米/ごはんと一緒に食べて伝統的に食器の代わりに手でつかいます。

次は中国系の料理です。
中国系の移民とその子孫はマレーシア文化の影響で中国の伝統料理に変更されて伝統さがまだ残っています。
中華の料理がマレーシア中国系の公共の中に見つかれています、特に路傍の屋台、鷹匠。マレーシアはイスラムの国ですが豚肉がまだ使えていますがマレー系に豚肉の代わりに鶏肉をよく使います。一部の中華店がハラル認定しています。

インド系はほとんど南インドとスリランカから影響されています。普通のマレーシアインド料理はカレー葉、全体と粉末のスパイス、そして色々な自然のやしを使っています。ギーはインドのバターと料理油としてよく利用しています。

サラワク料理が
マレーシアにめったに見つからない程がある。
サラワク料理は辛味が少なく、味が微妙で自然なシーフードとハーブを好かっています。食材は簡単に入手できるだけでなく、香り、テクスチャー、新鮮さを料理に加えることができます。

他の所があるけど、これで限界に説明ができます。

食べてみたいなら
日本にマレーシアのレストランがあります。
現在の場所は

渋谷
http://www.malayasiancuisine.com/

池袋
https://www.malaychan-dua.jp/

十条(埼京線) 
https://www.bakuteh.jp/

第四の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第三話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は初日の記事がはじめます。

第三話:国系/民族

日本と比べマレーシアが様々な民族がいます。

特に主半島
60%-マレー系/ブ三プテラ
20%-中国系
9% -インド系
1% -その他

マレーシアの誕生前、ほとんどマレー系です。
初期西暦に中国とインドの業者と入植者貿易港と沿岸町の設立しました。そのおかげで影響になって様々な文化を交換してしました。

もちろん、この三つの民族が長所と短所の所もあります。
短所は:
多民族な国で差別は珍しくないで原因はほとんどは
宗教得にマレー系のイスラム教の信用が強くてマレーシアの
政治にも影響されるれています。この差別もシンガポールの独立の原因になっていました。団結でもこんな問題があまりとけないみたい。

長所は:
悪い話はともかく、多民族の国として文化と食べ物の
オリジナルなアイデアで様々な作品が制作できます。たとえば、中国系とインド系がマレーシアの祖先国の料理とか伝統的なものがかいはつされました。

こういうのは自慢ができるな事です。

第三の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第二話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は二日目の記事がはじめます。

第二話:気候

日本の気候がほとんどは四季の土地です。

春:
は暖かくてたまに涼しいところもあります。この季節は始まりの季節。理由は冬の後花がいつも咲いて冬眠した動物は起きます。でもこの季節がちょっと短所があります、得に花粉所。一番の長所は桜の咲くとき、これは日本の一番特徴です。

夏:
は日本の一番あついの季節です。そのあつさは乾熱でほとんど日本人は熱中症にくるしませられたで死ぬところもあります。

秋:
は涼しくて時々寒くなるな季節です。このき季節で日本は
沢山秋の専用食べ物があります。秋の終わりも年末になります。

冬:
は一番寒い季節でそして新しいの年になるです。

マレーシアの気候が赤道にカテゴライズされました。
気候変動がマレーシアに影響しています。
例えば海面や雨量の増加、洪水の危険性の増大、大規模な干ばつの発生です。あつい時、湿度が強いです。
ほとんどは浮きと換気だけ。
ほとんどの温度は27-41度。日本と比べ四季がありません。

第二の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

マレーシアと日本の違いところ第一話

こんにちは、
ハリス ガン と申します。
テーマは私の母国マレーシアと日本の違う所です。
本日は一日目の記事がはじめます。

第一話:紹介とあらすじ

マレーシアと日本の歴史は15世紀に琉球王国とマラッカからはじまりまりました。その時、海上貿易になっていました。
150航海は歴代宝案に記録しました。
その貿易は、日本から銀、剣、団扇、漆器。マレーシアから
さいの角、鈴、砂糖、鉄。

そこからちょっと重苦しくなります。20世紀に第二次世界大戦の所。マレーシアは日本に支配されまして分捕るに
なってしました。

でも、その後、マレーシアと日本は普通に貿易の関係にもどりました。

第一の記事は以上になります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。