あなたも成れる!VTuber!(VRアバターの研究)~2DでVTuber前編~

インターン生の内田です。
2Ⅾモデルを利用したVTuberの作り方、やり方について説明していきたいと思います。
簡単な流れを以下に示します。

0.必要機材の準備
1.2Ⅾモデルの絵を描く(デジタル)
2.描いた絵をLive2Dに取り込む
3.FaceRigで動かす
4.録画した動画の編集と投稿

0.必要機材の準備

A.必須機材(ソフト等)
・PC(ノートPCでも可)
・psdファイル(PhotoShopDataファイル)を編集できるペイントソフト
photoshop(有料※体験版あり「https://www.adobe.com/jp/products/photoshop/free-trial-download.html」)
clipstudio(有料※体験版あり「https://www.clip-studio.com/clip_site/download/download_top/index」)
GIMP(無料「https://www.gimp.org」)←オススメ!
・Live2D Cubism Editor
https://www.live2d.com/ja/download」サイト左上の”Cubism 3”のみでok
・顔(表情)認識ソフト
FaceRig(有料1500円程度)
FaceRig Live2D Module(有料500円程度)※game配信プラットホームsteamよりダウンロード
steam「https://store.steampowered.com/?l=japanese」サイト上部の”steamをインストール”より
・動画編集ソフト(Aviutl等)

B.推奨機材(ソフト等)
・ペンタブ(絵を描くとき便利)
・マイク(自分の声をつけて動画を作るなら必須)
・WEBカメラ(PC内蔵カメラで動くので必要があれば)
PCスペックについて、参考に私が作成時に使用したノートPCのものを載せておきます。

OS windows10 64bit
プロセッサ intel Corei7-7500U @2.70GHz 2.90GHz
RAM 16GB
ROM 250GB
GPU intel(R) HD Graphics Family

1.2Ⅾモデルの絵を描く(デジタル)

最初にして最大の難関です。
自分で描ける人は自分で、友達に頼める人は友達に、どちらでもない人は頑張って独学で絵を描きましょう。
私の場合は拙いですが絵を描くことができたので、GIMPを用いて絵を描きました。(期間は三日程度)
※clipstudio、GIMPの場合は絵を保存するときはpsdファイル(絵の名前.psd)で保存してください。

このようにレイヤー分けをしてパーツを書いていきましょう。レイヤーの順番についても画像のようにやると比較的スムーズです。
完成品はこのようになります。

これで下準備の第一段階が終了です。
次回はこの絵を動かすための作業について説明したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第4位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回は、前回に引き続き計10回に分けてお送りしている日本人YouTuberの登録者ランキングTop10の第4位を発表していきます。
ちなみに本データは前回と同じ2018年08月06日付けです。

ではさっそく紹介していきたいと思います。
第4位は「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約483万1000人です。
そして動画再生回数は驚くことにあのHikakinさんを超え51憶1440万回もあり、動画本数は1600本にもなります。

では今から「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんが日本のYouTube界で成功した秘訣についてみていきましょう。

まず初めに1つ目です。
1つ目は、「Fischer’s-フィッシャーズ-」の本人たちがおっしゃっているように、思い出系ネットパフォーマー集団だからです。
皆さんは街中で歩いているときに路上で大道芸などをやっているパフォーマーをみたことはありますか?
私は何度かあります。
そこでついつい立ち止まって見てしまいます。
なぜなら、パフォーマーというのは普通の人はできないようなことをやるからです。
そのため、ついつい見てしまうのです。
「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんのチャンネルでは、アスレチックなどといった動画にかなりの定評があり、とても人気があります。
このようなパフォーマンスを意識した動画を投稿することでここまでチャンネル登録者数が増えたのです。

次に2つ目です。
2つ目は、歌を出していることです。
歌には中毒性があるので、何度も聞いてしまいます。
そのため「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんたちがあげた動画の中でもMusic Video関係の動画では、非常に多くの人が視聴しています。
つまり、この音楽関係の動画からも登録者が増えていってるのです。

最後に3つ目です。
3つ目は一度ファンになった人を一生ファンで居させる帰属意識を高く持たせていることです。よく言えば、オリジナリティが溢れているといえます。
「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんたちは自分たちだけで使用するオリジナルの造語をいくつも作り出しています。
一番有名なのが「ウオタミ」であり、おもにフィッシャーズさんのファンの名称に使用されています。
この他にも、「それな」と同じ意味を持つ「存ず」や、「リクエスト」と同じ意味を持つ「依頼」などがあります。
このように、一度ファンになった人をずっとキープさせるような取り組みのおかげで、ここまで人気が出たと考えられます。

最後にまとめると、「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんたちは、他のチャンネルにはないオリジナリティがあるおかげで、チャンネル登録者数がここまで伸びたと言えます。

「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんについてもっと語ろうと思えば語れますが、本日はここらへんで終わりたいと思います。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング3位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

upd8(アップデート)


皆さんこんにちは、片岡です。
今回も、前回に引き続きVtuberの所属するグループについて紹介していきたいと思います。
前回の宣言通り、今回ご紹介させていただくグループはこちら、upd8(アップデート)です。

画像 upd8公式Twitterアイコン より
では、説明させていただきます。
upd8は、Active8株式会社が運営するVtuber支援プロジェクトグループです。Active8は、以前ご紹介しましたVtuberのキズナアイさんを運営する会社ですね。
当然、運営元が運営するプロジェクトですから、キズナアイさんもupd8に所属しています。
「ジゲンを超えてジブンをムゲンに」をテーマに、これからVtuberを始めたい人、既にVtuberとして活動している人を支援、プロデュースしています。
所属Vtuberは、2018年8月8日現在で23(22?)組25人(と一個)と、こちらもにじさんじに劣らず大所帯。
所属しているVtuberも、歌ってみたを専門としているバーチャルシンガーや、二人一組のコンビVtuberに、VtuberのマネージャーのVtuberなど、変り種が沢山います。
中でも有名な方々を、何人か軽く紹介していきます。
キズナアイ さん
第二回の記事で紹介したとおりですね。No.1Vtuberにして、みんなの先輩(一人例外がいたりいなかったりですが)です。
織田信姫 さん
戦国系Vtuber。この方もぶっ飛んだような内容の動画……というか、Twitterでの発言が多いVtuberの方です。(出○哲郎……)
他のVtuberの方とも積極的に親交を深めにいっている光景をよく目にします
かしこまり さん
歌とお酒が大好きで、飲み生放送(お酒を飲みながらの放送)では、マネージャーのパンディーと一緒に視聴者の悩みをズバッと解決しています。
2018年6月8日には、都内ライブハウスにてライブを開催しました。
YuNi さん
歌動画を専門にしているVシンガーの方です。夢は世界一のVシンガー!
おめがシスターズ
双子のVtuberで、髪が青い方がレイちゃん、赤い方がリオちゃん。バーチャルの可能性を模索しているような動画が多く、一風変わった面白い動画が見れます。
おめがってるー!?
ここで上げた他にも、様々なVtuberが所属しています。
upd8公式の活動は、主にTwitterなどでの所属Vtuberの活動の宣伝、Vtuber同士のタイアップのセッティング(おそらく)、企業からの依頼の受付、調節などになっていると思われます。
大きな話題はまだ聞きませんが、upd8に参加しているVtuberの動画で、コラボ動画が多くなったように思うので、視聴者の見えない辺りの調節をになってくれているのでしょう。
以上、upd8の紹介でした。
次回は、BANsを紹介したいと思います。
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

みんなもやろうミラティブ配信!

みなさんこんにちは!
インターン生の高野と申します。これから7回に渡り、ミラティブ配信について記事を書いていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 さて、本題に入る前に少しだけ別のお話をさせてください。皆さまはYoutubeという動画サイトをご存知でしょうか。時代が時代ですから、知っているという方が多くいらっしゃると思います。
Youtubeは動画を見る、というだけではなく自らも動画を作成してアップロードできるという機能も存在します。アップロードした動画は、
条件さえ満たせば、その再生回数に応じて広告収入が得られる「収益化」に対応しております。その機能を利用し、動画を投稿することでお金を稼ぐ
Youtuberという職業も存在します。動画を出してお金を稼ぐなんて、昔では考えられなかった事ですよね。
 しかし、一見手軽にできる様に見えて、その裏ではかなりの時間を要します。動画の撮影、編集、エンコード。さらには性能の良いPCを買い、
マイクを買い……など調べてみると、始める準備が大変に見えます。
 
「実況をやってみたいけど、機材をそろえるのが大変そう」「編集が大変そう」 思ったことはありませんか?
そこで高野はミラティブというアプリをオススメします!
 ミラティブとは、スマホで行う生配信アプリの一つで、なんとスマホ一つで撮影、配信ができてしまいます。
内容としては、スマホの画面録画をアプリ経由で行うことで、その画面をそのまま配信出来てしまうというものです。
例えば、実況したいスマホのゲームがあるとした時、ミラティブを起動し、そのままゲームを開始することで実況配信が出来ます。
配信を始めると、見てくれる人達が「入室」し、リアルタイムでコメントをしてくれることがあります。そのコメントを言葉で返すことで
会話が生まれていきます。

私もYoutubeを始めてみたいけど、機材の高さや準備が揃わないために足踏みをしておりました。そこで出会ったのがこのミラティブでした。
会話の練習にもちょうどよく、お手軽に行えるので忙しい時期でも毎日続けられてます。続けた結果、ミラティブ繋がりの知り合いが増え、
年齢や職業に関係なく実際に交流する友人が増えました。
生配信アプリなので、編集をすることができませんが、部屋にいながら他の人と話をしたい、同じゲームをやっている友人が欲しいという方には
オススメです。是非、一緒にやってみませんか?

次回は実際の配信の流れを説明したいと思います。ありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

あなたも成れる!VTuber!(VRアバターの研究)~VTuberとは?~

インターン生の内田翔です。

突然ですが、あなたはバーチャルYoutuber(以下VTuber)というものをご存知でしょうか?
例えば、この方とか

参考サイト「https://www.youtube.com/watch?v=EoPFGj3uuYo&list=PL0bHKk6wuUGL_Qd34mf0XsQnyiDk2OeGR

実際に動画を見てみると、アニメやマンガに出てくるような可愛らしいキャラクターがまるで実在するかのように感じてしまいます。
上の画像はチャンネル登録者数240万人超のVTuber「キズナアイ」さんです。

VTuberというものは、VR技術を用いてYoutubeに動画配信をする人のことを言います。
2017年末頃からブームに火が付つき、次々と新しいVTuber達が動画投稿を始め、今やVTuberは一つの新しいコンテンツへと変貌していっています。
そんなVTuberですが、実はこの記事を見ているあなたも案外簡単に成れてしまいます!

自分はプログラマーじゃない?関係ありません。必要なのはやる気(とお金)です。
そもそもVTuberには大別して以下の二つがあります。

1.2Dモデルを利用したVTuber
2.3Dモデルを利用したVTuber

2は上記で取り上げたキズナアイさんのようなVTuberです。
このレベルのVTuberになるにはそれなりのやる気と結構なお金がかかります。
簡単にお安く、VTuberになるなら1の2Dモデルを利用したVTuberがオススメです。

参考サイト「https://twitter.com/nijisanji_app/status/1015928576644927488

上の画像はこの1のタイプのVTuberで有名な団体である「にじさんじ」と呼ばれる方たちです。
この方たちも、キズナアイさんに負けず劣らず有名です。
気になった方は、名前で検索して動画を見てみて下さい。

私は大学でVRアバターに関する研究を行い、その過程で上記の二つのタイプのVTuberのモデルと環境を作りました。
今後四回に分けて、この二つのタイプのVTuberの作り方を紹介していきたいと思います。
次回はまず1の2Dモデルを利用したVTuberになるためのアバター制作方法と環境を紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アップロードする動画の設定

こんにちは、インターン最終日の上田です。

今回はアップロードする動画の設定についてです。

■動画の画質
 投稿する動画の画質が高ければ、画質が悪いよりかは視聴者も動画に満足してくれるかもしれないので、動画のエンコードの際には映像のビットレートを高く設定しておくと良いです。
 それでもYouTubeに投稿する場合では、どんな動画でもYouTube側の再エンコードによって画質が落とされてしまいます。しかし、その画質の落とされ方は動画の解像度によって変わってきます。YouTubeでは解像度の高い動画ほど、再エンコードの際に画質が劣化しにくく設定されています。
 例えば、720pの動画を1080pに引き伸ばしてエンコードしても、手元の動画は720pでも1080pに引き伸ばしても画質はあまり変わりませんが、YouTubeに両方の動画を投稿した場合、1080pに引き伸ばした動画の方が高画質になります。

■動画のタグ
 YouTubeに動画を投稿すると、その動画のタグを編集することができます。そのタグには、検索に引っ掛かりやすくしたり、関連動画として表示されやすくなったりするなどの効果があります。
 ただ、タグは無制限につけられるので、たくさんつければ良いというものではなく、その動画に関連するものを適量つけるようにします。逆に、その動画に関係のないタグをつけたり、大量につけていると、YouTubeのシステムにタグのスパム認定されてしまうかもしれません。そうなると、逆に検索に引っ掛かりにくくなったり、関連動画に表示されにくくなるなどのペナルティを受けてしまうかもしれません。
 また、YouTubeの視聴ページからは、ページのソースを表示することで、その動画に付けられているタグを調べることができます。もし、タグの付け方で困っていればその動画の同ジャンルの動画のタグを調べて参考にするといいかもしれません。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第5位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回は、前回に引き続き計10回に分けてお送りしている日本人YouTuberの登録者ランキングTop10の第5位を発表していきます。
ちなみに本データは前回と同じ2018年08月06日付けです。

ではさっそく紹介していきたいと思います。
第5位は「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約457万7000人です。
そして動画再生回数は15憶6700万回を超え、動画本数は1444本にもなります。

では今から「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんが日本のYouTube界で成功した秘訣についてみていきましょう。

まず初めに1つ目です。
1つ目は、「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんのチャンネルでは、ほぼ毎日動画をアップロードしているところです。
動画を沢山あげることにより、自然と彼女の動画が見られることが多くなり、その結果チャンネル登録者数が増えたと言えます。
動画を投稿する側からしたら、毎日投稿することはかなり大変な労力がかかります。
その大変な作業をしているおかげでここまでこれたと言えます。

次に2つ目です。
2つ目は、大食いのジャンルの動画を投稿していることです。
日本のテレビでは、最近「食レポ」をテーマにした放送が増えてきています。
木下ゆうかさんは、この「食レポ」に近いようなことをしていますので、普段テレビで「食レポ」の放送をみている人たちが、木下さんの動画を見ることがあるからです。

最後に3つ目です。
3つ目は、外国人の視聴者層も狙っていることです。
木下さんのチャンネル名は「Yuka Kinoshita木下ゆうか」であり、最初の「Yuka Kinoshita」の部分はローマ字で書かれています。
このことから外国人もターゲットにしていることが伺えます。
また、大食いの動画なので、言葉がわからなくても多少は楽しめます。
そのため、少なからず木下さんには外国人の視聴者がいると考えられます。

最後にまとめると、木下さんは外国人にも目を向けた大食いの動画をほぼ毎日あげることで、視聴者が増えて、登録者が増えたと言えます。

「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんについてもっと語ろうと思えば語れますが、本日はここらへんで終わりたいと思います。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング4位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

にじさんじ

起立、気を付け!こんにちは、片岡です。
前回申し上げた通り、今回からはVtuberの所属している事務所やグループを、いくつかご紹介していきたいと思います。
今回ご紹介する事務所は……こちら。株式会社いちからが運営する、『にじさんじ』です。

画像 にじさんじ公式Twitter アイコンより

『にじさんじ』は、いちから株式会社が開発するiPhone X専用のスマートフォンアプリ。また、そのアプリを使用し同社が運営する、同名のバーチャルライバーグループ。
にじさんじアプリを利用した公式ライバーは、いちから株式会社が開催するオーディションによって選抜された声優が演じる。
(引用:Wikipedia にじさんじの項目 より)

では、説明に入ります。
にじさんじですが、本来はiPhoneXより搭載されたFace Tracking with ARKit機能を使って2Dアバターのバーチャルアイドルになれるアプリ、として開発されていたものでした。
そして、アプリの宣伝にと声優を募集し配信を開始したところ、じわじわと人気が広がり一躍ブームとなりました。
その結果を受け、いちからは更に声優を募集し、バーチャルライバーのデビュー、活動を支援する体制をとるようになりました。
こうして、バーチャルライバーグループとしての『にじさんじ』が形作られていったのです。

そんなにじさんじですが、『にじさんじ』の他に、『にじさんじゲーマーズ』、『にじさんじSEEDs』、『VOIZ』といった姉妹グループが存在します。
『にじさんじ』メンバーは、更に一期生、二期生とデビュー時期で括られたメンバーがいます。
その所属人数は、『にじさんじ』だけでも18人、『ゲーマーズ』が9人、『SEEDs』が13人、『VOIZ』が2人となっており、合計で42人とVtuberグループの中でも最大規模の人数です。
現在募集は締め切っていますが、声優オーディションは随時行われているそうなので、まだまだ人数が増えることになりそうです。

『にじさんじ』の活動は、ライブ配信サービスを使用した生放送がメインになっています。余談ですが、先程からあげているバーチャルライバーという呼称は、Youtubeだけでなく、他の配信サービスも使用しライブ配信を行うVtuber達の事を言います。
Twitterでその日の生放送の日程が告知され、ファンはそのスケジュールを見て自分の好きな配信者の生放送を視聴するという形をとっており、人数の多さから毎日、1日中誰かしらの配信がやっているという状況になっています。
その生放送の様子はアーカイブとして動画化されYoutubeに投稿されているので、予定が合わず見逃してしまった配信も後でチェックすることができます。

これだけのメンバーがいる『にじさんじ』ですが、どのメンバーも個性が強く強烈なキャラクターをしており、一人一人に全く違う面白さがあるためまず飽きることがありません。
ファンもメンバー個人個人を推す人は勿論、中には「箱推し」といって、メンバー全員を応援し、全員の動向を追っているという猛者もいます。

メンバーについての詳細な説明は、この人数ですので控えさせていただきますが、非公式wikiや公式ページ、各メンバーのTwitterアカウントなどでチェックできるので、皆さん是非調べてみて、生放送を視聴し自分の推しメンを見つけてみてください。

以上、にじさんじの紹介でした。
次回は、upd8(アップデート)について紹介していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

動画のタイトルとサムネイル

こんにちは、インターンシップ3日目の上田です。

今回はサムネイルと動画のタイトルについてです。

動画を視聴する際に、ほぼすべての視聴者はサムネイルとタイトルからその動画を視聴するかどうかを決めます。
そのため、動画のクオリティが高くてもサムネイルやタイトルがしっかりしていないとなかなか動画を視聴してもらうことができません。
今回はどのようなサムネイルやタイトルにすれば良いかについて解説していきます。

■サムネイルを編集する画像編集ソフト
 サムネイルの編集にはまず画像を編集するソフトが必要になります。ソフトには高額なものからWindowsに入っているペイントツールような無料のものまであります。もし、有料のソフトを使っているのであればそれを使うと良いと思いますが、持っていないのであれば、自分は無料で使えるPaint.NETをおすすめします。このソフトは無料かつ高機能なので初めて使う人からよく使う人にまでおすすめできるからです。
 他にも、動画編集ソフトでサムネイルになる画像を作って、それをそのままサムネイルとして使うという事もできます。

■サムネイルに文字や背景を入れる
 サムネイルに文字を入れることで視聴者に動画の主な内容を伝えることができます。動画の主な内容を伝えることができれば視聴者が興味を持って動画の再生をしてくれるかもしれません。
 文字にもフォントや大きさ、縁取りなどの設定ができるので、それらを視聴者が興味を引くようなインパクトや雰囲気のあるものにすればより効果的です。
 背景はゲームプレイ動画などのインパクトのある場面や視聴者の興味を引きそうな場面を利用すれば簡単でそれなりのサムネイルができるので、背景にで迷ったら試してみるといいと思います。

■動画のタイトル
 動画のタイトルもサムネイルと同じく、視聴者に動画を見てもらうために必要になります。
 タイトルはまず、動画で一番伝えたいことは始めの方に書くことをお勧めします。理由としては、視聴者に見てもらいやすいことです。逆に後ろの方に伝えたいことを書くと、文字の表示数制限から途中で切れてしまう事があります。
 また、動画の内容よりあまりオーバーなタイトルをつけてしまうと、視聴者の反応も良くはないので気を付けた方が良いです。

今回はサムネイルやタイトルについて簡単に解説しました。次回は動画の設定について解説していきます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第6位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回は、前回に引き続き計10回に分けてお送りしている日本人YouTuberの登録者ランキングTop10の第6位を発表していきます。
ちなみに本データは前回と同じ2018年08月06日付けです。

ではさっそく紹介していきたいと思います。
第6位は「avex」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約409万8000人です。
これだけでも十分すごいのですが、avexさんはもっとすごい点がありまして、動画再生回数が驚異の60億4942万回もあり、なんと再生回数だけでみると、日本のYouTuberランキング堂々の1位を誇ります。
また、動画の投稿本数もずば抜けて多くあり、9076本もあります。
さらにすごいのは、高評価率がほぼ100%に近い98.2%もあることです。
YouTubeでは統計的に高評価の数が多いと次から次へとチャンネル登録者増加していく傾向があります。
これは、高評価が押されることで、拡散されやすくなるためです。
そのため、avexさんがチャンネル登録者数で日本の1位に君臨する日もそう遠くないかもしれません。
ですが普段、有名なお音楽アーティストの曲を配信しているチャンネルなのでYouTuberと呼べるかは定かではありません。

では今からavexさんが日本のYouTube界で成功した秘訣について2つ挙げられるのでみていきましょう。

1つ目は、avexさんのチャンネルでは老若男女に人気の高い音楽系の動画を投稿していることです。
音楽というのは自然と何回も聞きたくなってしまいます。
avexさんのチャンネルではこの音楽系の動画を沢山あげているため、視聴者も見る回数が多く、再生するので、再生回数やチャンネル登録者数がここまで増えたのです。

2つ目は、高評価のおかげで拡散されたからです。
YouTubeではアカウントをログインした状態で高評価を押すことで、「高く評価した動画」という場所に動画が残り、いつでも見返すことが出来ます。
この「高く評価した動画」という再生リストを設定によっては、世界中の人に拡散することが出来るので、そこからavexさんの動画にたどり着くこともあります。
これらの理由からavexさんがあげている動画が沢山の人に見られるようになったからです。

avexさんについてもっと語ろうと思えば語れますが、本日はここらへんで終わりたいと思います。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング5位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。