あなたも成れる!VTuber!(VRアバターの研究)~VTuberとは?~

インターン生の内田翔です。

突然ですが、あなたはバーチャルYoutuber(以下VTuber)というものをご存知でしょうか?
例えば、この方とか

参考サイト「https://www.youtube.com/watch?v=EoPFGj3uuYo&list=PL0bHKk6wuUGL_Qd34mf0XsQnyiDk2OeGR

実際に動画を見てみると、アニメやマンガに出てくるような可愛らしいキャラクターがまるで実在するかのように感じてしまいます。
上の画像はチャンネル登録者数240万人超のVTuber「キズナアイ」さんです。

VTuberというものは、VR技術を用いてYoutubeに動画配信をする人のことを言います。
2017年末頃からブームに火が付つき、次々と新しいVTuber達が動画投稿を始め、今やVTuberは一つの新しいコンテンツへと変貌していっています。
そんなVTuberですが、実はこの記事を見ているあなたも案外簡単に成れてしまいます!

自分はプログラマーじゃない?関係ありません。必要なのはやる気(とお金)です。
そもそもVTuberには大別して以下の二つがあります。

1.2Dモデルを利用したVTuber
2.3Dモデルを利用したVTuber

2は上記で取り上げたキズナアイさんのようなVTuberです。
このレベルのVTuberになるにはそれなりのやる気と結構なお金がかかります。
簡単にお安く、VTuberになるなら1の2Dモデルを利用したVTuberがオススメです。

参考サイト「https://twitter.com/nijisanji_app/status/1015928576644927488

上の画像はこの1のタイプのVTuberで有名な団体である「にじさんじ」と呼ばれる方たちです。
この方たちも、キズナアイさんに負けず劣らず有名です。
気になった方は、名前で検索して動画を見てみて下さい。

私は大学でVRアバターに関する研究を行い、その過程で上記の二つのタイプのVTuberのモデルと環境を作りました。
今後四回に分けて、この二つのタイプのVTuberの作り方を紹介していきたいと思います。
次回はまず1の2Dモデルを利用したVTuberになるためのアバター制作方法と環境を紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アップロードする動画の設定

こんにちは、インターン最終日の上田です。

今回はアップロードする動画の設定についてです。

■動画の画質
 投稿する動画の画質が高ければ、画質が悪いよりかは視聴者も動画に満足してくれるかもしれないので、動画のエンコードの際には映像のビットレートを高く設定しておくと良いです。
 それでもYouTubeに投稿する場合では、どんな動画でもYouTube側の再エンコードによって画質が落とされてしまいます。しかし、その画質の落とされ方は動画の解像度によって変わってきます。YouTubeでは解像度の高い動画ほど、再エンコードの際に画質が劣化しにくく設定されています。
 例えば、720pの動画を1080pに引き伸ばしてエンコードしても、手元の動画は720pでも1080pに引き伸ばしても画質はあまり変わりませんが、YouTubeに両方の動画を投稿した場合、1080pに引き伸ばした動画の方が高画質になります。

■動画のタグ
 YouTubeに動画を投稿すると、その動画のタグを編集することができます。そのタグには、検索に引っ掛かりやすくしたり、関連動画として表示されやすくなったりするなどの効果があります。
 ただ、タグは無制限につけられるので、たくさんつければ良いというものではなく、その動画に関連するものを適量つけるようにします。逆に、その動画に関係のないタグをつけたり、大量につけていると、YouTubeのシステムにタグのスパム認定されてしまうかもしれません。そうなると、逆に検索に引っ掛かりにくくなったり、関連動画に表示されにくくなるなどのペナルティを受けてしまうかもしれません。
 また、YouTubeの視聴ページからは、ページのソースを表示することで、その動画に付けられているタグを調べることができます。もし、タグの付け方で困っていればその動画の同ジャンルの動画のタグを調べて参考にするといいかもしれません。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第5位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回は、前回に引き続き計10回に分けてお送りしている日本人YouTuberの登録者ランキングTop10の第5位を発表していきます。
ちなみに本データは前回と同じ2018年08月06日付けです。

ではさっそく紹介していきたいと思います。
第5位は「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約457万7000人です。
そして動画再生回数は15憶6700万回を超え、動画本数は1444本にもなります。

では今から「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんが日本のYouTube界で成功した秘訣についてみていきましょう。

まず初めに1つ目です。
1つ目は、「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんのチャンネルでは、ほぼ毎日動画をアップロードしているところです。
動画を沢山あげることにより、自然と彼女の動画が見られることが多くなり、その結果チャンネル登録者数が増えたと言えます。
動画を投稿する側からしたら、毎日投稿することはかなり大変な労力がかかります。
その大変な作業をしているおかげでここまでこれたと言えます。

次に2つ目です。
2つ目は、大食いのジャンルの動画を投稿していることです。
日本のテレビでは、最近「食レポ」をテーマにした放送が増えてきています。
木下ゆうかさんは、この「食レポ」に近いようなことをしていますので、普段テレビで「食レポ」の放送をみている人たちが、木下さんの動画を見ることがあるからです。

最後に3つ目です。
3つ目は、外国人の視聴者層も狙っていることです。
木下さんのチャンネル名は「Yuka Kinoshita木下ゆうか」であり、最初の「Yuka Kinoshita」の部分はローマ字で書かれています。
このことから外国人もターゲットにしていることが伺えます。
また、大食いの動画なので、言葉がわからなくても多少は楽しめます。
そのため、少なからず木下さんには外国人の視聴者がいると考えられます。

最後にまとめると、木下さんは外国人にも目を向けた大食いの動画をほぼ毎日あげることで、視聴者が増えて、登録者が増えたと言えます。

「Yuka Kinoshita木下ゆうか」さんについてもっと語ろうと思えば語れますが、本日はここらへんで終わりたいと思います。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング4位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

にじさんじ

起立、気を付け!こんにちは、片岡です。
前回申し上げた通り、今回からはVtuberの所属している事務所やグループを、いくつかご紹介していきたいと思います。
今回ご紹介する事務所は……こちら。株式会社いちからが運営する、『にじさんじ』です。

画像 にじさんじ公式Twitter アイコンより

『にじさんじ』は、いちから株式会社が開発するiPhone X専用のスマートフォンアプリ。また、そのアプリを使用し同社が運営する、同名のバーチャルライバーグループ。
にじさんじアプリを利用した公式ライバーは、いちから株式会社が開催するオーディションによって選抜された声優が演じる。
(引用:Wikipedia にじさんじの項目 より)

では、説明に入ります。
にじさんじですが、本来はiPhoneXより搭載されたFace Tracking with ARKit機能を使って2Dアバターのバーチャルアイドルになれるアプリ、として開発されていたものでした。
そして、アプリの宣伝にと声優を募集し配信を開始したところ、じわじわと人気が広がり一躍ブームとなりました。
その結果を受け、いちからは更に声優を募集し、バーチャルライバーのデビュー、活動を支援する体制をとるようになりました。
こうして、バーチャルライバーグループとしての『にじさんじ』が形作られていったのです。

そんなにじさんじですが、『にじさんじ』の他に、『にじさんじゲーマーズ』、『にじさんじSEEDs』、『VOIZ』といった姉妹グループが存在します。
『にじさんじ』メンバーは、更に一期生、二期生とデビュー時期で括られたメンバーがいます。
その所属人数は、『にじさんじ』だけでも18人、『ゲーマーズ』が9人、『SEEDs』が13人、『VOIZ』が2人となっており、合計で42人とVtuberグループの中でも最大規模の人数です。
現在募集は締め切っていますが、声優オーディションは随時行われているそうなので、まだまだ人数が増えることになりそうです。

『にじさんじ』の活動は、ライブ配信サービスを使用した生放送がメインになっています。余談ですが、先程からあげているバーチャルライバーという呼称は、Youtubeだけでなく、他の配信サービスも使用しライブ配信を行うVtuber達の事を言います。
Twitterでその日の生放送の日程が告知され、ファンはそのスケジュールを見て自分の好きな配信者の生放送を視聴するという形をとっており、人数の多さから毎日、1日中誰かしらの配信がやっているという状況になっています。
その生放送の様子はアーカイブとして動画化されYoutubeに投稿されているので、予定が合わず見逃してしまった配信も後でチェックすることができます。

これだけのメンバーがいる『にじさんじ』ですが、どのメンバーも個性が強く強烈なキャラクターをしており、一人一人に全く違う面白さがあるためまず飽きることがありません。
ファンもメンバー個人個人を推す人は勿論、中には「箱推し」といって、メンバー全員を応援し、全員の動向を追っているという猛者もいます。

メンバーについての詳細な説明は、この人数ですので控えさせていただきますが、非公式wikiや公式ページ、各メンバーのTwitterアカウントなどでチェックできるので、皆さん是非調べてみて、生放送を視聴し自分の推しメンを見つけてみてください。

以上、にじさんじの紹介でした。
次回は、upd8(アップデート)について紹介していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

動画のタイトルとサムネイル

こんにちは、インターンシップ3日目の上田です。

今回はサムネイルと動画のタイトルについてです。

動画を視聴する際に、ほぼすべての視聴者はサムネイルとタイトルからその動画を視聴するかどうかを決めます。
そのため、動画のクオリティが高くてもサムネイルやタイトルがしっかりしていないとなかなか動画を視聴してもらうことができません。
今回はどのようなサムネイルやタイトルにすれば良いかについて解説していきます。

■サムネイルを編集する画像編集ソフト
 サムネイルの編集にはまず画像を編集するソフトが必要になります。ソフトには高額なものからWindowsに入っているペイントツールような無料のものまであります。もし、有料のソフトを使っているのであればそれを使うと良いと思いますが、持っていないのであれば、自分は無料で使えるPaint.NETをおすすめします。このソフトは無料かつ高機能なので初めて使う人からよく使う人にまでおすすめできるからです。
 他にも、動画編集ソフトでサムネイルになる画像を作って、それをそのままサムネイルとして使うという事もできます。

■サムネイルに文字や背景を入れる
 サムネイルに文字を入れることで視聴者に動画の主な内容を伝えることができます。動画の主な内容を伝えることができれば視聴者が興味を持って動画の再生をしてくれるかもしれません。
 文字にもフォントや大きさ、縁取りなどの設定ができるので、それらを視聴者が興味を引くようなインパクトや雰囲気のあるものにすればより効果的です。
 背景はゲームプレイ動画などのインパクトのある場面や視聴者の興味を引きそうな場面を利用すれば簡単でそれなりのサムネイルができるので、背景にで迷ったら試してみるといいと思います。

■動画のタイトル
 動画のタイトルもサムネイルと同じく、視聴者に動画を見てもらうために必要になります。
 タイトルはまず、動画で一番伝えたいことは始めの方に書くことをお勧めします。理由としては、視聴者に見てもらいやすいことです。逆に後ろの方に伝えたいことを書くと、文字の表示数制限から途中で切れてしまう事があります。
 また、動画の内容よりあまりオーバーなタイトルをつけてしまうと、視聴者の反応も良くはないので気を付けた方が良いです。

今回はサムネイルやタイトルについて簡単に解説しました。次回は動画の設定について解説していきます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第6位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回は、前回に引き続き計10回に分けてお送りしている日本人YouTuberの登録者ランキングTop10の第6位を発表していきます。
ちなみに本データは前回と同じ2018年08月06日付けです。

ではさっそく紹介していきたいと思います。
第6位は「avex」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約409万8000人です。
これだけでも十分すごいのですが、avexさんはもっとすごい点がありまして、動画再生回数が驚異の60億4942万回もあり、なんと再生回数だけでみると、日本のYouTuberランキング堂々の1位を誇ります。
また、動画の投稿本数もずば抜けて多くあり、9076本もあります。
さらにすごいのは、高評価率がほぼ100%に近い98.2%もあることです。
YouTubeでは統計的に高評価の数が多いと次から次へとチャンネル登録者増加していく傾向があります。
これは、高評価が押されることで、拡散されやすくなるためです。
そのため、avexさんがチャンネル登録者数で日本の1位に君臨する日もそう遠くないかもしれません。
ですが普段、有名なお音楽アーティストの曲を配信しているチャンネルなのでYouTuberと呼べるかは定かではありません。

では今からavexさんが日本のYouTube界で成功した秘訣について2つ挙げられるのでみていきましょう。

1つ目は、avexさんのチャンネルでは老若男女に人気の高い音楽系の動画を投稿していることです。
音楽というのは自然と何回も聞きたくなってしまいます。
avexさんのチャンネルではこの音楽系の動画を沢山あげているため、視聴者も見る回数が多く、再生するので、再生回数やチャンネル登録者数がここまで増えたのです。

2つ目は、高評価のおかげで拡散されたからです。
YouTubeではアカウントをログインした状態で高評価を押すことで、「高く評価した動画」という場所に動画が残り、いつでも見返すことが出来ます。
この「高く評価した動画」という再生リストを設定によっては、世界中の人に拡散することが出来るので、そこからavexさんの動画にたどり着くこともあります。
これらの理由からavexさんがあげている動画が沢山の人に見られるようになったからです。

avexさんについてもっと語ろうと思えば語れますが、本日はここらへんで終わりたいと思います。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング5位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

輝夜月

こんにちは、片岡です。
いよいよ、四天王紹介記事も今回がラストです。
最後に紹介させていただくのは……この方、輝夜月(かぐやルナ)さんです。

画像 Kaguya Luna Officialアイコン より

輝夜月(かぐやるな)は、主にYouTube、SHOWROOMで活動するバーチャルYouTuberである。
(引用:wikipedia 輝夜月の項目 より)

というわけで説明。
輝夜月さんは、運営が正式に公開されておりません(たぶん)が、本人のツイートで数人のグループで運営しているということがわかっているVtuberです。
2017年12月9日に自己紹介動画が投稿され、活動を開始しました。
【自己紹介】輝夜 月の特技がスゴイ!!!!:https://www.youtube.com/watch?v=TeKTVFgw1hM
Youtubeのチャンネル名はKaguya Luna Official。2018年8月6日時点での登録者数は782,039 人。視聴回数が53,805,292 回でした。
キズナアイさんの記事でも言及しましたが、これはVtuberの中でもNo.2の登録者数なのです。

容姿は「銀髪のツインテール」に「猫耳の様な髪留め」、「黒い着物をアレンジしたような服」と「赤いソックスと帯」が特徴です。
これは愛称(?)に関係してくるのですが、その見た目というか、配色がお酒のストロングゼロに似ていることから「ストロングゼロちゃん」と呼ばれています。
呼び方は他にも、特徴的な声から取って「首絞めハム太郎」、普通に「ルナちゃん」、更に、海外ではその異常なテンションの高さと言動から、麻薬でもやっているんじゃないか?と(たぶん)「コカインちゃん」などと呼ばれ親しまれています。

そんな輝夜月さんなのですが、前述した通りかなりテンションが高いのが特徴です。
動画では常に大きな声で話しており、ファンは「うるさい」「鼓膜破れた」「聞いてると元気出る」などのコメントが書き込まれているのが見受けられました。
輝夜月さんに間して特に有名なのが、その挨拶です。二つ目に投稿された動画で成されたその挨拶が、テンポのよさとそのテンション、輝夜月さんがどういった人物なのかが聞けば一発でわかるほど特徴的で、一躍話題になりました。

人気の理由はそれだけではなく、高いテンションから繰り出されるノリツッコミの言葉選びや、突拍子も無い奇抜な企画、そしてツイッターでの先輩や後輩の同業者達との絡みなど、ここでは語り尽くせない様々な魅力があるのです。
中でもチャンネル登録者No.1,No.2を争うキズナアイさんとは非常に親交が深く、彼女の事を「親分」と呼び慕い、アイさんからも「つきちゃん」と親しみを込めて呼ばれるほどの間柄。

そしてそんな輝月夜さんですが……8月31日に、初のワンマンVRライブイベントを開催するとの事。
参加にはチケットが必要なのですが、VR会場への参加チケットは既に完売済みだそうです。
しかしライブビューイングのチケットはまだ販売中なようなので興味のある方は是非とも一度チェックしてみてください。

以上、輝夜月さんの紹介と、そしてVtuber四天王の紹介を終わりたいと思います。
次回は、四天王紹介でもちょくちょく出ていたVtuberの事務所やグループを色々紹介していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

ゆっくりで能力&設定解説

初めまして。インターン生の木村宏斗と申します。
授業の中でホームページを使って記事を書きこむという、似たような作業を行ったことがありますが、今回は1000文字以上を書きこむという無茶を要求されてしまいました。
自分としては面と向かって対話するよりも、熟考して書き込むことが出来る記事の方が気が楽といえば楽なものの、形として残る記事は慎重に言葉を選ばないといけません。
今回は自分がYouTubeやニコニコ動画を漁っていて興味を惹かれた動画(とその動画を制作した主)を紹介しようと思います。長ったらしいのであまり気を張らずに目を通して頂けると幸いです。

記念すべき(?)第1回目の記事は「ゆっくりで能力&設定解説」というものです。制作者は飛蝗の咢氏(恐らく、読み方は『ばったのがく』と思われます)。
タイトルのゆっくりという文字から、だいたい内容を察する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
タイトルにもある通り、ゆっくりを使ってとある作品に登場するキャラクターなどの能力、さらにその背景となる設定を事細かに説明していく内容の動画となっています。
その作品の名前というのは…『仮面ライダー』石ノ森章太郎氏原作の日本国内における特撮ヒーローシリーズで、 スーパー戦隊、ウルトラマンと並んで特撮を代表する存在となっている作品の1つです。

元々この動画を知ったきっかけというのは、上記にもある通り退屈していた時に動画を漁っていてこの動画が目に留まったのがきっかけでした。
この方の動画を遡ること2014/4になり、動画に登場するゆっくり霊夢が中古ショップで発見したS.I.Cアギトに一目惚れしたのが購入のきっかけだったようです。
それがいかに素晴らしいのかを妖夢や魔理沙に力説する場面から物語が始まります。

因みに補足すると、S.I.Cというのはバンダイが販売しているシリーズの名称となります。正式名称である『Super Imaginative Chogokin(=超合金)』の頭文字3つから取って、世間からはS.I.Cと呼ばれているようです。
竹谷隆之氏、安藤賢司氏といっ世に名を馳せている原型師を起用し、石ノ森章太郎氏原作の東映特撮作品を原型師独自の解釈でアレンジし、立体化するというものです。
シリーズ当初は、マニア以外の一般層には認知されなかった為、お世辞にも人気シリーズとは呼べず、ワゴンセールの常連と揶揄されるほどの存在だったようです。
しかし、可動フィギュアとバイクがセットになった商品「VOL.11サイドマシーン&キカイダー」、平成ライダーが商品化された頃から注目を集め、現在まで続くシリーズとなったようです。
あくまで原型師の方がアレンジしたデザインを楽しむものであるため、プロポーションや可動域、関節などは二の次、元の作品のデザインによってはアレンジすると違和感があるという弊害も起こってしまっています。
(実際に氏の初期の方の動画では、中古品で購入したというのも原因の一つかもしれませんが関節の破損が良く見受けられるようです。)

動画のリストに目を通して頂ければ察していただけるとは思いますが、元々この方はフィギュアのレビューの方に力を入れていましたが、「仮面ライダーブレイド」シリーズあたりからフィギュアよりも登場元のシリーズの能力と設定解説に重点が置かれるようになり、それに比例して動画の尺の時間が伸びています。
*ちなみに、作品によってはその動画を通すだけでストーリーの全貌が分かるネタバレを容赦なく喋っているので、ネタバレをされたくない方は注意してください。*
その後は、牙狼などの他作品の特撮の紹介、s.h.フィギュアーツ(真骨彫シリーズ)の紹介、作品の補足説明を行う幽々子のコーナーなどを経て解説動画へと至ります。
仮面ライダーに登場する怪人の設定や能力を解説する動画もアップロードされるようになり、現在は「ゆっくりで能力&設定解説」というタイトルで投稿されています。

補足すると、S.H.Figuarts(S.H.フィギュアーツ)とは、バンダイコレクターズ事業部「魂ウェブ」より展開しているフィギュアブランドのことを指します。
『人型可動によるキャラクター表現の追及』をテーマにしたシリーズで、戦隊シリーズ、仮面ライダーシリーズなどの特撮作品に登場するキャラクターのアクションフィギュアを製作・発売しています。
名称にもある『S.H.』とは『Simple Style』と『Heroic action』という意味で、フィギュアの特徴である『スタイリッシュ』と『よく動く』を両立させたブランドとして人気を博しています。
しかしその一方で「キャラクターの造形(大きさやあるべきモールド)がおかしい」「可動が少ない、狭い」「ポーズをつけづらい」というアクションフィギュアとしては致命的な欠点を持つ残念なフィギュアもちらほら見受けられます。
近年は素体から作り方を見直し、より実写のスーツに近いプロポーションと可動域を再現した「真骨彫製法」という製法が登場しました。

非常に長くなってしまいましたが、この方が投稿する動画の大きな特徴として、本編では語られない(尺の都合上語れない)細かい設定や裏話などが豊富にあり、ファンならばより一層深く作品を理解でき、例えファンでない人でもフィギュアやライダーについて詳しく知ることが出来ることです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

編集の内容

こんにちは、インターンシップ2日目の上田です。

今回は動画の編集の内容についてです。

録画したデータは編集次第で視聴者に見てもらいやすい良い動画にすることができます。
今回は色々な人の受け売りもあるのですが、どういう編集をすればいいかを解説していきます。

■カット、倍速編集
 カットや倍速編集をすることで、動画の不要部分や冗長な部分を省くことができます。不要部分や冗長な部分が多いと、視聴者が動画の再生をそこでやめてしまう可能性が高くなってしまいます。不要な部分を省いて、テンポのいい動画にすれば視聴者も飽きにくくなると思います。
 例えば、RPG系のゲームで言えば、長い時間の移動や特に見どころのない雑魚敵のようなところはカットや倍速編集をするといいかもしれません。

■字幕の追加
 動画に字幕を追加することで、動画に自分のプレイの意図や目的など様々なことを伝えることができます。視聴者も、プレイしている人が今どんなことを考えているとか心情を把握ですることができれば、より動画を楽しく見てもらうことができると思います。
 字幕にはフォントや文字の大きさ、文字の強調など場面に分けて設定すればより見ごたえのある動画になると思います。

■音声の追加
 動画では字幕の代わりに音声で動画を解説をすることもできます。音声であれば、視聴者が毎回画面上の文字を読まなくても良くなるため、動画として見やすくなるかもしれません。
 しかし、音声を自分の声でやる場合はそれなりのトークスキルなどが必要になります。そこで、そんなトークスキルの無いような人にもお勧めできるのが、VOICEROIDやAquesTalkなどの音声合成ソフトの利用です。
 音声合成であればあとから解説をつけられるので、ゲームのプレイに集中したり、より詳しい解説を後から考えてつけられるというメリットもあります。

 今回説明したものはほぼ最低限のような編集ですが、この程度でも無編集動画と編集動画では全然動画の印象が違う為、ゲームのプレイ動画などをアップロードしようと思っている方は試してみてください。また、編集は少し大変になりますが、字幕と音声を併用すれば動画がより完成度の高い丁寧な印象になるかもしれません。
 このほかにも多くの動画の加工方法があるので興味があれば試してみてください。

次回は動画のタイトルとサムネイルなどについてです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第7位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回は、前回に引き続き計10回に分けてお送りしている日本人YouTuberの登録者ランキングTop10の第7位を発表していきます。
ちなみに本データは前回と同じ2018年08月06日付けです。

ではさっそく紹介していきたいと思います。
第7位は「HikakinGames」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約363万7000人です。

そして動画再生回数は32億9193万回を超え、動画本数は1369本にもなります。

彼らは2013年8月13日にチャンネルを開設していて、現在でも動画投稿を続けています。
では今からHikakinGamesさんが日本のYouTube界で成功した秘訣についてみていきましょう。

まずは1つ目です。
1つ目は、このチャンネルを開設する前から既に人気があったからです。
HikakinGamesを運営しているHikakinさんは、この他にも「HIKAKIN」「HikakinTV」「HikakinBlog」を運営しており、その中でも特にHikakinTVの方で沢山のファンを獲得していました。
このことより、HikakinGamesを開設する前の2013年から既に人気があったので、それに伴い登録者が増えたといえます。

次に2つ目です。
2つ目は、子供たちに人気のあるゲームをしているからです。
Hikakinさんの視聴者層は子供たちが多いため、マインクラフトなどといった見ていて楽しめるようなゲームを実況しているからです。

次に3つ目です。
3つ目は、人気のある有名ゲームを多く実況していることです。
例えば青鬼であったり、モンスターストライク、スプラトゥーン、マリオ、マイクラなどが挙げられます。
このようなゲームはとても人気があり、自然と視聴回数が増えたと言えます。

最後に4つ目です。
4つ目は、ネタが面白いからです。
Hikakinさんは、マインクラフトで沢山の動画をあげていますが、そこでやっているネタが面白いため、チャンネル登録者が増えた言えます。

ここまで話してきたことをまとめると次のように言えます。
Hikakinさんは子供向けのゲームを彼の才能を活かして面白く実況することで、YouTuber登録者ランキング7位にまでは入れたと言えます。

HikakinGamesさんについてもっと語ろうと思えば語れますが、本日はここらへんで終わりたいと思います。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング6位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。