大学に入ったはずなのに…初対面の人と極寒の地で驚き連続の寮生活!

こんにちは。インターンシップ参加者の渡辺悠吾です。今回は私が大学生活で経験した驚きが連続の寮生活の第二回です。そして最終回でもあります。

最終回のテーマは身近すぎる自然の生き物たちです。東京のような都会にいてはまず触れることができないものがそこにはありました。ある日私が友人たちとサッカー場で遊んでいたところ、サッカーを一緒にしていた友人が急に叫び始めました。視線と指の先には緑色の芝生の中にたたずむ黄色い何かがあり、よく目を凝らしてみました。なんとそれはキツネだったのです。キツネはとても敏捷性の高い動きで私たちを魅了しながら移動し、私たちの近くに少し寄ってきたかと思えばすぐUターンしました。珍しい人が見れたと喜ぶものや可愛いと言って和む人がいる中、一人異色の動きをした野球部の友人がいました。彼はキツネに向かって何かを叫びながら一目散に走っていったのです。よくよく彼の叫びを聞くと「俺のグローブ返せー!!!」と言っていました。彼は遊びに行く際にキャッチボール用にグローブを持ってきていたのです。そのあとのキツネの友人からの逃走劇はいつ思い出しても笑える良いエピソードです。漫画かよと友人と突っ込みを入れたのをよく覚えています。残念ながらキツネには逃げられてしまい、遊びに来ていた人全員が野球部のに同情し、慰めていました。このような過ぎ去ってしまえば笑い話になるも以外にも自然の生き物たちの恐ろしさを知ることもできる寮生活でした。ある朝、集会が開かれ、学寮長がスクリーンに学校周辺のある道の写真を映し出しました。その写真は道の中央に茶色い塊があるという点を除いてありふれて道でした。それは熊の糞だったのです。熊の糞を写真越しとはいえ初めて見た多くの学生たちはあまりの大きさに笑うものさえいましたが、学寮長が次に「この周辺に熊が下りてきている可能性がある」といったとたんに静かになりました。自分たちが見慣れた景色に恐怖が実感としてわいたんだと思います。私自身も話を聞いたときは大変驚きました。その後学寮長は写真の道に近づかないことや、万が一熊と遭遇してしまった時のための対処法などを話してくださいました。東京にいては感じられない自然の良さ、そして恐ろしさの両方を感じることのできる良い生活でした。

いかがでしたでしょうか?今回で最終回となりますがこの話が少しでも面白い、興味深いと思っていただければ幸いです。寮生活は友人との価値観の違いの発見や環境の変化による生活の変化など面白い経験がたくさんできる機会だと私は思いました。これを読んでいる皆さんも機会があれば寮生活をしてみることをお勧めします。それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

北海道温泉巡り 根室町編

こんにちはインターシップ生の工藤良公です今回はラストということで冬のシーズンにピッタリな根室町の阿寒湖にある温泉をお話していきたいと考えています。

冬の根室町と言ったら皆さんぱっと思い浮かぶのはやはりワカサギ釣りだと思います。ただワカサギ釣りで寒くなってしまう人は多いと思います。そんな時こそ温泉などで一度しっかり浸かることで風邪などを対策することはとても重要なことだと思います。そんな中私が今回お勧めする温泉はこちらです。

温泉紹介サイトからの引用

https://onsen.nifty.com/akan-onsen/onsen000128/

公式サイトへのリンク

https://www.tsurugawings.com/daytripplan/

こちらはあかん湖 鶴雅ウイングスというお店ですお値段は大人1500円子供750円となっており少しお高めですがランチもセットでついてきておりお食事にも最適ですさらには追加で岩盤浴も入れるセットもあり、大人3500円で入ることが可能です。岩盤浴というはどういったものなのかと思われる方もいらしゃるかも、しれないので少し補足をします。岩盤浴とは天然の石などに熱を加えその上で寝ます。そうすることで体のじっくりと温めることで温熱効果が期待できる施設です。

温泉は大浴場があり誰でもじっくりと入ることが可能です。その他にもあかん遊久の里 鶴雅に直接つながっておりこちらの温泉も楽しむことが可能になっています。

公式サイトへのリンク

http://www.tsuruga.com/spa/

こちらは露天温泉となっており、雄大な阿寒湖や阿寒連山を楽しみながらの入浴が可能になっております。その他にも日本庭園を意識したつくりとなっていて温泉の高さが阿寒湖の湖面と同じ高さとなっている。庭園温泉などもあります。

地下は大浴場となっていて珍しい洞窟温泉から寝湯など様々楽しめる温泉があり、いつまでも入っていられるよう楽しく設計されています

公式サイトでは温泉のストリートビューなども用意されているので一度確認してみるのもよいと思います。

ただこちらの温泉は男女に分かれていなく時間で区別されているのでそこだけは注意が必要です。

もう一つ紹介させていただくのは有名なあのホテルです。

こちらのサイトからの引用

https://www.karakami-kankou.co.jp/hotels/newakanhotel/

こちらニュー阿寒ホテルになります。名前だけは聞いたことがあるかも?って人は多いと思います。こちら日帰りの場合大人1300円子供650円となっており、宿泊が9000円から1万5000円弱になっていますこちらも少しお高めになっていますがその他にもスキーとのセットやワカサギ釣りのセットなどもあるので多少お値段が前後してしまうかと思います。

温泉は誰とでも入れる温泉スパと24時間いつでも入れる大浴場があります。シャンプーなどもあるので入りやすくなっています。タオルなどはレンタルになっています。お値段は300円になっています。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

大学に入ったはずなのに…初対面の人と極寒の地で驚き連続の寮生活!

こんにちは。インターンシップ参加者の渡辺悠吾です。この記事では私が大学生活で経験した驚きが連続の寮生活について紹介したいと思います。

まずは最初ということもあり初日の話からさせていただきたいと思います。初日は東京の国技館で全学科合同の入学式が行われました。大学関係者の皆様からのお言葉をいただき、新入生の決意表明などを聞いていると突如としてアナウンスが流れ始めました。なんと式は進行中にもかかわらず飛行機の時間があるために私の所属学科の人間のみバスに乗り込むとのことでした。私は式開始前に隣の新入生としゃべらせていただいて早速友達が出来たと喜んでいたのですが、私と彼の間がちょうど学部の境目だったらしく、さっそく離れ離れになって心の中で悲しみの声をあげていました。彼も「え、君行っちゃうの」という顔をしていて、今思い出すと少し笑ってしまいます。バスと飛行機を乗り継ぎ、もう一度バスに乗って学校へ向かう頃には外は真っ暗になっていました。暗さでよく周りの様子もわからない中、外から人の声がするのが聞こえました。外をのぞくと道に沿ってたくさんの人々が私たちの到着を歓迎してくれていました。声をかけてくれている方、楽器を演奏している方、ご当地のキャラクターなどとても暖かく出迎えていただき、これから始まる全く面識のない人たちとの大学生活へのわずかな不安が消えたことをよく覚えています。この後、初対面の寮室メンバーとあいさつをし、同じ部屋で就寝することになったのですが、出迎えのおかげか明日からの生活が楽しみで特に緊張などはすることなくぐっすりと眠りにつけました。のちに初日の話を寮室メンバーとすると緊張して全然眠れなかったとの声を聴き、自分の話をすると驚かれました。

続いてお話ししたい話題は広すぎる敷地についてです。私は子供のころから親の影響で時々ゴルフに行くことがありました。中学の頃はゴルフに夢中で部活にも所属していました。大学に入る頃も両親とゴルフに行くことがあったので、大学でゴルフができると聞いたときはとてもうれしかったのを覚えています。しかしよく話を聞くと驚くべきことにゴルフの練習場はもちろんコースも学校敷地内にあったのです。ゴルフ部があるくらいですから練習場があるのは納得できましたがハーフとはいえコースがあったことには大変驚きました。コース自体も一つ一つが一般的なコースほど長いわけではありませんでしたが、初めて生で緑の中にそびえたつピンを見たときに「本当なんだ…」と声が出てしまいました。これに加えてサッカー場、テニスコート、野球のグラウンド、体育館にジムと食堂、遼棟が四つに本校舎と知った日はできたばかりの友人と大きさをあらわすときは東京ドーム単位になりそうだなとしゃべっていたのを覚えています。

いかがだったでしょうか?この記事が少しでも今後寮生活をする方の参考になったり、面白いと思っていただければ幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

北海道温泉巡り 稚内編

こんにちわインターンシップ生の工藤良公です前回は北海道の最南端である函館を紹介しました今回は北海道の最北端である稚内町の温泉や銭湯についてお話していきたいと思います。

今回、紹介する銭湯はこちらです。

温泉紹介サイトからの引用です。

https://onsen.nifty.com/wakkanai-onsen/onsen005854/

こちらはてしお温泉 夕映という温泉です。独特の匂いと日本海が広大に見ながら入れることが特徴の温泉で日帰り宿泊どちらでも対応可能な温泉です。日帰りの場合大人500円子供250円となっており、宿泊の場合大人6750円~9750円、子供5570円~7390円となっております。ここの温泉は独特な匂いの薬湯という温泉がありお肌の荒れや切り傷にも効果があり、とてもお肌に良いものになっています。

その他にも子供たちに向けて家族風呂も用意されているのでそういったことを気にする人たちでも安心してお風呂に入ることが可能になっています。

その他にも露天風呂があり、洋風の温泉や和風の温泉があり、楽しく日本海の景色を楽しみながら入ることが可能になっています。その他にも無料の休憩所には無料の飲み物があり、水分補給なども容易になっています。

続いては正に日本最北端の温泉です。

温泉紹介サイトからの引用

https://onsen.nifty.com/wakkanai-onsen/onsen000012/

公式サイト

http://onsen-domu.com/

稚内温泉 童夢というお店でこのお店はまさに最北端の温泉が売りで

利尻島がしっかりと見える港町をイメージのお店となっており、寝湯、うたせ湯、薬湯、サウナ、バイブラ湯、露天風呂など11種類の浴槽があり、豊富なバリエーションを楽しむことが出来ます。薬湯は日によってさまざま物を使用しており、よもぎから柚子まで16種類ほどあります。

料金は大人600円子供300円となっており、レンタル品も借りることが可能です。レンタルはセットで300円になってい余す。その他にも稚内のお見上げなどもあるのでこちらで買っていかれるのもよいかと思います。

その他にも高齢者や体が不自由な方でも入りやすく設計されており、バリアフリーとなっているので誰でも楽しく入れることが可能になっています。

お食事場などは無く大きめの休憩所があるのでコンビニやファーストフード系統のものを買ってから休憩するとよいと思います。さらには運動施設やマッサージ施設もあるのでお風呂に入った後や入る前に運動などもできます。その他にもカラオケルームもあり、団体のお客様での休憩でも楽しく時間を過ごすことも可能になっています。

そんな日本の最北端にある稚内温泉の紹介をさせて頂きました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

北海道の温泉巡り 函館編

こんにちわインターンシップ生の工藤良公です本日は北海道の玄関口の一つである函館の温泉についてお話していきたいと考えています。

函館は青函トンネルなどで向かうことができ新幹線での旅の休憩などに使いやすいです。

そんな北海道最南端の温泉について語っていこうと思います。

観光サイトからの引用

https://www.hakobura.jp/db/db-onsen/2010/07/post-1.html

公式サイトからの引用

少し陰に隠れがちな谷地頭温泉についてお話していきたいと思いますこの温泉は北海道最南端に位置する銭湯で露天風呂は五稜郭になぞらえて星型をしていたり月の26日には香草などが入っており、よりリラックスしたものとなっております。料金は大人420円子供120円6歳以下70円となっておりサッと入りやすい仕様になっており、とてもリーズナブルな価格となっています。JR函館駅から徒歩10分と見つけやすい場所にあります。更には簡単な休憩所もあるのでお風呂に入った後軽く休憩スペースなどを利用して休むなどもありだと思います。

一日函館に泊まる予定のある方はこちらの温泉がおすすめです。

情報観光サイトより引用

https://www.yukoyuko.net/onsen/0683

こちらが函館で一番のホテルである北海道湯の川温泉です。湯の川温泉はホテルが中心の地域でこちらのホテルは秘境的な要素は少なくむしろ有名なのですが紹介させていただきます。こちらの湯の川温泉は津軽海峡や函館山が見えやすく、綺麗な夜景の一つである函館の夜景も函館山ほどではないにせよ見ることができます。

温泉はここら辺一帯はサラサラ系の場所は多く場所によっては

ホテル紹介サイトからの引用

https://www.yukoyuko.net/onsen/0683

このような絶景な風景をみながら温泉に入ることが可能です。

ほとんどがホテルなこともあって大体のホテルが5000円~2万円程の値段となり少々お値段が張ってしまいますがそれを超える感動と食事の前では後悔することはないと思います。

私のお勧めはイマジン ホテル&リゾート函館ですこのホテルは最低価格7000円越えと少々お値段が張ってしまいますが先ほど張った画像のような景色を楽しむことが可能ですさらには大きな大浴場や足湯などで景色を心ゆくまで楽しむことが可能です。さらには屋上にも露天風呂があり360度函館の景色を堪能しながらの景色は圧巻の一言です。グループや団体などでも行きやすい場所になっているので、おススメになっております

そのほかにもシェフによるオープンキッチンやバイキングがありお子さん連れの方でも楽しく食事をすることが可能になっております。

そのほかにも有名な場所は多く楽しく観光することができる

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

北海道温泉巡り 登別編

こんにちわ インターンシップ生の工藤 良公と申します前回は北海道の中心である札幌の温泉についてお話しましたが今回は温泉地で有名である、登別の温泉についてお話していこうと思います。

とは言っても登別温泉の場合日帰りで帰るのはおススメできません何故なら、日帰りだと周り切れない温泉が出てきてしまい不完全燃焼になるからです。

Googlemapから引用

https://www.google.co.jp/maps/dir/%E3%80%92066-0012+%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%8D%83%E6%AD%B3%E5%B8%82%E7%BE%8E%E3%80%85+%E6%96%B0%E5%8D%83%E6%AD%B3%E7%A9%BA%E6%B8%AF+(CTS)/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E7%99%BB%E5%88%A5%E5%B8%82%E7%99%BB%E5%88%A5%E6%B8%A9%E6%B3%89%E7%94%BA/@42.6390972,141.2750479,11z/data=!3m1!4b1!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x5f7520459d5c1add:0x1aba607ce5f681f6!2m2!1d141.6890474!2d42.7821844!1m5!1m1!1s0x5f7566c2bb069a9f:0xbf3b71341bdb90e!2m2!1d141.1455939!2d42.5047481!3e3?hl=ja

新千歳空港から登別温泉街までで1時間41分かかってしまい少し時間がかかりますさらに前回紹介した札幌から登別温泉街に向かうと

Googlemapから引用(画像サイズが小さくできなかったためサイトのみ)

https://www.google.co.jp/maps/dir/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%B8%82%E5%8C%97%E5%8C%BA%E5%8C%97%EF%BC%96%E6%9D%A1%E8%A5%BF%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE+%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E9%A7%85/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E7%99%BB%E5%88%A5%E5%B8%82%E7%99%BB%E5%88%A5%E6%B8%A9%E6%B3%89%E7%94%BA/@42.9351669,141.1856433,10z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x5f0b2974d2c3f903:0xa5e2b18cdd4a47a5!2m2!1d141.3507553!2d43.0686606!1m5!1m1!1s0x5f7566c2bb069a9f:0xbf3b71341bdb90e!2m2!1d141.1455939!2d42.5047481!3e3?hl=ja

約3時間半もかかってしまい時間的余裕がなくなってしまい、焦って温泉をゆっくり楽しめなくなってしまう可能性があるので日帰りではなく止まりなどをお勧めします。ですがレンタルカーで移動するならこの限りではありませんただ冬で移動するとアイスバーンなどで滑ってしまう可能性があるので注意が必要です。

さて前置きはここまでにしておススメの銭湯や温泉についてお話していきたいと思います。先ずはこちら

少し界隈では有名なのですが夢元 さぎり湯というお店について紹介したいと思います。このさぎり湯は古き良き店で歴史を感じられる良いお店です。

料金は大人420円子供180円と入りやすいお風呂になっています。さらにはこの温泉はその他にもこの施設特有の1日券というものがありこれを買うと有料の休憩所が使えるほかいつでも改めてお風呂に入ることが可能です。入った後に観光に行き疲れを取るために改めて入るといった事も可能になります。こちらは、大人650円子供300円となっています中にシャンプーやボディソープは無くレンタルという形になってしまいますが基本100円弱でレンタルが可能なのでお値段自体はあまりしないと思います。

中の温泉の施設は露天などはありませんが目にいい温泉やジャグジーバスやサウナなど基本的な施設は揃っており、目にいい温泉はこのさぎり湯でしか入ることのできない特別な物となっています。

休憩スペースは無料の場所と有料の場所があり、有料では食事などの持ち込みは自由になっており、ファーストフード系統の食事などを持ち込み皆でわいわいしながら食べることも可能になっています無料の場所は有料ではありますが、マッサージチェアなどがおいてあり、軽く筋肉をほぐすことができます。

その他にも有名ホテルや施設ともに登別には良い施設がたくさんあるので

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

北海道の温泉巡り 札幌編

こんにちわ。本日からインターンシップ参加させていただく工藤です。

私は北海道の温泉を中心に記事を取り上げたいと考えています。

その中でも今回は札幌を中心に取り上げていきます

何故なら先ず観光などで一番訪れる頻度が高いからです。そんな場所を押さえておけば観光がより楽しくなると考えているからです。

それでは最初は私の良く行ってる温泉を紹介します

画像引用元

https://sapporo.mypl.net/mp/public_bath_sapporo/?sid=9137

公式サイト

http://www.e-u.jp/

此処は私が良く訪れる北のたまゆらという温泉です。こちら大人450円子供150円とリーズナブルになっており、さらにはボディソープやシャンプーなどが完備されているので、気軽に訪れることができます。さらには露天や寝湯など、いつまでも入っていられる工夫が施されており、その他にもサウナや水風呂等飽きない工夫がされているのでいつ来ても楽しく温泉を楽しめると思います。

さらにここは温泉の他にもお食事にも対応できており、

食事一覧

http://www.e-u.jp/higasi_food.html

人気のしょうが定食からデザートまでまで様々なものがあり飲み物はいつでもうれしいソフトドリンクから風呂上りに1杯のビールまで、老若男女問わずだれでも楽しめるような施設になっています。札幌に来たときはぜひいらしてください。

次は1泊以上を予定しているならこちらの温泉がおススメです。

引用元

https://www.supersento.com/hokaidotohoku/hokaido/tokakyo.html

公式サイト

https://www.toukakyo.jp/index.php

こちらはすすき天然温泉 湯香卿という施設で1階が温泉2階~4階がホテル施設になっていて日帰りから宿泊まで対応が可能です。その他にも休憩スペースからボディケア施設まで幅広く対応しており、場所も札幌市中央区南7条西3丁目と豊水すすきの駅から近くその他の施設などにもアクセスしやすくなっております。ただ値段だけが少しネックで、大人2700円子供1400円と中々なお値段になっておりますが各種温泉が落ち着く雰囲気であり、私は近くで少し贅沢な温泉をしたいと考えたときはこの温泉を利用することが多いです。

温泉でも様々な効能があり、

以下のサイトから引用

https://www.supersento.com/hokaidotohoku/hokaido/tokakyo.html

[ 泉質 ] ナトリウム – 塩化物(弱食塩泉)
[ 効能 ] 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病

引用終了

などがあります。その他にも塩サウナや水風呂や露天などもあり入っていて体が落ち着くようなそんな温泉になっています。

食事もサラダからお肉のがっつりしたものまで様々なものがあり、個人的には海老天重がおススメです。さらには宴会コースまで用意されており和洋折衷様々ものもあります会社などで旅行宴会なされる際にはこちらを提案されるのも良いと思います。

北海道の札幌に来られた際に是非こちらの施設などを利用なさってはいかがでしょうか。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。