千葉県のひみつ

こんにちは、インターン生の細田です。
千葉県の紹介も今回で第10回目、最終回となりました。
今回は今まで紹介した内容をまとめていきたいと思います。

これまで、千葉県の全体の紹介からはじまり、千葉の食べ物、名所、スポーツ、産業、地理、歴史人物、企業と紹介させていただきました。
千葉県は、東京の東に隣接する県であり、そのことから東京へアクセスしやすい県です。
また、起伏の少ない土地である事から住宅開発が進んでおり、東京近辺はベッドタウンとなっている場所も多いです。
一方で落花生の生産をはじめ農業も盛んであり農業産出額が全国トップレベルなことに加え、太平洋と東京湾に面していることから漁業も盛んであること、内陸側と太平洋側で気候が大きく異なるなど、様々な面を持っています。
スポーツでは高校サッカーでの強豪校があることやサッカーのプロチームのホームがあることなどを紹介させていただきました。
また、名所の紹介では歴史ある建物から博物館、有名なアミューズメントパークまで、一度見ていただきたいところを紹介させていただきました。
食べ物についてはローカルなものがほとんどでしたが、一度は食べてみる価値のあるものだと考えています。
他にも、歴史人物や千葉発祥の企業など千葉の特色ともいえる要素が多くあります。

さて、10回にわたり、千葉県の有名な話からローカルな話まで紹介させていただきましたが、印象に残った話はあったでしょうか。
自慢話のような紹介ばかりでしたがどれか1つでも、千葉県について興味を持っていただけたのなら幸いです。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉の企業

こんにちは、インターン生の細田です。
千葉県の紹介も9回目となり、終わりが見えてきました。
今回は千葉県の企業について紹介させていただきます。

はじめに紹介する企業はマツモトキヨシです。
ドラッグストアチェーンの大手企業であるマツモトキヨシは千葉県の松戸市に本社があります。
このマツモトキヨシは、1932年に社名にもなっている松本清さんが松本薬舗を開業した事から始まりました。
実はこの松本清さんは、薬舗を開いた後千葉県議会議員にもなっているのです。また松戸市長として活動した時期もあり「すぐやる課」という部門を作るなど、商売以外の実績も残しています。
さて、企業のマツモトキヨシの話に戻りますが、松本薬舗開業の後、1954年に有限会社マツモトキヨシ薬店を設立しました。
さらにその後の1975年に株式会社マツモトキヨシに改組しました。事業を拡大していったマツモトキヨシは、1995年にドラッグストア売り上げNo.1になります。
2007年に、株式会社マツモトキヨシホールディングスを設立するなど、その勢いは止まることなく続いています。

次に紹介する企業はキッコーマンです。
醤油で有名なキッコーマンは千葉県の野田市に本社があります。
キッコーマンの歩みは1917年に野田醤油株式会社と万上味醂株式会社を設立したことから始まります。
1918年に両社の営業が開始され、1925年には野田醤油株式会社、万上味醂株式会社、日本醤油株式会社の三社が合併します。
1927年に東京市場で商標をキッコーマンに統一し、1940年に全国での商標がキッコーマンに統一されました。
会社の名前がキッコーマンと成る過程では、1964年にキッコーマン醤油株式会社へ商号変更、1980年にキッコーマン株式会社へ商号変更という歩みがあります。
キッコーマンは1954年にはサンフランシスコにキッコーマン・インターナショナル社を設立するなど、海外への進出を行っています。
また、取り扱う商品は醤油に留まらず、年を追うごとにデルモンテ・トマトケチャップ/デルモンテ・トマトジュースの発売、本つゆやうちのご飯シリーズの発売など、調味料をはじめとした食品を展開していきます。
また、2009年に持株会社制へ移行し、キッコーマン食品株式会社、キッコーマン飲料株式会社、キッコーマンビジネスサービス株式会社の三社に新設分割しています。

千葉県の企業について興味を持っていただけたでしょうか。
今回の紹介は以上とさせていただきます。
次回が最後となりますが、どうぞよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉の歴史人物

こんにちは、インターン生の細田です。
千葉県の紹介も第8回目となりました。
今回は千葉県の歴史人物について紹介させていただきます。

今回紹介する人物は、伊能忠敬です。
日本地図を描いたことで有名な伊能忠敬は、1745年に上総国山辺郡(現在の千葉県山武郡)で生まれました。
伊能忠敬の名になったのは、下総国香取郡(現在の千葉県香取市)にある酒造家の伊能家に婿入りしてからで、このとき忠敬は満17歳だったそうです。
伊能家の当主として商いを行った忠敬は36歳に名主となり、地位を上げていました。
50歳で隠居し、江戸に出て天文学や測量術等を学びはじめます。

地図作成のために測量を開始したのは1800年の事で、このときの忠敬は55歳でした。
伊能忠敬は陸路を徒歩渡り測量を行ったことで知られていますが、当時は船を使った移動も提案されていたそうです。
忠敬が陸路を選んだ理由は、船からの測量では子午線の長さが測れないことと、入り江などの正確な地形が描けないと判断したためだそうです。
測量の方法は導線法と交会法という当時一般的に使われていた方法で、忠敬の測量法は特別なことをしているわけではないとも言われたそうです。
しかし、忠敬の測量の特徴は天体観測などを用いて測量の誤差を無くすことであり、天体観測を測量に実行したのは忠敬が初めてとされています。
この地図を作る測量は10度行われました。
また、忠敬は地図が完成する前の1818年に74歳で亡くなりましたが、その死を隠し、高橋景保を中心として地図の制作が続行されました。
地図が完成したのは1821年であり、地図が上呈された3ヵ月後に伊能忠敬の喪が公表されました。

伊能忠敬の作った地図は現代の地図と比べてもほとんど違いがなく、離島の位置や輪郭までも正確に描かれています。

今回の紹介は以上とさせていただきます。
次回もまたよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉の地理

こんにちは、インターン生の細田です。
第7回目の千葉県の紹介をさせていただきます。
今回は千葉県の地理について紹介させていただきます。

千葉県は律令制以来の上総、安房と下総の一部地域で成り立っています。
「千葉県」と呼ばれるようになったのは1873年に行われた印旛県と木更津県の合併の後だそうです。
千葉県の地理的特徴は、県境に利根川と江戸川が流れていて、東京湾と太平洋に囲まれている事です。
千葉県の北西部は内陸性気候の特色が見られますが、北東部や南部は一年中温暖な海洋性気候の影響を受けています。
南にある南房総沿岸は暖流の影響もあり、冬でもあまり霜が降りません。

他の特徴として、千葉県は起伏の少ない地形であり、可住地面積が広く東京に隣接する事から、住宅開発が進んでいます。
北西部は千葉県の中でも特に人口が密集する地域です。
また、東京湾側は埋立地が広がり、石油化学コンビナートや製鉄所が立っています。
他にも、千葉県は全国で唯一500m以上の山がない県でもあります。一番高い山でも標高408.2mの愛宕山です。
しかし、鋸山など観光地として成り立っている山もいくつかあります。
千葉県は内陸側と太平洋側で気候が大きく違う県なのです。

さて、今回の紹介は以上となります。
次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉の名所2

こんにちは、インターン生の細田です。
第6回目の千葉県の紹介をさせて頂いただきます。
今回は千葉県の名所第2弾ということで紹介させていただきます。

はじめに紹介するのは成田山新勝寺です。
成田山新勝寺は千葉県成田市にある真言宗の寺で、本尊は不動明王です。
年末年始の初詣や節分で多くの人が集まる成田山新勝寺は平安時代から続く長い歴史を持っています。
特に初詣の来場者数が約300万人と、全国のランキングでもトップレベルの人気です。
また、節分の際、成田山新勝寺では”鬼は外”を言いません。これは、不動明王の前では鬼すら改心するため、鬼はいないという考えがあるからだそうです。
アクセス面ではJR成田駅から徒歩10分ほどです。

次に紹介するのは房総のむらです。
房総のむらは千葉県栄町にあります。昭和61年に参加体験型の博物館として開館されました。
古墳や石器といった縄文・弥生時代の資料のほかに、江戸時代の武家屋敷や農家、古い町並みを参考に構成された商家の町並みの様子を見る事が出来ます。
他にも明治時代に使われた県会議場の外観を再現したものや、国の重要文化財に指定されている旧学習院初等科正堂など、様々な時代の様子を知る事が出来ます。
また、景観に整合性があるため、度々テレビのロケ地として利用される場所でもあります。
入場料は一般で300円、アクセスはJR成田駅から徒歩10分ほどです。

今回はここまでとさせていただきます。
また次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉の産業

こんにちは、インターン生の細田です。
全10回ある千葉県の紹介も今回で5回目、半分まで来ました。
今回は千葉県の産業について紹介させていただきます。

はじめに、千葉県の農業について紹介させていただきます。
第2回の紹介で、千葉県は落花生の生産が全国1位であると紹介しましたが、他の項目でも生産が盛んなものがあります。
平成27の記録では、千葉県の農業産出額は全国4位となっていて、その中の項目で落花生、日本なし、えだまめは全国1位であり、そのほかにも花きが全国2位、野菜が全国3位、豚が3位、鶏卵が2位など、全国上位に入る農畜産物も多いです。
果物系統では、スイカ、メロン、なし、イチゴ、野菜ではかぶ、ねぎ、ほうれんそう、マッシュルームなどが盛んです。

次に、千葉県の漁業について紹介させていただきます。
千葉県の面している海は、太平洋側の銚子から九十九里浜までの銚子・九十九里地域、銚子・九十九里地域よりも南に位置する太平洋側を外房地域、東京湾に面している海を東京湾地域、東京湾より南に位置する東京湾側を内房地域と分けます。また、利根川、印旛沼、手賀沼等の内水面でも漁が行われています。銚子・九十九里地域では、イワシ、サンマ、キンメダイ、チョウセンハマグリなどの漁が行われ、外房地域ではサザエ、ヒジキ、マグロ、ヒラメなど、東京湾地域ではアジ、マダイ、クルマエビなどの漁が行われ、内水面では、ウナギ、アユなどの漁が行われています。
千葉県は地域によって漁が行われる品目に違いがあり、幅広い種類の魚介類が漁獲できます。

さて、千葉県の産業に興味を持っていただけたでしょうか。
今回の紹介は以上とさせていただきます。
また次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉とスポーツ

こんにちは、インターン生の細田です。
千葉県の紹介も第4回となりました。
今回は千葉県とスポーツについて紹介させていただきます。

はじめに紹介させていただくのは千葉県と駅伝についてです。
千葉県には千葉県我孫子市に本部を置き、箱根駅伝本戦に19回(※2018年2月現在)出場している中央学院大学があります。
中央学院大学は連続で箱根駅伝のシード権を獲得するほどの実力がある大学です。
他にも、千葉にあるスポーツの強い大学として順天堂大学が挙げられます。
本部が東京にある順天堂大学ですが、千葉県印西市に順天堂大学のスポーツ健康科学部があります。
今後も各大学の駅伝での活躍に期待です。

次に紹介させていただくのは千葉県とサッカーについてです。
千葉県はサッカーにおいて強いチームがいくつかあります。
特に高校サッカーに関しては全国大会の優勝候補として語られることのある流通経済大学付属柏高校があります。
他にも、過去数回の全国優勝経験のある市立船橋高校など、サッカーの強豪校として語られる高校があります。
また、プロリーグに関しても千葉県にホームタウンを置く柏レイソルとジェフユナイテッド市原・千葉があります。
このように、千葉県はサッカーの強い県でもあるのです。

今回の紹介は以上となります。
また次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉の名所

こんにちは、インターン生の細田です。
千葉県の紹介は今回で第3回となります。
今回は、千葉県の名所について紹介します。

はじめに紹介する場所は成田空港です。
成田空港は千葉県成田市にある空港で、アクセス特急やなどの電車を利用すれば1時間30分~2時間ほどで羽田空港へいける空港です。
国際線を利用するなら成田というイメージもあるかと思いますが、国内線も札幌、名古屋、大阪、福岡、沖縄など日本のいたるところにアクセスできます。
東京ー千葉間で見たとき、路線や移動時間を考慮すると羽田空港の方が便利な場合がありますが、成田空港は羽田空港よりも安い航空券が手に入るので、
時間と費用を考慮してどちらがよいかを選ぶ事ができます。

次に紹介する場所は、国立歴史民俗博物館です。
この博物館は、千葉県佐倉市にある博物館です。自然に囲まれ、落ち着いた雰囲気のある施設です。
ここでは原始時代から現代に至るまでの展示を閲覧する事ができ、模型などの立体的な資料も豊富なのでそれぞれの歴史のイメージがよく伝わってきます。
また、館内にはカレーやカツ、ハヤシライスといった馴染みのある料理を提供してくれるレストランもあります。
東京から1時間ほどでいける場所なので、興味が湧いたのなら一度行ってみることをオススメします。
入館料は一般で420円です。

最後に紹介する場所は、東京ディズニーランドです。
千葉県浦安市にある東京ディズニーランドですが、千葉なのに東京とつけるのか?といった疑問はもはやお約束ですね。
浦安市は千葉県でも東京のすぐ隣に位置するので、東京都変わらないような場所というイメージも湧くと思います。
東京ディズニーランドの魅力は多くの方がご存知だと思います。各アトラクションやパレードなど、ディズニーの世界観が忠実に再現されています。
中には2時間以上待つアトラクションもありますが、それでも体験したい楽しさがあります。
また、食べ物もおいしくポップコーンの味の種類も豊富です。ちなみにディズニーの食べ物で私が好きなのはスモークチキンです。
入園料が他のテーマパークと比べても高めですがそれだけの面白さがある施設だと思います。

第3回の紹介は以上とさせていただきます。
また次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉の食べ物

こんにちは、インターン生の細田です。
前回は千葉県全体のお話をさせていただきました。
第2回である今回は、千葉県の食べ物について紹介させていただきます。

まず、千葉県の食べ物で有名なのは落花生(ピーナッツ)です。
千葉県は落花生の生産量が全国1位で、その割合は8割にも及びます。
生産量1位なだけはあり、落花生を使った商品のバリエーションは豊富です。
落花生の味噌あえ、落花生を砂糖でコーティングしたお菓子、落花生ゼリーといったものがあります。
私がオススメするのは、掘ってから乾燥させる前の落花生を塩茹でにして食べるものです。
世間的にはかたい落花生を食べるのが一般的だと思いますが、茹で落花生は茹で加減によりしゃきしゃきとした
食管を楽しむ事が出来ます。機会があれば是非試してみてください。

さて、次に紹介する食べ物はローカルなものになります。
それはJR我孫子駅のホームにある店「弥生軒」が出す料理、「唐揚げそば・うどん」です。
この商品、どんぶりからはみ出る勢いの唐揚げが特徴的です。見た目どうりの食べ応えで、
そば・うどんに使われるつゆも頭が痛くなるほど濃いものですが、唐揚げの衣に吸わせると
また違う味わい方ができます。また、この唐揚げのために我孫子駅で一旦降りる人もいる
というのを聞いたこともあります。一度試してみる事をオススメします。

最後に紹介するのは「勝浦タンタン麺」です。
この勝浦タンタン麺は胡麻ベースのスープを使い、ピリッと辛いのが特徴です。
発祥である店「江ざわ」の店主が芝麻醤のかわりに胡麻風味を出そうと試行錯誤した結果生まれたそうです。
地元の漁師が体を温められるようにという思いも込められているそうです。

千葉県の食べ物はどうでしたか?少しでも気になったものがあれば一度食べてみてください!
それでは、また次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

千葉県とは!

初めまして、インターン生の細田です。 今回から10回にわたり千葉県についてご紹介させていただきます。
第1回は千葉県全体のお話をさせて頂きます。

千葉県は東京の東に隣接する県です。
そのため、千葉県(特に北西部)は東京へすぐアクセスできます。
このアクセスのしやすさから、ベッドタウンとなっている市も多くあります。
東京に近く、ベッドタウンとなっている市は人口10万人を超えるところも多いです。

千葉県は自然環境にも恵まれています。
太平洋を望むことができる九十九里浜や、暖かい気候が流れ花の生産が盛んな南房総など、
特有の自然環境を持つ場所がいくつかあります。

また、千葉県のシンボルは、県の木であるマキ、県の花である菜の花、県の鳥であるホオジロをはじめ、
千葉県のマスコットキャラクターであるチーバ君が挙げられます。
このチーバ君は千葉県の地図をベースに作られたキャラクターであり、千葉県民は「チーバ君の〇〇のあたりに済んでいる」
といった会話をする事があります。
一時期人気だったあのふなっしーも、千葉県の船橋市から生まれたキャラクターですね。

さて、東京に近く都会なイメージを持ちながらも特有の自然を持つ千葉県に興味を持っていただけたでしょうか?
次回からは、千葉県のより細かい部分を紹介したいと思います。
それでは、また次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。