思い出のある授業は〇〇。

こんにちは、インターン生の奥田 まいです。
4回、5回目は普通科目と専門科目を二つに分けてお話しました。最終回はその2つを合わせて一番思い出深かった授業について話したいと思います。

1年生~4年生まで様々なことを学んできましたが私は4年間のまとめとして卒業制作が一番印象深いと感じました。
前回と多少前後しますが、1、2年生で基礎を学び、3、4年生になると自由制作になります。洋画専攻は基本どの画材を使っても自由なので得意な色鉛筆で制作しました。
色鉛筆にも様々な種類があり、油性色鉛筆と水彩色鉛筆があります。
私がいつも使っているのが油性色鉛筆のカリスマカラーという名前の色鉛筆です。
1本230円と少しお高めですが、ベタ塗りや重ね塗り、更に特徴なのが力強いタッチで重厚感のある画面を作り出せるのでオススメです。
私は色鉛筆で描いたように見えない塗り方を目指しているので色がこれ以上入らなくなるまで最大限力を込めて濃く塗っています。よくリアル色鉛筆と言われるものがそうです。

ではどういう手順で作品を描いているのかここで紹介したいと思います。
今までの自由作品(3年生)では木製パネルに紙(水張り)を張ってその上から薄い鉛筆で下書きをしてからかなり薄めの透明水彩で配色をしました。エスキースの段階で大まかなラフと配色をするのですが、パネルに下書きをしている際に色のイメージが出てくることがあるのでその時はいきなり本番に移ることがあります。ここでポイントなのが、鉛筆の線が見えないようにかなり薄めに描写することと、水彩も薄めに塗らないと残ってしまう可能性があるので気をつけるということです。
ここまでが下書きの段階になります。
次に下地を活かすために紫の色鉛筆で明暗を設定し、立体感を付けていきます。私は細密描写が好きなので立体感が出たら細かい描写もしていきます。
この下地をすることで作品のスピードが変わっていきます。ここでポイントなのはデッサンと同じで光が当たっているところは塗らない。影が当たっているところは濃いめの色を出すこと、それ以外は中間の色を出すことです。中間と暗い部分は良いのですが明るい部分を塗ってしまうとその時点で失敗したことになるので加減が難しいです。この作業はデッサンと全く同じ作業になります。
ここからが一番のメインでいよいよ彩色をしていきます。まず初めにメインとなるものを塗っていきます。もしメインとなるものが暗い場合は背景から攻めます。
一層目は配色に近いことをします。全体に色が入ったら二層目にいきます。段々と色を重ねることによって濃くなるので限界まで塗っていきます。ここでポイントなのが一層目から濃く塗らないことと三色までにすることです。色鉛筆でも4色以上使用してしまうと濁ってしまうことがあります。また相性が悪い色を置かないこと、
この作業をひたすら満足がいくまで塗っていきます。
そしてハイライトなどを入れる場合はホワイト色鉛筆でも良いのですが、ハイライトのみアクリルガッシュを使用します。
仕上げにフィキサチーフ(定着液)を吹きかけます。
最後に見栄えを良くする為に縁を水張りテープで貼って完成です。
今まではこのような作業をしていましたが卒業制作では少し異なります。
200号サイズ(259.0×182.0)の大きさの紙が売っていないので木製パネルに直接ジェッソ(アクリル)を10回に分けて塗る作業を行いました。絵具の場合は特に気にすることはないと思いますが色鉛筆だと支持体が最も要となります。ジェッソを塗った後に紙やすりで磨いていくのですがツルツルに磨きすぎても色が載らないしボコボコしすぎても跡が残ってしまうし加減が難しいです。因みに支持体を作るだけで一週間もかかりました。
他の作業は全く同じで最後の部分を水張りテープではなくアクリルガッシュで枠塗りをしました。

この作品は卒業展示として六本木の国立新美術館へ飾られます。五美大展(多摩美術大学・武蔵野美術大学・女子美術大学・東京造形大学・東京工芸大学)と言って五つの学校が参加します。是非観に来てください。
最後は宣伝という形になってしまいましたが少しでも女子美について知っていただけましたでしょうか?
1回目~6回目までご閲覧ありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

専門科目はどんな授業をするの?

こんにちは、インターン生の奥田 まいです。
前回は普通科目についての紹介をしましたので5回目は専門科目について紹介していきます。
学科や学年ごとにカリキュラムが異なるので今回は共通科目と洋画学科の1年~4年生までの授業カリキュラムについてお話していきます。

まずは共通科目の種類を紹介します。
1.美術選択実技A、B(油彩画・リトグラフ・日本画・彫塑・立体・)
2.美術選択演習(素描/描写・パネル作製・金工、ジュエリー・繊維フェルト・CG・写真・メディア)
3.絵画素材論A、B
4.石彫
5.アートプラティクスⅠ、Ⅱ
6.アートアクティヴィティ
7.色彩文化概論
8.配色調和論
9.視覚心理学
10.カラーキャリアⅠ、Ⅱ
11.技法史
12.ヴィジュアルスタディーズA、B
13.デザイン批評A、B
14.芸術人類学
15.芸術民俗学
16.芸術政策と法
17.創作活動と法
18.芸術文化オープンゼミⅠ、Ⅱ、Ⅲ(日本美術・人類学・芸法・芸象・西洋美術・色彩学)
19.美術教育論A、Bです。

洋画科目は
1.絵画Ⅰ、Ⅱ、ⅢA、B
2.デッサンⅠ、Ⅱ
3.基礎構成演習
4.グループワーク
5.卒業制作

版画コースは
1.版画Ⅱ
2.デッサンⅡ
3.版画表現演習Ⅱ
4.素材実験
5.卒業制作
となっています。

では、洋画科目の絵画Ⅰ、Ⅱ、ⅢやデッサンⅠ、Ⅱや基礎構成演習は一体どんな授業なのか紹介します。

絵画は対象から感じたことを、どのように色、かたち、空間として表現出来るか。デッサンと油彩画の関係を考えながら描くことに重点を置いており、絵画の基幹である油彩画において、風景画の制作を通して、絵画の基礎となる観察力、発想力、表現力を身に付ける授業になっています。
因みにⅠ、Ⅱ、Ⅲは学年を表しており、Aは基礎、Bは応用です。
絵画での授業内容は、学校の周辺にある大きい公園に出掛けてスケッチをしたり、女性・男性モデルさんを呼んでヌード作品を描いたり、動物画の課題ではアトリエに山羊を入れて動き回っているところを描写したりスケッチ旅行に行って自然を描くなど見たものを正確に捉えるという訓練も兼ねた分野です。

デッサンはその名の通りモノの形・奥行きをしっかり把握して素描し、観察力を身に付けます。
鉛筆または木炭で「モチーフを徹底的に観察して描く」ことを念頭にデッサンに取り組み、様々な描画材を用いながら、生きている動物をよく観察し、その動きや特徴を即興的に捉えます。また、風景をモチーフにデッサンしながら描写力を養い、油彩画へと移行させていきます。素材は、紙に鉛筆、コンテ、木炭、インク墨など自由です。

基礎構成演習は絵画についての基礎知識を学び、画材の基礎知識を歴史から使用法まで解説し演習をとおして理解を深めます。作画についての基礎的な技術も解説し、各自の制作へ反映できるようにすることを目的としています。ここの分野では他に古典技法についても学びます。当時の絵画は麻布には描かずに板に描いていたのでテンペラ技法が使われていました。
テンペラ画は顔料と卵黄を混ぜあわせた絵具で描いたもので、下地には平滑な板に石膏を塗布し、入念に磨きあげたものを使用します。麻布だと細かい描写やハッチングが不可能なので
板で描いていました。
他にも様々な技法、あるいは独自で作った技法などをこの演習で体験することができるのでとてもやり甲斐のある授業です。

今回は洋画学科の科目種類についてのお話でした~♪ありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

普通科目はどんな授業があるの?

こんにちは、インターン生の奥田 まいです。
前回はキャンパス施設についてのお話でしたので4回目の内容は女子美の普通科目の種類と美大ならではの授業を紹介したいと思います。
女子美は普通科目の授業と専門科目の2種類があるのですが1回目(4回目)を普通科目、2回目(5回目)を専門科目に分けて紹介します。

普通科目(学部共通科目)はA群~E群に分けられています。これが一覧です。↓

A群 
・哲学
・歴史学
・文学
・音楽
・文化人類学
・教育原論
・教育心理学
・青年心理学
・法学
・日本国憲法
・政治学
・社会福祉学
・現代社会概説
・生涯学習概論
・数理科学
・生命科学
・心理学

B群
・英語Ⅰ、Ⅱ 
・英会話A、B 
・フランス語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
・イタリア語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ 
・ドイツ語 Ⅰ、Ⅱ 
・中国語  Ⅰ、Ⅱ 
・日本語  Ⅰ、Ⅱ
・コンピュータ入門A、B 
・コミュニケーション論 
・比較文化論 
・言語学  
・日本事情
・異文化理解

C群   
・健康科学 
・スポーツ演習A(バトミントン、ソフトバレー、テニス) 
・スポーツ演習B(レクリエーショナルスポーツ)  
・スポーツ演習C(エアロビックダンス、トータルフィットネス)
・スポーツ演習Ⅾ(ボディメイク、スキー) 
・精神保健 
・心身医学 

Ⅾ群 
・西洋美術全史概論・特論A、B
・日本美術全史概論・特論A、B
・東洋美術史概論・特論A、B
・古美術研究
・美学
・現代美学
・芸術学
・日本近代美術論
・現代美術論
・デザイン史 
・環境論
・造形心理学 
・色彩学
・美術解剖学A、B
・図学A、B
・書道
・文化遺産学
・ユニバーサルアート研究 
・博物館概論
・博物館展示

E群
・基礎学習ゼミ(美術学科)
・基礎学習ゼミ(デザイン・工芸学科)
・ジェンダーアート入門
・女性と法
・芸術文化政策論
・芸術と知的財産権
・国際留学プログラム
・国際芸術演習A、B
・サービスラーニング
・キャリア形成A、B、C、Ⅾ
・インターンシップA、B、C、Ⅾ

普通科目だけでも68種類あります。その中でも美大らしい授業はⅮ群で西洋・東洋美術・美学・現代美学・色彩学・美術解剖学などが挙げられます。
では今挙げた中で一体どんな内容についての授業なのか紹介します。
西洋・東洋美術史はその名の通りその時代の美術の歴史についての内容になります。世界史と違って、美術だけを取り扱っています。なので絵画に出てくる人物やアイテム、建築物の構造などを解読したりするようなことをしています。また主に、西洋美術は絵画ですが東洋美術は絵画、金工品、陶磁器、玉器など表現上の約束事と技法についてというところに着目しています。

美学は、『美とは何か。芸術とは何か』、について詳しく学びます。美や芸術に深く関わる私たちの感性の働きについて考察する学問で、この授業では、古代ギリシャから近代までの、いわゆる伝統的な美や芸術に関する思想から、特に美術(造形芸術)に深く関わる考え方に注目し、それらを具体的な作品と照らし合わせながら考察していきます。この考察を通じて、美や芸術そして感性の働きについて、新たに多くの問いや気づきを得ることを、ひいては思考する力を得ることを目標とします。

現代美学は現代美術が関わる社会、文化、思想の諸問題をみつめながら、芸術を巡る理論としての、美学の今日的なあり方について考察します。
かつて美学は、芸術や美のあり方について考察を深める学問ではありましたが今日のように、表現が社会の諸問題と関係を深めつつある状況においては、美学にもより広い視点が求められる。性や人種差別、貧困などの社会諸問題について考察しなければならず、自身が利用する言語やテクノロジーの本質についても考察するという内容です。
 
色彩学は色彩の基礎を学ぶことを目的とし、色の正体、色が見える仕組み、色から感じること、色を伝える方法、配色方法など今後の制作活動に必要な知識を身につけていくこと。
授業の進行は、理論の解説、現象のデモンストレーション、演習と幅広く学んでいき、色彩検定やカラーコーディネーター検定などの受験に配慮した内容になっています。

美術解剖学は人のかたちの見方を広げ、創造の基礎を学びます。
人体の外形と内部構造の関係を知ることは、ルネサンス以後、画家や彫刻家にとって必須の素養とされてきました。
20世紀を経て表現が多様化した今日においても、人が生み出すもののかたちは本質的に身体感に起因するものです。
この授業は体の支柱となる骨学を基本に、かたちの由来(進化、比較解剖学)、運動とそれともなう変化などについて述べます。加えて、造形表現された人体の造形上の工夫や表現術について考察します。

普通科目の中にも専門的な科目が入っているのでどれを受講しようか迷ってしまいますよね。
今回は普通科目についての紹介でした。次の回では専門科目について紹介したいと思います。 では次の回でお会いしましょ~♪

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

キャンパス施設はこうなっている…

こんにちは、インターン生の奥田 まいです。
前回はサークル&同好会についてのお話だったので3回目はキャンパス施設についてお話したいと思います。
女子美のキャンパスは全部で13施設あり、学科や体育館がそれぞれ違う館になっています。
では13施設の紹介をします。
1号館は、美術教育専攻や4年生の洋画専攻・日本画専攻実習室、芸術表象専攻実習研究室 そしてこの館のメインとなる学生支援・教育支援センター、・理事長室、保健室になっています。
実は1号館は2号館と連結しており、そのまま2号館へと移動することができます。
2号館は誰もが好きな学生食堂になっており、ここでご飯が食べられます。食べること以外にも一息入れたい時など、友人と会話をしたい時など自由に使える空間になっています。
更に2号館と10号館が連結しています。ですので1号館→1.5号館→2号館→2.5号館→10号館という造りになっています。
3号館は図書館や閲覧室になっており、女子美の学生証があればいつでも利用可能になっています。
4号館はヴィジュアルデザインの棟になっています。
5号館は工芸専攻の棟で実習室になっています。
6号館はプロダクトデザイン・環境デザインの棟で別棟もあります。
7号館は体育館・フィットネスルームで授業や部活紹介などに使用されます。
8号館が私の専攻している洋画専攻の棟になります。この館は他にも日本画専攻と版画実習室があり、版画コースは8号館別棟にあります。
9号館は立体アート専攻の棟になっています。
10号館はアートミュージアム・美術館、国際センター、ドローイングセンター、芸術文化専攻になっています。ちなみに10号館が1番新しい棟になっておりここだけの話トイレがどこの館よりも綺麗です。他にも授業でもよく利用する場所です。
11号館は9号館と同じで立体アート専攻実習室になっています。
12号館は立体物を制作する4年生が主に利用する場所です。
13号館は4号館と同じでヴィジュアルデザイン専攻の実習室になっています。学科の中でもビジュアルデザインが圧倒的に多いので棟が一番大きくなっています。他にもPCルーム(WindowsとMac)があるので使用可能な時間に利用できます。13号館の目の前には芝生があるのでそこでバトミントンをしたり絵を描いたりフリーに過ごすことができます。
キャンパス内がとても広いので未だに覚えられない場所もあり行ったことのない館もあります。因みに8号館の教室が一番独特な香りがするので好きです(油彩のにおい)

今回は施設についてのお話でした~♪次回は普通科目のちょっと変わった授業を教えたいと思います。それではまた次の回でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

サークル&同好会紹介~♪

こんにちは インターン生の奥田 まいです。前回は私が専攻している洋画専攻についてのお話をしましたが2回目は少し離れて女子美のサークル&同好会の紹介をしようと思います。主にサークルと同好会の2種類に分けられますが、サークルは29、同好会は11、計40種類になります。
これが一覧です。

体育系
・ワンダーフォーゲル部
・硬式テニス部
・基礎スキー部スノードロロン
・バスケットボール部  
・舞踏研究部
・少林寺拳法部
・バレーボール部
・ダンス部
・チアダンス部    
・バトミントン部     
・弓道部
          
音楽系
・琴曲部
・フォークソング部(JFC)
・マンドリンクラブ
・東京五美術大学管弦楽団

美術系
・クロッキー部
・児童美術研究部
・陶芸部
・漫画研究部
・CROWN(イラストサークル)
・映像部
・広告研究会

文化系
・劇研214ベクトル
・華道部
・教育研究会
・糸が結ぶセルビアと日本
・きのこ部

同好会
・特撮同好会
・フットサル同好会 
・歴史研究会
・女子美シネマサロン
・かるた同好会
・にこぷん
・紅茶同好会
・書道同好会
・うどん同好会
・写真同好会
・TRPG同好会      
             
その中でも少し変わった
マンドリンクラブときのこ部、同窓会のTRPGについて紹介したいと思います。
1.マンドリンとはイタリア発祥の撥弦(はつげん)楽器のことでイチジクの縦割りに例えられます。音はギターに似ています。マンドリンは絵画などにもよく用いられているんですよ♪
2.きのこ部はその名の通りきのこを観察して育てるというサークルです。マニアックすぎますね。
3.TRPGとはテーブルトークロールプレイングゲームの略で簡単に言うとサイコロを用いた対話型の卓上遊戯ですね。
このように変わったサークル&同好会がいくつもあります。こんなにも数があるとどこに入るか迷っちゃいますよね♪
では今回はちょっとしたサークルと同好会の紹介でした~。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。 

実は…洋画専攻は…

はじめまして、インターン生の奥田まいと申します。
女子美術大学はご存知ですか?神奈川県の相模原市にある大学で周辺には公園・小さい動物園・植物園など自然溢れる場所にあります。女子美は主に美術学科、デザイン・工芸学科、アートデザイン表現学科の三つの学科で構成されており、私はその中の美術学科の洋画を専攻しています。洋画と聞いて大抵の人は油彩などのアナログ、絵画を思い浮かべるのではないでしょうか。それは間違えで洋画専攻は基本画材が自由なのです。最初の1・2年生は基礎と画材になれることを目的とする授業ですので絵画の代表 油絵制作になりますが3年生からは自由制作になるので自分に合った画材を選べます。中には立体作品やインスタレーションやデジタルイラストを制作する人もいます。私も3年生から画材を変更して色鉛筆画で制作をしています。他の学科 例えば、日本画や立体アートや工芸などはその材料でしか制作してはいけないので女子美の洋画専攻はとても特殊なのです。専攻の主な内容については入学して体験してみないと分からないので洋画は油絵だけを描くのではないということがここで初めて分かります。また、洋画専攻には選択というものがあり、2年生の終わりになると新たに版画コースを選択することができます。版画コースに入ったら終わりまでそのコースに留まらなくてもまた洋画コースに戻ることも可能になっているので自由度は他の学科に比べるとかなり高いです。
自由に表現できる・どの学科よりも発想力豊か+変な人・色が鮮やか・画材が自由、この全てが詰め込まれているのが女子美の洋画専攻なのです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。