工学部と情報工学科

こんにちは。インターン生の飯山です。
ここまで読んでいただきありがとうございます。もうしばしのお付き合いよろしくお願いいたします。
今回は前回の記事で書いた通り、私の所属する工学部・情報工学科について書きたいと思います。

工学部は、機械工学科・電子システム工学科・情報工学科・デザイン学科からなり、八王子キャンパスで4年間学びます。
私の所属する情報工学科には、システムエンジニアリングコース・コンピュータソフトウェアコース・インターネットサービスコース・スマートコンピューティングコース
という”コース”が存在します。
…コースって何?と思うかもしれません。簡単に言えば専攻のようなものだと私は思っています。
大学では学部学科が決まれど、受けられる授業は様々です。その中で、このコースというものは、取るべき授業を選別してくれます。
例えばシステムエンジニアリングコースを選択した場合では、情報工学科の基本的な授業に加え、特に、プログラミングやアルゴリズム、システムなどの科目を取るようになります。
他の、ネットに関する授業・音や画像関係の授業はこのコースには含まれていないことになります。
まぁ、コースを選択したからといって、含まれていない情報工学科の授業が取れなくなるわけではありませんので、ご安心ください。

…実は、上4つのコースに加えて、コラボレーションコースなるものも2つ用意されています。
何がコラボなの?学科のコラボです。情報工学科にいながらデザイン工学科の授業が受けられるのです!
情報工学科にいながらデッサンができる!逆に、デザイン工学科にいながらホームページ作成ができる!
などなど、少し不思議なコースになります。

私のいる情報工学科は、ほとんどが座学になります。手元にあるのがペンかキーボードかは授業によりますが。
工学部用の授業教室があるD館か、実験や実技をするための工学部棟で主に学ぶことになります。
外観は綺麗とはいえない…ような感じではありますが、PCは2017年夏に入れ替わり、とてもきれいになりました。
なので、授業は比較的スムーズで、作業に打ち込める環境であると思います。自習用にPC室の開放もあり、課題や自習に利用することもできます。

お昼は第1・2食堂を利用するか、一番近いのだと隣の棟が前回紹介した学生交流館になっているため、そこの売店で買ってそのまま交流館内で落ち着く…といった感じになります。
食堂は教室群にあるため、まだ学校に慣れてない1年生が真っ先に利用する場所となり、4月はとても混みます。席ないです。
ので、4・5月は交流会館か、買ってきて(または売店で買って)教室で食べるなんてこともできますのでご検討を。
あ、教室で食べる場合には、においが残ったりしているときがあるのでパンとかがオススメ。

こんな感じで、学部学科の簡単な説明と、一情報工学科生の情報工学科の気になるところの紹介を終わりにします。
全3回で、拓殖大学について簡単に書かせていただきました。
それでは、ここまで読んでいただいた方、どうもありがとうございました!
それでは。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

八王子キャンパスの施設

こんにちは。インターン生の飯山です。
今回は前回の記事で書いた通り、私の通う拓殖大学八王子キャンパスについて書きたいと思います。

前回も書きましたが、八王子キャンパスでは外国語学部・工学部・国際学部の生徒が学んでいます。
そして一番の魅力はとにかく広いことです!そのおかげで、陸上競技場や馬場、ゴルフ場、弓道場などなど、
各種課外活動のための施設が整っており部活が盛んです。
運動施設だけではなく、実験室や学食も広く、多くあり、パソコンの台数も多いです!
そのおかげで、英語では一人一人がパソコンを用いた授業を行うことができます。
工学部の授業では、実験や実技を多く交えた授業を受けることができます。(先生や授業内容によりますが…)

次に、八王子キャンパスにある施設について各個に説明していきたいと思います。

●学生交流館
学生交流会館は、クラブ・研究会の部室、ダンスフロアなどを備える学生の交流と憩いの場です。
売店、自販機もあり、授業時間帯は手軽な休憩スペースに利用することもあります。

引用元:http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/hachioji-campus.html

●図書館
図書館は八王子国際キャンパスのほぼ中心に位置し、地上2階地下2階の4層構造となっています。
地上部分には開架書架と閲覧席が、地下部分には広大な閉架書庫があります。
広くきれいな図書館には、文庫本や参考書はもちろん、論文や英字新聞などもあります。
さらに映像視聴コーナーとして、DVDを再生できるパソコンにヘッドホンも置かれており、それらは気軽に利用することができます。

引用元:http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/hachioji-campus.html

●体育館
体育館には、第一・第二体育館があります。
バスケットコートやプール、格闘技道場などさまざまな設備を備えています。
トレーニングルームにはベンチプレスなどの各種機器があり、予約さえすれば、それらを使うことができます。
また、年一回の定期健診ではこの体育館を利用するため、だれもがお世話になる施設です。

引用元:http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/hachioji-campus.html

●A館
八王子国際キャンパスで最も多くの教室がある棟で、2つの食堂と吉野屋、購買会「パティオ」などが併設されています。
また、A館からつながる学生ホールは話し合い、自習、休憩など、ここにも憩いの場として利用できる場所が存在します。
少数のPCと、多くの自動販売機も内蔵されていて、とても便利な場所です。
多くの教養科目や英語の授業はこの館で行われます。そのため、どの学部の人も利用する機会のある館となっています。

引用元:http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/hachioji-campus.html

今回は八王子キャンパスにある施設について、少し詳しく書いてみました。
八王子キャンパスは広く、ここでは書ききれないのでこのくらいで切り上げたいと思います。
少しでも魅力が伝われば幸いです。次回は工学部のことや情報工学科についてのことを書きたいと思います。
ご覧いただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いいたします。それでは。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

2つのキャンパス

はじめまして、こんにちは。
インターン生の飯山友貴と申します。
インターンの間の短い期間ですが、この場にて記事を書かせていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

ここでは、私の通う拓殖大学について紹介していきたいと思います。
私の通う拓殖大学は、文教キャンパスと八王子キャンパスの2つに分かれています。

★文教キャンパス
文教キャンパスは東京都文京区小日向3-4-14にあり、通学や就職活動などに便利です。
東京メトロ 丸ノ内線「茗荷谷駅」で下車し、徒歩3分。お車はNGです。
文京キャンパスでは商・政経学部、大学院、別科 日本語教育課程の学生が学んでいます。

引用元:http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/bunkyo-campus.html

2015年4月からは「文京キャンパス整備事業」完了にともない、より充実した研究設備と快適な学びの環境が提供できるようになったとともに、
国際大学としてのさらなる機能の充実が図られています。校舎の中にエスカレーターがあったり、おしゃれなカフェやくつろぎスペースもあり、とてもきれいです!
もちろん!校舎がきれいなだけあって、教室や椅子机だってピッカピカです!

★八王子キャンパス
八王子キャンパスは東京都八王子市館町815-1にあり、豊かな自然に囲まれ、広大な敷地を有します。
こちらはJR中央線・京王線 高尾駅 で下車し南口へ。その後、京王バス1番のりば「急行 拓殖大学」行きです。
八王子キャンパスでは外国語学部・工学部・国際学部の生徒が学んでいます。

引用元:http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/hachioji-campus.html

最新の研究施設や設備が完備されているほか、陸上競技場や馬場など課外活動のための設備も充実し、
学びの場としての環境が整っています。ゴルフ場・弓道場なんかもあり、ひとつの塔が大きく広く、実験室も豊富です。とにかく広いです!
私は情報工学科なので、こちらのキャンパスに通っています。学食が安いのも魅力の一つですね。

以上、今回は最初ということもあり、それぞれのキャンパスの違いについて簡単に書かせていただきました!
文教キャンパスについて、数えるほどしか行ったことのない私が書けるのはここまでですが、
まだまだ、図書館や中庭等々魅力はたくさんありますので、詳しく知りたい方は下記より拓殖大学ホームページまでアクセスしていただけたらと思います。
拓殖大学ホームページ:http://www.takushoku-u.ac.jp/
次回からは私の通っている八王子キャンパスについて詳しく書いていこうと思います。
ご覧いただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いいたします。それでは。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。