都内の個性が強すぎる建物 個性が強い寺院

こんにちは、インターンシップ生の椿です。実はこの記事は今回で最終回になってしまいます。そんな5回目であり、最終回である今回は都内の中で個性の強い寺院を紹介したいと思います。

まずは寺院についてです。紹介するのは、世田谷区豪徳寺にある、豪徳寺です。

正門

写真引用元URLhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%AA%E5%BE%B3%E5%AF%BA

地域の名前になっている程のお寺ですが、どこが個性が強いのかというと、このお寺が猫を祀っている神社だからです。

このお寺では招き猫を「招福猫児(まねぎねこ)」と呼んでおり、境内には、招福殿という場所がありそこに猫がまつらており、招き猫発祥の地とされています。

また、その招福殿の横には奉納所がありそこにはたくさんの招き猫が置かれています。この招き猫は招き猫に願を掛け、家に持ち帰り、願いがかなった人が返納した招き猫で、特徴として、普通の招き猫と違い、小判を持っておらず、白い普通の猫です。招き猫は寺務所で販売されており、小さいものだと、2㎝のものから大きいもので30㎝のものまで販売されています。

奉納所

画像引用元https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000202137/

なぜ豪徳寺が招き猫を祀っているのかというと、豪徳寺の近くは世田谷城の主要部があり、1480年に世田谷城主・吉良政忠が伯母である、弘徳院のために名前をとってなづけた「弘徳院」(こうとくいん)という庵がはじまりで、1633年に彦根藩の管轄となり、当時の彦根藩藩主・井伊直孝が菩提寺として伽藍などを整備、豪徳寺の名前は直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」に由来しています。そして、直孝が鷹狩りに出かけた帰りに、付近を通った際に見かけた猫が自分を招いているように思った直孝が門内に入ると外が雷雨になり、雷雨を避けられ和尚さんのありがたいお話も聞けたことに大いに喜んだ「招き猫伝説」という言い伝えがあるため、招き猫を祀るようになったと言われています。

他にも絵馬には猫が書かれており、三重の塔には猫の彫刻があったりと細かい部分まで猫づくしとなっています。お寺の近くの豪徳寺商店街も猫に関するものが多くあり、商店街のなかには昭和3年創業で80年以上の歴史を持つ「福室庵」という蕎麦屋があり、そこでは「招福そば」という名物のそばがあるため豪徳寺に行った後のランチなどに食べてみてはいかがでしょうか。

招福そば

画像引用元http://www.fukumuroan.com/stb17020/index.html

また滋賀県彦根市のゆるキャラでる「ひこにゃん」はこの豪徳寺の猫をモチーフにしています。

猫好きなかたはぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

アクセスは

豪徳寺

東急世田谷線「宮の坂駅」から徒歩5分

小田急線「豪徳寺駅」から徒歩10分

福室庵

東急世田谷線「宮の坂駅」から徒歩3分

小田急線「豪徳寺駅」から徒歩6分

です。

福室庵公式サイト

引用URLhttp://www.fukumuroan.com/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

都内の個性が強すぎる建物 個性が強い宿

こんにちは、インターシップ生の椿です。4回目になる今回は、前回や前々回の記事を見て紹介した場所に行ってくれる人やそれ以外の目的で東京に観光に来てくれる人に向けて、都内の個性的な宿を2つ紹介させて頂きます。

まず最初は文京区本郷にある旅館鳳鳴館です。

本館

画像引用元https://www.homeikan.com/

こちらは、木造建築明治時代に学生の下宿屋を昭和初期に下宿屋兼旅館に改築し、そこから昭和20年に旅館として模様替えを行い現在まで営業している旅館です。

本館玄関

現代でも当時の面影を残しており、平成12年に本館が登録有形文化財に指定されています。建物は本館、台町別館、森川別館があり、それぞれ内装も違うため、別の日に観光に来た際に前とは別の館に泊まるといった楽しみ方や近くに東京ドームがあるためそこのイベントを楽しんだ後の宿のとして、この宿に泊まるといった使い方もできると思います。また、日中での宴会や集まりも相談を受け付けているため、気になる人は相談してみると良いのではないでしょうか?

アクセスは

引用始め

本館・台町別館アクセス
■東京メトロ:丸の内線・都営地下鉄:大江戸線
 「本郷三丁目駅」下車・3番口より徒歩9分
■都営地下鉄:三田線
 「春日駅」下車、A6出口より徒歩4分
■東京メトロ:南北線
 「東大前駅」下車、1番口より徒歩12分

森川別館アクセス
■東京メトロ:丸の内線・都営地下鉄:大江戸線
 「本郷三丁目駅」下車、3番口より徒歩13分
■都営地下鉄:三田線
 「春日駅」下車、A6出口より徒歩9分
■東京メトロ:南北線
 「東大前駅」下車、1番口より徒歩5分
■東京メトロ:千代田線
 「根津駅」下車、1番口より徒歩12分

引用終わり

引用URLhttps://www.homeikan.com/access

公式サイト

引用URLhttps://www.homeikan.com/

次は、中央区日本橋馬喰町にあるトレインホステル北斗星です。

外観

画像引用元https://www.jalan.net/yad363311/

こちらは2015年8月23日に廃止された寝台列車北斗星の車内の再現をしているホテルになっています。

部屋が2段ベットの寝台車と半個室の2つがあり、どちらも実際のパーツを内装に再利用して作るなどのこだわりがあります。そのため、2段ベットの方は相部屋となるので注意が必要です。

2段ベット

画像引用元http://trainhostelhokutosei.com/hostel.html

半個室

画像引用元http://trainhostelhokutosei.com/hostel.html

受付の看板も北斗星の方向幕を意識したデザインとなっています。

受付

画像引用元https://www.travel.co.jp/guide/article/23235/

当時を懐かしみたい人や当時憧れていた人で北斗星の雰囲気を味わいたい人におすすめです。

アクセス

引用始め

JR総武線快速「馬喰町駅」4番出口直結
都営浅草線「東日本橋駅」B4出口より徒歩3分
都営新宿線「馬喰横山駅」A1出口より徒歩3分
JR総武線/都営浅草線「浅草橋駅」西口1番出口より徒歩8分
東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」1番出口より徒歩8分
引用終わり

引用元URLhttp://trainhostelhokutosei.com/access.html

公式サイト

引用元URLhttp://trainhostelhokutosei.com/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

都内の個性が強すぎる建物 第3回個性的な地下鉄の駅

皆さんこんにちは、インターンシップ生の椿です。3回目になる今回は、個性的な駅をいくつか紹介していきたいと思います。

皆さんは個性的な駅というと、どんな駅を思い浮かべるでしょうか?

例えば、駅舎のデザインが赤レンガでできており、歴史もある東京駅や木造建築でありその中で最も古く、イギリス調のデザインでできている原宿駅を思い浮かべるのではないでしょうか?

東京駅

写真引用元https://www.360navi.com/08tokyo/05tokyo/02building/

原宿駅

写真引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AE%BF%E9%A7%85

これらの駅は綺麗なデザインが特徴であり、歴史を感じさせてくれる駅です。

しかし、今回はデザインの部分ではなく別の部分で個性的な駅を紹介しようと思います。

まず最初は、地下鉄東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅です。

この駅で個性的な部分はエスカレーターです。この駅ホームからJR御茶ノ水駅の前に出られるB1、B2出口に向かう途中にあるエスカレーターがこちら

写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像引用元http://www.tokyo-esca.com/2011/08/121.html

動画

動画引用元URLhttps://www.youtube.com/watch?time_continue=12&v=XXOBVWICQ6I&feature=emb_title

このエスカレーター上り2本、下り2本の計4本のエスカレーターで長さが全長41mで地下鉄の駅の中では最長の長さとなっています。動画をみるとわかりやすいと思いますが上りの時は視界がエスカレーターだけなため、あまり怖くないのですが、下りの時は下側が見えるため、落ちていきそうに感じ、少し怖いと感じるかもしれません。そういうのが苦手だなと感じる人はエレベーターもあるため、そちらを使用したほうがいいかもしれません。

次は地下鉄銀座線の浅草駅です。

こちらは駅の中ではなく改札を出て6番出口に向かう途中にある場所を紹介します。まずはこちらの動画を見てほしいです。

動画引用元URLhttps://www.youtube.com/watch?v=A465z-ZI4ZA

動画では浅草の新仲見世商店街のアーケード街から銀座線の浅草に向かっているのですが途中、昭和を感じさせる地下街を通っているのがわかるでしょうか?こちらは浅草地下商店街という場所であり、50年前に作られた地下街であり昭和の空気感をかなり残している場所となっています。中に入っているお店も古いものが多く個性的なお店ばかりになっています。また、天井の配線やむき出しだったり、エアコンの室外機が天井の骨組みに取り付けられていたりと、個性的な部分が多くあります。

最後は都営地下鉄大江戸線の六本木駅です。

画像引用元https://ekimeihyo.net/e/tokyoto/oedo.php

この駅は地下鉄の中で最も深い場所ににあり、深さは42.3mです。この深さは地下7階に相当する深さとなっています。そのため、この駅のホームから改札に行くためにはエスカレーターを3つ乗り継がなくてはならず、その場合2分以上かかります。また、エレベーターを使っても2回乗らなくてはならないです。なぜここまで深い場所にあるのかというと大江戸線が比較的新しくできた路線のため、作る場所にほかの地下鉄や埋設物があったため、この大江戸線全体として深い場所を走っています。

以上3つを紹介させていただきました。興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

都内の個性が強すぎる建物

こんにちは、インターシップ生の椿です。第2回目となる今回は、個性的な博物館を1つ紹介したいと思います。

まず最初は両国にある、江戸東京博物館になります。

画像引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8

外観からして、かなり個性的な建物に見えますね。この個性的な建物は

引用始め

地上7階、地下1階の鉄骨造構造。地上部分の高さは約62mで、江戸城の天守閣とほぼ同じである。

引用終わり

引用URLhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8

という構造になっています。

フロアごとの内容は

1階は企画展示室、受付、レストランなどがあり、3階の屋外に広場があり、5階、6階は常設展、7階は図書館や映像ライブラリー、レストランという風になっています。

※4階と地下1階はスタッフ専用になっています。

そして個性的なところは外観だけでなく他にもあります。

1つ目はエスカレーターです。

この博物館の5階、6階にある常設展示を見るためには、まず1階か3階でチケットを買い、中に入り、常設展示室の入り口がある6階に行く必要があります。行くためにはエスカレーターかエレベーターを使うのですが、このエスカレーターがかなり個性的になっています。

まずはこちらの動画を見てください。

動画引用URLhttps://www.youtube.com/watch?v=km_2MlZVVBE

この動画の前半にある、なだらかなエスカレーターは動く歩道であり、こちらは休日のみの運行になっています。そして、動画の後半にあるエスカレーターが3階から6階に向かうエスカレーターになっています。こちらのエスカレーターのトンネルのようなデザインや途中に平坦になる場所があり、そこを過ぎると、建物の中に入り、壁には日本の絵が描かれているといった、かなり個性的なデザインのトンネルになっています。

2つめが博物館の展示です。

5階、6階にある、常設展示室では、江戸時代の街並みや暮らしから明治から現代までの東京の街並みや暮らしを展示しているのですが、その展示の一部がこちらです。

江戸時代の展示の一部

画像引用元https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/p-exhibition/

戦後の東京の展示の一部

引用元https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/p-exhibition/

この写真の展示のどちらも、当時の暮らしをミニチュアで再現しているものになっており、良く見るとその人ごとの服装や装飾品などが再現されており、かなり力の入ったミニチュアになっています。このほかにもいくつかのミニチュアや資料が展示されています。

また、1階で行われる特別展や5階で行われる企画展の内容もかなり個性的な展示が行われており、過去にはオリンピックやその年の大河ドラマから妖怪など幅広い分野の展示を行っており、日本のものだけでなくレオナルド・ダヴィンチやシーボルトなど海外に人やものについて展示が行われる場合があります。

過去の展示のページhttps://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/special/24988/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B1%95%E3%80%8C%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%A8%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8D/

引用始め

2019年07月06日(土)〜08月25日(日)

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」

引用終わり

引用URLhttps://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/special/24988/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B1%95%E3%80%8C%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%A8%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8D/

このように建物の外観だけでなく中身も個性的な博物館となっております。

アクセスは

引用始め

JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分
都営地下鉄大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前) A4出口 徒歩1分
都バス錦27・両28・門33系統、
墨田区内循環バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん(南部ルート)」  
「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車、徒歩3分

引用終わり

引用URLhttps://www.edo-tokyo-museum.or.jp/information/access/

公式サイトURLhttps://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

都内の個性が強すぎる建物 第1回金色のあれ

こんにちは、本日よりインターシップ生として参加させていただいている椿です。自分は東京都内にある個性的な建造物を紹介させていただきたいと思っています。
東京ってビルばっかなイメージ・・・。といった意見を持っている方に「こんなところがあるんだ、行ってみよう。」と思える場所を紹介してみたいと思います。

第1回目の今回は有名でインパクト抜群、観光地も近い、な建物を紹介します。

それは東京・浅草にあるアサヒビール本社ビルとスーパードライホールです。

画像引用元https://flammedor.owst.jp/

画像中央の金色の建物がアサヒビール本社ビルで右側の黒い建物に金色のオブジェクトが乗っているのがスーパードライホールになっています。

東京・浅草のどちらも目を引くデザインをしており、本社ビルの方はビールジョッキに注がれたビールをイメージしたデザインになっており、スーパードライホールのオブジェクトの方は金色の炎をイメージして作られています。しかし、スーパードライホールのオブジェクトの方はデザインが奇抜すぎて「ウン〇」とかいろいろ言われています。

かなり奇抜なスーパードライホールですが、1F、2F、3Fが「フラムドール」という名のレストランとなっていて工場直送のアサヒ―ビールを始めとしたいくつかの種類のドリンクと料理を楽しむことが出来ます。店内も独特の雰囲気があり非日常感を楽しめるかもしれません。

画像引用元https://flammedor.owst.jp/

公式サイト(フラムドール)https://flammedor.owst.jp/

アクセスは地下鉄銀座線浅草駅 徒歩5分、東武スカイツリーライン浅草駅 徒歩5分、都営浅草線浅草駅 徒歩5分となっています。

地図(Googleマップから引用)https://www.google.com/maps/place/35%C2%B042’35.3%22N+139%C2%B048’01.3%22E/@35.709799,139.800359,17z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d35.7097993!4d139.8003594?hl=ja

写真スポットは近くにある赤色の吾妻橋で東武スカイツリーライン他の浅草駅側からだと上手く撮れます。

近くにある観光スポットもいくつか紹介します。

1つ目は雷門で有名な浅草寺。

写真引用元http://www.senso-ji.jp/guide/guide01.html

公式サイトhttp://www.senso-ji.jp/

雷門から本堂までにある仲見世通りは非常に多くの人でにぎわっているため、家族連れなどの場合、はぐれたりしないように注意する必要があります。また、境内の中は意外と広いためきちんと見ようとすると意外と時間がかかります。

2つ目は浅草花やしき。

写真引用元https://www.hanayashiki.net/archives/243

日本で最初に作られた遊園地で、中にあるアトラクションも古いものが多く、ローラーコースターにおいては60年以上前から動いているものになっており、乗ってみると歴史を感じられると思います。

公式サイトhttps://www.hanayashiki.net/

3つ目は東京スカイツリー。

写真引用元http://www.tokyo-skytree.jp/

日本一高い建物で有名であること、高さが昔の東京周辺の地名である武蔵国からとって、634mなことも有名だと思います。そんなスカイツリーの展望台からは、天気が良ければ富士山や東京湾が見えることもあります。また、下にある「ソラマチ」ではショッピングや食べ物を楽しむことが出来ます。

公式サイト(東京スカイツリー)http://www.tokyo-skytree.jp/

公式サイト(ソラマチ)

4つ目は、東京都観光汽船「TOKYO CRUISE」の浅草乗り場。

写真引用元https://www.suijobus.co.jp/cruise/asakusa/

ここから、水上バスに乗ることができ、墨田川をクルージングしながら、東京の街並みを楽しむことが出来ます。また、行先には浜離宮、お台場、豊洲などがあり浅草を楽しんでから、そっちへ向かうといった利用方法やその逆の方法も利用できます。

公式サイトhttps://www.suijobus.co.jp/

このようにスーパードライホールの近くには、観光スポットがいくつかあるため、それだけを見に行くのではなく、そちらで遊んだり観光したりしながらふらっと立ち寄る・・・という風に組み合わることによってより一層楽しめるのではないかと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。