アニメ技法のひみつその⑤『動かさないアニメーション』

こんにちは、インターン生の吉田です。
今回は、少し趣旨を変えて『動かさないアニメーション』について書いていきます。
「動かさない」と「アニメーション」という言葉が並ぶと矛盾しているように感じますが、いわゆる脱力系コメディものや、ギャグアニメで最近見られるようになった表現です。
『秘密結社鷹の爪』(蛙男商会 2006~)や『あはれ!名作くん』(Pie in the sky 2016~)などが例に挙げられます。

これらの作品は、場合によって各キャラ何枚かカットがある回もありますが、ほとんどが一枚の絵と口パク、表情変化のみで表現されています。

手書きアニメーションの業界では、アニメーションを面白くするために、今までたくさんの表現技法や動かし方が生み出されてきました。
しかし、これらのアニメーションは敢えてそれと逆のことをすることで、独特な空気を持つギャグアニメとして成功しています。
動きを簡略化することで、観客の視点ははキャラクターのセリフや表情のみに集中することになり、ギャグの内容が面白ければ面白いほど引き立ちます。
動いていないように見えますが、(実際キャラクターはほとんど動いていませんが)映像としてみてみるとカメラの動き(引きやアップ、視点の変更など)や作品全体のテンポは計算されていて、見ていても退屈な気分になることはありません。

しかしこのテンポは、作品全体が長くなればなるほど保つのが難しくなってきます。短編アニメーションだからこそ使用できる技法といえるでしょう。
ギャグのネタや話し方、カメラワークのみで見せる自信がある方は表現の一つとして挑戦してみてもいいかもしれません。

引用作品
秘密結社鷹の爪  http://xn--u9j429qiq1a.jp/
あはれ!名作くん http://meisakukun.com/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメ技法のひみつその④『副次アクション』

こんにちは。インターン生の吉田です。
今回は副次アクションについて紹介します。
副次アクションとは、主要のアクションに付属する、キャラクターの感情や感覚を表すために用いられる副次的なアクションのことです。

具体的な例を挙げると、
熱いものを触ってしまった後に手を振り回す動作
大きい声を上げる前に息を吸い込む動作
びっくりしたときに瞬きをする動作
眼鏡をクイッと上げたあと眼鏡が光る描写
などのことを指します。

以下は消沈するキャラクターの動きを表したアニメーションです。


副次アクションなし


副次アクションあり(ショックを受ける動き)

このように、キャラクターのアクションに含まれる感情の動きや流れを伝える補助になります。
観る人に効果的に動きに含まれる意図を伝えたり、キャラクターの感情を理解してもらうのを手助けする技法になります。

ギャグものやコミカルなアニメーションでは、これらの動きが大げさに描かれているのでわかりやすいです。
副次アニメーションは、常に主要な動きを補助するためのものであり、その動きを害してしまうと逆効果になってしまう場合があります。
例えば、悲しくて泣いているキャラクターが涙をぬぐうとき、悲しそうな表情を手で隠してしまうと、どのような感情で泣いているのかわからなくなってしまいますね。
(但し、泣いている表情を見られるのを嫌う性格のキャラを描きたい場合など、場合によっては意図的にこのように描写をすることもあります)
動きを補助する技法だということを常に意識しながらうまくコントロールして使うことが大切です。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメ技法の秘密その③『アンチシペーション』と『フォロースルー』

こんにちは。インターン生の吉田です。
今回はアンチシペーションとフォロースルーについて紹介します。
アンチシペーションとは、一連の動きにその動作をする前の予備動作を加えることで力のため込みや動きを表現する技法です。
フォロースルーは、逆に動作が終わった直後に元の形に戻ろうとする力の描写を挟むことで、動きに余韻を持たせる技法です。
今回も例を上げながら説明していきます。

これはジャンプして着地するまでを3枚の画像をループして作ったアニメーションです。
ジャンプをしているアニメーションにはなっていますが、力のこもっていない動きにみえてしまいます。

これにジャンプをする前にしゃがんで力をためる予備動作を入れてみます。

動きが力強くなりました。
しかし、ジャンプし終わった後の動きがまだ不自然です。
更に落下して着地をするまでの後追いの動きを加えてみます。

いかがでしょうか。動作としてかなりいきいきとしたものになりました。

このように、一連の動作に予備動作と後追いを加えることにより、動き全体に勢いやメリハリを付けることができます。
戦闘系、格闘系のアニメーションを作るためには、この技法の把握が必要不可欠です。
人物の動きを表現するためにはかなり重要な技法ですが、ほとんどの動きにおいて無意識に行われる動作です。
作画をする前に、自分で実際にその動きをしてみると動きの予備動作と後追いの動作に気づくことができると思います。
基本の動作に予備動作と後追いを加えることによって、動きに力が乗り、重量感が出ます。
動きで魅せるアニメーションを作る際は、ぜひともアンチシペーションとフォロースルーの研究に力を入れてみましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメ技法の秘密その②『スクオッシュ&ストレッチ』技法

こんにちは、インターン生の吉田です。
今回は『スクオッシュ&ストレッチ』について説明いたします。

その名の通り、『押しつぶし』と『引き伸ばし』を意味する技法です。
物体の動きの中で本来はありえないような大げさな描写をして、動きに表情をつけるために使用します。
こちらの技法は実際に見たほうが分かりやすいので、一例を紹介します。

こちらは球体が落下とバウンドを繰り返す簡易なアニメーションです。

そして、こちらは上記のものにスクオッシュ&ストレッチを用いて動きに表情をつけたアニメーションです。

バウンドする瞬間に落下によって加わった力で押しつぶされ、跳ね上がる際に上に押し上げられる力で引き伸ばされているような表現をしています。

それでは、二つのアニメーションを比べてみてみましょう。
上の球体は固く、下の球体は柔らかい印象を受けますね。
このように、スクオッシュ&ストレッチ技法を用いて作画をすると、物体そのものが持つ質感や特性、重量をコントロールできるようになります。

物体だけでなく、キャラクターに適用することで、表情変化だけでは伝えにくいキャラクターの感情を伝わりやすくすることもできます。
これにより、よりキャラクターをいきいきと動かすことが可能になります。

この技法を適度に用いることで、アニメーション全体に硬軟のメリハリを付けることができます。
1930年ごろにディズニー社が生み出し、今では手描きアニメーションだけでなく、3Dアニメーションやストップモーションアニメーションでも幅広く使用されています。
アニメーションの動きの表情を豊かにするために、必要不可欠な技法であると思います。
日本のアニメでもよく用いられているので、普段何気なく見ているアニメも意識して見てみると面白く、勉強にもなるでしょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメ技法の秘密その①絵に動きをつける技法『中割り』

初めまして、インターン生の吉田です。今回から数回に渡り手描きアニメーションで用いられる技法についてお話させていただきます。
本記事で取り上げるのはアニメーション技法の基本である、『中割り』についてです。

手描き作業によるアニメーションでは、動きを表現するために何枚も連続した動きの絵を連ねる必要があります。
動きの始点、終点の原画2枚を元に、その間に詳細な動作のコマを足していく技法をポーズ・トゥ・ポーズといいます。
昨今の日本の手描きアニメーションでは、ほとんどこの技法が用いられています。
この技法において、中間の動きを描き足していく作業や追加したコマのことを中割りといいます。
(動きの始点から順を追って描いていくストレート・アヘッド・アクションという技法もあります。)
アニメーションを作成する上で、基盤となるとても重要なものです。
中割りについて、実際の手順を例を用いて説明していきます。

【1】動きの始点と終点を描く


①→②↩
上記のアニメーションは、走りの動作で左足を手前に出す動きと右足を手前に出す動きを繋げた計2枚の画像のループです。
これだけでは、走っている動きを表現できていません。
それでは、この二枚の間にもう一枚、中間の動きを挟んでみます。

【2】中間の動きを入れる

①→➌→②↩
始点、終点共に地に足をついている動作だったので、足がついていないコマを中間に設置しました。
動きはカクカクしていますが、これだけでも走っている動作が伝わりやすくなりました。
更に始点と中間、中間と終点の間に2枚ずつコマを増やしてみます。

【3】細かい動作をつけたしていく

①→❹→❺→③→❻→❼→②↩
かなり滑らかで動作がわかりやすくなりました。

このように、アニメーションは中割りを増やせば増やすほど滑らかな動きになります。
しかし、場合によってはこれを故意に減らすことによって、表現したい動きに近づけることが必要となります。

①→⑤→③→⑦→②↩
こちらは、【3】のアニメーションから中割りを2枚抜いたものです。
比べてみると、【3】の動きより急いでいる、早く走っている動きに見えます。
このように、敢えてコマ数を減らすことで、激しい動き、早い動きを表現したり、動きにメリハリをつけることができます。

商業アニメーションでは、主に始点と終点の原画を原画マン、中割りを動画マンという役職の人が担当します。
動画マンには、元原画の画風やテクニックを動きの中に維持しながら、指示された動きを表現する役割が求められます。
どうしても原画担当のみが注目されがちな世界ですが、中割り作業も人々を魅了するアニメーションを作る上でとても重要な作業なのです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメは面白いですね

突然ですが今回で最終回となります、インターン生の矢野です。

自分の好きなものを人に紹介するということがとても楽しくて記事を書くのも楽しかったのですが、アニメ紹介は残念ながら今回で最後となりました。

紹介してきたもの以外にも自分の好きな作品は山ほどあるのですが、それは皆さんの手で見つけ出していただいて、さらにアニメを好きになっていってもらえればなと思います。

今回まで皆さんがアニメを好きになってくれるきっかけを作れればいいなと思って、比較的に初心者の人が入り易そうなアニメを紹介してきたつもりなのですが、
今回は最終回ということで僕のアニメにハマるきっかけになった作品を紹介したいと思います。これまで紹介してきたアニメが面白いと思ってくれた人はきっと好きになってくれると思います。

今回紹介するアニメはこちら
50831_original

仕事もアニメ?

残るアニメはあと二つになりました、インターン生の矢野です。

紹介するアニメはあと二つになってしまいましたが、面白い作品は自分の紹介したもの以外にもたくさんあります。
アニメってこんなに面白かったんだなと思ってくれた方は自分でも是非探して観てみてください。

さて、それでは今回も紹介していきます。
今回紹介するアニメはこちら

ogp

「SIROBAKO」です。
この作品は以前紹介した凪のあすからと同じP.A.WORKSが制作したオリジナルアニメ作品です。

キャッチコピーは「アニメーション業界の今が、ここにある。」ということで、アニメ業界で働く人達の物話になっています。

一見地味なテーマかなと思うかも知れませんが本当に面白いです。
おそらくだいぶマイルドにはなっているとは思いますが、普段知ることの無いアニメ業界の裏側を知ることのできる良い作品だと思います。

タイトルになっている「白箱」とは、映像業界で作品が完成したときに入れる白い箱のことらしいです、知らなかったです。
この作品ほんとうに毎週毎週ずっと最後まで面白かったです。好きな作品でも退屈な回などは何回かあるものだったんですが、白箱はずっと高いクオリティのまま最終回までいってびっくりしました。

この作品の魅力の一つは仕事に真摯に向き合ってる大人の姿だと思います。
白箱のおっさんたちはすごく威力のある発言を残していきます。
なかでも「人のせいにしているようなヤツは辞めちまえ」というセリフはなんかすごく耳が痛かったり、「売り上げなんて気にしてやりたい事がブレたら良い作品なんて作れない」というセリフはこれから先のことを考えると胸に大事にしまっておきたいなと思ったり、すごく心に響くセリフが多かったです。

おっさんのかっこいいアニメは良作が多いというジンクスがありますが、ほんとうにそんな気がしてくるぐらいでした。

もう一つの魅力は個性豊かなキャラクタだと思います。
本当にどのキャラも個性があってモブキャラと言われるようなキャラがほとんどいないと思いました。
一回限りの登場でもすごく丁寧に作られていて本当に感心しました。

ストーリーも丁寧で絵も綺麗な作品で非の打ち所のないようなアニメだと思います。

P.A.WORKSの作品はどれも丁寧で観やすいものになっているので、制作会社で絞って観るのも良いかもしれませんね。

それでは、絶対に観て損はない作品だと思いますので是非ご覧になってみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

敵も素敵な作品

アニメの紹介も慣れてきました、インターン生の矢野です。

今回で8回目となりましたアニメ紹介。
なにを観ていいか分からないという人や次観る作品に迷ってる人に向けて割と万人向けの作品を紹介していたつもりなのですが、ちょいちょい自分の好みが激しく表に出てきてしまっている作品もあったかも知れません、申し訳ないです。
ですが今回からはちょっと方向性を変えてみたいと思います。今回からは万人向けというより好きな人は絶対好きだろうという作品を紹介したいと思います。

もともと自分の好きなアニメがシリアスな方面の作品が多かったので、これから紹介する作品はちょっと真面目なものが多くなると思いますので、よろしくお願いします。

今回紹介する作品はこちら
main_visual_v3

十文字青によるライトノベル原作のアニメ「灰と幻想のグリムガル」です。

この作品は2016年に入ってからアニメ化して、それで初めて知った作品なのですが原作を一気に買ってしまうくらい面白いです。
現実とはまったくかけ離れた世界観でありながら登場人物の感情が細かく表現されていて、その世界にどんどん引き込まれていってしまうようなそんな作品です。

異世界ファンタジーアニメということで異世界の物語なのですが、異世界だけどリアルなんです。

この作品の魅力のひとつは敵キャラクターの存在だと思っています。
みなさんご存知ゴブリンが最初の敵として出てくるのですが、めちゃくちゃ強いです、ゴブリンが人並みに徒党を組んで行動していたり、組織を作っていたりしていて想像しているゴブリンの何倍も賢いんです。
人間が他の動物より優れているのは考える力があるからですよね、ゴブリンはその考える力を持っていて人間ほどではないにしろ最初の敵としては考えられないくらい強いんです。
そんな考えもしなかったリアリティもあって本当にびっくりしました。

このゴブリンの何が魅力なのかというと、人間と同じように考える力を持っているのでもちろん感情があるのです。
ゴブリンも人と同じように必死に生きていて、仲間と共に戦っている姿をみると今まで考えもしなかった敵側の感情も思わず意識してしまうような所が本当に面白いと思いました。

みんなが必死に生きていて、悲しいことやつらいことを乗り越えて生きていく姿にとても心打たれました。

ゴブリンの話ばかりになってしまいましたが、主人公達の細かい感情描写もとても丁寧なので主人公たちにも感情移入してしまうこと間違いなしです。

本当に面白い作品なのでこの機会に観てみてはいかがでしょうか。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメで元気を出しましょう

インターンシップ生の矢野です、錦織選手銅メダルおめでとうございます。

オリンピックの舞台でテニスの日本勢がメダルを獲得したのは96年ぶりだったそうです。昔一度生で試合を見たことがあったのですが、まさかこんなに強くなってしまうとは思ってもみませんでした。錦織選手を見ていると元気や勇気を貰えますよね、本当におめでとうございます。

今回はそんな錦織選手の活躍にも負けず劣らず元気になれるアニメを紹介したいと思います。

今回の作品は
24504

二ノ宮知子さん原作の「のだめカンタービレ」です。実写化もされていて有名な作品なので知っている人は多いかも知れないですね。
ですが実写化されたTVドラマは観たけどアニメの方は観てないって方わりと多いのではないでしょうか?
自分は漫画とドラマ、アニメと観ましたがどれもそれぞれに良い所があって、すべて面白かったと思います。

なので今回はアニメも観てもらえるようにアピールしたいと思います。
まず、初めて聞いたよという人に向けて軽い概要を説明したいと思います。
この作品はクラシック音楽をテーマにした作品で、指揮者を目指す千秋真一と才能はあるのに音楽の世界で上を目指さない野田恵の2人が音楽を通して成長いてゆくというラブコメディ作品です。

原作とアニメで違いはあるのかという話ですが、ほとんどありません。
ドラマも内容は変わらないので話の内容が好きで観てた方はアニメも楽しめると思います。

アニメではアニメならではの音の表現をしていて、クラシック音楽に興味が無い自分も漫画を読んでしまうくらいハマってしまいました。
漫画で作中の音を想像しながら読むのも楽しいのですが、やはり実際に音楽が付くと、作品への没入感が違いますね。

コメディパートも原作に近く、テンポが良いので原作のよさがそのまま出てて自分は大好きです。

登場人物達全員に魅力のある作品なので観ていてとても元気が貰えると思います。
ドラクエシリーズなどで有名なすぎやまこういちさんも大絶賛のこの作品、是非この機会に観てみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

青春もアニメで

おはようございます、インターン生の矢野です。

アニメの記事を書くこと、早くも6回目となりました。
記事を書くために昔好きだったアニメとか思い出すのがわりと楽しかったりするのですが、
やっぱり昔の作品は絵が今より少し雑だったり、動きが少なかったりしますね。
ですが不思議なことに好きなアニメの名前を挙げろと言われると2006年、7年位の作品ばっかり出てくるんですよね。
思い出補正というやつでしょうか。今の作品もクオリティが高くて面白いんですけどね。

最近気づいたのは、昔観た作品は見返してみると以前とは違った感想を抱けたりしてさらに面白かったりすることです。
青春物語を自分の青春時代に見ても、まったくの別世界のように感じて憧れすら抱かなかったのに、
もうあの頃に戻れないおっさんになってから観ると、なんとかしてあんな青春を送れたのではないかと考えてしますんですよね。

今回紹介する作品は四年前にアニメ化した作品なのですが、現役高校生の時と今ではだいぶ違う感想を抱いてる作品ですね。

今回紹介する作品はこちら

%e6%b0%b7%e8%8f%93

米澤穂信の原作「<古典部>シリーズ」を京都アニメーションがTVアニメ化した作品「氷菓」です。
原作の<古典部>シリーズは推理小説であり、ジャンルは青春ミステリーになるらしいです。

「青春は、やさしいだけじゃない。痛い、だけでもない。ほろ苦い青春群像劇。」
これはこのアニメのキャッチコピーです。すごく良くこの作品を一言にまとめられていると思います。
素敵な世界観の中で主人公達の葛藤を描いていて、とても素敵な作品になっています。

謎解きミステリーではありますが、人が死ぬようなものではなく学校などで起こる些細な日常の謎を解き明かしてゆく物語なのですが、色々考えさせられることもあったり謎解きの内容も面白いです。

一番印象的だったのは個性豊かな登場人物達ですね。
登場人物の設定は、シャーロック・ホームズシリーズにおけるホームズ、ワトスン、レストレードと当てはめられてて作られたということらしいです。
この登場人物達の言葉一つ一つに意味を感じ取れて、ただの会話シーンもとても観ていて面白いです。

京都アニメーションが制作ということで、とてもクオリティの高い作品になっていいて観ていて飽きないアニメです。

ただの青春物語とはまた違った作品なので、とりあえず観てみてはいかがでしょうか?

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。