漫画もアニメも

おはようございます、インターン学生の矢野です。今日も個人的趣味を晒していこうと思います。

早いもので今回で4回目のアニメ紹介記事となりました。
こういった紹介記事というものを書くことは自分にとって初めての試みだったのですが、すごい楽しいです。普段やらないことでも手を出してみたら楽しい物って案外多いですね。この調子で一つずつ丁寧にアニメの良いところをアピールして、観てみたい!と思わせられるような記事が書けるように頑張りたいと思います。

特に理由は無いのですがこれまで紹介してきた3つのアニメはオリジナルアニメーションと呼ばれる原作の無いアニメでした。漫画や小説原作のアニメ化した作品にも良いものはたくさんあります。
アニメを観始めるきっかけとして、好きな漫画のアニメ化なども多そうですね。
原作のあるアニメは尺の都合やキャラクターの声などで不満を持たれることが多いようですが、僕はアニメの特徴を生かした独特な演出などもあってアニメはアニメの良さが有り、原作とアニメ別々に二回楽しめてお得だねとか考えて楽しんでます。
キャラのイメージが~とか雰囲気が~とか気にせず観てると両方好きになれる作品は多いと思います。

今回は漫画からアニメだけではなく、アニメから漫画も好きになってもらえるように漫画原作のアニメを紹介したいと思います。

今回紹介するアニメはこちら
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-19-03-37

『BE・LOVE』(講談社)で連載中、末次由紀先生の作品「ちはやふる」です。

「ちはやふる」は競技かるたが題材になっている少女漫画です。
自分は高校の頃友達に勧められて少女漫画も少しだけ読むようになったのですが、この作品はジャンル分けを間違えてるのではないかと思うほど他の少女漫画とは雰囲気が違います。
簡単に言うと、半分熱血スポーツ漫画です。
かるた大好きな主人公綾瀬千早がクイーン(日本一の女子選手)を目指して成長してゆくという物語です。

初期の頃は千早が一からかるた部を作りみんなで全国大会優勝を目指すという話なのですが、チームの為に一生懸命頑張る姿がほんとにかっこいいです。
この漫画の好きな点は、主人公だけじゃなくいろんなキャラにスポットライトを当てて登場キャラクター皆に魅力が有って応援したくなるところです。
と漫画の紹介になってしまうと記事の趣旨から逸れてしまうので、アニメの話をしようと思います。

やっぱりアニメはかるた中の描写が迫力ありますね、漫画でも充分躍動感のある描写でかっこよかったのですが動きが入り音が付きだいぶ変わります。
そして大会の様子はとにかく熱いです、観ているこっちが緊張してくるような熱気を感じられるアニメです。

うまく伝わったでしょうか?本当に面白い作品なので是非観てもらいたいです。

この「ちはやふる」という作品、漫画にアニメだけに留まらず実写映画にもなっていて続編も決まっているので。今回の記事で気になった方は、ぜひぜひそちらもチェックしてみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

夏はアニメを観る季節

今期のアニメも盛り上がってますね、インターン学生の矢野です。

最近毎日暑いですね、この記事を書いてるたった今も会社の外は最高気温38℃までいくそうです、ちょっとしたお風呂ですね。
そんな暑さの中、海やプールに行ってきて熱中症になりかけたなんて友達もいますので、みなさんも体調に気を付けて遊びにいってくださいね。

僕は虫が苦手だったり暑いの嫌いだったりで、夏に積極的に自分から外に出るような人間ではなくて夏の思い出を振り返ってみても、扇風機の前で暑さを堪えながらアニメを見てる記憶しか出て来ませんでした。
まぁそもそも秋でも冬でもテレビの前でぼーっとしてるのであんまり季節は関係ありませんでしたね。

そんなことはどうでもいいんです。今日もアニメを紹介したいと思います。
今日のテーマを考えていた所、今は夏、夏といえば海、海といえばあれしかない!!
といった感じですごく安直な理由で作品まで決めてしまいました。
それくらい自分の中では印象に残っている作品ということで、気合を入れて紹介していきたいと思います。
夏に外にでなくても夏を舞台にした作品を観ることで、夏を感じることができるということで、いろんな意味でおすすめです。

今回紹介するアニメはこちら

nagi01_box-1

コミック大王とP.A.WORKSによるオリジナルアニメーション「凪のあすから」です。

見た目は一見普通の恋愛群像劇のような雰囲気のアニメなのですが、その世界観はとてもファンタジーチックなものになっています。

主人公となる少年少女は海の中の村である汐鹿生(しおししお)に住んでいて、突然汐鹿生の学校が廃校になってしまい、海からでて陸の学校に通い始めるというところから物語は始まり、陸で様々な人と出会い成長していくという物語です。

この時点でだいぶぶっ飛んだ世界観であることが分かってもらえたと思います。
このアニメの面白いところに、こんなに空想的な世界観でありながら登場人物の心理描写などがとても丁寧で、思わず感情移入してしまうような細かい作りであることが
挙げられると思います。

2部構成のアニメとなっていて、第1部はファンタジー要素が薄く一般的な青春群像劇に近いようなアニメになっているのですが、第2部では一変して少し悲しげな雰囲気に包まれたファンタジーの世界観が表に出てきます。
リアルタイムで観ていた当時この温度差にびっくりして急に引き込まれてしまいました。
最初は幼い主人公達が後半になるとすごく頼もしくなっていたりして後半にいくにつれて面白くなっていきますので最初のうちに観るのをやめてしまうとだいぶ後悔する作品だと思います。

説明はざっくりですがこんな感じです。

そしてどうしても触れておきたい部分はやっぱり背景の絵ですね。
これがびっくりする綺麗で美しいです。海の中の世界を題材にしているだけあって水の表現も綺麗でした。
秋葉原でやっていた凪のあすから展まで設定資料を見に行ってしまったほどでした。

いかがだったでしょうか、いつも以上に趣味に走ってしまった気がしますが、気になった方は是非一度観てみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメの見つけ方?

今日もアニメを紹介させていただきます、インターン学生の矢野です。

最近は様々なアニメがものすごい勢いで生まれています。
自分自身、時間の都合上すべてのアニメを観ることができません。
そこで多くの人は自分の好きなジャンルを決めて観るアニメを絞ったりしています。

ジャンルの数は王道のバトル系アニメや恋愛物語、ロボットアニメやスポーツアニメなど様々あって、
シリアスな物語が好きな人や、ゆるい空気感の日常系アニメが好きな人など、それこそ人それぞれ好きな傾向があると思います。

次のアニメ何観ようか迷って自分で探してみようと思ったときは、
まず観たいアニメのジャンルで絞り、公式のホームページを見に行けばPVが乗っかってると思うのでそれを参考に観るかどうかを決めればいいと思います。
ただ、自分の好きなジャンルに囚われて過ぎると、本当に面白いアニメを逃してしまうことがあるので、暇なときはなんとなくで普段触れないようなものにも手を出してみるといいと思います。

そして長くなりましたが本題です。
今回も前回と同様に、絵の素晴らしいアニメを紹介したいと思います。

今回は僕の大好きなロボットアニメです。ロボット系には興味が無いという人もいますが、もったいないです!!
最近のロボットアニメはCG技術の向上によって、本当に綺麗で迫力のある作品が増えてきました。
今回紹介するアニメはそのCG技術を駆使したロボットのアクションが素晴らしい作品。

スクリーンショット 2016-08-31 14.05.46

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』です。
動画工房およびオレンジ制作によるオリジナルアニメーションです。
名前を見ると一見戦隊ヒーローものっぽいですが、正直あんまり戦隊ヒーロー感はありません。
むしろヒーローに憧れて成長していく主人公達の物語だと思いました。戦闘シーンは温度差のあるコメディチックな日常とシリアスな戦場を描くことでとても緊張感のあるものとなっています。

そしてやっぱり戦闘シーンのアクションもすごいことになってます。
飛んだり変形したり、ロボットの動きはアニメとは思えないほどリアルな動きなど、とても綺麗な映像なので見入ってしまうこと間違いなしだと思います。

そしてなんと、劇場版マジェスティックプリンスが今秋公開が決定しました!!
TVアニメの時点で驚くほどのクオリティでしたので、劇場版がどうなってしまうのか予想もつかないほどです。

ロボット系はあまり観ないよ、という人もこの機会に是非観てみてはいかがでしょうか?

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

アニメを観てほしい

アニメを見てたら青春時代が終わってた、インターン学生の矢野です。

僕は中学2年の頃から暇さえあればアニメをみて育ってきました。
ですが昔の自分はアニメを観るのが趣味というのがなんとなく恥ずかしい気がして、

ずっと誰にも言わずにひっそりと楽しんでいました。

ですが10年程前から徐々にアニメが大衆化してきて、
今となってはアニメになどまったく興味ないような顔をした人でも、平気で深夜アニメの話をしててびっくりすることも珍しくなく、気軽に趣味を打ち明けられるようになりました。
アニメ大好きだけどひっそり楽しんできた僕にとっては、仲間が増えて嬉しいことこの上ないです。

今回この記事では、もっとこの楽しみを分かち合う友を増やすべく、
最近アニメを観始めた人、観てもいいけど何観ればいいかわからない、

という人に向けて超個人的なおすすめを紹介していこうと思います。

最近多くの人に受け入れられ始めた理由の一つに、
絵のクオリティの向上が挙げられると思います。
CG技術を利用したロボットやエフェクトによって、アニメとは思えないほどリアルで綺麗な映像が作られるようになってきました。

アニメが大衆化してきた理由はまだまだあると思いますが、ここではひとまず置いておきまして本題です!

今回は綺麗な絵のアニメが好きな人のために、絵のクオリティを重視しつつおすすめのアニメを紹介していこうと思います。
記念すべき一つ目の作品は、

最近話題になっている新作映画『君の名は。』の監督である新海誠さんの人気作品

imgres (1)

『秒速5センチメートル』です。

この作品は連続短編アニメーションで、「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の三話に分かれた全63分程のアニメーション映画です。

内容はというと、遠距離恋愛をテーマにしたとても心が揺さぶられる切ない青春ストーリーです。

どこか儚さを感じる世界観でありながら、現実感のあるとても余韻の残る作品でした。
僕は観た後に、数分間ずっと動けなくなるほどに心に刺さりました。

実際は思い出して切なくなる青春なんて微塵も無い僕でもこれ程のダメージを受けてしまったので、健やかな青春時代を過ごしてしまった方は数日動けなくなると思って観たほうがいい思います。
冗談はさておき、この映画の良かったところは、なんといっても背景の絵が綺麗!!
作品のテーマとして桜が挙げられるのですが、その桜の作画がとても綺麗で美しいです。

新海誠さんの映画は毎回映像がすごく綺麗で素晴らしいです。

絵が綺麗でそれだけでも観る価値はあると思いますが、社会人になってしまった大人の方や遠距離恋愛の経験のある方は、絶対に心に刺さるお話だと思います。
8月26日には新海誠さんの新作映画『君の名は。』も公開されるので、この機会に観てみてはいかがでしょうか?

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。